波乱万丈 乳がん転移ライフ!
読者になる
住所
高津区
出身
ハンドル名
アッピアさん
ブログタイトル
波乱万丈 乳がん転移ライフ!
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/milano2323
ブログ紹介文
39歳で授乳中に乳がんステージ3告知。1年で肝・骨転移。そこから始まる乳がん転移ライフ9年の軌跡!
自由文
2013年11月18日にアッピア他界後、家族としてブログを継続しています。
更新頻度(1年)

48回 / 339日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2011/02/14

アッピアさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(IN) 8,198位 9,089位 9,858位 10,722位 10,726位 11,297位 10,840位 974,763サイト
INポイント 20 70 70 30 20 20 10 240/週
OUTポイント 140 200 610 170 70 130 170 1,490/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 131位 153位 167位 180位 182位 188位 183位 21,562サイト
乳がん 17位 18位 20位 20位 22位 22位 21位 1,399サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 7,494位 7,806位 7,667位 8,121位 7,733位 7,578位 7,329位 974,763サイト
INポイント 20 70 70 30 20 20 10 240/週
OUTポイント 140 200 610 170 70 130 170 1,490/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 200位 215位 204位 233位 211位 210位 195位 21,562サイト
乳がん 32位 36位 37位 40位 38位 36位 36位 1,399サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,763サイト
INポイント 20 70 70 30 20 20 10 240/週
OUTポイント 140 200 610 170 70 130 170 1,490/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,562サイト
乳がん 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,399サイト

アッピアさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、アッピアさんの読者になりませんか?

ハンドル名
アッピアさん
ブログタイトル
波乱万丈 乳がん転移ライフ!
更新頻度
48回 / 339日(平均1.0回/週)
読者になる
波乱万丈 乳がん転移ライフ!
  • 感傷に浸りながらの「多摩川花火大会」~あまりにも思い出が多過ぎて・・・

    先週末は、去年から10月に開催されている地元の「多摩川花火大会」を楽しみました。ずっと8月の暑さ真っ盛りの時期の開催でしたので、秋の花火がまだしっくり来ないのが正直なところですが・・・ただ、今回改めて秋の方が空気が澄んでいて、夏よりも鮮明で綺麗に見えるんだなと感じました。秋開催になったのは、2年前に花火打ち上げ開始直前のタイミングを激しい豪雨と雷が襲い、中止となったため。朝から席取りをしていた観客もさすがに命の危険を感じて次々と撤退し、おまけに落雷で数人が救急搬送・・・これも確実に地球温暖化による気候変動の一つの余波・・・明日日本に上陸予定の巨大なスーパー台風も今ひたひたと不気味な静けさと共に近づいて来ています。因みに、その年は息子がその日のために新しく買った浴衣を着て友達(彼女?)と会場まで観に行きました。見...感傷に浸りながらの「多摩川花火大会」~あまりにも思い出が多過ぎて・・・

  • 1人1人にとっての「ジャイアント・キリング」~「ラグビー」と「バレーボール」から学んだこと・・・

    今年は、二つのワールドカップのお陰で「スポーツの秋」を存分に楽しんでいます。一つは、驚異的に強く成長した日本代表チームのお陰で盛り上がっている「ラグビーワールドカップ」・・・もう一つは、ラグビーの陰に隠れてしまっている感があるものの「バレーボールワールドカップ」・・・ラグビー日本代表が世界ランク2位(前週までは1位)のアイルランドに勝った試合は、歴史的な1戦となりました。私もテレビの前で一人で盛り上がり、雄叫びを上げ、そしてボロボロ泣きました。ラグビーへの興味は、「スクールウォーズ」と言う実話を基にしたテレビドラマがきっかけですが、当時はルールも良く分からず、「ただただボールを前に運ぶスポーツ」くらいに思っていたのが正直なところです。ルールがようやく分かって来たのは、実は今回のワールドカップ予選の日本戦の2試合...1人1人にとっての「ジャイアント・キリング」~「ラグビー」と「バレーボール」から学んだこと・・・

  • 先月の「断捨離」と今月の「駆け込み消費」・・・そして初の「プチリフォーム」

    10月1日から消費税が10%と初の二桁になります。8%の軽減税率が適用される飲食料品など以外の大きな買い物はその前にと考えるのは、誰もが同じ・・・息子が留学した8月は家の片付けと断捨離に精を出して、要らない物をどんどん捨てていましたが、9月になると今度は欲しい物や交換すべき物をどんどん買い始めました。月が変わっただけでなぜこれほど180度も変われるのかと言うと、それは人間だから・・・「要らない物は要らない」、だけど「必要な物は必要」・・・どっちに焦点を当てるかの違いだけ・・・特に、現在の家に入居してもう20年近くになるので、色々と不具合が出てくるのも仕方なし・・・因みに、細かな物を入れると切りがないので、この2ヶ月で捨てた主な物と買った主な物は次の通り・・・【捨てた物】・スキー板(学生時代に買った物がロッカーで...先月の「断捨離」と今月の「駆け込み消費」・・・そして初の「プチリフォーム」

  • 日本にはないメンバーが揃った「ホストファミリー」~息子の本格的な留学生活が始動

    カナダに留学中の息子は、トロント郊外でのESLが終了し、ナイアガラ・フォールズなどの観光地を巡る小旅行後、メインのホストファミリー宅に移り、今月からホストスクールでの学校生活が本格的に始まりました。一般的に、交換留学生は学校に受け入れてもらうのですが、カナダの場合は学区としての受け入れとなります。その受け入れ学区内でホストファミリーを探し、ホストファミリー宅から最寄りの学校がホストスクールとなります。息子が所属する「Bluewater」と言う、美味しいカクテルのような名前の学区はヒューロン湖の湖畔にあります。ヒューロン湖は、米国とカナダの国境にある五大湖の内の一つで、世界で4番目の大きさを誇る湖・・・その大きさは九州と四国の二つがスッポリと入るくらいで、湖と言うよりもこれはもう海・・・高校生の時に五大湖の名前を...日本にはないメンバーが揃った「ホストファミリー」~息子の本格的な留学生活が始動

  • 息子の学校の「4回目の学園祭」~初めて知る「女子の青春」・・・

    今日は、息子の学校の4回目の学園祭に行って来ました。息子のいない学園祭・・・と言うよりも本人のいない学校のイベントへの参加は初めての経験でした。現在、息子は高校1年R組と言う一人の生徒もいない架空のクラスに所属しているため、当然のことながらクラス企画はなし・・・ただ、学園祭は部活の発表が一番の目的なので、今年も9時から16時までフルに楽しんで来ました。今年も、例年通り演劇で始まり演劇で終わったのですが、それ以外に今年は異例のスケジュールとなりました。「演劇①⇒軽音①⇒高1有志の劇⇒各展示品⇒軽音②⇒バトン⇒ダンス⇒演劇②」去年から演劇と軽音がメインですが、今年の演劇部の公演はまあまあで特筆すべきことはなく、演技力は別にして高1有志の劇の方が、個性的なキャストや劇以外にダンスなどもあり変化があって面白かった。軽音...息子の学校の「4回目の学園祭」~初めて知る「女子の青春」・・・

  • 日本初の「高校対抗eスポーツ大会」が熱い~息子の学校が1部門で初代チャンピオンに・・・

    先月、第101回目となる全国高校野球選手権大会が甲子園で行われている真っ最中に、今年が初開催の「eスポーツ甲子園」の1部門で、息子の学校が初代チャンピオンになったらしい・・・との情報が飛び込んできました。高校生ともなると、各人の興味や得意とするものがどんどん広がり見事に多様化していきますね。「〇〇甲子園」と言われる高校対抗の大会も色々ありますが、私が最近感動したのは「黒板アート甲子園」・・・卒業記念として、黒板にチョークで様々な絵やイラストを描くものですが、このクオリティが半端ではなく、いつかその様子をテレビで観て、あまりのレベルの高さに歓声を上げてしまいました。「黒板アート甲子園」に参加する高校もどんどん増えて、徐々に盛り上がって来ているようですが、「eスポーツ甲子園」と言われる「高校対抗eスポーツ大会」が今...日本初の「高校対抗eスポーツ大会」が熱い~息子の学校が1部門で初代チャンピオンに・・・

  • 「テレワーク(在宅ワーク)」を初体験~いずれ当たり前の働き方となる予感・・・

    来年の7月24日はいよいよ東京オリンピックの開会式・・・私は勝手に「なによ!」と言うゴロで覚えています。これを思い浮かべる時は怖い女性の顔も一緒にイメージしてしまうので、あまり人にはお薦め出来ませんが・・・今日から数えてあと329日・・・「あと〇〇日」と言うカウントダウンには単純にワクワク感を掻き立てられますね。協賛企業の1つでもある私の会社では、数年前からオリパラを盛り上げるプロジェクトチームが立ち上がり、全国各地でまあ楽しそうな様々なイベントを開催しています。PCのスクリーンセイバーはオリンピック仕様だし、名刺にもオリンピックマークを入れるのが必須だし、社員証を掛けるストラップもオリンピックバージョンだし・・・しかも、毎週1回はオリンピック関連の雑学クイズのようなWEBテストまで配信される・・・さすがにここ...「テレワーク(在宅ワーク)」を初体験~いずれ当たり前の働き方となる予感・・・

  • 「大人のピアノレッスン」が始動~なんと両手の指が筋肉痛に・・・

    今月からの単身生活の始まりと共に、私の生まれて初めての「ピアノレッスン」も始まりました。週に1回ペースなので、まだ3回目が終わったところですが、今一番感じているのは新鮮なワクワク感・・・始める前は、きっと最初は上手くいかなくてストレス満載なんだろうな・・・と思っていたのですが、まだ「楽しめる」と言うところまでは行っていないものの、「やれば出来るじゃん!」と言う思いを感じ始めています。これも気心知れた先生と冗談を交わしながらのレッスンと、選んでくれた的確なテキストのお陰・・・今は、スタンダードなクラシック、ポップス、映画音楽などの馴染みのあるメロディのワンレーズを弾きながら、両手を別々に動かす練習をしているところですが、よく知ったワンフレーズを弾けると言うのが楽しい・・・毎回、新しい曲のワンフレーズを弾くのですが...「大人のピアノレッスン」が始動~なんと両手の指が筋肉痛に・・・

  • 息子の母親代わりでもあった方が虫垂癌で逝去~息子が留学で旅立った日に・・・

    前回、息子とのしばらくの別れに「身体の痛みを伴った」ことを書きましたが、まさかその同じ日に、今度は「心の痛みを伴う」突然の悲しい別れが待っていようとは、思いもしませんでした。先週月曜日、息子を空港に見送って帰宅後グダグダに疲れ切った身体を休ませていると、携帯電話が鳴りました。10年前にボーイスカウトで出会い、偶然にも同じマンションでその後家族ぐるみで長い付き合いのHさん・・・「今日ついに家内が亡くなりました。」「えっ・・・」4年前に癌の中でも稀な虫垂癌を発病後、ずっと治療を続けてきた奥さんの訃報でした。息子とは学年が違うものの、中高生の子供二人とご主人を残してアッピアと同じく早々と旅立ってしまいました。実は、彼女にはアッピアの他界後は誰よりもお世話になり、息子にとっては一番の母親代わりでした。小学生の時に学校に...息子の母親代わりでもあった方が虫垂癌で逝去~息子が留学で旅立った日に・・・

  • ついに息子の「カナダ留学のはじまり」~まだ部活の合宿に行っているような感覚・・・

    今週の月曜日、ついに息子が留学先であるカナダに旅立って行きました。同日の夕方にトロント・ピアソン国際空港に降り立ち、3週間の研修中に滞在するホストファミリー宅に直行・・・現在は、トロントに隣接する町にある学校のESLクラスに通い、一日中英語漬けの研修を受けています。研修期間中のホストファミリーは、50歳代前半の夫婦に19歳の女の子、そして犬が一匹と言う家庭で、犬は茶色のヨークシャー・テリア・・・写真を送ってくれましたがフサフサ毛に覗くクリッとした目がたまらなく可愛い。バスケ好きの父親と話が合うようで、着いた翌日にはたくさんバスケの話をしながら犬の散歩に行ったようで、そのことを嬉しそうに報告して来ました。11ヶ月の滞在中、2つのホストファミリーにお世話になりますが、最初のファミリーは3週間のみのため、その家庭に馴...ついに息子の「カナダ留学のはじまり」~まだ部活の合宿に行っているような感覚・・・

  • 夏恒例の観劇「ハンディマン」~「忘れたいこと」が「忘れたこと」になる記憶の物語

    毎年の夏の恒例となった、贔屓の劇団の「ハンディマン」と言う公演を観てきました。急激に暑くなりすぎた夏に期待通りの熱い芝居を観て、感動と共に今もずっとその答えを探し続けています。この作品は、「戦場のピアニスト」でアカデミー脚色賞を受賞した「ロナルド・ハーウッド」の名作の一つですが、ユダヤ人でもあり、第二次世界大戦中のナチスドイツのユダヤ人大虐殺に関係した作品も多い劇作家です。「ハンディマン」と言うのは「便利屋」のことで、今で言う「ハウスキーパー」・・・ロンドン郊外ののどかな街で、50年以上もある家庭に住み込み家族同然に過ごしてきた78歳の「ハンディマン」その彼が夫婦二人と穏やかに過ごす家に、ある日突然現れた警察・・・彼の出身地であるウクライナで起きた55年前のユダヤ人大虐殺に、彼が関与していた疑いがかけられること...夏恒例の観劇「ハンディマン」~「忘れたいこと」が「忘れたこと」になる記憶の物語

  • 留学組11人のための温かい「追い出し会」~1学期の終業式が卒業式のよう・・・

    月曜日に1学期の終業式があり、息子は本当にあっけなく日本での高1生活を終えました。終業式後には、学年全体で留学組11人の「追い出し会」と言う名の壮行会をやってもらいました。学校のイベントではなく、有志の生徒が自主的にやってくれたもので、生徒の温かさに心から感謝です。内容は軽音部4バンドの演奏と、ダンス部とバトン部の演技、留学する11人に関するクイズ大会、旅立つ11人に向けた学年全員での合唱・・・と盛りだくさんの楽しい企画だったようです。息子は、先週の軽音部の発表会同様に、2つのバンドでキーボードを1曲ずつ演奏したようですが、いずれもレパートリーの中からキーボードが目立つ曲を選択してくれて、息子を立ててくれました。そして、11人に向けて皆で合唱してくれたのが、今や卒業ソングの定番となった「旅立ちの日に」・・・私の...留学組11人のための温かい「追い出し会」~1学期の終業式が卒業式のよう・・・

  • 最初で最後の高1での「軽音部定期演奏会」~ついにオリジナル曲が登場・・・

    先週土曜日に、息子の高1では初めての「軽音部定期演奏会」がありました。今度演奏会に参加するのは1年後の高2となるため、高1では最初で最後の部活の発表会となりました。前期の高2が引退した後、部として新しい体制となって初めての演奏会でしたが、息子の代の高1が10バンド、高2が1バンド、中3は参加なしで、完全に高1メインの演奏会でした。高2は他にも数バンドいるはずですが、中3はまだ新入部員がいないのか代によっての違いが顕著・・・息子は、今回も男女混合バンドと男子バンドの2つ共にキーボードで参加し、5曲演奏しました。バンドの面白いところは、そのメンバー構成によって音楽のジャンルや雰囲気も全く異なること。同じ人が掛け持ちしていてもメンバーが違うと別物になり、まるでそれぞれ別個の家庭を見ているよう・・・息子のバンドも、男女...最初で最後の高1での「軽音部定期演奏会」~ついにオリジナル曲が登場・・・

  • 急にもの凄い勢いでご飯を食べ始めた息子~ついに本格的な成長期に突入・・・?

    ここ1ヶ月ほどの間に、息子が突然もの凄い勢いでご飯を食べ始めました。これまでは・・・基本的に私と食べる量は同じ・・・朝食は、茶碗半分程度のご飯に納豆とめかぶ、笹蒲、味噌汁、ヨーグルトをかけた果物、コップ半分の牛乳昼食は、茶碗一杯程度のご飯と普通に一人前分のおかずの弁当夕食は、ご飯軽く一杯、味噌汁、おかずは普通に一人前、そしてコップ一杯の牛乳それが、最近は弁当のご飯をこれまでの1.5倍にし、おかずも容器一杯まで増やしたもののそれでも足りず、学校でもう一つ弁当を買い、更におにぎりやパンを数個買って食いつないでいるようです。それでも、学校から帰宅すると夕食までもたず、炊飯器にあるご飯を1~2杯おやつ代わりに・・・これまでは「朝からあまり食べられない」と言っていたのに、今は朝からご飯大盛り・・・そして、夜はご飯を三杯食...急にもの凄い勢いでご飯を食べ始めた息子~ついに本格的な成長期に突入・・・?

  • 突然夜中に「じんましん」を発症~原因はずっと服用していたサプリメント・・・?

    「ミッコ」さん、コメントを有難うございました。「ピアノを弾く時が至福の時間だった」と言うのは羨ましい・・・私も早くそう言う心境になれるように頑張ります。最初はなかなか上手く弾けずにストレスになるのでしょうが、息子が帰国した時に「まさか1年でここまで・・・」と驚いてくれることを楽しみに・・・ところで、先週火曜日の夜中に突然全身が異常に痒くなり目を覚ましました。パジャマを脱ぎ捨て鏡を見てみると全身のあちこちが赤くなってボコボコと皮膚が盛り上がってきています。服や布団が身体に当たると不快なので、その夜はパジャマを着ずにそのまま寝ましたが、あまりの痒さと朝方の寒さに何度も目が覚め、まともに眠ることが出来ませんでした。翌日は、夕方まで仕事が立て込んでいたので、夕方に仕事が落ち着き次第皮膚科に駆け込みました。そして、診断さ...突然夜中に「じんましん」を発症~原因はずっと服用していたサプリメント・・・?

  • 10年に亘る息子の「ピアノレッスン」が終了~そしてレッスンは私が引き継ぐことに・・・

    息子が10年に亘って続けて来た「ピアノレッスン」が、今月でついに最後を迎えました。来月の軽音発表会の練習のためにレッスンを休みがちになっているのと、留学で出来なくなるため・・・留学から帰国後に再開するかどうかを改めて考えることになりますが、実質的にはこれで最後となりそうです。自分のことでもないのに、10年も続けて来たことが終わるのは何とも寂しい気分・・・今でもよく思い出すのが、息子が小学1年生の時の発表会・・・途中まで順調に演奏していて「よしよし・・・」と思っていたのに、終盤になって突然ピタッと演奏がフリーズし、大勢の観客の中にいる私とアッピアに向かって「どうしたらいい?」と口パクで訴えてきた息子・・・「いいから、礼をして下がりなさい」と言うことを、私とアッピアが一生懸命口パクで伝えたところ、何事もなかったかの...10年に亘る息子の「ピアノレッスン」が終了~そしてレッスンは私が引き継ぐことに・・・

  • 「バイオメトリックス(個人識別情報)」登録~今年からカナダ留学で義務づけられたもの

    今週水曜日の夕方、学校のホームルームが終わると同時に学校を飛び出してきた息子と待ち合わせ、「バイオメトリックス(個人識別情報)」登録に行きました。「バイオメトリックス」は「生体認証」のことで、スマホやPC、ATMの指紋認証、瞳の虹彩認証がよく知られています。最近では、指や掌の静脈認証や網膜認証、顔認証、声紋認証など、個人を識別するための認証の種類も増え、DNA鑑定は今や犯罪捜査では当たり前に行われていますね。日本の空港では、外国人の入出国管理に指紋と顔認証で個人を識別するシステムが導入されていて、以前は外国人には評判が悪かった指紋登録ですが、今ではもう当たり前のこととして受け入れられています。息子の留学に当たり、まさか同様の個人識別情報登録が必要になるとは思っていなかったのですが、カナダの場合、今年からアジア・...「バイオメトリックス(個人識別情報)」登録~今年からカナダ留学で義務づけられたもの

  • 実写版「アラジン」と劇中歌「スピーチレス」に感動の余韻~アラビアンナイトな気分・・・

    今週の火曜日は、息子の学校のスポーツフェスティバル(体育祭)観戦の予定で休みを取っていたのですが、前日の大雨の影響で開催を今日に延期・・・元々その休みに合わせて仕事の予定を組んでいるため、さすがに延期に合わせて休みをずらす訳にもいかず、毎年楽しみにしていたスポーツフェスティバルの観戦を今年は断念・・・仕事から帰り、今年のチームカラーの赤色に染まった息子の髪と黒く日焼けした顔を見て嫉妬していました。但し、転んでもただでは起きないのが信条・・・元々休む予定だった火曜日は午後半休にして、先週金曜日に公開となった実写版「アラジン」を観に行きました。前評判や高評価の口コミの影響なのか、平日の夕方にも関わらず席はほとんど埋まっていて驚きました。「アラジン」と言うとアカデミー歌曲賞も獲った「ホール・ニュー・ワールド」が有名で...実写版「アラジン」と劇中歌「スピーチレス」に感動の余韻~アラビアンナイトな気分・・・

  • 「一人ひとりにある『ストーリー』」~新入社員研修に関わって・・・

    大阪に住む姪っ子は、今年大学を卒業し病院の事務職として社会人のスタートを切りました。いきなり併設の介護福祉の方の事務に配属になり、本人は戸惑っているようですが・・・「社会人1年生は『戸惑う』のが仕事」だと、今は自信を持ってアドバイス出来るのですが、私も「自分の本当にやりたいことはこれじゃない」と思い悩みながら、変遷を重ねて今の仕事に辿り着きました。1~2ヶ月程度の研修を経て、この時期に本格的な仕事がスタートしている新社会人も多いかと思いますが、それと同時に、ある意味楽しい集合研修の後の理想と現実のギャップに戸惑い、もがき、思い悩む時期・・・全ての新社会人が、たくさん思い悩み、壁にぶつかり、失敗を重ねながら、逞しく成長することを願っています。私の会社では5月の最終週に新入社員の他部門体験があり、その関係で何人かの...「一人ひとりにある『ストーリー』」~新入社員研修に関わって・・・

  • 地元の川崎で起きた酷すぎる無差別殺人~これはもう「自殺テロ」・・・

    今週は、鬱々として気分が晴れません。原因は、今週の火曜日に地元の川崎で起きた、2人の命を含む19人を殺傷した酷すぎる無差別殺人・・・凶行の行われた場所は、私が以前に通勤途中に乗り換えていた駅の近くで、朝の電車には、襲われた学校の生徒がいつもたくさん乗っていて、うるさいくらい元気いっぱいでした。高学年にもなるとそれなりに節度が出て来るものの、低学年ではまだまだ電車のマナーもなっていなくて、大声で騒いだり、混んだ車内をチョロチョロしたり、駅のホームを走り回ったり・・・それでも、しっかりした女の子が「もうちょっと静かにして・・・」と落ち着きのない子を嗜めたり、母親同士が話しているような大人っぽい口調で話す女の子のグループがいたり、静かでつまらない朝の通勤電車の中に少し微笑ましい位の賑やかさを持ち込んでくれていました。...地元の川崎で起きた酷すぎる無差別殺人~これはもう「自殺テロ」・・・

  • 「鍋で炊くご飯」の美味しさ~留学前準備で改めて気づいたこと

    後もう2ヶ月もすれば息子は留学に行くことになるため、今はそのための色々な準備の真っ最中・・・それにしても、留学VISA取得のための提出書類の多さやそれにかかる手間にはうんざりですが、一番大事なことは何でも一人で出来るようになっておくこと。料理、弁当、洗濯、風呂掃除、アイロンがけ、ボタン付けなどなど・・・最近は、可能な限り食事は一緒に作りながら息子の料理のレパートリーを増やしています。料理は炒め物が出来れば何とかなるので、夕飯は炒めものを中心にし、休日の朝は専らサンドイッチ作り・・・サンドイッチは普段でもほとんど作らないため、この機会にと中身のバリエーションの変化を楽しんでいます。巻き寿司を作ると外国人が喜んでくれるだろうと、作り方を一生懸命覚えた留学生の体験談を聞きましたが、ホストファミリーは一個ずつだけは食べ...「鍋で炊くご飯」の美味しさ~留学前準備で改めて気づいたこと

  • 「テレワーク」という働き方~オリンピックを契機に広まる可能性のある近未来の働き方

    令和時代の最初の大きな国際イベントとなる東京オリンピックの観戦チケットの申し込みが始まりましたね。チケット申し込みの段階では競技種目と日程のみのアバウトな情報でしか申し込めない上に、抽選で当たったチケットは全て一括購入しなければならないため、どのような選択をするかが本当に難しい・・・ところで、7月24日(金)の開会式当日を始め、オリンピックの会期中に東京では大混雑が予想されています。その混雑を和らげるための一つの取り組みとして、2017年から7月24日を「テレワーク・デイ」と名づけ、行政・自治体・経済界が協力して「テレワーク」と言う働き方を導入する機運を盛り上げる運動が行われています。「テレワーク」とは「離れて働く」と言う意味で、「リモートワーク」とも言います。より具体的な言い方をすると、「ICTを活用し、時間...「テレワーク」という働き方~オリンピックを契機に広まる可能性のある近未来の働き方

  • 「ノートパソコン」「Tシャツ」「中華」にプラス1~息子への豪華な誕生日プレゼント

    令和時代幕開けとなり大いに盛り上がった翌日に、息子が16歳の誕生日を迎えました。日本がお祝いムードに沸く中で私の気持ちも大きくなり、今年は例年になくプレゼントを奮発してしまいました。まずは「ノートパソコン」・・・今夏からの留学先で使うことを目的に、コンパクトで携帯可能なノートパソコンをプレゼントしました。実は、留学にIT機器を持たせるかどうかはなかなか難しい問題で、各家庭での個別判断となります。留学機関としての見解は、「禁止はしないものの、勧めもしない」・・・と言うもの。盗難の危険があると共に、安易に日本語でのやり取りが出来る環境は語学習得の邪魔になるだけ・・・最も良くないのが、IT機器に向かう時間が増えホストファミリーとのコミュニケーションが疎かになること。せっかく受け入れてくれているホストファミリーに失礼な...「ノートパソコン」「Tシャツ」「中華」にプラス1~息子への豪華な誕生日プレゼント

  • 「難病と闘う子供たちの強さ」~NHKの「サンドウィッチマンの『病院ラジオ』」より

    ついに「令和時代」の幕が開けましたね。新時代・・・開けましておめでとうございます!今回初めての「生前退位」を経験し、改めて天皇の「日本国民統合の象徴」と言うことが実感出来ました。私が、憲法第一条の条文を習った時は、その意味するところが良く分かりませんでした。当時はまだ子供だったので仕方ありませんが、最初は皆ほとんど同じような感覚なのでは・・・それが、国民に寄り添われ常に国民のことを考えて行動された平成天皇によって、敬愛の念を感じることができ、国内及び世界の各地で様々な交流を続けられたことが、「日本国民統合の象徴」の体現なのだと感じました。平成天皇に感謝しつつ、子供の頃から馴染みのある令和天皇と共に新しい時代の日本に自分なりの貢献をして行きます。さて、令和時代最初の投稿となりますが、今回はたまたま観たテレビ番組に...「難病と闘う子供たちの強さ」~NHKの「サンドウィッチマンの『病院ラジオ』」より

  • 「まわりのために、自分のために」~高1で最初の「保護者会」に参加して・・・

    先週末、息子の学校で学年全体の「保護者会」とクラス単位の「クラス懇談会」が行われ、親としても正式に高校生の保護者としてのスタートを切りました。2年後には18歳になると同時に成人扱いとなるため、法的に「保護者」と名乗れるのも後2年・・・実質的には高校を卒業するまでは保護者なのでしょうが、何とも感慨深いです。新学年の「保護者会」も、もう4回目ともなると顔見知りが増え、挨拶を交わし交わし席に着きます。「クラス懇談会」が始まる前は廊下のあちらこちらで盛り上がり、多分生徒と変わらないのではないかと・・・「保護者会」では、生徒の様子や学内イベントの報告、1年間の教育方針や目標についての話があります。今年の息子たちの学年目標は、「まわりのために、自分のために」・・・この言葉を見た時は、シンプルながら色々な捉え方や解釈が出来る...「まわりのために、自分のために」~高1で最初の「保護者会」に参加して・・・

  • 「かわいい子には苦労させよ」~交換留学の「保護者オリエンテーション」に参加して

    1ヶ月にも及ぶ長い春休みも終わり、先週から息子の高校生活も順調に滑り出しました。高校での目新しいところでは、体育の授業とは別に、男子は柔道・女子はダンスの授業が行われています。まだ始まったばかりで、柔道着の着方を習った程度ですが・・・中学でも一部クラス横断型であった英語は更に横断型の授業が増え、数学もクラス横断型となりました。授業によってメンバーが入れ替わるのは楽しいですよね。まるで大学生のよう・・・また、高校では国際交流関連のプログラムが数多く用意されていて、全員参加のプログラムや、自分の興味次第で自由に参加出来る様々な海外研修プログラムがあります。今週は、インド・ベトナム・バングラデシュ・スリランカから短期留学生が来日し、歓迎式典やワークショップ、各国の料理を一緒に食べる昼食会など丸一日のプログラムが行われ...「かわいい子には苦労させよ」~交換留学の「保護者オリエンテーション」に参加して

  • アッピアの戒名「麗月美風信女」を想う~新元号の万葉集の元歌を知って・・・

    新元号が発表になり、日本は今「令和」ブームに沸いていますね。この新元号の発表の瞬間は、LINEのライブ配信の利用が集中したためか発表直前にフリーズしてしまい、結局オフィスで流れているラジオで聞くことになりました。最初は「令」がピンと来ず、「ご令嬢」や「ご令息」と言う言葉を思い出してやっと「なるほど・・・」と思いましたが、今では「REIWA」と言う言葉の響きや語感が外国人にも親しみやすくていい命名だなと思っています。ブームを楽しんで眺めながらも、日本にしかない「元号」は日本人らしさの象徴・・・西暦の方が何かと便利なのですが、元号が変わる度に過去を振り返りまた次に歩み出すと言う感じがいいですね。さて、新元号の典拠になったのが、日本最古の歌集である万葉集に収められた次の和歌でした。「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅...アッピアの戒名「麗月美風信女」を想う~新元号の万葉集の元歌を知って・・・

  • 息子の「9回目のピアノ発表会」~今回は少し背伸びしてジャズで・・・

    新年度になり、5月1日からの新元号も発表されて時代が一気に進んでいるタイミングではありますが、3月31日の年度末に息子の「9回目のピアノ発表会」がありました。息子がピアノを習い始めてからもう10年・・・今や、初めて聴いた曲でも耳コピで簡単なフレーズであれば即興演奏できるまでになり、10年間習い続けると言うのは、やはり意味があることなんだなとつくづく思わされます。最近はジャンルを問わないピアノ演奏に挑戦していますが、今年は少し背伸びしてジャズに挑戦・・・1曲目は、「SING,SING,SING」・・・誰もが知るスイングジャズのスタンダード曲で、軽快で自然に身体が反応してしまう楽しい曲ですよね。私はベニー・グッドマン楽団の管楽器の演奏のイメージが強いので、最初はピアノ演奏と言うのがイメージ出来なかったのですが、練習...息子の「9回目のピアノ発表会」~今回は少し背伸びしてジャズで・・・

  • 「ディズニーの魔法」~カリスマトレーナーと言われた方から学ぶ人の育て方

    ついに東京では桜が満開となりました。毎年のことながら、やっぱり浮き浮きします。学生にとっても今は春休み真っ只中で、ディズニーランドもシーも毎日人で溢れていることかと思います。去年までディズニーで遊び尽くしてきた息子は、もうすっかり飽きたようですが・・・ディズニーでいつも思うのは、スタッフの活き活きとした姿と明るい笑顔、そして気持ちの良い対応・・・アトラクションやショーを盛り上げるスタッフばかりではなく、パーク内の全てのスタッフが皆楽しそうに働いている。だからこそ、本当に夢の国だと思えるし、やっぱり楽しいし、また行きたくなるんですよね。ディズニーで働くスタッフは全員「キャスト」と呼ばれ、今や世界一とも称される夢の国の舞台の一員です。先日、10万人以上のディズニーの「キャスト」を育てたカリスマトレーナーで、現在は大...「ディズニーの魔法」~カリスマトレーナーと言われた方から学ぶ人の育て方

  • 「中学卒業記念『中1クラス保護者懇親会』」~これも一つの同窓会・・・

    桜も咲き始めいよいよ春本番・・・先日、中学卒業記念として、約2年振りとなる「中1クラス保護者懇親会」を開催しました。なぜ中学の卒業記念に中1の時のクラスの懇親会なのかと言うと、中1への思い入れが一番強いため・・・息子の学校はまだ歴史が浅く子供と同じ学校出身の親がいないこともあり、生徒のようにイベントを楽しむ親も多い。私もその一人ですが・・・中には兄や姉が同じ学校に通う家庭もありますが、ほとんどの人にとっては親も初めて経験する学校となるため、中1で同じクラスになった保護者はまるで同窓生・・・学校のイベントを楽しんだり懇親会をやっている内に学友のように親しくなり、その関係は高校卒業まで続きます。場合によっては卒業後も・・・私が、息子の学校で一番いいなと思うのが、生徒も親も先生も一緒になってイベントを楽しんでいること...「中学卒業記念『中1クラス保護者懇親会』」~これも一つの同窓会・・・

カテゴリー一覧
商用