searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Standard 研究所さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
World Scientist Association
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/standard_model
ブログ紹介文
目的:科学技術振興、科学者の権利保護(著作権をはじめとする知的財産権)
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2011/09/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Standard 研究所さんの読者になりませんか?

ハンドル名
Standard 研究所さん
ブログタイトル
World Scientist Association
更新頻度
集計中
読者になる
World Scientist Association

Standard 研究所さんの新着記事

1件〜30件

  • (210)「2つの時間についての考察」

    WSAは、これまで、多数回、質量の移動を電流と捉え、流体や材料を量子効果から記述できる統一運動方程式の完成に取り組んで来た。参照:(204)「シュレジンガー波動関数による、マックスウェル電磁方程式の記述(2)」(208)「シュレディンガー波動関数によるナビエ・ストークス方程式の記述」今回は、確立時間:Tと、連続時間:tとの関係を考察する。<ハイゼンベルグの運動方程式>dσ^(2)/dT=∂σ^(2)/∂T+(1/(ℏ*i))*[σ^(2),H]=xや、<ナビエ・ストークス方程式>dv/dT=∂v/∂T+(v・grand)v=K-(1/ρ)grand(P)+(μ/ρ)▽^(2)v等を、記述する際に使用している、確立時間:Tと、<統一物理ポテンシャル>(※1)S(τ)=B*e^(rt)+a/e^(τm)+e^(τ)...(210)「2つの時間についての考察」

  • (209)「超電導に関する考察」

    WSAは、これまで多数回、質量の移動を、電流として捉える、統一運動の議論を重ねてきた。(※2)その過程で、超電導に関しても、過去、数回、触れてきている。前回、(208)「シュレディンガー波動関数によるナビエ・ストークス方程式の記述」において、ナビエ・ストークス方程式を、シュレディンガー波動関数により記述することで、電流や抵抗など、電気回路に関する議論を、量子力学を介して行うことが可能となった。今回は、電気回路に関して、最も顕著な、超常現象、超電導をシュレディンガー波動関数を介して考察する。<ナビエ・ストークス方程式>dv/dT=∂v/∂T+(v・grand)v=K-(1/ρ)grand(P)+(μ/ρ)▽^(2)vK:外力P:応力μ:粘度ρ:電荷速度:v=∂x/∂T=(∂/∂T)(∂/∂T+(1/(ℏ*i))*...(209)「超電導に関する考察」

  • (208)「シュレディンガー波動関数によるナビエ・ストークス方程式の記述」

    (208)「シュレディンガー波動関数によるナビエ・ストークス方程式の記述」WSAは、これまで多数回、質量の移動を、電流として捉える、統一運動の議論を重ねてきた。(※1)今回は、まず、ハイゼンベルグの運動方程式、マックスウェルの電磁方程式、ローレンツ条件、および、マックスウェル・ハイゼンベルグ条件より、流体力学や電磁気学における連続の式、および、古典波動方程式を導出し、(※2)非圧縮性・粘性流体の運動方程式としてのナビエ・ストークス方程式を、シュレディンガー波動関数で記述する。まず、<ハイゼンベルグの運動方程式>dσ^(2)/dT=∂σ^(2)/∂T+(1/(ℏ*i))*[σ^(2),H]=uとおく。<マックスウェル・ハイゼンベルグ条件>スカラーポテンシャル:φ=計量:g=σ^(2)および、ベクトルポテンシャル:...(208)「シュレディンガー波動関数によるナビエ・ストークス方程式の記述」

  • (207)「為替、金利、および、物価についての考察」

    <WSA>2013年2月7日WSAの現在の世界観に基ずく、以下の強い仮定、ΣPV[GDP(i)]=β*Mβ:価値創造係数M:信用総量(参照:(第55節):「ソローの残差」)を置くと、<円・通貨単価>φ=(ΣPV[GNI(i)]-M)/M=(β*M+ΣPV[海外からの配当(i)]-M)/M=β+ΣPV[海外からの配当(i)]/M-1GNI=GDP+海外からの配当GDP=C+I+(G-T)+EX-INM:信用総量M≦国債・公債残高/RR:預金準備率となり、為替:X=e^(ψ)/e^(φ)ψ:ドル・通貨単価φ:円・通貨単価を決定するのは、主に、”ΣPV[海外からの配当(i)]/M”(参照:(199)「国内外投資比率と為替についての考察」)の部分で、購買力平価や、<カバー付き金利パリティ>F/X-1~id-ifF:円ド...(207)「為替、金利、および、物価についての考察」

  • (206)「為替変化率、金利差、および、株価変化率についての考察」

    衆議院解散2012年11月16日日経平均9,024.161米ドル81.321222012年12月27日日経平均10,322.98(+14%)1米ドル86.39000(△6%)∂S/∂t~2.33*∂τ/∂TS:株価、資産価格τ:為替レート<WSA>2013年1月3日2012年12月31日の記述、黒体放射強度分布の話題とするより、むしろ、複合物質の黒体放射強度分布とした方が良いかもしれない。単原子の黒体放射に関しては、S=B(r)*e^(rt)+a/(τ^(m))+τB(r)=e^(-(r-μ)^(2)/σ^(2))τ=F/X-1F/X-1~id-ifX=e^(ψ)/e^(φ)τ:為替の予想変化率F:円ドル・フォワードレートX:円ドル・カレントレートid:日本の名目金利if:米国の名目金利S:日本株価変動率と米国...(206)「為替変化率、金利差、および、株価変化率についての考察」

  • (205)「2013 新年を迎えて 円高・デフレ脱却」

    <WSA>2012年12月28日2012年12月16日の衆議院選挙で、デフレ脱却を大きく掲げた自由民主党が圧勝、現在、自民党が掲げた「2%のインフレターゲット」についての日銀の対応待ちの状況。衆議院解散2012年11月16日日経平均9,024.161米ドル81.321222012年12月27日日経平均10,322.98(+14%)1米ドル86.39000(△6%)∂S/∂t~2.33*∂τ/∂TS:株価、資産価格τ:為替レート貿易収支輸出輸入平成24年1月-13,89743,53757,4352月95352,47951,5263月-1260,49260,5044月-4,37154,22858,5995月-8,04950,66158,7106月1,12254,25853,1367月-3,73651,18454,9...(205)「2013新年を迎えて円高・デフレ脱却」

  • (204)「シュレジンガー波動関数による、マックスウェル電磁方程式の記述(2)」

    (204)「シュレジンガー波動関数による、マックスウェル電磁方程式の記述(2)」今回は、ブラック・ショールズ方程式の解の一つ、統一物理ポテンシャルの電磁波項の角速度:rtに関して、マックスウェル電磁方程式、ハイゼンベルクの運動方程式の関係から、マックスウェル電磁方程式をシュレジンガー波動関数で記述する。WSAは、これまで、(192):「光・重力(7)シュレジンガー波動関数によるマックスウェル電磁方程式の記述」等で、マックスウェル電磁方程式のシュレジンガー波動関数による記述に取り組んできた。今回は、ハイゼンベルクの運動方程式と、マックスウェル電磁方程式の内のローレンツ条件との関係に着目する。はじめに、<統一物理学のブラック・ショールズ方程式>rS=∂S/∂t+(1/2)(∂^(2)S/∂τ^(2))σ^(2)τ^...(204)「シュレジンガー波動関数による、マックスウェル電磁方程式の記述(2)」

  • (203)「スペクトル暗線、および、偏移についての考察」

    今回は、ブラック・ショールズ方程式の解の一つ、統一物理ポテンシャルの電磁波項の角速度:rtに関して、摂動項存在条件、リッチ・フロー方程式、ハイゼンベルクの運動方程式の関係より、光のスペクトル暗線、および、その偏移について考察する。前回、(202)「ハイゼンベルグ・シュレジンガー条件」において、<統一物理学のブラック・ショールズ方程式>rS=∂S/∂t+(1/2)(∂^(2)S/∂τ^(2))σ^(2)τ^(2)+r(∂S/∂τ)τ<統一物理ポテンシャル>S=B*e^(rt)+a/τ^(m)+ττ:リスク選好度(為替レート)τ=e^(ψ-κ)ψ、κ:シュレジンガー波動関数B:黒体放射強度r:無リスク金利t:連続時間摂動項:a/τ^(m)a:任意m:任意摂動項存在条件:r=(1/2)mσ^(2)σ^(2):リスク選...(203)「スペクトル暗線、および、偏移についての考察」

  • (202)「ハイゼンベルグ・シュレジンガー条件」

    (202)「ハイゼンベルグ・シュレジンガー条件」今回は、ブラック・ショールズ方程式の解、統一物理ポテンシャルの導出条件、および、リッチ・フロー方程式とハイゼンベルグ運動方程式の関係から、ハイゼンベルグ運動方程式とシュレジンガー方程式の関係に触れる。まず、ブラック・ショールズ方程式から、統一物理ポテンシャル、および、摂動項存在条件を導出する。参照:(180):「ブラック・ショールズ方程式からの統一物理ポテンシャルの導出」(190):「光・重力(5)2つの曲率」<統一物理学のブラック・ショールズ方程式>rS=∂S/∂t+(1/2)(∂^(2)S/∂τ^(2))σ^(2)τ^(2)+r(∂S/∂τ)τ一般のBS方程式は、原資産=株式:S、派生商品=オプション:fであるが、統一物理学のBS方程式は、原資産=リスク選好度...(202)「ハイゼンベルグ・シュレジンガー条件」

  • (201)「日米金利差とフォワード・プレミアム・パズルについての考察」

    日米金利差とフォワード・プレミアム・パズルについての考察2012-08-1610:47:31テーマ:ブログ(※3)まず、現在の為替決定理論に関して、[カバー付き金利パリティ]F/X-1=id-ifF:円ドル・フォワードレートX:円ドル・カレントレートid:日本の金利if:米国の金利は、実際に、常に厳密に成り立っているとされている。(※2)[フォワード・パリティ]E[∂X/X]=F/X-1E[∂X/X]:円ドル・カレントレートの変化率の期待値は、式の内容から、成り立っていなければならないと考えられている。カバー付き金利パリティと、フォワード・パリティを合わせると、[カバーなし金利パリティ]E[∂X/X]=id-ifが導出される。現在、一般に、カバーなし金利パリティが意味するところは、日米金利差が拡大(米国金利が高...(201)「日米金利差とフォワード・プレミアム・パズルについての考察」

カテゴリー一覧
商用