searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

KTAKEGAMIさんのプロフィール

住所
港北区
出身
渋谷区

future image of the Japanese trade. Takegami seminar. keyword globalization, Asian rise, energy problem about an image in an international business and the Japanese future. 是面向ゼミ生的在"对国际商务和日本的今后像,从关键词全球化,亚洲的抬头,能源问题寻找日本的今后像。考虑日本的今后像。

ブログタイトル
資源貿易研究室
ブログURL
http://qyj00653.cocolog-nifty.com/blog/
ブログ紹介文
日本貿易の将来像 国際資源貿易 武上研究室グローバル、アジア、エネルギー資源から日本の将来像を探る
更新頻度(1年)

4回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2010/12/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、KTAKEGAMIさんの読者になりませんか?

ハンドル名
KTAKEGAMIさん
ブログタイトル
資源貿易研究室
更新頻度
4回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
資源貿易研究室

KTAKEGAMIさんの新着記事

1件〜30件

  • イースター島 悲劇の教訓 : 孤立した島国の経済規模が引き起こす島民間の対立と文明消滅

    近世に鎖国をしいていた国に、日本とアルバニアがある。ユーラシア大陸の一部であるアルバニアは軍事的な目的により鎖国政策を取ったとされるが政治的な事柄に限られ、商品市場の交易は一部規制程度であったという。一方、日本は政治、経済を、殆どの部門で規制した。江戸幕府の一部国との貿易独占以外は全く民間交易は行われなかった。イースター島(チリ領)は、モアイ像でも有名な南洋島国である。歴史は長く、島民も1万人を擁していたが、宗教儀式による巨像作成と設置、祭典催行による島民動員、樹木伐採と環境破壊、資源をめぐ...

  • 鎌倉市雪ノ下 研究ラボ・スタート

    https://www.arch-p.com/revue181.html2020年4月 鎌倉市雪ノ下に研究ラボをスタートしました。建築屋さんとの打ち合わせの様子は、上記URLでご覧下さい。...

  • LSスクール 国際ビジネス実務 キャリア サービス プラン

    LS スクール 「キャリアサービス プラン」 *国際ビジネス実務 貿易分野では、以下のようなキャリアプランがあります。社会人、学生、就業活動に当られる方は、ご参考までにご覧下さい。  LSスクールは、開港の地、横浜、そして開港の祖、高島嘉右衛門に因んだ地 高島町で長年に渡って、地元 「みなとみらい」で貿易人材を養成し、輩出してきたビジネス実務教育機関です。貿易関係、国際ビジネス関係では、神奈川県庁「かながわの頑張る企業」にも指名採択された貿易人材教育に貢献してきました。 本HP...

  • サービス貿易と権利売買 :SUBSCRIPTION TRADE

    サービス貿易と権利売買 :SUBSCRIPTION TRADE サブスクリプション取引とは、「商品・サービスを恣意的に利用できる権利契約」サービス貿易の拡大に伴い、外国人、外国企業への参入、利権取得が容易となり特に2008年以降、急激に増加している。 特に伝統的日本風土から歴史的に生じた参入障壁利権に、取引改革が生じ、新たな参入誘引となっている。  ・日本タクシー業界と世界タクシーUBER(ウーバー)  ・日本旅行業界とAIRBnB(エア ビーアンドビー) *不動産(所有権)...

  • 貿易取引と電子商取引EDI : IBM TRADE LENS 貿易取引の共通プラットフォーム

    貿易取引と電子商取引EDI 1.貿易取引の問題・課題*貿易事務の生産性 JASTPRO 8.8% 2008年(高い生産性の一方、複雑、煩雑性) *貿易売買; 信用状(付き・なし)荷為替手形決済の信頼性に基づく国際間決済①専門特化三層構造(権利義務設定:契約)、(売主債務:引渡し)、(買主債務:支払い)が複雑な関係性を持ってシステム化。専門特化での相互チェック機能(売買当事者:契約、銀行:保証、与信、輸送会社:証券発行流通、税関;関的検査、税的審査、保険査定)。 ②集権的許認可シス...

  • 貿易通貨交渉と貿易政策の問題

    貿易通貨交渉と貿易政策の問題 ―合衆国ドル政策と為替調整― Tradecurrency negotiation and problems of trade policy-US dollar policy and currency- exchange adjustment –序;1.貿易通貨交渉と貿易政策2.国際地域統一通貨の動向結語KeyWord)通貨貿易、国際通貨協定、国際地域統一通貨、合衆国ドル、法定通貨、外貨の強制通用力、円高デフレ。...

  • スポーツビジネスとスポンサーの確執

    ◎スポーツビジネスとスポンサー 高視聴率番組といえば、 サザエさん(東芝⇒アマゾン 三河屋さんが失業とか)、東芝の家電販売広報の最大ツールの一つ。一般に高視聴率番組上位はスポーツ番組、NHK衛星はMBLが最も高い視聴率。すると企業広報が、スポーツスポンサーとなるのは、極めて普通のなりゆき。*(大学駅伝)大学にスポンサーは、殆どつかなかった(出場までに年3億円経費が掛かるといわれる)が 青山はアディダスがスポンサーとなり、急速にチーム力成長。殆どスポンサーのサポー...

  • 貿易取引実務の法源:貿易実務体系の構成

    貿易取引実務の法源:貿易実務体系の構成 (法の適用領域)Forum特別法(商法)>慣習(法)>一般法(民法):大陸成文法系 日本 VS 英米法(判例;解釈基準リステイトメント):連邦法(UCC 米国統一商法典)と各州法との抵触、優先適用などの基準)(国際貿易の法源)モデル法(成文)と慣習法(主に判例)が其々リステイトメントにより適用(貿易取引の法源)各州法(成文、判例、慣習) →州際取引(原型)→州法間抵触と判例適用基準リステイトメ...

  • 貿易取引実務の概要(制度の沿革と発展:電子商取引EDI)

    Ⅰ.貿易取引実務の概要(制度の沿革と発展:電子商取引EDI)*貿易の利益:「サービス貿易・経済ソフト化と付加価値貿易」に向けて     時期      貿易と産業政策      国家・企業目標;  (貿易の利益)      Ⅰ(戦後~1980年代)  国際分業の時代  (価格革命)    ...

  • 「アジア・スーパーグリッド構想」:国際スマートグリッド標準化構想の中での日本

    「アジア・スーパーグリッド構想」:国際スマートグリッド標準化構想の中での日本電気輸入の実現可能性の高い状況下、送電技術の国際標準の合意形成に急がれる対応。 グローバル世界の中での産業最適立地の検討は、貿易のあらゆる面で、その様相を改革している。特にエネルギー貿易での新しい改革プロジェクトとして、日本工業新聞では、ソフトバンク社のエネルギー新構想を報じている。但し、発電電気の伝送技術では、やはり課題がある。*「アジアスーパーグリッド構想」が始動 モンゴルから日本へ送電...

  • GAKAPAGOSIZATION

    「galapagosization.pptx」をダウンロード...

  • American oil trade policy: About crude oil export of 2015 Federal Congress resumption approval

    American oil trade policy: About crude oil export of 2015 Federal Congress resumption approval Konosuke Takegami(Key words) US oil trade policy, Shale oil revolution, oil fund, 2015 Federal Congress resumption approval, Pipeline trade. EIA f...

  • 米国の石油貿易政策:2015年連邦議会の原油輸出再開承認について

    米国の石油貿易政策:2015年連邦議会の原油輸出再開承認についてUS petroleum trade‐policy and approval of export restart of 2015 Congress                               武上幸之助(序)2010年以降、米国シェール・オイル革命により、戦後一貫して世界最大の原油輸入国であった米国は、一転して原油輸出を開始し原油輸出に政策転換した。米国産シェール・オイル実績ベースでの産出量は、国内需...

  • 修士論文(商学、貿易分野)作成の手引き

    修士論文執筆の進め方 1.準備段階①     フィールドの設定(どの分野か;商学分野であれば、会計、経営、商業貿易、など)②     アプローチ手法の決定(その分野にはどのような手法が有益か;史的分析、比較分析、検定分析、事例研究)③     資料収集:文献リスト(その分野で主要な文献をチェックしておく:文献リスト、注釈資料を集める)④   &nbsp...

  • ガラパゴス化する日本メイド商品群

    近未来シナリオ  2030年の日本像今後、グローバル化により行く先のガラパゴス化する日本メイド商品群*右ハンドル車(現在日本、タイ、英国の一部)*ハイブリッドカー(世界シェア2%)*50CC原動機付自転車*軽自動車660CC(車幅143cm)*4Kテレビ(SHヴィジョン向け)*発泡酒(合成酒、バイオ規制)*バイオ3品食品(ポテト、モロコシ、大豆) ...

  • 石油と穀物のスイス通過が続く SWISSINFO

    石油と穀物のスイス通過が続く SWISSINFO 銀行業、時計および工業製品の製造業の動向が主要なニュースとして報道される一方、スイスの商品取引業界は密やかに前進してきた。昨年、石油、穀物、電力などの一次産品取引は、スイスの経済総生産の2%と、観光業に匹敵する割合を占めた。閉鎖的な商品取引業界に変化が起きている。商品取引ビジネスの金融化 スイスは、ヨーロッパの中心という地理的条件、伝統ある銀行業務、安定した政治経済制度などの優位性により、長年商品取引の世界的な中心地となっている。 何...

  • 中国―スイスFTA、ほぼすべての商品がゼロ関税に

    中国―スイスFTA、ほぼすべての商品がゼロ関税に 2014年04月30日13:42 中国は一部のスイス製腕時計の輸入関税率を引き下げることになった。中国財政部(財務省)が4月29日に発表した情報によると、「中国―スイス自由貿易協定」の関税譲許案が、2014年7月1日より正式に実施される。中国とスイスの二国間貿易における圧倒的多数の商品がゼロ関税になる。新京報が伝えた。 2010年の二国間貿易額に基づき計算すると、中国はスイスから輸入する商品のうち84.2%をゼロ関税とし、スイスは中国...

  • スイス「石油食料交換プログラム」などで揺れる国際商品取引相場

    スイス、秘密のベールに包まれた商品取引業界にメス 2012/10/09 14:06 JST10月9日(ブルームバーグ):世界の大手石油取引会社の1つ、ビトルは、ジュネーブにある拠点を移すようドバイとシンガポールから誘いを受けている。スイスを世界の商品取引の中心地に押し上げた求心力となってきた政策の変更を同国政府が検討しているからだ。 ビトル・グループの取引部門であるビトルのデービッド・フランセン最高経営責任者(CEO)は過剰規制と増税の恐れがあるとし、「スイスなどの将来がどうなるのか...

  • 逆オイルショックと世界資源デフレ進行の問題

    逆オイルショックと世界資源デフレ進行の問題 (ドルと原油の供給過剰)国際原油価格市況は、約5年前の震災時から、(バレル38ドル,3分の一近くまで、値下がった。米国ではドル金利引上げ動向と原油輸出解禁が本格化し、世界に振りまいたドルの過剰供給の修正策のため、ドル金利を引き上げる必要から、ドル政策の転換、およびシェール革命による原油保有が世界最大に、そして原油世界石油輸出の最大国となった。その結果、ドル金利の引上げと、国際原油価格の急速な値下がりとなる。また米国は、これまでド...

  • 「外国為替資金特別会計」(外為特会)を消費税軽減財源に活用する案が浮上

    与党内で、国の外貨建て資産を管理する「外国為替資金特別会計」(外為特会)を消費税軽減財源に活用する案が浮上。「米国債中心の外為特会は、アベノミクスによる円安誘導効果で運用収益が膨らみ、剰余金は13年度決算で約3.2兆円、14年度決算で約3.4兆円にも上っている。一方、外貨準備高は、公表されていないが、ほぼ米国財務省証券(米国債、主に10年ものTB)を買い込んでおり、その運用分の一部ががこの「外国為替資金特別会計」に相当する。以前の橋本龍太郎内閣の時期にも、このTBを米国に買戻しを申し出ること...

  • 財務省東京税関 税関職員研修 2015年10月30日(金)

    財務省東京税関 税関職員研修 2015年10月30日(金)研修会 拓殖大学大学院教授 武上幸之助講師青海 東京税関ビル10F 税関職員研修会「貿易実務」全国から集まった税関職員(係長クラス以上)の研修を講師担当しました。会場は、熱心な職員の学ぶ場で、午前:貿易実務動向、電子商取引EDIを中心に解説。午後は、貿易実務を事例を用いて解説しました。 ...

  • 日本のエネルギー資源貿易政策(17)―交易条件指数から見た石油貿易政策の課題―

    日本のエネルギー資源貿易政策(17)―交易条件指数から見た石油貿易政策の課題―                                  (要約)資源小国、日本の貿易では、特にその最大額の輸入商品は、原油及び石油製品であり、原料、原材料輸入額を、輸出価格、輸出額へ如何に転嫁しうるか、即ち、交易条件を如何に引き上げていくかが、その貿易政策の課題の焦点となる。だが、多くの非産油国が、精製や石油化学においても、輸入原油を原料として精製、製品化して輸出商品として...

  • 米国レアアース、モリコープが経営破たん

    米国レアアース、モリコープが経営破たん日本の住友商事、日双などが、JOGMEC他とレアアース危機の時期に積極投資した米国レアアース企業が破産した。日本のレアアース政策に、暗い影を落とした。米レアアース最大手が破綻=価格急落で資金繰り悪化時事通信 6月25日(木)22時20分配信 【ニューヨーク時事】米レアアース最大手モリコープは25日、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を連邦破産裁判所に申請したと発表した。世界最大のレアアース生産国である中国の輸出政策の変更で...

  •  日本のエネルギー資源貿易政策(16)―合衆国ドル政策と国際石油市場動向―

      日本のエネルギー資源貿易政策(16)―合衆国ドル政策と国際石油市場動向―                                                    (要約)従来、合衆国ドルは、英米系メジャー、OPECが主要な石油決済通貨として採用し、国際商品市況マーカーの標準決済通貨となってきた。貿易取引において、インコタームズ慣習など、ドルの決済信用通貨としての働きは、資源貿易マーカーでも、大きな役割を果たしてきた。だが合衆国内の一国通貨が、各国の外為法を通じて...

  • OPEC 3月より急増産へ:逆オイルショックともみなされる市況へ。

    2015年4月17日(金)共同  【ロンドン共同】石油輸出国機構(OPEC)が16日に発表した月報によると、OPEC全体の3月の1日当たりの原油生産量は、2月に比べて約81万バレル増え、約3079万バレルに達したことが分かった。OPEC最大の産油国サウジアラビアが大幅増産した。 市場関係者によると、サウジは米国などで生産が伸びている新型原油「シェールオイル」に対抗するため、原油安を容認し、増産に動いているとみられる。サウジの増産姿勢は、このところ値上がり基...

カテゴリー一覧
商用