searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

RaroAさんのプロフィール

住所
姫路市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
PTT+
ブログURL
https://pttplus.exblog.jp/
ブログ紹介文
新幹線の写真が中心の、イメージ写真ブログです。写真が好き!楽しみたい!感じたい!でやってます。
更新頻度(1年)

182回 / 365日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2012/03/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、RaroAさんの読者になりませんか?

ハンドル名
RaroAさん
ブログタイトル
PTT+
更新頻度
182回 / 365日(平均3.5回/週)
読者になる
PTT+

RaroAさんの新着記事

1件〜30件

  • 自然と共に

    霧の向こうからやって来る光薄暗い朝の鉄路は、野生の顔がちらほらと鉄路は自然と共に走っている。

  • 引き連れて向うは

    お前らーボクについて来い!力強く先導をする君将来は、新しい列車の父になる?

  • 今日も走る

    遠くからやって来る顔を見て今日も頑張る走りを応援してしまう町に愛される列車は可愛いものだ。

  • なにげない

    ないげない日、なにげない時間なにげなく眺める景色なにげなく切り取ってみたくなる。

  • 今はゆっくりと

    休みの日は、ゆっくりしよう週明けのみんなの頑張る顔を見るために。

  • いつでも、どこでも、

    小窓から見えるシュッとした顔何処から見てもいいものだいくら子供に絡まれても。

  • 離さない手

    いつも、当たり前に繋がっている手のようにしっかりと、力強く連れて行くなんとなく心強い気持ちになる。

  • 暗闇を抜けた先へ

    先の見えない長い長いトンネル続くしかし、いつかは光が見えてくる旅路の行く先は明るく楽しみが溢れている。

  • 旅路の紅葉

    紅く焼けた山々に包まれて風の旅路が秋へと変わるそれも秋を感じる瞬間かもしれない。

  • 懐かしき時間

    今思えば、長閑な時間が流れていた人と鉄路が一緒に歩む道そして、人に愛された道。

  • 秋の風が踊る

    夕陽の彩が足元まで染め上げる時間溶け込むように風の姿が見え隠れ秋の風が踊る、絶景のひと時。

  • 明日の笑顔の為に

    今日もひと仕事を終えて明日の準備に取り掛かるまた、みんなの元気な笑顔を見るために。

  • 踊りのリズムと一緒に

    秋の風は気持ちいい夕暮れ時、風に踊るすすきを眺めていると帰る列車が、踊りのリズムに合わせて駆けて行った。

  • 美しき横顔

    夜にしか会えないその顔はいつ出会っても美しく思える向き合う横顔でも、ついつい見とれてしまう。

  • その美しさは

    その強靭な足は、どこまでも走って行っただろうその造形美は、見飽きることが無いそして、この場所でいつでも会える。

  • 紅葉に色付く景色

    山の空気は、町より一段と冷たい綺麗な紅葉を纏って、ひっそりと旅人を待ち続けいつしか深い山の景色になる、小さな秘境の駅。

  • 白い夢の旅

    冷たくなった空気が心地よい霧の朝その白い世界に溶け込むように咲く花達列車の旅路を、夢の世界へと誘う。

  • 古都の姿を見守る

    古都に聳える古き五重塔現代の風が駆け抜ける姿と共に代わりゆく街の姿を、ずっと眺めていく。

  • 思い出のときは色褪せない

    思い出は写真に残る今そこにあるかのように色褪せる事無く、その時の感動と共に。

  • 輝く名を掲げて

    名を掲げ勇ましく走った姿その名の輝きを見るとまだその勢いは衰えていない気がする。

  • 去り行く姿と共に

    峠道を去り行く列車の姿その列車と共に、夏の気配も去って行くまた来年、一緒に駆け上がってくるのを楽しみに見送る。

  • 完成する景色

    1日の終わりを彩る夕陽その作り上げていく景色に心奪われるとき風の走りでそれは完成する。

  • 心に吹く風

    寒さが急ぎ足でやって来たその冷たい風に乗って、旅の風もやって来たどちらも一瞬の出会いだが、心のとどまる風になる。

  • 錦ノ路

    夕暮れ時に現れる、錦色の路鳥居を潜れば、神の元へと歩みを導くそこから望む列車の道も、錦色の路へと姿を変える。

  • 彩の季節

    空気が少し冷たくなると、秋の準備が始まる鉄路の峠も、もうすぐ紅く色付き始めるだろう今年も、そんな鮮やかな景色に会いに行こう。

  • 青の心地よさ

    戻ってくる青い空と青い海そして、合わせるような青い列車秋の青が、心を澄み渡らせる。

  • 雨の時の始まり

    嵐の気配に降る雨の中じっと時を待つ列車の佇みその足元に滴る雨が、これからの時の長さを予感させる。

  • 第21回「鉄道のある風景写真コンテスト」

    「もうひとつの春」満開のさくらを楽しみながら駅に入るとその桜に包まれるようにもうひとつの春が鏡の世界にあった。/////今年も、第21回「鉄道のある風景写...

  • 景色が出来る朝

    朝の淡い光が、凛とした空気を色付けるそして静かな景色が出来上がり列車の旅路の1ページになる。

  • 名月の導き

    夜空に浮かぶ丸い月夜の光と共に輝きを増す夜汽車の走りを導く様に。

カテゴリー一覧
商用