searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
年金の知識と老後の安心
ブログURL
https://yasuragi777.com
ブログ紹介文
複雑な年金関連の問題を、分かり易く理解し老後の安心をつかみましょう。
更新頻度(1年)

40回 / 250日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2010/12/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、老後の仙人さんの読者になりませんか?

ハンドル名
老後の仙人さん
ブログタイトル
年金の知識と老後の安心
更新頻度
40回 / 250日(平均1.1回/週)
読者になる
年金の知識と老後の安心

老後の仙人さんの新着記事

1件〜30件

  • 「第2の人生の舞台『終の棲家』について考える」・・・

    【「第2の人生の舞台『終の棲家』について考える」】●現在は自分の母と妻の母との四人暮らし、定年退職、再雇用を終えると、当然自宅に居る時間が長くなり尚且つ高齢者に適した住環境にしたいと思うのは当然ですよね。そこで考えるのが終の棲家と言うことで

  • 将来の年金格差の是正///

    【将来の年金格差の是正】自民党の小泉政権時代から規制緩和という名の下に、特に若い人の世代に所得格差、仕事の格差が広がっていきましたが、さらに安倍政権になって、いっそうの規制緩和を推し進めようとしています。これはどういう結果になるかというと、

  • 定年後に有効な資格とは・・・

    【定年後に有効な資格とは】●今現在は、65までは、定年・再雇用が義務づけられて居るのでその後をどうするかは、当然考えますよね。体が健康ならば働く意欲の有る高齢者は、沢山居ます。私もその一人です。その場合、少しでも条件の良いところで働きたいの

  • 団塊の世代 の 人達の老後・・・

    【団塊の世代 の 人達の老後】団塊の世代 の 人達とは、丁度私より5歳ほど上の年齢の方々ですね。戦後の、ベビーブームに生まれた人達の事を言います。現在70歳を迎えた年齢の方々ですね。戦後の日本の高度経済成長を、支えた人々です。退職金を貰い、

  • 第二の人生の始まり、定年以降・・・

    【第二の人生の始まり、定年以降】皆さん、定年以降どう過ごすか現役時代に考えたことが有りますか?定年が近づいてくれば、尚更いやでも考えなければ成りませんよね。選択肢はいろいろ有ります。これからの年代の人達は、無年金時代が65歳までが確定しまし

  • 確定拠出年金について・・・

    【確定拠出年金について】〇平成13年(2001)に施行された確定拠出年金法に基づいて設けられた私的年金制度の事です。毎月一定した掛け金を拠出して、それを資金にした運用収益と掛け金とを給付されるというもので、企業型と個人型とがあリます。●企業

  • 定年に向けて知っておきたい知識・・・

    【定年に向けて知っておきたい知識】○60歳~65歳までの方の場合、仕事を続けると 在職老齢年金が収入に応じて減額される。※しかしこれは、段階移行制度の終了に伴い現在は、全員65歳まで無年金となりますね。(女性は5年の優遇有り)実際私は、定年

  • ゆとりある老後に必要な額とは額とは・・・

    【ゆとりある老後に必要な金額とは】中高年の生活設計を専門とするFPによると、A(仮名)さんの老後の家計収支の予測を基にはじき出した。「75歳破綻説」の根拠はこうだ。収入面では、60歳時点の貯蓄額が退職金と合わせて2300万あまり。60~65

  • 失業保険はいくら貰える・・・

    【失業保険はいくら貰える】今回のコロナウィルス緊急事態宣言により、非常に多くの方が職を無くされている現実はとても悲しい事ですね。しかしながら、職を無くした人に対していろいろな救済制度が有りますので大いに活用すべきです。雇用保険から支払われる

  • コロナウィルスと、BCG接種の因果関係・・・

    【コロナウィルスと、BCG接種の因果関係】最近、「BCGワクチンを接種すると、新型コロナウイルスの感染リスクが下がる」といった話題を目にします。「赤ちゃんのとき打ったから大丈夫?」「今からでも打ったほうがいいの?」など、疑問や不安を持つ人も

  • コロナウィルス救命の順序・・・

    【コロナウィルス救命の順序】世界の死者が9万人を超す新型コロナウィルス感染症。重症化し、人口呼吸器が必要になる患者も増え、欧米ではどの患者を優先するか、死に直結する究極の選択が迫られている。日本ではいまの時点では人口呼吸器が足りない状況では

  • https://yasuragi777.com/teinenikouno-kangaekata/

    【定年以降再雇用へ向けて考える事】1 基本的な考え方(1)高齢者の雇用は,企業側だけ,あるいは従業員側だけが対応すればいいという問題ではなく,労使双方が共同して取り組むテーマであるという認識を持つ。(2)中高年従業員は,企業の「お荷物」では

  • 有り余る老後の自由時間どう過ごす・・・

    【有り余る老後の自由時間どう過ごす】今、老後の人生を考えた場合、現在の日本の状況では「不安ばかりが募る」と言っても過言では無いですよね。現在、年金を受給している70歳以上の人が、一番年金額が高い。あるいは資産家の高齢者だけが、本当に安心した

  • 離婚による年金分割制度・・・

    【離婚による年金分割制度】皆さんもうご存じの事と思いますが、2007年4月から年金法が一部改正されました。厚生年金分割 離婚時(被保険者および被扶養配偶者が離婚等をした場合 その他これに準ずるものとして厚生労働省令で定める場合)の分割 離婚

  • リタイアメントビザとは・・・

    【リタイアメントビザと各国諸条件】海外移住をするためには、リタイアメントビザを取得し、その国に定住できるビザを取得するのが一番簡単な手段です。リタイアメントビザとは、年金受給者などの退職者を主対象にした「長期滞在査証」の通称です。発給条件は

  • 富裕層の海外移住増加・・・

    【富裕層の海外移住増加】最近富裕層の海外移住が増加していると言います。理由は日本が住みにくくなったという事ですね。定期的に起こる大震災、絶対安全と思われていた原発の放射能被害、富裕層をターゲットとした増税案、要はお金のある人は海外に拠点を移

  • 高齢者雇用安定法とは・・・

    【高齢者雇用安定法】あなたは今年定年するとして、今後どうします?私の会社では(某トヨタ系一部上場企業)ほぼ全員再雇用を希望してそのまま働いています。此がこれからの当然の現実でしょう。このような現実を踏まえ下記のような事が法律で制定されました

  • 定年以降の住まいを考える・・・

    【定年以降の住まいを考える】定年以降の長い年月(平均寿命から換算して25年~30年でしょうか)をどこでどのように暮らしていくのか、此はとても大事なことだと思いませんか当然定年を迎える前にじっくり考えておくべきだと思います。定年後の生活設計を

  • 年金の不足分を補う国民年金基金・・・

    【年金の不足分を補う国民年金基金】自営業者や、個人の方が加入している国民年金ですが、老齢基礎年金のみの支給となり65歳以降支給される額は夫婦で約 13万円ほどです。このブロブでも何度も言っていますがこの金額で夫婦二人がたとえ持ち家だとしても

  • 退職金に掛かる各種税金・・・

    【退職金に掛かる各種税金】長い間のお勤めご苦労様です。一般のサラリーマンでは一生に一度と言える多額の現金が支給される退職金!大事に使いたいものです。が、しかしこの虎の子と言える退職金にも税金がかかってきます。退職金の金額(退職規定)を確認す

  • 海外移住か、生活保護かの選択・・・

    ♣Fhoto マレーシアの首都・クアラルンプール【海外移住か、生活保護かの選択】最近では海外移住が注目されています。その理由として経済的な理由が挙げられます。頼りない日本の公的年金制度、けっして余裕があるとは言えない支給額など

  • 夫婦タイプ別の年金額を考察する・・・

    【夫婦タイプ別の年金額を考察する】最近増税や、将来の年金支給年齢のさらなる引き上げ、支給額の引き下げ等々、暗くなる話題ばかりです。現にギリシャでは、国家財政の破綻が目前、こうなると公務員の数万人規模の解雇、年金額の大幅カットとしなければ国が

  • 厚生年金基金の貰い忘れに注意・・・

    【厚生年金基金の貰い忘れに注意】2004年(平成16年)以降、政治家の年金未納問題や国民年金不正免除問題、年金記録問題などの不祥事が相次いで発覚し、一連の改革によって社会保険庁は2009年(平成21年)12月31日に廃止され、同庁の業務は翌

  • 将来の年金格差の是正・・・

    【将来の年金格差の是正】自民党の小泉政権時代から規制緩和という名の下に、特に若い人の世代に所得格差、仕事の格差が広がっていきましたが、さらに安倍政権になって、いっそうの規制緩和を推し進めようとしています。 労働者派遣法改正 例外扱いで禁止だ

  • 定年以降をどう暮らす・・・

    【定年以降をどう暮らす】40年間働いた総労働時間がおよそ40万時間、60才で定年して働かず80才までの自由時間がおよそ40万時間という試算があります。※しかしながら現実は数年前ならいざ知らず、今は65才再雇用は当たり前の時代になってきました

  • 定年後、海外で年金生活を送る・・・

    【定年後、海外で年金生活を送る】定年退職=それぞれの立場で生き方探しの旅へのスタートラインでもあると思います。そのまま再雇用で働くのも良し、又前回紹介したように年金の繰り上げ支給によって年金額は減額されたとしても、定年を区切りにいっその事年

  • 定年退職後の住民税について・・・

    【定年退職後の住民税】長年勤めてやっと、無事定年を迎えられた方お疲れ様です。しかしながら定年前後はいろいろと手続きも多く有り何かと大変ですが、翌年の住民税について話をしたいと思います。定年退職後は、住民税が高額になったと聞きますが本当ですか

  • 厚生年金、共済年金の一元化と、不公平の是正・・・

    【厚生年金、共済年金の一元化と、不公平の是正】今までよく言われていた、民間サラリーマン(厚生年金)と,公務員(共済年金)の年金不平等が改正されました。しかしながら、公務員OBの職域加算は引き続き残るようです。(職域加算の廃止の代わりに「年金

  • 遺族厚生年金の年金額はいくらか・・・

    【遺族年金について】不幸にも、60才以降ご主人に先立たれた場合、妻が受け取る年金額は本人自身の国民年金分(約65.000円)だけだと思っていませんか?自営業の方は残念ながら事実です。しかしながらサラリーマンや、公務員は違います。たとえば亡く

  • ゆとりある老後を送るには・・・

    【ゆとりある老後を送るには】ゆとりある老後を送るには、老後の各種年金からの収入と膨大な余暇時間を、どう過ごすかが一番の課題だと思っています。老後の収入私の言う老後とは65歳からと考えています、なぜならこの先、公的年金が満額貰えるのはこの年齢

カテゴリー一覧
商用