searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

そらのくもさんのプロフィール

住所
オランダ
出身
富士市

オランダ・ロッテルダム郊外に長年住んでいます。家族はオランダ人のだんなと11歳の女の子の3人。最近は写真&ソーイング&ガーデニングに凝っています。オランダの日常風景や庭の様子を写真にしてお届けします。

ブログタイトル
そらのオランダ通信写真ブログ
ブログURL
https://oranda.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
球根の国オランダより日常生活の写真とともに、オランダの話題やガーデニングのことをつぶやいています。
更新頻度(1年)

9回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2011/04/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、そらのくもさんの読者になりませんか?

ハンドル名
そらのくもさん
ブログタイトル
そらのオランダ通信写真ブログ
更新頻度
9回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
そらのオランダ通信写真ブログ

そらのくもさんの新着記事

1件〜30件

  • コロナ騒動で分かった我が家の引きこもり度

    コロナ新型肺炎で全世界が大変なことになっています。経済のこととか、仕事のこととか、色んなことを考えると暗くなってしまいがちですが、もうこの事態になるようにしかならないかなぁ~と考えています。ところで、世界中の多くの人々がロックダウン状態に悪戦苦闘しているようなんですが…なんというか、我が家の場合、普段とあんまり変わりないけど?状態なんですよねー…。何が驚いたかっていうと、それですよ💦うちは旦那はかな...

  • 小さな幸せを積み重ねて

    なぜかうちの子ではなく、うちの子の友達が私にキーホルダーをくれました。「Special Mum」ちょっとうれしい。飛び上がるほどうれしい!という感じではありませんが、染み入るようにしみじみとうれしい。小さな幸せ、とはこんな感じのことをいうのではないでしょうか。裏を返すと、書いてある言葉は:HERO (ヒーロー)ADVISOR (アドバイザー)SUPPORTER (サポーター)FRIEND (友達)そうか。スペシャルおかあさん、てのは、...

  • 私はやっぱりEU派

    EUの楽園 - カナリア諸島ついに歴史的な日?英国がEUを離脱してしまいましたね。日本の報道を見ていると、経済が~、関税が~、とか、国の主権が~、とか…だいたいそんなニュースばかりなのですが、私はEUのすばらしさは、【人の移動が自由】これに尽きるのではないかと思ってます。たぶん、EU派(残留派)と離脱派はどう分かれるのかというと…たとえばあなたに子供がいるとして【子供にはぜひ羽ばたいてほしい。自分の可能性が最...

  • 人種差別といじめの構造

    日本ではあまり同列で語られることはないように思うが、人種差別といじめというのは同じ構造を持った種類のものだなあ、と思う。今、日本ではいじめ問題は子供社会でも、大人社会でも大きな問題となっており、私もそれらのニュースには食いついているけれども、いつも思うことは、これだけ問題となっているのに同じようないじめによる悲惨な結果が後をたたないというのはどういうことなんだ?ということ。客観的に海外から日本の状...

  • 男女格差がない社会を目指して

    クリスマスはだんなを家に置いて娘と二人でスペインのカナリア諸島のひとつ、グランカナリア島に行ってきました。娘が行きたい、行きたい、と言っていたことと、常春の気候でいいところ、と聞いたことと、トーマスクック社が破たんしてカナリア諸島の観光業が大打撃と聞いたこと等いろいろあって、初めてオランダの旅行会社で旅行を申し込んで行ってみました。結果的には、すごく良かった~~💛気候が…めっちゃ良い。私は暑すぎも寒...

  • まさかの復活?

    驚くべきことなのですが…なんと父が復活退院してしまいました。さ、さすが末期がん間近でもシブとく生き延びてきた父親だけあります…。うちの家族も「ちょっとやそっとじゃ死なないと思うよ」とは言ってましたが、本当にシブとい!(笑)お互いに涙を流してお別れしてきたというのに、あれは何だったんだ…?今思い出すと恥ずかしい…っと思ってしまうくらいですよ。仕事だって「もう父に会えないから」ということで、無理やり休ませ...

  • 村社会日本

    ときどきつぶやいていますが、私は芸能ニュースネタ好きです。ただし、ミーハー路線ではなく、裏専門(笑)。ハッキリ言うと、私は日本の芸能界は完全なる極東島国の芸能界村の世界を繰り広げているなあ~という印象を強く持っていて、興味深々ではありますが、憧れはありません。まあ私は本来ブラックジョークが大好きな人間なので、いろんな部分をジョークで見ているって感じですかねえ?芸能界は、歌の世界、ドラマの世界だけの...

  • イマドキのオランダ中学生の日常

    昨今は、たくさんの日本人がオランダに在住しており、色んな方が色んな情報を発信しているので私が書くトピックもない…という感じになってますが、オランダの学校情報、特に中学という難しい年頃の記事はないんじゃないかなーと思うので、ちょっと書いてみます。といっても、うちの子の周りの話、になってしまいますが。。。💦1.オランダの中学校とは?まず最初にオランダの中学校、と書きましたが、中学校というカテゴリーはあり...

  • 毒親に育てられた私たち

    最近、日本は誰にとっても生きづらい世の中らしい。子供は不登校が増え、大人はストレスが増え、ともかくやってくる未来に期待が持てない楽しくない社会らしい。ここのところ流行っている言葉に毒親というのがある。その手の本が大流行りなので知っている人が多いと思うが、毒親とは、ざっくりいうと「子供を支配する親」という定義らしい。例えば、子供を自分の自慢の商品とみなし、子供に自分の思う通りに人生を進ませるような親...

  • 最後の再会

    今年に入ってから父の容態が急速に悪くなってきています。以前も少し書きましたが、父は15年以上も前に癌になって、ステージも悪い状況だったので、ここまで生きているのが奇跡のような人なのですが、その奇跡もついに…終焉に近づきつつあるようなのです。癌そのものもじわじわと悪くなっていますが、それよりも体全体が悪くなっているようです。ずーっと毒のような抗がん剤を使用してきたのだから、当たり前といっちゃ当たり前か...

  • 娘と恋バナ

    新しい年度も始まり、現在は勉強やる気満々の我が娘。「これがずーっと続いてくれるとよいんだけどねえ~」という私に対し「そんなワケないじゃん!」と軽く否定してくれた娘💦彼女曰く、まぁ続いても1か月くらいだそうです、、、。あー、そうですかぁぁぁ~(涙)。ちなみにうちの子はVWOのギムナジウムに入ったのですが、1年で早々にラテン語から脱落。もうやりたくないからアテネウム(ワンランク下)に下げる、と年度末に自ら取...

  • 夏休みも終わりに近づきました

    今年の夏休みもまた娘と二人旅でした。もう旦那様には旅行は期待できない、という感じ…。かくいう私もこれは更年期の症状?という症状が出てきて、精神的に不安定で、、、できれば国内旅行チョロっとぐらいが気ままで良いのですが、うちの子がどうしても外国に行きたいというので、、、。歯を食いしばって旅行に行ってきました、、、て修行気分で旅行してどうする~…。旦那様も一種の不安症なんですが、こちらは心配性なんですよね...

  • 中学1年生修了間近

    うちの子の中学1年目がほぼ終了しました。本人の希望した学校で、お友達もたくさんできて楽しい1年だったようです。今13歳、日本でいうと中2ですが、中2って中二病と言われるくらい、背伸びしたがる年頃だと言われますが、うちの子はけっこう…いやかなり地味かなーと思います。まず選ぶ洋服が…やけに保守的。もっとナイの~?と親の私のほうが派手なのを選びたくなってしまう、、、けど、そんなのを見せると「ギャー、そんな...

  • 花と虫、発達障害と農薬

    前回書いた記事ですが、ここ数週間、またうちの子が近所の幼馴染と遊ぶようになりました。あちらも携帯を持参するようになり、連絡取りあえるようになったらしく、ちょっと行ってくる~…といそいそと出かけて行きます。まー、ちょっと話をしたらまたすぐに帰ってきますけど。色んな人と新たに知り合っても、昔馴染みを大事にできるってことは素晴らしいことだな、と思います。わたし自身、それがなかなかできなかったもので、、、...

  • 優しく過ぎた年月

    前も言ったかもしれませんが、うちの近所に知恵遅れ(知的障害)の姉妹がいます。下の子はうちの子(りすちゃん)より3歳上。そして上の子は6、7歳上で、もう二十歳になろうとしています。その子たちが初めて「一緒に遊ぼう」と誘いに来たのは、りすちゃんが4歳(もしくは4歳より前)の時でした。まだまだ子供が小さく、外に出していいの?…それすらも分からなかった頃。その上、その子たちが知恵遅れだということすら、分か...

  • みんなが幸せになる世の中を作る仕組み

    お庭が花でいっぱいです。花が好きなので…ほんと、たまらんわ~って感じです。天気のよい週末は朝食を食べ終わると庭へ直行!どっか外出しようか?てなことも考えるんですが、ココ以上にいいところへ行こうってそりゃ、けっこう難しいわ~って感じ。いや、マジで。ニャンコちゃんも我が庭が好きらしく、けっこう何匹も入り浸ってます。じーっと一日中我が物顔で座っているニャンコもおり、やっぱ居心地いいわよねえ~…なんてニャン...

  • 緑の美しい季節

    緑の美しい季節となりました。我が庭もさまざまな花が咲き乱れ、眺めるのが楽しい日々が続いています。この年になり、いろんな国を周ってみて確信したこと。それは、庭が美しい地域は治安がよく、人々も穏やかな人が多いということでしょうか。人の心って緑や花に伝染する…。庭のスタイルなど好き嫌いは多少あるでしょうけど、それでも、やっぱり美しい、いいな、と思う人間の気持ちは全世界共通なのでしょう。ご近所を歩くときも...

  • オランダ流 叱らない子育て

    最近、叱らない子育て、なるものがあることを知りました。私は、子育ての本は基本読まない、〇〇主義という主義にははまらないタイプ(いうなれば臨機応変主義…)なので、自分自身が何かの子育て論に賛同したりすることはないのですが、ふと考えてみると、オランダは日本に比べて叱らない子育てを実践している国かな?と思ったので、それについて書いてみようと思います。オランダにやってきて実際に日本人から聞く言葉として「あ...

  • ショックなニュース - 留まる理由

    ショッキングなニュースを聞いてしまった。つまり、自分同様、日本には帰国しない組だと思った人が思い切って日本帰国を決めた、というニュースである。特に仲良くしているわけでもなく、しょっちゅう会う間柄でもなかったのだが、その人とは共通点がある。それは、私とオランダにやってきた年が同じだということである。駐在員の人は、あらかじめいずれ帰る人、という認識があるから最初から心のどこかでブレーキをかけている。ど...

  • 英国人から解放される北フランス

    気がつけばまたまた1か月があっという間に過ぎていました…。そろそろ英国のEU離脱が決着つくかな、と思いきや、まだ何も決まっていないという…すごい事態ですね。私の予想通りになってしまっているではないですか!!いまだまるで離脱しない選択肢があるような報道が目につきますが、実質もう離脱しないという選択肢はないと思います。もう時間がないでしょ、どう転んでも。なので、私の予想は、土壇場の合意案承認での離脱、もし...

  • のろのろ前進

    うちの子が足を骨折し手術、私自身も、ある手術をしたので、年が明けてから病院通いが続いております…。私は今は特に何の支障もないのですが、今のこのご時世、いろいろ心配になります。以前「備えあれば憂いなし」で書きましたが、英国の合意なき離脱の可能性がだんだんと高まってきており、オランダ政府は現在刻々と事態に備えつつあるようです。。。が、どうやっても手に入らなくなる薬がいくつかリストアップされているそうで...

  • 2019年

    2019年が始まりました。今年のお正月は5年ぶりオランダでの年越しでした。12月31日は風もあまりない穏やかな気候で、相変わらず花火がすごかったです。気のせいか花火も巨大化していたような。2日はだんなの誕生日を久々に家族そろってお祝い。3日からは娘と二人でドイツのデュッセルドルフにダラダラ3泊も旅行に行き、近郊を訪れてあちこちでショッピングを楽しみました(←娘が)。最近はだんなに旅行の同行は期待できな...

  • サバイバルお誕生日会

    美しい朝焼けに感動してシャッターを切った。すると後ろでもシャッター音がして、振り向くと私に思いを寄せるイケメン君が、、、そんな妄想をするのにピッタリな景色…(←すみません、中学聖日記を見てた人しか分からないネタです)。===================================うちの子の誕生日会プレッシャーはなんと6か月前から始まります。「あー、あと半年でお誕生日だねえ。今年は何をやろうか...

  • 解放

    ずいぶん間があいてしまいましたが、元気にやってます。書きたいな、と思うことも多いのですが、文字を打つのが面倒くさく…はい、これは、単にやる気がない、ということですね(苦笑)。今日、ネットでいつもの通り芸能ニュースを見ていたら(笑)、引退した成宮さんがオランダに住んでいるって書いてありました。そうだったんだ~…、て、みな知っていることなのかな?インスタやってる、と書いてあったので、ちょっと覗いてみたら...

  • 外国人が日本旅行に期待するもの

    9月に日本に行ってきたのですが、その際久々アムステルダム直行便を利用しました。9月の連休は関係ない平日だったので、空いている飛行機…をイメージしていったのですが、どっこい。その前の週にやってきた台風が大阪を直撃した影響で、関空行きがキャンセルになって成田便に振り替えた客が多かったらしく、全席満員のぎゅうぎゅう詰めでの離陸となりました。私はひとりだったので、できるだけ通路側をゲットしようぞ、、、という...

  • 備えあれば憂いなし 来たるハード・ブレグジットに備える

    来たる…と書きましたが、まだ決定したわけではありません。望みは捨ててはいけないのです。しかし、先の1か月間での進展のなさを見て、私は思いました。このままいくと、時間切れのハード・ブレグジットに至る可能性が高いのではないか、と。最後に開けてしまったパンドラの箱、アイルランドの問題がここ数日以内にスッキリとまとまることはあり得ないし、英国が譲歩しない限りはもうダメでしょう。いずれにせよ、もう時間がないの...

カテゴリー一覧
商用