searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

sHuskyさんのプロフィール

住所
久留米市
出身
壱岐市

自由文未設定

ブログタイトル
盲導犬のママ犬と暮らす
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/s_husky
ブログ紹介文
繁殖ボランティアの気ままなブログです。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2012/05/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、sHuskyさんの読者になりませんか?

ハンドル名
sHuskyさん
ブログタイトル
盲導犬のママ犬と暮らす
更新頻度
集計中
読者になる
盲導犬のママ犬と暮らす

sHuskyさんの新着記事

1件〜30件

  • ママ犬日誌 3-45:ママと過ごした56日!

    委託式でPWさんに子供たちの写真を10枚づつ渡しました。本動画では、その50枚の写真を収録しています。冒頭のテロップでは「ママ犬と過ごした56日」となっています。しかし、協会で出産して翌日に我が家に帰ってきますので、実際に我が家で過ごしたのは55日です。そうして、生後57日目に委託式に臨みました。出来れば、この50枚の写真を収録したアルバムを作成することを考えています。ママ犬日誌3-45:ママと過ごした56日!

  • ママ犬日誌 3-44(50日齢)学びごと始め

    〔人との社会化期〕がスタート。5頭の仔犬が新しい家族との生活を始める時期が到来しました。彼らは、人、車、音などに馴致することで人とスムーズに暮らすことができます。馴致の第一歩は、先ずはパピールームの外の世界を知ること。そういうことで、委託式までの一週間のテーマは【抱っこ散歩】です。結果、彼らは憶することなく新しい家族の元に飛び込んでいけるーそう、願っています。ママ犬日誌3-44(50日齢)学びごと始め

  • ママ犬日誌 3-43(49日齢):甘えし日々は走馬燈

    令和初年は初夏の兆し染まりゆく麦秋に旅立ちの予感お母さんのオッパイ美味しかったわみんなで遊んだ滑り台甘えし日々は走馬燈今日を限りのお母さん甘えし日々は走馬燈「仔犬との社会化期」も終わり、いよいよ「人との社会化期」が始まります。それは完全な断乳と巣立ちを意味します。そんな49日齢を迎えた日。ママ犬は最後の授乳に臨みました。〔ママに甘えるステージ〕から〔新しい家族に甘えるステージ〕への移行期。よいよ明日からスタートします。ママ犬日誌3-43(49日齢):甘えし日々は走馬燈

  • ママ犬日誌 3-42(46日齢)5頭の天使たち 動画編

    委託式まで10日余。一頭づつの日常を動画で記録して残すことにしました。情け無用のガウガウ遊びに独り遊び。メロディージムで前足も使って遊ぶ姿、滑り台から一緒に転げ落ちる様。色々と撮影出来ました。6週齢の仔犬たちの実態を余すことなく伝える動画となっています。どうぞ、ご視聴ください。ママ犬日誌3-42(46日齢)5頭の天使たち動画編

  • ママ犬日誌 3-41(46日齢)5頭の天使たち

    委託式まで10日余。5頭との思い出を残すために記念撮影しました。撮った枚数は110枚。その中から5×7=35枚を紹介します。撮影にあたっては、まず、最初にそれぞれの名前を書いたのをパシャッ。でないと、一体、どの写真がどの子か判別不能。5つ子ではありませんが、本当に、みんな似ています。そして、可愛いことこの上ありません。ママ犬日誌3-41(46日齢)5頭の天使たち

  • ママ犬日誌 3-40(45日齢)パーフェクトへの挑戦

    委託式までの残り日数が12日となりました。そこで、トイレマナーの完全習得に挑戦することにしました。大は、既に連続5日で粗相ゼロを達成。しかし、小の失敗が多々あります。夢中になって遊んでいる時などに思わず出しちゃうんです。それがなくなれば完璧なんですが・・・。それが、実に至難というか大変なんです。だって、僕たち、生まれてからまだ44日という仔犬。失敗は、仕方ないんです。あっ、「挑戦!」と言いますが、是非ではないんです。トイレマナーよりも元気で委託式を迎えるのが一番・・・と、爺も言っています。ママ犬日誌3-40(45日齢)パーフェクトへの挑戦

  • ママ犬日誌 3 番外編(43日齢)子供の日特集

    5月5日。デイジー号の子供たちは43日齢を迎えました。体重は、3.4~3.6Kg。もはや、立派な仔犬です。今回は、そんな彼らの子供の日記念のスナップ写真特集。スマホで撮ったものですが、割と綺麗です。そして、何よりも可愛く写っています。なお、子供の日に「初家出」をして大騒動を巻き起こした我が家の桜猫。ブチ、太郎、フクの3匹も友情出演しています。ママ犬日誌3番外編(43日齢)子供の日特集

  • ママ犬日誌 3 番外編(40日齢)ママと遊ぶ仔犬

    私と仔犬たちの遊びがママ犬の遊び心に火を点けたようです。「私も仔犬と遊ぶ」とパピールームに入るママ犬デイジー号。玩具を咥えて、「ホラ!ホレ!」と仔犬を誘うことしきり。時には、仰向けになり、時にはガウガウ。とっても楽しそうです。ママ犬日誌3番外編(40日齢)ママと遊ぶ仔犬

  • ママ犬日誌 3-39(41日齢)無視の5レンジャー戦隊

    恒例の〈パピーvsロボット犬>の武闘大会を開催しました。戦いは、パピー軍団の圧倒的な勝利で終わりました。その後、どんなにロボット犬が再戦を申し出ても「フン!」。完無視の5レンジャー戦隊でした。盲導犬のパピーは、生後50日前後に第一回目の適正試験を受けます。〈パピーvsロボット犬>の武闘大会は、その試験対策です。《音馴致訓練:突然の異音に驚かないトレーニング》の一環です。試験対策を重ねても稟性そのものの根本的な変革は無理かも知れません。が、そこは好成績を願う親馬鹿ならではの取組み。「やらないよりマシ」と思ってのそれです。ママ犬日誌3-39(41日齢)無視の5レンジャー戦隊

  • ママ犬日誌 3-38(41日齢)最大拡張でグッド5連発!

    6週齢を目前にしてパピールームを最大限に拡張。トイレトレーもシーツも撤廃して、(1)寝る場所(2)遊ぶ場所(3)出す場所を明確にした。オシッコの粗相多発を誘発しかねない決断。が、5頭の仔犬は、その心配を『グッド5連発』で吹っ飛ばしてくれた。ママ犬日誌3-38(41日齢)最大拡張でグッド5連発!

  • ママ犬日誌 3-37(40日齢)皿まで食べちゃうぞ!

    3度目の正直でママ犬と仔犬の双方の体調管理に成功した今回。仔犬全員の体重が、40日齢で3Kgを突破しました。大きくなって食欲旺盛な仔犬たちは、フード皿を回したり立てたりして墨の隅まで食べ尽くします。正に、「皿まで食べちゃうぞ!」って勢いの食べっぷりです。ママ犬日誌3-37(40日齢)皿まで食べちゃうぞ!

  • ママ犬日誌 3-36(39日齢)令和初日の奇跡

    令和となった5月1日。5頭の仔犬が『トイレサークルで100%用を足す』という奇跡を起こしました。もちろん、トイレトレーニングは今後の課題です。「して、褒められて、またする」-そういう体験を通じて獲得したトイレ作法ではないので、場所が変われば粗相が復活します。ただ、『用を足すのはサークルなんだ!』という認識は残りますので、何処に行っても数時間~数日でトイレマスターになるのは間違いありません。ママ犬日誌3-36(39日齢)令和初日の奇跡

  • ママ犬日誌 3-35(39日齢)メロディージムで遊ぶ 2

    【3-34】で紹介したメロディージムは裏正面になっていました。そこで、表正面に向きを変えて<メロディージムで遊ぶ2>をアップします。みんな気に入っているようなので、乾電池を替えて音楽もなるようにするつもりです。ママ犬日誌3-35(39日齢)メロディージムで遊ぶ2

  • ママ犬日誌 3-34(39日齢)メロディージムで遊ぶ

    5週齢に達した仔犬たちは、メロディージムで遊ぶことを覚えました。特に、黄緑ちゃんはジム遊びの常連。電池が切れて音楽が鳴りませんが、それでも楽しそうです。ママ犬日誌3-34(39日齢)メロディージムで遊ぶ

  • ママ犬日誌 3-33(38日齢)甘噛み卒業第二号

    甘噛みを卒業したパピーが2頭に増えました。他の3頭は、只今、齧り齧りを楽しんでいます。存分に齧ったら、彼らも卒業していくでしょう。全員卒業は50日齢と予測していました。しかし、もしかしたら早まるかもしれません。なお、仔犬の甘噛みは5大欲求の発露。ですから、彼らは、決して噛むのを卒業した訳ではありません。厳然として、その欲求と行為は残っています。ただ、《抱かれることを受容できるステージ》に進んだだけです。これからのテーマは、《抱かれる=安心で気持ちいい》の等式の維持と固定です。ママ犬日誌3-33(38日齢)甘噛み卒業第二号

  • ママ犬日誌 3-32(38日齢)滑り台への挑戦

    34日齢。まず、2頭の仔犬が滑り台を制覇しました。それから4日が過ぎました。今や、滑り台は《ガウガウ遊びの重要な陣地》と化した感があります。ママ犬日誌3-32(38日齢)滑り台への挑戦

  • ママ犬日誌 3-31(37日齢)仔犬の交差点

    離乳食(一日3回)後の膝上遊びが仔犬たちの日課。ガウガウ遊びに敗れて膝上へと逃れて来る子。ちょいと遊びに立ち寄る子。しばし、寛いだら帰って行く子。動機は様々。正に、膝は仔犬たちの人生の交差点となっています。ママ犬日誌3-31(37日齢)仔犬の交差点

  • ママ犬日誌 3-30(36日齢)甘噛み卒業1号が出現!

    36日齢。甘噛み卒業第一号が誕生しました。委託式まで3週間。この調子で、噛まない子2号、3号を育てたいと思います。私の予想では、第2号はXXXちゃん。オットリで落ち着いた子から甘噛みを卒業すると見ています。しかし、真相は解釈ではなくて結果のみが明らかにします。どういう結果になるのか楽しみです。ママ犬日誌3-30(36日齢)甘噛み卒業1号が出現!

  • ママ犬日誌 3-29(36日齢)魔の四半刻2!

    繁殖ボランティアの勤務時間は、一日に210分(30分×7=210分)。それ以外の時間は、もっぱら待機。午前0時から午前6時の間は比較的に楽です。なぜなら、魔の4半刻は午前3時からの一回だけだからです。ですから、午前3時前過ぎには就寝することができます。このように繁殖ボランティアの勤務時間は短い。夜勤も楽。手抜きするなら、パピールームに陣取っている時間は15分でも可。後の15分は監視カメラになればOK。しかし、その僅か15、6分が実に長い。毎回毎回となるとその僅か15、6分が実に長い。魔の4半刻と呼ぶ理由は、そこにあります。ママ犬日誌3-29(36日齢)魔の四半刻2!

  • ママ犬日誌 3-28(35日齢)魔の四半刻!

    繁殖ボランティアは、一日に7回程、魔の四半刻と戦う宿命を背負っています。離乳期を迎えた(4週齢以降の)仔犬の寝起きと食後の30分。繁殖ボランティアにとって、この四半刻は(1)仔犬と遊んで疲れさせる、(2)排泄のサポートと後始末をするに追われる時間帯です。我が家では、パピールームの真ん中にどっかり座り込んで30分。それが、私らの《魔の四半刻》の乗り切り方です。ママ犬日誌3-28(35日齢)魔の四半刻!

  • ママ犬日誌 3-27(35日齢)鳴かずに待てます!

    「ピヨピヨ!ピヨピヨ!」とニワトリの雛(ヒヨコ)のように鳴いていた。が、33日齢前後から鳴かないで待てるようになりました。日を追って《待てる子》になっています。給餌器を予め並べないーなどの対策を取って、更に良い子に育てたいと思っています。◇◇◇◇◇~~~~~~~~~~~~~~~~~~~この子らは、賢い!賢過ぎる!~~~~~~~~~~~~~~~~~~~4時半にエアコンの暖房を入れるのに起きた。すると、その気配を感じて仔犬が一斉にハウスから飛び出して来た。「違う、まだ、起きる時間じゃーないよ!」と首を振ると、「なーんだ!」とみんなでハウスに戻って行った。36日齢なのに状況を判断し、状況に応じて行動するなんて・・・。実に、賢い仔犬たちだ。盲導犬候補生としては、余りにも賢過ぎる。そんな気もする。ママ犬日誌3-27(35日齢)鳴かずに待てます!

  • ママ犬日誌 3-26(32日齢)ママ目指して猛ダッシュ!

    32日齢。仔犬たちのオッパイ飲み競争に体力差と性格差が色濃く反映され始めました。オットリ、ユックリタイプの黄緑ちゃんは、常に場所取りに後れを取っています。結果、体格も一番の小柄になってしまいました。明日より離乳食が本格化します。この熾烈な生存競争にも近々終止符が打たれる見込みです。なお、トイレサークルからの一斉ダッシュは、仔犬たちの《立ち飲み・ぶら下がり飲み》を防ぐための対策です。でも、黄緑ちゃんには酷(?)だったようです。明日からは、これまで通りの《選抜方式》にするつもりです。なお、黄緑ちゃんも含めて全員の体重が基準に沿って伸び出しました。これは、離乳食への切り替えが順調に進んでいる証です。前回は、今日、明日、明後日に仔犬が離乳食でお腹を壊しました。これからの2日が勝負です。ママ犬日誌3-26(32日齢)ママ目指して猛ダッシュ!

  • ママ犬日誌 3-25(番外編)仔犬の体重増加曲線

    ▲31日齢までの体重推移曲線番外編では、私が採用している『仔犬の体重増加曲線とその式」を紹介します。ママ犬と仔犬の体調を測る目安として重宝しています。盲導犬の赤ちゃんは、厳格に離乳食量をグラム単位で管理しています。「食べた分しか太らない!」の鉄則があるので、こういう体重予測が成立します。その式は、定量増分値と定率増分値を足して2で除するーという至ってシンプルなものです。皆さまの子育てに何らかの寄与ができれば幸いです。ママ犬日誌3-25(番外編)仔犬の体重増加曲線

  • ママ犬日誌 3-24(30日齢)パピールーム・リニューアル

    トイレマナー習得期(5週齢)が一週間後と迫ってきました。その事前準備として、パピールームからトイレシーツを一部撤収。トイレトレーをトイレサークル側に移動。トイレサークルにもシーツガードを設置しました。これで、仔犬たちは、(1)寝る場所(2)遊ぶ場所(3)出す場所を自然と覚えていく筈(?)です。===============もしかして全員成功!?===============04/2200:05紫色ちゃん、トイレサークルでウンチ04/2200:15黄色ちゃん、トイレサークルでウンチ04/2202:30紫色ちゃん、トイレサークルでウンチ04/2202:32桃色ちゃん、トイレサークルでウンチ04/22??:???色ちゃん、トイレサークルでウンチ04/2205:35水色ちゃん、トイレサークルでウンチ?色ちゃん=黄緑ちゃ...ママ犬日誌3-24(30日齢)パピールーム・リニューアル

  • ママ犬日誌 3-23(28日齢)奇跡を起こす仔犬たち

    前、前回と違って今回は27日齢でトイレサークルの入り口をオープンにしました。仔犬たちの意志と本能とを尊重・信頼した対応です。すると、それに応えて、まずは3頭が自らの意志でサークルで排泄。翌日には、みんな次々とサークルに入ってウンチをしてくれました。正に『奇跡を起こす仔犬たち』です。ママ犬日誌3-23(28日齢)奇跡を起こす仔犬たち

  • ママ犬日誌 3-22(28日齢)自覚期最終日

    犬であることを自覚していくAwarenessPeriod(自覚期)の最終日。仔犬たちのガウガウと噛み合う遊びも本格化。縫いぐるみを咥えてブンブンと振り回す行動も増えました。明日からは、仔犬たちは《乳離れ期:29日齢~42日齢》を迎えます。ママ犬日誌3-22(28日齢)自覚期最終日

  • ママ犬日誌 3-21(28日齢)超便利な給餌器

    5頭が並んで食事できるのも超便利な給餌器のお陰です。さすが、プロの作です。それにしても、仔犬らの食事マナーは立派そのもの。今のところ《要求鳴き》する子はいません。ママ犬日誌3-21(28日齢)超便利な給餌器

  • ママ犬日誌 3-20(27日齢)離乳食二日目-完食-

    仔犬たちの離乳食は、一日に5.4gづつ増えていきます。2.0g→7.4g→12.8g→18.2gと増えます。パピー委託式の日には169.4gに達します。体重30Kgのラブラドール・レトリーバー(成犬)の給餌量の約74%。約50日で体重が10倍化する仔犬たち。その量が必要だということです。それにしても、今度の仔犬たちの食欲は凄いものがあります。あっという間の《見事な完食ぶり>です。ママ犬日誌3-20(27日齢)離乳食二日目-完食-

  • ママ犬日誌 3-19(26日齢)パピールームを大拡張

    26日齢を迎えてますます活発になった仔犬たち。パピールームをMAXに拡張しました。広さは、4畳+0.75畳(併設のトイレサークル)。同時に、離乳食への切り替えがスタートしました。初日は、僅かに2gでしたが美味しそうに食べました。顔いっぱいにフードをつけた仔犬のアップは必見です。◇◇◇◇◇次は、仔犬たちの離乳食計画です。棒グラフは仔犬一頭の給餌量。10倍表示しています。ママ犬日誌3-19(26日齢)パピールームを大拡張

  • ママ犬日誌3-18(24日齢)スライドショー

    24日齢。仔犬たちの生活サイクルに〔戯れタイム〕が存在するようになりました。明後日からは離乳食のリハーサルも始まります。スライドショーのトリを飾る黄色ちゃんに注目を!25日齢には、みんな体重が2Kg台に突入します。ママ犬日誌3-18(24日齢)スライドショー

カテゴリー一覧
商用