searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
年金の知識と老後の安心
ブログURL
https://yasuragi777.com
ブログ紹介文
複雑な年金関連の問題を、分かり易く理解し老後の安心をつかみましょう。
更新頻度(1年)

47回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2010/12/14

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、老後の仙人さんをフォローしませんか?

ハンドル名
老後の仙人さん
ブログタイトル
年金の知識と老後の安心
更新頻度
47回 / 365日(平均0.9回/週)
フォロー
年金の知識と老後の安心

老後の仙人さんの新着記事

1件〜30件

  • 年金の繰り上げ・繰り下げ支給を考える・・・

    【年金の繰り上げ・繰り下げ支給を考える】○ 老齢基礎年金の繰り上げ支給基本的に老齢基礎年金(=国民年金)は65歳からもらうことになっていますが、年金の繰り上げにより、60歳から早めにもらうことが出来ます。ただし年金額は減るのは覚悟してくださ

  • 厚生年金基金の貰い忘れに注意・・・

    【厚生年金基金の貰い忘れに注意】2004年(平成16年)以降、政治家の年金未納問題や国民年金不正免除問題、年金記録問題などの不祥事が相次いで発覚し、一連の改革によって社会保険庁は2009年(平成21年)12月31日に廃止され、同庁の業務は翌

  • 将来年金を受給出来ない人とは・・・

    【将来年金を受給出来ない人とは】巷で良く聞く話に、将来年金制度が破綻して年金は貰えないと言うことを時々耳にします。しかし下記の事実をよく考えてください。●今現在、すべての年金の加入者は、約7000万人と言われます。このうち、会社員・公務員は

  • 厚生年金の支払い月日と平均支給額・・・

    【厚生年金の支払い月日と平均支給額】あなたの支払われる年金支給月、支給日はご存じですか?そして一番気になる年金額(当然個人差はありますが平均的額を計算しました)●厚生年金の支給月は、偶数月と法令で決まってまして、偶数月の15日に、前々月と前

  • 老後破産を考える・・・

    【老後破産を考える】最近話題になった、金融庁:老後資金は2,000万円不足発言!しかしこの問題は、ずいぶん前から民間の調査期間データから言われてきたことです。何を今更という感じですね。私が思うに公的機関が言うことでは無いです。中後年、高齢者

  • 夫婦とも厚生年金を貰ってゆとりある老後を送る・・・

    【夫婦とも厚生年金を貰ってゆとりある老後を送る】老後も、現役時代と変わらずゆったり生活したい! ゆとりある老後の生活費は?生命保険文化センターによる、夫婦2人の「老後の最低日常生活費」「ゆとりある老後生活費」に関する意識調査によると、最低日

  • 高年齢雇用継続給付金とは・・・

    【高年齢雇用継続給付金とは】もはや当たり前となった、定年後再雇用制度、これは国からも企業に義務付けられましたね。そこで、定年を迎えた会社で60歳以降も働く場合、定年前より給与が大きく減ることが多いです。定年後、別の会社に再就職をした場合も、

  • 年金の繰り上げ・繰り下げ支給を考える・・・

    【年金の繰り上げ・繰り下げ支給を考える】○ 老齢基礎年金の繰り上げ支給基本的に老齢基礎年金(=国民年金)は65歳からもらうことになっていますが、年金の繰り上げにより、60歳から早めにもらうことが出来ます。ただし年金額は減るのは覚悟してくださ

  • 妻が老齢基礎年金を貰得るようになると、年金は減るのか?・・・

    【妻が老齢基礎年金を貰得るようになると、年金は減るのか?】たとえば一例を挙げますと、夫は現在、老齢基礎年金(約80万円)と老齢厚生年金(約150万円)、加給年金(約29万円)を受給しています。妻は、今年65歳になり、老齢基礎年金(約50万円

  • 定年退職後どうする?・・・

    定年退職後どうする?60才で定年退職後あなたはどうします?仮に85才まで生きたとしましょう。ずいぶん先は長いです。定年前に先々のプランを考えなければなりません。●仕事をどうするかの決定「定年時の状況想定」に基づき、定年後25年余りの余生を考

  • 離婚時「年金分割制度・・・

    離婚時の年金分割制度熟年夫婦の離婚時の年金分割制度についてもう少し詳しく説明します。●これは、離婚した場合、結婚期間に収めた『厚生年金』を夫婦で、最大2分の1まで【つまり半分まで】分割できるということです。※結婚相手が公務員の場合『共済年金

  • 年金受給者の税金・・・

    【年金受給者の税金】●「公的年金」のうち、「障害年金」「遺族年金」などによる「年金収入」は「非課税」です。(つまり、「所得金額」としては「0円」とみなされます。)「老齢年金」も「年金による収入の金額」にそのまま税金がかかるわけではなく、【所

  • 自分の年金額を知る・・・

    【自分の年金額を知る】厚生年金、国民年金の平均支給額について公的年金、平均受給額一体いくらもらえる?誰もが不安だと思います。まして定年もしくは60歳近くなった人ほど関心が高いでしょう。ところが、ここ数年の年金支給額は予想できますが、数十年後

  • 定年退職後の住民税・・・

    【定年退職後の住民税】長年勤めてやっと、無事定年を迎えられた方お疲れ様です。しかしながら定年前後はいろいろと手続きも多く有り何かと大変ですが、翌年の住民税について話をしたいと思います。●定年退職後は、住民税が高額になったと聞きますが本当です

  • プラスαの老後の資金、リバースモーゲージ活用法・・・ 

    【リバースモーゲージ活用法 】~マイホームを担保に老後資金~国の公的年金だけでは定年後の暮らしは不安だと感じている方はより一層増えているのではないでしょうか。さらに少子高齢化が進むことを考えると、今後も負担は増えることはあっても減ることは考

  • 定年後の海外移住ランキング国・・・

    定年後の海外移住ランキング国定年後の自由時間は17万時間。もしも、あなたが、60歳で定年してすべて自由時間としましょう。すると平均寿命までおよそ20年間あります。それを時間単位に計算してみると20(年間)×365(日)×24(時間)=17万

  • 公的年金で暮らす海外移住生活

    【公的年金で暮らす海外移住生活】●日本の年金制度、これからどうなるのか?最近政府の発表した試案では支給年齢のさらなる引き上げ(現在基礎年金=国民年金を65歳を将来段階的に67歳~70歳に引き上げる)また、この先少子高齢化による年金財源不足に

  • 年金の種類について・・・

    【年金の種類について】「年金とは」、一口に年金といっても私たちの周りにはいろいろな年金制度があります。まずはそれらを大きく3つに分けて区分してみました。年金制度の区分 年金の種類①公的年金=国が社会保障の給付として行う 国民年金・厚生年金保

  • 厚生年金基金の説明と受給資格のある方の申請方法・・・

    厚生年金基金の説明と受給資格のある方の申請方法厚生年金基金とは、厚生年金基金自体がどういう物なのか分からない方に説明と、受給の仕方を説明します。※これ結構加入していたのに証書等を扮してしてしまい貰える年齢に成ったときにもらい損ねる人が居るそ

  • 厚生年金の支払い月日と平均支給額・・・

    【厚生年金の支払い月日と平均支給額】あなたの支払われる年金支給月、支給日はご存じですか?そして一番気になる年金額(当然個人差はありますが平均的額を計算しました)●厚生年金の支給月は、偶数月と法令で決まってまして、偶数月の15日に、前々月と前

  • 年金支給の段階移行制度の説明・・・

    【年金支給の段階移行制度の説明】平成13年からは25年をかけて60歳前半で受ける年金が段階的に65歳に移行し、平成38年(女性は5年遅れ)からは、国の年金は完全に65歳からの受給になります。●年金受給資格(1)60歳以上であること(2)1年

  • 厚生年金、国民年金の平均支給額について・・・

    【厚生年金、国民年金の平均支給額について】公的年金、平均受給額一体いくらもらえる?誰もが不安だと思います。まして定年もしくは60歳近くなった人ほど関心が高いでしょう。ところが、ここ数年の年金支給額は予想できますが、数十年後などの支給額はわか

  • 定年退職後夫婦で年金暮らし・・・

    【定年退職後夫婦で年金暮らし】厚生年金の支給開始年齢は、2025年(女性は2030年)までに65才に引き上げ、国民年金と合わせることが決まっているのはこのブログで紹介しているようにご存じだと思います。※段階的移行制度(今現在は、厚生年金・報

  • 老後破産を考える・・・

    【老後破産を考える】以下のデータで、心当たりがありませんか?7割の人が老後破産の衝撃データ! 「下流老人」 への転落!総務省「家計調査年報(14年)」を見ると、夫婦ともに65歳以上の世帯では、家計の収支は平均で月額5.6万円の赤字となってい

  • 夫正社員で、妻の働き方による将来の年金額を考察する・・・

    【夫正社員で、妻の働き方による将来の年金額を考察する】●消費税増税や、年金支給年齢のさらなる引き上げ、支給額の引き下げ等々、暗くなる話題ばかりです。過去にギリシャでは、国家財政の破綻が目前になり、公務員の数万人規模の解雇、年金額の大幅カット

  • 年金額の需給見込額はどこで調べる・・・

    年金額の需給見込額はどこで調べる●国民年金(国民基礎年金)・厚生年金等の見込み受給額と言うのを事前に知りたいと思いますよね。個人的な受給見込み金額の確認資料ならば、下記の日本年金機構から確認が出来ます。下記のアドレスで確認できます。ただし、

  • 三世代同居を考える・・・

    【三世代同居を考える】●三世代同居のメリットその三世代が同居することのメリットについて、複数回答で尋ねたところ、もっとも多かったのは「にぎやかで楽しい」。4割近い39.0%の人がそう思っているようですね。特に「育児・養育」関係においては、昨

  • 国民年金の不足分を補う国民年金基金・・・

    【国民年金の不足分を補う国民年金基金】自営業者や、個人の方が加入している国民年金ですが、老齢基礎年金のみの支給となり65歳以降支給される額は40年納めて夫婦で約 13万円ほどです。※このブロブでも何度も言っていますがこの金額で夫婦二人がたと

  • 失業保険と厚生年金の同時支給は可能か・・・

    【失業保険と厚生年金の同時支給は可能か】この問題非常に関心が高いですよね。●失業保険は離職理由により3ヶ月の給付制限期間があリます。定年退職なら制限はありません。従って、60歳以降に退職すると年金と失業保険の両方を受け取ることができる状況に

  • 失業保険給付金いくら貰える・・・

    【定年退職時、失業保険給付金はいくら貰える】☆失業手当の金額失業手当(基本手当)の日額は、在職中に得ていた給料の1日分の額(賃金日額)の50%~80%相当額となります。基本手当日額=賃金日額×賃金日額に応じた率(50%~80%)ただし、60

カテゴリー一覧
商用