searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

アッピアさんのプロフィール

住所
高津区
出身
未設定

2013年11月18日にアッピア他界後、家族としてブログを継続しています。

ブログタイトル
波乱万丈 乳がん転移ライフ!
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/milano2323
ブログ紹介文
39歳で授乳中に乳がんステージ3告知。1年で肝・骨転移。そこから始まる乳がん転移ライフ9年の軌跡!
更新頻度(1年)

52回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2011/02/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、アッピアさんの読者になりませんか?

ハンドル名
アッピアさん
ブログタイトル
波乱万丈 乳がん転移ライフ!
更新頻度
52回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
波乱万丈 乳がん転移ライフ!

アッピアさんの新着記事

1件〜30件

  • 休校措置でも全く困らなかった唯一の学校は?~それは「N高等学校(通称:N高)」

    前回、「オリンピックでのショッキングな出来事BEST3」とのタイトル記事を書きましたが、「ショッキングな出来事はBESTでなくWorstやろ」と自分に突っ込みを入れ、しれッと書き換えました。今日で7月も終わり、長かった梅雨も8月に入ると共にやっと明けそうです。息子は明日が高2の1学期の終業式で、例年は6週間ながら、今年はその半分の3週間の夏休みとなります。2ヶ月のオンライン学習、3週間の1日おきの分散登校、2週間の短縮授業、そしてやっと1ヵ月の通常登校と、落ち着かない1学期でしたが、留学していた息子にとっては遅れている半年分を取り戻さないといけないので、そのための時間が取れて、本人的にはある面ラッキーだったようです。何はともあれ、全国のほとんどの学校で、生徒も先生も保護者も皆が振り回されながらの1学期となりまし...休校措置でも全く困らなかった唯一の学校は?~それは「N高等学校(通称:N高)」

  • 「オリンピックでのショッキングな出来事BEST3」~本来の開会式のはずだった日に・・・

    なかなか梅雨が明けずまだ本格的な夏到来間近の今日は、本来は東京オリンピックの開会式の日・・・昨日、池江瑠花子選手が聖火のランタンを抱えながら、国立競技場から世界に向けてメッセージを送りました。「今日ここから始まる1年を単なる1年の延期ではなく『プラス1』と考える」「逆境から這い上がっていく時には、どうしても希望の力が必要」「希望が遠くに輝いているからこそ、どんなに辛くても前を向いて頑張れる」闘病から復活しパリオリンピックを目指して練習を再開した池江選手にとっては「プラス1」どころか「プラス4」・・・無観客の中、そんな彼女から静かに発せられたメッセージは、静かながらも強く心に響きました。そして、彼女のメッセージを聴きながら、これまでのオリンピックでショッキングだった出来事が浮かんできました。これまでも色々なことが...「オリンピックでのショッキングな出来事BEST3」~本来の開会式のはずだった日に・・・

  • 「車に乗らない」「テレビを見ない」「オーディオを持たない」~今どきの若者たちの価値観

    日本は元々景気が踊り場だったところに突然のコロナショックで景気が急落し、世界的にも大不況に突入・・・私の仕事は、企業を早期退職する方々の再就職の支援となるため、既にかなり忙しくなり始めています。そうした中、今月から私のチームも人数が倍増し、全員出社したら完全にオフィスが3密状態となっています。まだ在宅勤務と組み合わせのため全員集合はほぼないのですが、久しぶりに新入社員が2名も配属されました。今回一緒に仕事をすることになった新入社員は、もう自分の子供ともほとんど変わらない世代・・・ただでさえオフィスで仕事をすること自体が気晴らしとなっている今、新鮮で新しい刺激を受けています。今年は入社と同時に在宅勤務となり、2か月半オンライン研修を受け続けて、やっと本格的な仕事がスタートそんな新入社員から感じるのは、自分たちが社...「車に乗らない」「テレビを見ない」「オーディオを持たない」~今どきの若者たちの価値観

  • 初めての「オンライン保護者会」~新しい時代到来の予感も・・・

    まだ感染者数も増え続け、コロナとの闘いも道半ば・・・もしかしたらまだまだ始まりなのかも知れません。今月からは、オフィス勤務と在宅勤務が半々となり、それぞれのメリットをうまく活用できるようになりました。上手に組み合わせれば効率的で働きやすい環境を作れるので、もう完全には元の状態に戻れない気がします。そして、今年前半は図らずも色々なオンラインの新しい試みを体験することになりました。私は「オンライン会議」「オンライン面談」「オンライン研修」・・・息子は「オンライン授業」「オンラインホームルーム」・・・息子も現在は通常授業に戻っていますが、それを補完するべく今もオンライン授業のサイトが活用されており、授業以外の様々な情報伝達や、これまで紙で配布されていたものや申し込みもオンラインが基本となりました。息子は、留学で身に着...初めての「オンライン保護者会」~新しい時代到来の予感も・・・

  • じわじわと迫って来る「コロナ第2波」~歴史が教える「第2波」の怖さ・・・

    今年は、コロナに翻弄されている内にあっという間に前半が過ぎ去り、早くも後半に突入しました。そして、落ち着いていたコロナの感染者数は東京を中心にじわじわと拡大して、とても嫌な感じを受けています。東京の昨日の感染者は107名と緊急事態宣言の解除後初の三桁となり、今日は124名・・・日本全体でも昨日は195名、今日は205名と、一日当たり200名前後の日が続いています。3か月前に7都府県に緊急事態宣言が発令される二日前、4月5日の東京の感染者数が141名だったので、その時の感染状況に限りなく近づいています。昨夜に緊急会見をした小池都知事は「感染拡大要警戒」状態にあると、横文字が多過ぎるという声を受けてか、「東京アラート」という言い方を封印しましたが、逆にインパクトが弱い言葉になって強い危機感を感じられず、改めて言葉が...じわじわと迫って来る「コロナ第2波」~歴史が教える「第2波」の怖さ・・・

  • サンドの「病院ラジオ あの子どうしてる」~病気に負けない明るい子供たちから受ける力

    ちょうど1年前に、サンドウィッチマンが「国立成育医療研究センター」内に開設したラジオ局で、難病の子供や家族とトークするというNHKの単発番組を観て感動したことをブログに書きました。出演していた子達や家族の明るい印象が強く残り、それぞれの出演者のこともよく覚えています。今週「病院ラジオあの子どうしてる?」というタイトルで、前回出演した子供たちや家族と1年ぶりに再会し、リモートながら改めてその後のことをトークしたり、リクエスト曲を流す番組が放送されました。今回、改めて難病を抱えた子供たちや家族が、病気を日常のこととして普通に付き合いながら、明るく前向きに生活している様子が伺え、また個性豊かな子供たちにも再会できて嬉しかったです。1年ぶりに再会した子供たちは、退院していたりまだ入院中だったり、進学や就職など、環境もそ...サンドの「病院ラジオあの子どうしてる」~病気に負けない明るい子供たちから受ける力

  • 「今年度の学校のイベントが全て中止」~失ったものは貴重な機会・・・

    今年は、ほとんど季節感を感じることもなく梅雨に突入しましたが、雨にも負けず明らかに人出が増えましたね。大勢で集まって・・・というのはまだ難しいですが、人それぞれに自粛の鬱憤を晴らしている感じです。それでも、蒸し暑さに負けずにほとんどの人がきっちりとマスクを着用しているのは、さすが日本人・・・私も出勤初日にマスクを着けて自転車で行ったら、マスクが汗でぐちゃぐちゃになったので、それは止めました。こちらではカラオケ店が5月末に自粛解禁となったため、解禁後すぐに息子と鬱憤を晴らしに行きました。今日は、息子がある目的もあり朝9時半にカラオケに出かけていきましたが、夜8時過ぎに帰って来ました。フリータイムで延々と10時間も一人で歌っていたようで、呆れて歌も歌えません・・・いやものも言えません。息子も来週から平日は通常登校と...「今年度の学校のイベントが全て中止」~失ったものは貴重な機会・・・

  • 日本人に感じる「自他に対する厳しさ」~コロナ対策では良かったのですが・・・

    「卯年生まれ」さん、お久しぶりです。コメントをいただきどうも有難うございました。懐かしいお名前に「あっ」と思いましたし、ずっと応援していただいていたことに感激しています。今回の騒動の中で私が思っていたことを的確に表現していただいてとても嬉しかったです。ついでに、私が今回もう一つ感じるのは、海外の賞賛と比べて国内でそういった声が小さいこと・・・まだまだ油断できないのは勿論ですが、第一波を抑え込んだことは自国がもっと評価していいのでは・・・そこに日本人の謙虚さと同時に、これ位でうまくいったと言っては・・・という「厳しさ」も感じます。私は、今回の騒動で日本人の「良識ある国民性」と共に「自他に対する厳しさ」も感じています。「自他に対する厳しさ」があるからこそ、衆人環視的な雰囲気が抑え込みに貢献したとも言えますが・・・留...日本人に感じる「自他に対する厳しさ」~コロナ対策では良かったのですが・・・

  • コロナをきっかけに始めた「自転車通勤」~これが一番大きな変化かな・・・

    今年は失われた季節である春がまるで削除されるように過ぎて、一足飛びに梅雨入り前の初夏となりました。朝に散歩をしていると、ところどころに紫陽花が咲き始めていて、少しだけ気持ちが明るくなります。私は、花については全くの素人なのですが、たくさんある花の中でも一番好きなのが紫陽花です。ふんわり丸っこい花が、誰が装飾したのかと思うほどの色彩と形状の変化に富んでいて、つい魅了されます。黄緑、水色、青色、ピンク、青紫、赤紫、たまに薄い紫がかった白色など・・・とにかく花の色が多彩で、それでいて華美ではなく、何とも言えない淡い華やかさと言えばいいのかな・・・とにかく気持ちが癒されます。紫陽花の色が変化に富んでいるのは、土壌の酸性度(ph)によって花の色合いが変わるためのようで、酸性ならば青が強くなり、アルカリ性ならば赤が強くなる...コロナをきっかけに始めた「自転車通勤」~これが一番大きな変化かな・・・

  • 海外が驚く死亡者の少ない「ジャパンミラクル」~日本ならでは、日本だからこそ・・・

    私の住む地域も含めて、全国的に緊急事態宣言が解除されました。それを聞いた時には「ショーシャンクの空に」を観た時の感覚が蘇りました。サーっと視界が広がる感じ・・・昨日は1ヶ月半ぶりの出勤でしたが「ああ懐かしい」という気持ちと「充実して気持ちいい」と心底思えました。何か不具合があって動かなくなっていたものが急に動き出した、切れかけていた電池がフル充電された感じ・・・在宅勤務は、それなりに効率的で良い面もあるのですが、毎日というのはどうも変化がなくて耐えられない。何となく仕事が始まって、何となく仕事が終わって、何となく一日が過ぎていくのはどうも苦手・・・これまで経験したことのない巣ごもり生活になってみて、改めて人間は社会的な動物なのだと気づきます。また、普通に仕事をして休日には好きなところに行ってやりたいことをやって...海外が驚く死亡者の少ない「ジャパンミラクル」~日本ならでは、日本だからこそ・・・

  • 「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」~少年の成長から教えられたこと

    首都圏と北海道以外は緊急事態宣言が解除されましたが、私の住む神奈川は新規感染者数トップを更新中・・・首都圏は一体で判断されるので、自分たちが足を引っ張っている感じがしてどうも落ち着かない。来週には解除の方向に向かっているので、出来るだけ早く身も心も少しは開放されて自由になりたいものです。今回のような事態になって、改めて不自由さが人間を疲れさせること、自粛が人を疲弊させることを実感しました。ある心理学者の言葉ですが、「人間は生きるための活動だけでは、気分はどんどんすり減っていく」・・・「人間には必ず気晴らしが必要」なのだと・・・気晴らしは人それぞれながら、私にとっては「ライブ、映画、演劇」・・・がそれだったのだと気づかされました。ステイホームの今の気晴らしは、音楽と読書・・・ピアノを弾くこと、音楽を聴くこと、本を...「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」~少年の成長から教えられたこと

  • 息子から聞いた「日本人留学生の実態」~国際交流は長期海外旅行・・・なの?

    今週から息子の「オンライン授業」が始まりましたが、ほとんどが短い動画を見て簡単な問題を解いて終了・・・体育は「ストレッチ」、家庭科は「玉結び」と、「オンライン授業」と言うよりは、「お家バージョン授業」・・・画面にクラス全員の顔が写り、それを見ながら先生が講義して・・・というものを勝手にイメージしていましたが、まだまだ会社の会議のようにはいかないようです。学校でも初めての「オンライン授業」で、各先生が何とか出来ることを工夫して手探りでやっている様子・・・息子は3倍速で動画を見て1科目を休憩時間程度で終わらせ、余裕たっぷりでどうだ・・・と言う感じです。これでは「オンライン授業」がやっと形になり始めた頃に、通常授業に戻るのかなという思いと共に、ますます、来年からの「9月入学・進学」が導入されて、夏休み明けから仕切り直...息子から聞いた「日本人留学生の実態」~国際交流は長期海外旅行・・・なの?

  • 17歳の誕生日プレゼントは「中古iPhone」と「エレアコギター」~特別定額給付金を充てて

    「緊急事態宣言」が5月末まで延長され、私の在宅勤務も延長となり、息子は月曜からオンライン授業・・・来週から二人とも家の中でお互いにPCと向き合いながら、とても不思議なある意味貴重な日常が始まります。オンライン授業が気になるのでちょこっと覗きたいのですが、カメラに映り込んだら最悪なので止めておきます。PCのカメラは、それに映り込む距離間隔がつかめないのがちょっと怖い・・・さて、5月2日に息子は17歳の誕生日を迎え、ついに未成年最後の1年となりました。「17歳」って、青春ドンピシャを表す年齢のように思うのですが、それが最後の未成年というのも何とも不思議・・・去年は、令和の幕開けで浮かれて楽しい雰囲気の中で迎えた誕生日ですが、今年はすっかり様変わり・・・何かが起きれば、あっという間に世界は一変してしまうんだということ...17歳の誕生日プレゼントは「中古iPhone」と「エレアコギター」~特別定額給付金を充てて

  • 「全ての学校の9月入学移行」を訴える高校生を応援したい~混乱の中だからこそ・・・

    今は、簡単に「オンライン署名サイト」を立ち上げることが出来、賛同する人も気軽に署名が出来る時代ですね。有名なのは、「#KuToo」でしょうか・・・「職場で女性にハイヒール着用を義務づけることは許容されるべきではない」ことの賛同の署名を募ったもので、かなり話題となり去年の流行語大賞にもノミネートされました。その後どうなったのかは知りませんが、私も確かに「もっともな意見だ」と思ったことを覚えていますし、そのことをきっかけに実際にハイヒールを履かない人が増えて、自然と変わっていくような気がしています。そして今、大阪の二人の高校3年生が始めた「署名サイト」が、現時点で22,000人の署名を集めています。それは、現在ほとんどの学校がストップする中で「日本の全ての学校の9月入学への移行」を訴えるものです。息子がそのサイトの...「全ての学校の9月入学移行」を訴える高校生を応援したい~混乱の中だからこそ・・・

  • 父親の書く息子の「カナダ留学記Vol.2」~岡江久美子さんを偲びつつ・・・

    昨日、岡江久美子さんが突然新型肺炎で亡くなられました。すごく悲しいです。抗がん剤治療で免疫力が下がっていると、このウイルスにはとても太刀打ちできないということですね。正直、ブログを書くのも気が重いのですが、今回は息子からヒアリングした「カナダ留学記」の続きです。3週間の集合研修を終えた日本人留学生31名は、その後バスで2泊3日の米国ツアーに・・・ナイアガラ・フォールズのクルーズ船でずぶ濡れになってワアワア楽しそうに騒いでいる動画が送られてきました。そして、ツアーが終わると、各自その後の長期間の受け入れ先となるホストファミリー宅に散らばって行きました。息子のホストファミリーは、白人の母子家庭で、ホストマザーはイギリス人のファイナンシャルプランナー・・・ホストシスターは2歳年下で、息子には本当の家族にはない、母親と...父親の書く息子の「カナダ留学記Vol.2」~岡江久美子さんを偲びつつ・・・

  • 息子の「カナダ留学記Vol.1」を代わりに書いてみました~こういう時だからこそ旅行気分で

    「緊急事態宣言」がついに全国に拡大されました。都市をロックダウンしている国のメディアからは、日本の対応は「生ぬるい」だの「遅い」だのと批判もありますが、ギリギリのところで持ちこたえていて爆発的な感染を防いでいるのは事実・・・日本の自粛要請という一見ソフトな対応は、日本人一人ひとりが自己管理できる力を問われている気がします。上からの強制ではなく、各自がそれぞれの立場で何が大事かを考えてこの事態を収束させることが出来れば、最終的には日本モデルの危機管理対応として高く評価されるのでは・・・とも感じています。そして、こういう時だからこそ旅行気分で、息子からヒアリングした「カナダ留学記」を書いてみようと思います。8月5日、同じ団体で同地域に留学する31名(女子25名、男子6名)がトロントのピアソン国際空港に降り立つ。最近...息子の「カナダ留学記Vol.1」を代わりに書いてみました~こういう時だからこそ旅行気分で

  • 息子の「2週間の自宅待機」と私の「1か月の在宅勤務」~これってやっぱり普通じゃない

    今週は、政府から私の住む地域も仕事をする地域も含めて「緊急事態宣言」が出され、私の会社も対象地域のオフィスは全て閉鎖、社員は原則的に全員出勤停止の在宅勤務となりました。どうしても出勤する必要がある場合は、会社に申請して許可を取り、しかも公共交通機関での出社は禁止・・・何と窮屈なものかと思いますが、今はそれ位しないと簡単に収束させることは難しい・・・ということですね。そして、カナダから帰国後、2週間の自宅待機期間を送っている息子と二人で自宅に籠りっきりの週となりました。明日で待機期間の終わる息子は、やっと持て余していたエネルギーを発散することが出来るようになります。自宅待機とは言え、さすがにずっと家に籠っているのも難しい年頃でもあり、毎日夕方暗くなってから、ジョギングも兼ねてこそこそと出かけ、誰もいなくなった公園...息子の「2週間の自宅待機」と私の「1か月の在宅勤務」~これってやっぱり普通じゃない

  • 息子が無事に「カナダから帰国」~この8ヶ月がすっ飛んでまるで一夜の夢のよう・・・

    先週の土曜日の夜、留学が中断となった息子が8か月ぶりにカナダから帰国しました。今は自宅待機中ですが、これだけ世界中が鎖国状態になると、とりあえず今無事に家にいることが何より・・・エア・カナダが翌日からのトロント-羽田間の運航を停止したため、結局ギリギリ最終便での帰国となりました。当日は16:55到着予定で、17時頃から2時間近くもずっと待っていましたが、なかなか出て来ないため、体調が悪いのだろうか、まさか今話題のPCR検査でも受けさせられているのだろうか・・・と心配していたら、「俺、今空港の出口にいるんだけど、どこにいるの?」と息子からの電話・・・何で自分の息子を見落としたんだろう・・・もしかして8ヶ月でかなり風貌が変わったのだろうかと思っていると、やっと会えた息子は、ブルーのパーカーのフードを頭からどっぷりと...息子が無事に「カナダから帰国」~この8ヶ月がすっ飛んでまるで一夜の夢のよう・・・

  • 「どんなことがあっても諦めない」と強く感じたこの春~「川嶋あい」の卒業ライブを観て

    この春は、小池東京都知事の緊急会見もありましたが、首都圏ではとても桜を楽しむどころではなくなりました。ただ桜なら来年でも再来年でもまた楽しむことが出来ますが、残念だったのは突然卒業式が簡素化されたり、場合によっては中止になったりしたこと・・・ニュースでは、全国で行われたイレギュラーな卒業式の模様や中止となった卒業式などが取り上げられましたが、一番心に残ったのが、「長野県中野市立倭(やまと)小学校」で行われた「川嶋あい」のサプライズ卒業ライブ・・・この3月で119年の歴史に幕を閉じた同校最後の卒業式とは切り離して、何とか実現できたセレモニーでした。「川嶋あい」は「IWiSH」という男女二人組のユニットでデビューし、デビュー曲の「明日への扉」がヒットしました。私も大好きな曲で、当時息子がアッピアのお腹の中にいる頃に...「どんなことがあっても諦めない」と強く感じたこの春~「川嶋あい」の卒業ライブを観て

  • 突然「留学プログラム中止で強制帰国」することに~覚悟はしていたものの複雑な心境・・・

    今週は、東京で観測史上最速の桜の開花。その4日後に横浜でも開花し、これから次々と開花していきますね。LINEの画面にも桜が舞っている・・・ただこれほど桜のニュースを聞いても気持ちが一向に浮かない春というのは、たぶん初めてかも・・・現在息子の学校では、中3生のほとんどが参加する春休みを利用した2週間のオーストラリア研修を始め、春休み中の全ての海外研修行事が中止になりました。そして、今週は留学中の生徒11人の在籍するR組の保護者間LINEが連日深夜まで飛び交いました。ちょうど今週を前後して春休みに入ると同時に、春休み期間延長の実質的な休校措置を取る国や州が多く、春休みのツアーが中止になったとか、どこにも行けずお店も閉まってる、帰国後は2週間自宅待機になるかも・・・最初はそのようなやり取りだったのですが、欧米でのウイ...突然「留学プログラム中止で強制帰国」することに~覚悟はしていたものの複雑な心境・・・

  • 「パンデミック宣言」「9年目の3.11」「聖火採火式」~今週は考えることがあり過ぎて

    「みすず」さん、二つの記事にコメントをいただき有難うございました。アッピアの闘病中から訪れていただいているとのこと、本当に有難いです。これからもよろしくお願いいたします。コメントにもありましたが、今世界中が試されている、そして、日本はどうするのかを問われている気がします。2週間前に「日本は全国の小中高校が春休みまで休校になって大変な状態になった」と息子にLINEしたら、「こっちは全然影響ないけど大雪で2日間休校になった(笑)」とのんきな返事が来ました。それが、今朝届いた息子からのLINEには「コロナまじでやばくなった」と・・・息子の住むオンタリオ州は来週から1週間春休みなのですが、休みが2週間に延長されたようです。私は、やはりカナダの感染状況が気になるので、毎日感染者数をチェックしていましたが、1週間前までは6...「パンデミック宣言」「9年目の3.11」「聖火採火式」~今週は考えることがあり過ぎて

  • 「内科医」から勧められた筋トレ用「リストウェイト」を購入~今日の定期健康診断にて

    今日は「定期健康診断」の日でしたが、私の会社では健診後の半日を有休にした「マイケアデー」として、出勤扱いの休日となります。ご存じのように、胃のX線検査でバリウムを飲むと健診の後バリウムを出し切るのが結構しんどいので、一日仕事を休めるのは本当に助かります。それにしても健康診断すら「行っていいのだろうか?」と思うほど、今は人の集まる所に行くことが憚れます。「健康診断に行って新型肺炎に感染」・・・なんて、笑い話にもならないですからね。健康診断は毎年、家から近い健康診断専門のクリニックで受診するのですが、自転車で10分位・・・病気をするまでは自転車で行っていましたが、去年からリハビリを兼ねて30分ほどの距離を歩いています。いつも通りのメニューが終わり、最後に胃のX線画像を見ながら内科医の問診を受けて終了となります。今回...「内科医」から勧められた筋トレ用「リストウェイト」を購入~今日の定期健康診断にて

  • 「オンラインコミュニケーションツール」の便利さ~「新型肺炎」対策だけではなく・・・

    今はどこに行っても新型コロナウイルスによる「新型肺炎」の話題でもちきり・・・この未知のウイルスに人間が翻弄されるのを見ると、いかに人間が脆い生き物なのかを思い知らされます。科学が発達し、医療が高度化し、いくら寿命が延びようが、人間は最後には一人の例外もなく死を迎える。不死の生き物でない限り、どれだけ繁栄したとしてもいずれは個体数が減って絶滅という運命を辿ります。約46億年の地球の歴史の中で、無数の生物が誕生しましたが、既にその内の99%が絶滅しています。最終的に地球上で生き残るのは、最初に誕生した生物であるバクテリア(細菌)だけと言われています。細胞は分裂を繰り返すことで老化しますが、バクテリアは単細胞生物で分裂することがないため老化も死もない。そう考えるとやっぱり最強の生き物ですね。不死身で楽しいのかどうかま...「オンラインコミュニケーションツール」の便利さ~「新型肺炎」対策だけではなく・・・

  • 「身体の痛さやキツさ」を他人に分かってもらうことの難しさ~頻繁な会議で背骨痛が悪化

    ここで病気と闘っている方々も同じかと思いますが、アッピアは闘病中によく身体の痛さやキツさを訴えました。当時は「痛いか・・・どうすればいい?」「きつかったらそのまま寝てていいよ」というような言葉を返していましたが、たとえ家族であったとしても、当人の感じている身体の痛さやキツさを本当に理解するのはなかなか難しい・・・アッピアの思いに寄り添えたか、訴えに答えられたか・・・となると、正直「イエス」と言える自信はありません。そして、私自身が今その身体の痛さやキツさを他人に分かってもらうことの難しさに直面しています。私の身体に2年前の手術の後遺症として残っているのが、左足の痺れと背骨の手術跡の痛み・・・脊髄腫瘍の摘出手術で脊髄を露出させるため、背骨のちょうど真ん中辺の3つの連なる骨をかち割っています。定期検査のMRI画像を...「身体の痛さやキツさ」を他人に分かってもらうことの難しさ~頻繁な会議で背骨痛が悪化

  • 「仕掛けに乗るよりも仕掛ける側になれ」~ヤフーCSOの安宅和人氏の講演を聴いて

    私の会社では、「マイデー」という名の誕生日休暇を誕生日前後の1ヶ月内で取ることが出来ます。毎年2月上旬に息子の学校で「創立記念講演会」があるため、最近はそれに合わせて休みを取っています。中高校生向けの講演なのですが、希望する保護者も参加でき、保護者にも人気のある講演・・・毎回、なかなか話を聴く機会のない貴重な方の話を聴けるので、息子よりも私の方が楽しみにしているのですが、今回は、慶応大学環境情報学部教授兼ヤフー(株)CSO(チーフストラテジーオフィサー)の安宅和人氏でした。東大大学院で生物化学を修めた後、イェール大学大学院に留学し、脳神経科学のPh.D(博士号)を取得。米国大手コンサルティングファームである「マッキンゼー」を経て、2001年の911同時多発テロを期に帰国。上記以外にも、慶應義塾SFC研究所副所長...「仕掛けに乗るよりも仕掛ける側になれ」~ヤフーCSOの安宅和人氏の講演を聴いて

  • 51歳の知人が「大腸がん」で他界~アッピアと友人の49歳に続きアラフィフ世代がまた一人・・・

    「ユートピア」さん、コメントをいただきどうも有難うございました。初めての方に誕生日のお祝いの言葉をいただくのは、少し照れくさいながらも嬉しいものですね。これからもよろしくお願いいたします。ところで、昨年末に51歳の知人男性であるNさんが、5年半の闘病の末「大腸がん」で他界されました。・・・正確には、他界されたことを最近知りました。大手メーカーを退社して立ち上げた会社が軌道に乗り始めた46歳の時に「ステージ4」で病気が発覚し、同時に12ヶ月の余命宣告を受けたものの、5年半に亘り精力的に生きられました。直接話をしたことはなく、二学年違う息子同士が活動していたボーイスカウトのキャンプでお見かけした程度ですが、複数の企業の経営をしながら、病気との向き合い方についての発信も意欲的に行っていたようです。享年49歳のアッピア...51歳の知人が「大腸がん」で他界~アッピアと友人の49歳に続きアラフィフ世代がまた一人・・・

  • 「世界一の楽器の町」の歴史を知ると「ピアノ」が愛おしい~ブラタモリ「浜松」編を観て

    1月27日に誕生日を迎え、また1点加点されました。取り敢えずは100点を目指して気持ちも新たに・・・誕生日が正月に近いこともあり、昔から1年の目標は正月に決めずに誕生日に決めることが多いのですが、今年の目標はもう半年前に決まっています。息子が留学から戻ったら華麗なピアノ演奏を披露すること・・・去年の8月から始めた完全ど素人の「ピアノレッスン」ですが、あれからもう半年が経ちました。最初の3ヶ月位は指が筋肉痛になったり、腕や肩が痛くなったり、まあ無駄な力が入りまくっていましたが、最近はリズムを刻む左手とメロディーを弾く右手との違う動きが、割と自然に出来るようになってきました。とは言え、曲の途中で指が迷子になってしまったり、指を見ていると譜面の場所が分からなくなったり・・・まだまだ初心者の域を脱していないので、短時間...「世界一の楽器の町」の歴史を知ると「ピアノ」が愛おしい~ブラタモリ「浜松」編を観て

  • 女子中高生向け「ファッションレンタルサービス」~息子の学校の生徒を含む「女子高生3人組」が起業

    人生一度は起業を・・・と考える人は結構います。そのタイミングがいつかは人それぞれですが・・・私は、31歳の時に会社の先輩と一緒に起業し、社会人になってから描いていた一つの夢を実現しました。ビジネスは順調に立ち上がり、会社は3年目で何とか黒字となり、6年目には設立時の借入金を完済・・・その後諸々の事情から会社を離れることになるまでの14年間、必死にもがきながらも楽しく走り続けました。起業した限りは「何としてでも成功してやる」と色々と試行錯誤をしましたし、失敗もたくさん経験して、そう言った経験の中から「やれば出来る」という自信を得られたことが何にも代え難い財産になっています。当時は株式会社を創るのに1000万円の資本金が必要でしたが、今は資本金1円でも会社を創ることができ、25万円程かかる会社の登記費用、オフィス、...女子中高生向け「ファッションレンタルサービス」~息子の学校の生徒を含む「女子高生3人組」が起業

  • 息子も仲間入りする「18歳成年」で変わること~「成人の日」に考える2年後・・・

    私の平日の朝は15分間のストレッチで始まり、週末の朝はストレッチに加え、リハビリか散歩がセットとなります。土曜の朝はリハビリと筋トレに通い、日曜と祝日の朝はストレッチの後、リハビリ代わりに杖を突いて散歩に・・・もう2年近くもこの生活を続けていますが、後遺症の痺れでまだ脚力の弱い足に少しでも筋力をつけるため・・・特に、今のような寒い時期にはこれらをしっかりやらないと、なおさら身体が硬くなって歩きづらくなります。リハビリのために始めた早朝の散歩ですが、朝から清々しい空気を吸うのが気持ち良くて病みつきになりました。雨が降ったらサボりますが、ここ3ヶ月位は雨の休日がほとんどないためサボることも出来ず・・・休日の早朝はまだ人も少なく、いつもは犬の散歩やジョギングする人とすれ違うことが多いのですが、「成人の日」に散歩をして...息子も仲間入りする「18歳成年」で変わること~「成人の日」に考える2年後・・・

  • 警察はどうやって「放火魔・放火癖」を捕まえるのか~犯罪者心理に基づく捜査手法・・・

    空気がカラカラに乾燥する冬本番となりましたが、私は乾燥肌のため、毎年この時期はケアがなかなか大変です。ちゃんとケアをしないと、肌がカサカサしてついには湿疹が出て痒くてどうしようもなくなります。風呂には保湿効果のある天然入浴剤を入れ、保湿効果の高い石鹸を使い、入浴後は保湿クリームを塗り、リビングでは加湿器がフル稼働、寝室では濡れタオルを掛けたりと、とにかく保湿・加湿対策を総動員・・・ところで、冬は乾燥して燃えやすい上に暖房で火を使うことも多く、頻繁に火事のニュースが流れます。私は例年、お正月明けに理容室に行くのですが、理容室は様々な人が集まる一つの社交場・・・昔から馴染みの理容室のご主人とは、いつもそこで様々な人と交わされた話で盛り上がります。今回盛り上がったのが、「警察はどうやって『放火魔』や『放火癖』を捕まえ...警察はどうやって「放火魔・放火癖」を捕まえるのか~犯罪者心理に基づく捜査手法・・・

カテゴリー一覧
商用