searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

新機能の「ブログリーダー」を活用して、水道屋さんの読者になりませんか?

ハンドル名
水道屋さん
ブログタイトル
山王にログハウスを造った
更新頻度
集計中
読者になる
山王にログハウスを造った

水道屋さんの新着記事

1件〜30件

  • ログハウスへの思い

    当時、私の田舎ではログハウスは珍しくイチゴ農園さんが建っているだけでした。 地元の人からは「あんな山の中へ家を建ててどうするんな」「馬鹿じゃねんか」「丸太の小屋に住めるか」こんな言葉を多く聞かされました。 でも、私には夢のログハウスという思いがありましたので、何ともありません...

  • 杉丸太の皮むき

    私は水道屋をしていますので、通常は朝8時から夕方5時まで現場に出て本業をしていました。 ですから皮むきは朝5時から8時までと夕方5時から見えなくなるまでこれの繰り返しでした。 日曜祭日には子供たちも手伝い?に来てくれました。 皮むきには野菜の皮をむくピーラーの大きなも...

  • ノッチの組み方

    ノッチの組み方には、最も昔からあるラウンドノッチ、丸太の上部にスカーフを入れたサドルノッチ、上下ともにスカーフを入れたバタフライノッチなど数種類の組み方がありますが、私はサドルノッチで組むことにしました。 ※ 左の写真がサドルノッチです 丸太の重なった頂点に少し隙間を空...

  • ログの神様

    1990年岡山県笠岡市で食と緑の博覧会が開催されました。 一般公募で参加者を募集していたので、応募し参加に至りました。 この時講師としてやってきたのがカナディアンログハウスの神様といわれていた、アランマッキー氏と日光のフォレストエンジニア代表の星野氏でした。 実際...

  • 師匠との出会い

    私がログハウスを造り始めようと思ったのは29歳の時でした。 山王にある土地を一人で造成し始めて半年、造園屋さんの協力もあって何とか造成が完了しました。 たくさんの丸太(原木で400本あまり)を購入し皮むきから始まりました。 最初はログハウスの本を買って...

  • ログハウスとの出会い

    私が最初にログハウスと出合ったのは、今から30年前のことです。 旅行先の土産物売り場の近くにそのログハウスはありました。それまでテレビでしか見たことのなかったログハウスに感動した記憶があります。それから10年後にオールハンドメイドのカナディアンログハウスを造りました。

カテゴリー一覧
商用