searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

尾崎 慎さんのプロフィール

住所
豊明市
出身
豊明市

日常の彫刻生活と国内、海外などでの様子など様々な事を綴って行きます。

ブログタイトル
尾崎慎の彫刻ライフ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tyoukokupaiku
ブログ紹介文
彫刻の道に入って38年。尽きる事の無い制作意欲と日常は全身彫刻家。
更新頻度(1年)

57回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2011/10/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、尾崎 慎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
尾崎 慎さん
ブログタイトル
尾崎慎の彫刻ライフ
更新頻度
57回 / 365日(平均1.1回/週)
読者になる
尾崎慎の彫刻ライフ

尾崎 慎さんの新着記事

1件〜30件

  • 個展終了

    昨日迄開催されていた尾崎慎個展-抽象の世界-が無事終了しました。会期中大変多くの方々に来場して頂き本当に感謝しています。抽象9点壁面の絵が5点今迄の従来の作品を2点別室に飾りました。今回は抽象彫刻中心の展覧会。様々な想いと今迄積み重ねて来た事を作品に託し発表させて頂きました。又新たな出会いと、彫刻を通して展開させて行く世界が広がるとても有意義な展覧会となりました。この個展会場のギャルリディマージュは展示会場として白で統一され会場作りには作家にとってとてもやり易い会場ですが今年いっぱいで移転します。以前有った刈谷市駅の銀座通りに来年初旬オープン予定。又新たな展開が有る事を期待しています。個展終了

  • 個展中日

    日曜日から始まりました個展。今回は抽象彫刻中心での発表は初。初の事に挑戦するというのは、蓋を開ける迄どのような反響になるのか不安でいっぱいでした。展示を済ませば、後はまな板の上の鯉。泣いても笑ってもどうする事も出来なくお客様が来る事だけを願っています。今回来て下さる方々の反響は私が思っていた以上に良く、今後の制作にも自信を持てるものとなります。57回目を数えますこの個展となりましたが、自分の年齢にはおっついて居ないので、もう少し頑張らないといけないですね。最近個展の回数も失速していましたので、来年は又力を蓄えて発表出来ればと思います。2011年に長野県のミュー美術館から毎年の様に個展の案内が来ていますし、作風が変わったこのタイミングで行うのも良い様に思っています。こんな事を考えつつ個展期間中は次への構想を練って...個展中日

  • 個展のお知らせです。

    最近此方からのアップも暫くしていなかったし、fbで鮎釣りの写真アップしたくらいで何だかサボっているみたいですが、大丈夫。ちゃんと制作しています。と言う事で今回は尾崎慎彫刻展抽象の世界と題しまして刈谷市のギャルリディマージュにて11月1日〜11月8日で個展を行います。本来でしたらオープニングパーティーとかして皆さんにお集まり頂き行いたいところなのですが、コロナ禍と言う事もありおとなしくオープンしたいと思っています。今回の彫刻展ですが、抽象彫刻を中心とした作品で以前の作風は又観たいと言う方のために数点別の部屋で展示します。ですから今までの作風とは又違った雰囲気の中観ていただけると思います。是非皆さまお誘い合わせの上お越し下さい。心よりお待ちしております。個展のお知らせです。

  • 「木のなか」プロジェクト クラウドファンディング

    2年程前から姉の立ち上げたNPO法人の学童保育を姉たっての願いで手伝いはじめた。一般の学童と身障者の子達を預かっている。この施設を立ち上げる発端となったのが、姉の三男が障害を持って生まれてきた。この三男が育つ迄の間この子が一般社会に順応出来るよう戦って来た姉を見て来た。この三男はもう成人し、立派に働いているのだが、こうした子供達が健常者の子供達と精神的にも肉体的にも壁を隔てる事なく触れ合い、将来的にも働ける場所を作りたいというのが1番の狙いになっている。現在コロナウィルスの為多くの方達が職を失い、露頭に迷う時代。それは障害を持って生まれた方達も同じ中、こうした事を立ち上げ、着実に実現化して来ている。そうした姉の夢に私も賛同し作品を数点出品させて頂きました。このプロジェクトは現在アート×パンの癒しのカフェという事...「木のなか」プロジェクトクラウドファンディング

  • デッサン会。

    自粛自粛で中々開催も難しかったデッサン会。ソーシャルディスタンスの事で人数制限有り。全員マスク着用で人数がオーバーした場合抽選にすると言う前宣伝で少し緊張しながら行きましたが、人数はギリギリ大丈夫でした。約3ヶ月ぶりに開かれたデッサン会。今日はいつもの倍の時間でのデッサン会で、午前中は固定ポーズを1時間で行う事を2回。午後からは20分ポーズを3回10分ポーズを2回というコースで行い。午前中の1本目のデッサンがこれです。出来れば2時間の固定ポーズだともっと突っ込んだ仕事が出来たと思うのですが、こんなもんなんでしょう。でも久しぶりのデッサン会でとても楽しく集中して描いていたので後からグッタリ来ました。そろそろ私が主催するデッサン会もやらなくてはと思い、来月から再開する事を決めました。兎にも角にも通常の生活が戻って来...デッサン会。

  • ちょっと遊び心。

    又次の日記彫を焼成中、出来た日記彫を見つつちょっとやってみたい事が有って、やってみました。只単に高温で焼き締めるのも一休みして、黒、金で着色。何だかガラッと雰囲気が変わります。色々試しながら楽しんじゃってます。ちょっと遊び心。

  • 3点の日記彫。

    日記彫を整理しつつ、自分でもこれはなんか良いなぁと思ったり、これはイマイチだなぁと思ったりしながら形を整えていきます。時には大幅に形を変えてしまう場合も有ります。以前この日記彫を始めた頃、その日だけの記録だけでもいいのかなぁ?と思った事も有りましたが、今はこうして毎日のように以前作った物に触れながら新たな発見があったり、又その日の印象や気分で新たに作っている感覚も有ります。過去に作った日記彫に固執する必要もなく新たに作る感覚でもいいんでしょう。今日も3点の日記彫です。No1162No1108No12243点の日記彫。

  • 日記彫3点。

    今日は少し午前中に時間があり日記彫を作っています。別に焦って作る必要も無いのですが、やっていないと何だかリズムが崩れる様で落ち着きません。やると何となく気が落ち着く、不思議なもんです。やり掛けの石膏像の修復もゆっくりやりつつ過ごしています。No1173No1203No1100家に籠ってこうした事を続けるのも良いのですが、海も川ももう釣りシーズンに入りそっちの方も気に掛かりますが全く行けていないのですが、お仲間からのお誘いとタイミングが合わず行けず釣れた情報ばかり入って来るので気が焦ります。毎年行っている開田高原でする渓流釣りもしていませんので何処かで気持ちをリフレッシュしたいところです。日記彫3点。

  • 少し遅れ気味の日記彫。

    修復作業に没頭するうちつい日記彫をする時間を忘れてしまいます。忘れると言うより、気に掛けつつも気が付くと深夜。そんな中昨日少し遅れ気味の日記彫10点を焼成しました。焼成した作品を取り出した後、久しぶりに刈谷のギャルリディマージュに行き、今月末から始まるサムホール展に出品する作品2点を持って行きました。今の厳しい世の中をどう切り抜けて行くのか?今の現状やこの先の目標など様々な話題で時間を過ごして来ました。家で燻っている時間が長く有り、たまに芸術的な話しが出来るこうした空間は必要だなぁと思いました。少し遅れ気味の日記彫。

  • 日記彫。

    中々進まない日記彫です。No1066日記彫。

  • きました石膏像図鑑。

    注文していた石膏像図鑑が届きました。やっぱり購入して良かった。少し見ただけですが、其々の石膏像の由来が書かれて、日本では間違った様に広がってしまった石膏像や知らなかった物も随分あり、面白いなぁと思いながら読んでいます。又どの様な経路を辿り制作されたとか、復元の際、後から付け加えられて作られたり、思った以上に面白いと感じています。又、其々に纏わる像なども同時に掲載されています。きました石膏像図鑑。

  • つい夢中になって。

    日記彫をやろうとアトリエに入ると、修復をしているサタイア(サティロス)の像が目に飛び込んで来る。継ぎ接ぎとなったこの像に何とか命をもう一度吹き込んであげたいなぁと思って始めた修復作業は、やっているうちに、この像を作った先人の魅力にも引き込まれる。先日迄この像の名前すら知らず、この像の由来や調べてくれた友人や先輩に感謝をしている。それで、先日この像を最初に教えてくれた友人の教えてくれた石膏像図鑑がどうしても気になって買ってしまいました。家は芸大、美大の受験科を予備校的にやっていて、狭いアトリエに石膏像も25体程有る。当然この石膏像の由来を話題に挙げる事も有り、そうした為にも必要なのだと思っての事。石膏像の魅力も色々由来を知る事で生徒達もより興味を持ってくれると思う。今修復中の石膏像も大切にされて来たのだとは思うの...つい夢中になって。

  • 修復が面白くて。

    先日から始めた修復作業。かなり傷んでいる為時間は掛かりそうなのだが、いざやり始めると面白くて時間を忘れて作業をしてしまう。無くなってしまった指先、両腕がぶらりんと千切れ、手首も折れていた。剥離して無くなった部分は想定の中で作業を進めるしか無いのだが、医学書の筋肉の付き方を見直しての作業はもう一度学生気分でやっているみたいで面白い。幸い家に有る医学書は以前医学生だった方から譲ってもらった物で詳しく載っているので助かる。これをやっていると日記彫をやる事を忘れてしまいそうだ。この修復は時間を迫られている事では無いのでじっくりやっていこうと思っている。No1102修復が面白くて。

  • えらいもんが来た。

    家に来ている生徒さんがちょっと前にこんな石膏像を持ち込んで来た。相当な年季物で、ありとあらゆる所が壊れまくっている。アトリエに暫く置いてあったのだが、余りに酷いので「これ修復してもいいかなぁ?」何か見ていられなくなって尋ねたら「宜しくお願いします。」との事だったので早速取り掛かってみた。実際に見てみると、以前の所有者が塗装と石膏とは全く違った素材でくっ付けたり、指が取れていたり、修復にどれだけ時間が掛かるのだろうか?と思う様な状態。でも久々に具象的な物に触れるととても楽しいし、厚く塗った塗装から鈍くなった形を締めて行くのも楽しい。暫くの間これで楽しもうと思う。しかしこの石膏像見たことも無いが誰か知っている方教えて下さい。えらいもんが来た。

  • 日記彫。

    No1102日記彫。

  • 開田高原への想い。

    昨年の春、ゴールデンウィークに行った開田高原の山さんの別荘。昨年のお盆の時に行く予定だったのだが、大型台風の為断念。そして今年のゴールデンウィークはこのコロナ騒ぎで行く事が出来なかった。もう30年近く通っている開田高原の別荘に毎年ゴールデンウィークとお盆の時期行き続けて居たのだが、これだけ長い間行かなかった事は無かった。山さんが居なくなった開田の別荘に、今度石のプレートを作ろうと思っている。予定としては「開田の家山口」と書こうと思っている。山さんには見せる事が出来ないが、この別荘がずっと山さんの想いを引き継ぎ此処に立って居て欲しいという想いを込めて作りたい。今後は山さんの奥様のキマさんが此処にくる限りずっと来たいと思う。開田高原への想い。

  • 日記彫構想。

    No985日記彫の数が有るからこそ出来そうな事。先日アップさせて頂きましたブロンズ調仕上げで、実際に実在としてブロンズにした時、ボルダリングウォールというのを思い付いたお話し。絵に描いてみるとこんな感じです。まあこんな事をすると一点一点じっくり観て貰えなく成るだろうけど、作品群としては面白い見せ方なのかもしれないなぁと思いつつ日々妄想の中制作しています。大きさ的にも壁に打ち込む感じでこんな壁があったら登って見たくなっちゃう彫刻群。大きさ的にも丁度良いんじゃないだろうか?No777日記彫構想。

  • 日記彫。

    No1205日記彫。

  • 内容盛り沢山。

    昨日仕込んだ焼成した作品達です。そして今回試みてみたブロンズ調仕上げです。小さな作品は屋内に置く物と思いがちですが野外に置く事も想定して実際ブロンズにしてみたら如何成るのか試みる事にしました。数が多く有るからこそ出来る事。先日1000体の彫刻ロード構想に続く彫刻ボルダリングウィール。構想なんてのも思い付いた。ただ単に日記彫を作っていた数年前。この時は1000点を目標にただひたすら作っていたのだが、今は色々な構想を交えながら作っている。今回焼いた新たな10点ブロンズ調仕上げの作品今日の日記彫No932内容盛り沢山。

  • 日記彫2点。

    昨日は久しぶりに釣りに行ってきました。狙いはウナギ❗️家から20分くらいで行けて近くてエサはミミズなので餌代も掛からないお手軽フィッシング🎣。釣り場のすぐ近くに釣具屋も有りとても便利。釣具屋に立ち寄り情報収集。「釣っている人は居るけど釣れてないみたいだね。」あー聞くんじゃなかった。テンション下がるなぁ〜。でもどう成るかは分からない。微かな希望を持ちながら竿を出しました。約2時間全くは無反応のまま帰宅となりました。未だ早かったのかなぁ?又リベンジしたいと思います。日記彫は作りましたがブログアップしませんでしたので今日は2点アップします。この後又焼成します。No227No880日記彫2点。

  • ちょっと日常。

    何となく日常を取り戻す雰囲気の中、昨日久しぶりにコストコに行ってきた。平日という事で駐車場にはすんなり入る事が出来たのだが、其れでも結構な人出。店内にはコロナ対策でコストコカード所持の人に付き添えるのは一人だけ。姉の息子と私の3人だったのだが、私も持っていたので何とか入る事が出来た。此処は中部国際空港の直ぐ近くに有るので海に隣接している。帰り際に海を眺め此処のところ家に缶詰め状態でモヤモヤ気分もスッキリした。子供の頃出掛けた時海が少しでも見えるととてもワクワクした話しを姉と懐かしみながら話していた。海には不思議な魅力を今でも感じる。No.1230ちょっと日常。

  • 日記彫。

    以前やっていた日記彫を思い出すと、色々仕事の関係上アップ出来ない時も有り、その中には出張で出来なかった時、出張先に粘土を持ち込みアップしていた時も有りました。どうしても出来ない時はある程度その前に作り置きしてアップした事も有ります。日記彫なので無理してする事も無く、その状況下で出来るのか良いのかも知れません。其れよりコンスタントに物を形にして、日々の想いを込めて行ければ良いのでしょう。誰に何を言われてやっている訳では無いので、独り言の様なもんなんですね。独り言が形になって行っちゃう。これが日記彫なんです。No1008日記彫。

  • 画廊訪問。

    昨日は本当に久しぶりに刈谷市に有るギャルリディマージュに行って来ました。コロナ騒ぎで画廊経営も窮地に立たされ、当然アーティスト達にも大きなダメージが及ばされる。画廊が経営出来ないと当然アーティスト達は発表の場を失ってしまう。こうした時は少しでも協力出来ればと思い、来月から始まるサムホール展出品の参加をお願いして来ました。サムホールは葉書より少し大きいサイズと思って頂ければ分かりやすいと思いますが、以前の個展の時描いた油絵の作品があるので出品しようと思いました。少しでも多くのアーティストが参加して、今のこの状況を払拭出来る様な雰囲気を作ってあげたいと思う。勿論此処で作品が売れれば更に協力出来る。アーティストも大変ですが留まっている訳には行かない。No.1192画廊訪問。

  • 焼成を終えて。

    昨日焼成を終え、窯から一つづつ作品を出しながら思った事が有りました。今回も10点の作品が貯まったら焼成に入るペースで行って行こうと思います。勿論作品の大きさでもっと入る場合もありますし、少ない事も有るかも知れません。丁度一週間に一回ペースで行うとして、一年間で52週有ります。年間520個ペースなら2年ちょっとで終える事が出来るのかな?それ以前にも焼き終わっているのも有りますので、2年計画という事で、又地道に続けて行きます。皆様応援お願いします。No941焼成を終えて。

  • 焼成。

    未だ素焼きの段階ですが、この状態も結構好きなんです。焼き締めた物とは違って和らい感じが僕の作風とマッチしている様に感じます。彫塑でテラコッタと言う技法が有りますが、どうやら最近ではファッションやインテリアなどの色合いなどでこの言葉が使われる事の方が多い様です。テラコッタと言うと皆さんご存知のハニワをイメージして頂けると分かりやすいと思います。この色合いや風合いがやんわりとした雰囲気を作っています。一つ一つこうして形となって行くのは楽しいですね。今日の日記彫No.1216焼成。

  • 日記彫より。

    No.1038No.826此方の日記彫は角度を変えて撮影しています。日記彫より。

  • 2点の日記彫。

    今年はもう一度この秋に個展を控えているのだが、これまで作って来た半具象彫刻から抽象彫刻を中心とした展覧会にしようと思っている。毎日日記彫の削り仕上げをしつつこの形達は作っていて心地良い物だと同時に、違ったイメージも掻き立たせてくれる。一人のアトリエには様々な構想が渦巻く。No.1176この形は何度と同じ様な形を作っている。シンプルな中に何か無いものかと模索してし、又同じ様な形を知らずしらずの内作っている。No.982此方の形は上の形とは違い複雑に入り組んだ穴の空いた作品。何にしても何か内在していた形に違いは無い。2点の日記彫。

  • ゆったりと日記彫。

    今日もクラッシュ音楽をBGMに日記彫を削っている。大学の時も大学を出てからも、大体音楽を聴きながら物を作る事をして来なかった。大学時代石場(石彫アトリエ)では何時もラジオが流れ、このナガラ作業というか、なんで音を聴きながら彫刻をするのか何時も違和感を覚えていた。ラジオだから音楽もポップなものが殆どだし、何故か受け付けないものがあった。しかし、クラッシック音楽はやはり芸術で、心が落ち着き、わき立ち、高揚する。一つの音楽も様々なアーティストの演奏で気に入ったものが有り、気に食わない物は数分でやめてしまう。暫くはこのクラッシックを聴きながらの制作にハマりそうだ。ゆったりと日記彫。

  • 日記彫889

    今日は久しぶりに理髪店に行って来た。行き付けの理髪店の予約は何時も電話で「はい、理容室です」の対応。もう30年来年のお付き合いだ。ここはご夫婦で経営され、藤田保健衛生大学病院の一角にある。コロナの関係上何となく此処に来るのも足が遠のいていたのだが、もう我慢の限界まで髪が伸びて日曜日に予約を入れた。コロナ騒ぎも少し緩やかになって来た事で其れ迄お店も超暇だったようだ。ここのご夫婦とは鮎釣り仲間でも有り、プライベートでも深いお付き合い頂き、今シーズンの鮎の漁協の影響など状況収集もして来た。何だか久しぶりに仲間と話が出来ると言うのも良いもんだ。日頃この日記彫の事も話したり、社会がひっくり返ってしまった事、たわいの無い事を喋っていると気持ちも晴れる。今シーズンの鮎釣り解禁も遅れるそうで、それに合わせた釣り約束をしてお店を...日記彫889

  • 日記彫の数。

    最終的な数は1234個でした。今の日記彫の削って形の整形も有りますが、毎日一個やったとしても3年以上掛かっちゃう。出来る時には2〜3個出来るといいのですが、思っていた以上に時間が掛かる作業なので、ぼちぼちペースを崩さずに出来ると良いんですが。通しNo930日記彫の数。

カテゴリー一覧
商用