プロフィールPROFILE

MOBI。さんのプロフィール

住所
福岡県
出身
佐賀県

自由文未設定

ブログタイトル
おいおい、妻よ、何をする〜!?
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/nice-family
ブログ紹介文
面白く、可愛い(?)妻を中心とした、福岡在住、4人家族の物語。
更新頻度(1年)

3回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2011/06/02

MOBI。さんのプロフィール
読者になる

MOBI。さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(IN) 24,240位 24,023位 24,050位 24,126位 24,216位 23,970位 24,176位 979,873サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 0 10 0 10 0 10 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
家族ブログ 174位 168位 168位 169位 167位 165位 171位 16,241サイト
妻・嫁 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 82サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(OUT) 53,557位 56,114位 62,182位 62,249位 73,272位 62,408位 73,688位 979,873サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 0 10 0 10 0 10 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
家族ブログ 656位 698位 827位 839位 1,053位 849位 1,077位 16,241サイト
妻・嫁 4位 4位 4位 4位 4位 4位 4位 82サイト
今日 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,873サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 0 10 0 10 0 10 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
家族ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,241サイト
妻・嫁 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 82サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、MOBI。さんの読者になりませんか?

ハンドル名
MOBI。さん
ブログタイトル
おいおい、妻よ、何をする〜!?
更新頻度
3回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
おいおい、妻よ、何をする〜!?

MOBI。さんの新着記事

1件〜30件

  • 妻のズボンをねぎらった娘(ベストセレクション第3弾)

    妻はソファに座っていた。すると、非常に目に付くのだ。何が?妻のぽっこりお腹がだ。思わずなでなでし、「何がいると?」と笑ってしまう。それを、娘も見ていた。そして、はちきれんばかりになっていた、妻がはいていたズボンを見てつぶやいた。下腹部分のチャックとボタンをさすりながらね。「がんばってるね♪」妻のズボンをねぎらった娘(ベストセレクション第3弾)

  • こんな顔の妻(ベストセレクション第2弾)

    〔これは、2006年3月頃の話〕息子が、9歳の頃に書いた似顔絵がある。私は絶賛したものだった。よく特徴を捉えていたから。画家を目指すのも一つの手かなとも思ったよ。ところが、ところが、妻は不満だった。「周りのお母さん達はこの似顔絵を見て、笑いをかみ殺していたのよ」と言っていた。教室に貼ってあったんだね。ちなみに、他の子が描いた似顔絵は、お姫様みたいなものが多かったそうな。お姫様・・・・・・・・。なるほど、これは『お姫様』とは、ほど遠い。どちらかというと、おばば様かな?こんな顔の妻(ベストセレクション第2弾)

  • 吠える妻(ベストセレクション第1弾)

    「おおおおおーーーーを!!」妻が咆えた。ここは布団の上である。私も妻も妙に疲れていて、ゴロンと横になっていたのだが。ちなみに、私は本を読んでいた。「おおおおおーーーーを!!」また、咆えた。私は妻の方を見もしなかった。どうせ、意味など無いのだ。振り向くだけ無駄というもの。「おおおおおーーーーを!!」三度目の雄叫びである。さすがに、うるさいと思い、横にいる妻を見てみると・・・・・・・。ブリッジしてた。。。わけ分からん妻である。※ブリッジとは-仰向け状態で両足と両手や頭部のみを床に付け、背中を橋状に反らせ、その状態を維持するストレッチ運動、技術。レスリングでの攻防や、プロレスの投げ技などでも使用される。(Wikipediaより)吠える妻(ベストセレクション第1弾)

  • 車を抜群に安定して走らせることができる妻

    ボンネットにしがみついた知人男性がいるにもかかわらず、7キロ余り車を走らせた女性のことをニュースでやっていたが、我が家の場合は違う。車から落ちなかったのは、人ならぬビデオテープだった。事の始まりはこの私。レンタルビデオ2本を返却するために、車に乗ろうとしたのだった。その当時(2004年11月)、息子はまだ小さかった。だから、チャイルドシートに乗せなければならない。そのために、ビデオテープは一旦車のルーフ(屋根)に置いたわけだ。ところが、このことを次の瞬間、うかつにも私はしっかりと忘れてしまった。ああ悲しいかな。我が家のマイカーは、レンタルビデオ2本をルーフに乗せたまま、出発してしまったのであった。運転手は妻。私はペーパードライバーだったので、まだその時は運転を控えていたのである。2~3キロも走っただろうか、私は...車を抜群に安定して走らせることができる妻

  • 朝から笑わせてくれる妻

    私は目覚めた。そして、キッチンの横を通った。そこには妻がいた。妻は寝起きの私に言った。「キャー〇〇ちゃん、おはよー!」「・・・・・・・・・・・・{%冷や汗docomo%}」〇〇ちゃんとは私のことである。私が思わず笑うと、「なんで笑うと?」だって。楽しい我が家だ。朝から笑わせてくれる妻

  • 日本語の使い方がイマイチの妻

    1年以上も前の話。娘がマクドナルドでアルバイトを始めた。愛情あふれる妻は、当然の如く娘の働きぶりが気になるところ。即、店にお客さんとして見に行った。しかし、いるはずなのだが、娘は奥の方で働いているようで、姿を確認することができなかった。ガックリと来た妻は、家に帰ってくるなり私にこう言うではないか。「マクドナルドって、奥が深いのね」。。。。。。。。おい、それを言うなら、「奥行きがあるのね」だろ。日本語の使い方がイマイチの妻

  • 私に「遅く帰れ」と言う妻

    私は妻にメールをした。仕事で帰りが遅くなったからである。『22時過ぎの電車で帰る』すると、すぐにメールが返信されてきた。いたわりの言葉が来るかと思いきや、それはあまりにも理不尽な内容だった。『遅くなってね』もう午後10時になろうというのに、まだ遅く帰れというのか{%プンプンwebry%}はい、もちろん妻はそんな鬼嫁ではありません。本当は『遅くなったね』と入力したかったんですね。わずか1文字でも意味がガラッと変わります。皆さんも日本語入力には気を付けましょう。私に「遅く帰れ」と言う妻

  • “ヒートテック”と間違える妻

    めっきり寒くなったこの頃。そんなある日の夫婦の会話である。「最近増えてるらしいわよ」「何が?」「お年寄りのヒートテック」(お年寄りもユニクロを切る時代になったのかな)なんか違和感を感じていると、妻はさらに続けた。「ヒートテックで死んじゃうんだって」「ウ・・・・・・・・・・」私は声が出なくなった。そして、涙が出てきた。笑いすぎて。妻も気付いたようだ。私と同じように声が出なくなった。夫婦で笑いに笑ったあと、やっと妻が声を振り絞った。「正解は何だっけ?」私はなおも笑いながら、やっとの思いで答えた。「ヒートショック。」にほんブログ村家族ブログへ、結婚生活ブログランキングへ、ブログ王ランキングへ“ヒートテック”と間違える妻

  • “エスカレーター式”を間違える妻

    1ヶ月ぐらい前か、テレビで中学受験の様子を映していた。それはそれは盛況で、お母様たちもたくさん。田舎者の私には、小学生から受験があるなんて信じられず、その光景を見て嫌味半分で「すげーなー」とつぶやいた。すると、妻は言った。「エレベーター式は、楽やけんやろ」それを言うなら、“エスカレーター式”だと俺は思う。エレベーター式だと、あっという間に大学を卒業できそうだなあ。。。にほんブログ村家族ブログへ、結婚生活ブログランキングへ、ブログ王ランキングへ“エスカレーター式”を間違える妻

  • ひたすら待つ妻

    妻は、車のクラクションを鳴らすのが嫌いらしい・・・・・・・。ある日のこと、妻は信号待ちをしていた。先頭ではない。前から2台目である。そして、信号は青に変わった。妻は発進しようとした。ところが、前の車は動こうとしない。妻は待った。それでも、状況は変わらずだ。普通は、ここでクラクションを鳴らす。前の人が青信号に気付いていないのだから、教えてあげるのは当然だろう。しかし、・・・・・・・・。何もせずに妻は待った。クラクションを鳴らすことなく、ひたすら待ったって。アホか!家に帰ってからは、私に集中砲火だ。愚痴だね。「スマホに夢中で、信号が変わったことに気づかないのよ」私はもちろん言ったね。「クラクションを鳴らしたらいいやん」そしたら、妻は言った。「だって、嫌いやもん」自分がクラクションを鳴らされると嫌だから、他人には絶対...ひたすら待つ妻

  • カタツムリを飼う妻

    妻は生き物が好きである。機械とかメカには、全くと言っていいほど興味を示さないが、生あるものへの愛情は半端ない。ヒトである息子・娘に対してはもちろんのこと、ベランダには多種多様な植物がいっぱいだ。ただ、ペットとなると話は別である。我が家はマンション。ペットOKではあるが、留守にすることが多い。真夏は超暑い部屋になるし、動物には可愛そうな環境ということもあろう。娘の再三の「犬か猫を飼おうよ」という催促にも、耳を傾けなかった。ところが、最近我が家へペットがやってきたのである。残念ながら動物ではなく、驚いたことにカタツムリ。同僚内で、妻は『カタツムリが好きな人』ということになっているらしい。親切な同僚の皆さんは、こまめに探してくれたらしいのだ。昔と違って、なかなか見かけることが少なくなったカタツムリである。一体どこで見...カタツムリを飼う妻

カテゴリー一覧
商用