searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

archipelさんのプロフィール

住所
多摩市
出身
富田林市

ブログのタイトルは「たまにネタバレしないシネマレビュー」の方が良かったのではないかと思い至りましたが、もはや後の祭りか。 「観た気になれるシネマレビュー」でも良かったかも。

ブログタイトル
たまにネタバレするシネマレビュー
ブログURL
http://tamacine.blogspot.com/
ブログ紹介文
基本的に自腹で劇場鑑賞した映画についてダラダラ書き散らかすブログです。ネタバレしても御容赦下さい。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2011/02/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、archipelさんの読者になりませんか?

ハンドル名
archipelさん
ブログタイトル
たまにネタバレするシネマレビュー
更新頻度
集計中
読者になる
たまにネタバレするシネマレビュー

archipelさんの新着記事

1件〜30件

  • CUTIE HONEY ─TEARS─(Cutie Honey : tears)

     永井豪とダイナミックプロによる『キューティーハニー』が、またリメイクされました。今までにTVシリーズのアニメで二回、OVAでも二回、更に実写版でも二回映像化されておりますね。  ハニー役も、増山江威子、根谷美智子、永野愛、佐藤江梨子、堀江由衣、原幹恵と続いて、本作で七代目ハニ...

  • スーサイド・スクワッド(Suicide Squad)

     DCコミックスに登場する悪役ばかりを集めたスピンオフ企画が映画化されました。DCコミックス版クロスオーバー作品としては、『 マン・オブ・スティール 』(2013年)、『 バットマン vs スーパーマン/ジャスティスの誕生 』(2016年)に続く、シリーズ三作目という位置づけにな...

  • 君の名は。(your name.)

     新海誠監督による長編アニメ映画です。『 言の葉の庭 』(2013年)以来ですね。一作毎にメジャーな監督になっていかれるのを見るのは嬉しくもあり、チト寂しくもあります。  『ほしのこえ』(2002年)の自主上映を下北沢のミニシアターまで観に行ったのは今は昔。  SF者として一...

  • ジャングル・ブック(The Jungle Book)

     ラドヤード・キプリングによる同名小説の映画化ですが、既に何度かアニメや実写で映画化されておりますね。一番、有名なのはディズニー製作のアニメ映画『ジャングル・ブック』(1967年)でしょう。これが最初だし、元祖ですね。日本でも名作劇場風にTVシリーズ化されたこともありますけど、あ...

  • ハイ・ライズ(High-Rise)

     英国のSF作家J・G・バラードによる同名小説の映画化作品です。まさかこれが映像化される日が来ようとは予想しておりませんでした。  いや、別に映像化が不可能だとか、壮大すぎて一本の枠に収まらないとか云うものでは無く、ええと……それほど有名とは云えない──かなりマイナーかな──作...

  • X-MEN : アポカリプス(X-Men : Apocalypse)

     マーベル・コミックスの『X-MEN』シリーズの映画化第六作目です。本作で前日譚三部作が完結します。  これで最初の三部作の後、前日譚も三部作化されて、合計六作品。ウルヴァリンが主役のスピンオフ・シリーズ二作も入れれば八作ですね。  更に、ウルヴァリン主役のスピンオフも三部作...

  • ターザン : REBORN(The Legend of Tarzan)

     エドガー・ライス・バロウズ原作による冒険小説の映画化です。何度目の映画化になるのでしょうか。もはや原作者バロウズの名前を知らずとも、主人公「ターザン」の名前を知らない人はいないと云っても過言ではない。  バロウズ原作の冒険小説の中では最も有名なシリーズですね。個人的には「火星...

  • シン・ゴジラ(GODZILLA Resurgence)

     庵野秀明監督による「ゴジラ」映画の最新作です。北村龍平監督の『ゴジラ FINAL WARS』(2004年)以来の十二年ぶりの、日本製のゴジラです。  実際には、ギャレス・エドワーズ監督によるハリウッド版『 GODZILLA ゴジラ 』(2014年)が間にありましたので、二年ぶ...

  • ウォークラフト(Warcraft)

     ダンカン・ジョーンズ監督による同名のファンタジーRPGの映画化作品です。原作となったゲームは世界的に有名なMMORPG(大規模多人数同時参加型オンラインRPG)だそうで、本作が原作付だったとは存じませんでした。  でも確かに、劇中では色々な背景設定がいわくありげなものとして登...

  • アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(Alice Through the Looking Glass)

     ディズニー製作の実写版『アリス・イン・ワンダーランド』(2010年)の続編です。前作からして、かなりオリジナルでしたし、もはや原作のキャラクターを使った別物と割り切って観るのがよろしいのでしょう。邦題に「時間の旅」とあるとおり、今回はアリスが時間旅行します。  「時をかける少...

  • アウトバーン(Collide)

     エラン・クリーヴィー監督・脚本による英独合作のクライム・アクション映画です。英国人俳優が多数出演しながら、ドイツを舞台にしております。  背景に映るケルンの大聖堂が印象的ですが、専らアウトバーンを疾走する高級車の激烈なカーチェイスが宣伝されております。実際、劇中では高級車が何...

  • マネーモンスター(Money Monster)

     全米高視聴率財テク番組「マネーモンスター」の生放送中に銃と爆弾を手にした男が乱入し、その司会者を人質にしてスタジオ内に立て籠もる。番組の株式情報を信じて全財産を失った男が求めるのは、自分を陥れたインターネットによるHFT(超高速取引)の不正の全貌。  籠城中も生放送は続行され...

  • ノック・ノック(Knock Knock)

     「ノックの音がした」と云うのは星新一のショートショートの有名な書き出しですね。同じ書き出しから始まる一五編のショートショートを収録した『ノックの音が』(新潮文庫)は、SF者なら必読書でありましょう(と云うか星新一は全部読め)。  ノックの音から始まり、予期せぬ出来事に巻き込ま...

  • 二ツ星の料理人(Burnt)

     ミシュランはフランスのタイヤメーカーですが、もはや旅行ガイド本の発行元というか、ホテル・レストランの料理の格付の方で有名ですね。一九〇〇年のパリ万博の頃から発行されていたガイドブックには非常に権威があるとされ、ミシュラン・ガイドが改訂されると、どのレストランが星を獲ったの失った...

  • シークレット・アイズ(Secret in Their Eyes)

     フアン・ホセ・カンパネラ監督によるアルゼンチン製サスペンス映画『瞳の奥の秘密』(2009年)のハリウッド・リメイク作品です。同作はアカデミー賞外国語映画賞(第82回・2010年)を受賞しております。  あの年のアカデミー賞はキャサリン・ビグロー監督の『ハート・ロッカー』が最多...

  • デッドプール(Deadpool)

     マーベル・コミックスの映画化も、とうとうデッドプールを主役に据えた作品が製作されてしまいました。最初は脇役だったのに出世したなデップー。  二〇世紀フォックスが製作するマーベル・コミックスの映画化作品でありますので、『X-MEN』シリーズのスピンオフ作品になります(そのハズで...

  • 神様メール(Le tout nouveau testament)

     本作はベルギー出身のジャコ・ヴァン・ドルマル監督・脚本によるファンタジー映画です。前作『 ミスター・ノーバディ 』(2009年)から随分経ちました。寡作な監督ですね。  しかし寡作ではあれども、監督作品はどれも傑作ぞろいですよ。特に、SF者なら『 ミスター・ノーバディ 』は観...

  • スノーホワイト/氷の王国(The Huntsman : Winter's War)

     グリム童話の『白雪姫』を「大胆にアレンジ(笑)」したCG特撮満載のファンタジー・アクション映画『 スノーホワイト 』(2012年)のまさかの続編であります。何と強引な。  しかしこれは本当に「続編」なんですかね。「番外編」とか「スピンオフ」と呼ばれるべきものではないかと思われ...

  • シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(Captain America : Civil War)

     マーベルコミックスのキャプテン・アメリカ実写化作品第三弾として、マーベルのクロスオーバー大作『シビル・ウォー』が映画化されました。題名には「キャプテン・アメリカ」と銘打たれていますが、もはやキャップ単体の映画と云うよりも、〈アベンジャーズ〉シリーズの一本であると理解した方がいい...

  • レヴェナント: 蘇えりし者(The Revenant)

     アメリカの西部開拓時代に実在した罠猟師ヒュー・グラスの半生と、彼が体験した過酷なサバイバルを描いたマイケル・パンクの西部劇小説『蘇った亡霊 : ある復讐の物語』が、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、レオナルド・ディカプリオ主演によって映画化されました。  本作は今年...

  • 仮面ライダー1号(Kamen Rider)

     仮面ライダーシリーズ生誕45周年記念作品であり、藤岡弘が主演の仮面ライダーの劇場版です。ついにこの時が来たか。  『 平成ライダー対昭和ライダー/仮面ライダー大戦スーパー戦隊 』(2014年)で藤岡弘が登場してくれたときにはまだ共演でしたが、今度はもう堂々の主演ですよ。  ...

  • バットマン vs スーパーマン/ジャスティスの誕生(Batman v Superman : Dawn of Justice)

     ザック・スナイダー監督によるスーパーマン映画『 マン・オブ・スティール 』(2013年)の続編です。前作に続き監督もザック・スナイダーのまま、リアルかつシリアスなスーパーヒーロー路線が展開しております。  しかも本作は題名通り、スーパーマンと並ぶDCコミックスの巨頭バットマン...

  • オデッセイ(The Martian)

     アンディ・ウィアーのSF小説『火星の人』が映画化されました。事故に遭い、火星に一人置き去りにされた宇宙飛行士の過酷なサバイバル生活と、地球側からの懸命な救出活動を描いた作品です。  「宇宙飛行士のサバイバル」というと、近年もアルフォンソ・キュアロン監督の『 ゼロ・グラビティ ...

  • ザ・ウォーク (3D)(The Walk)

     ニューヨークのワールドトレードセンター・ビルで綱渡りした大道芸人フィリップ・プティの半生を描いた伝記映画です。この綱渡りのパフォーマンス自体は、ドキュメンタリー映画『マン・オン・ワイヤー』(2008年)となってアカデミー賞(第81回・2009年)長編ドキュメンタリー映画賞を受賞...

  • フランス組曲(Suite francaise)

     ドイツ占領下のフランスを背景にした、ドイツ軍将校とフランスの人妻のラブストーリーです。同名のベストセラー小説の映画化ですが、原作者であるイレーヌ・ネミロフスキー自身はアウシュビッツの強制収容所でお亡くなりになっており(39歳没)、未完の遺稿を娘が発見して二〇〇四年になって出版し...

カテゴリー一覧
商用