searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

熱血親父さんのプロフィール

住所
江戸川区
出身
高崎市

群馬県高崎市出身 早稲田大学法学部卒業 友人達から「人間百科事典」と呼ばれていますが、実は「歴史オタク」です。 写真、ロッククライミング、マラソン、ドライブ、登山、合唱、バレエ鑑賞などを趣味にしています。

ブログタイトル
熱血親父が世相を斬る!
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/patriotism_nippon/
ブログ紹介文
中国、韓国、NHK、朝日新聞、民主党、日教組などの反日勢力を批判し、日本国民に真実をお知らせします。
更新頻度(1年)

4回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2010/11/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、熱血親父さんの読者になりませんか?

ハンドル名
熱血親父さん
ブログタイトル
熱血親父が世相を斬る!
更新頻度
4回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
熱血親父が世相を斬る!

熱血親父さんの新着記事

1件〜30件

  • 「学問の自由」を侵害する日本学術会議

     日本学術会議(以下「学術会議」という)の新規会員任命をめぐる騒動が続いている。単純に考えると、任命権は首相にあるのか、それとも学術会議にあるのかということだが、法律的には回答は明確であり、任命権者は首相である。しかし、そこは本音と建前の国である日本だか

  • この世界の戦争は日本が起こすのか?

     NHKの連続テレビ小説「エール」が評判のようである。主人公の古山裕一のモデルは、早稲田の応援歌「紺碧の空」や「光る青雲」を作曲した古関裕而なので、私も「紺碧の空」の週は見てしまった。現在は、裕一が慰問のために戦場に赴くというストーリーを放送中のようだが

  • Windows7からWindows10にアップグレードしてみた

     相当に気が進まなかったが、愛用しているデスクトップPCのOSを、Windows7からWindows10にアップグレードすることにした。2台あるパソコンのうち、ノートPCはインターネットに接続しているため、何度かアップグレードを拒否していたのだが、いつの間にか強制的にア

  • NHKは「偏向放送局」か、「捏造放送局」か

     ケーブルテレビの番組表を見ていたら、「歴史秘話ヒストリア」という番組を見つけた。実は、昔はNHKでよく見ていた番組だったが、NHKのフェイク報道を知ってから見なくなって久しい。で、よく見てみると、ケーブルテレビ局が番組を借りているらしいが、番組の主人公

  • 医者が患者を診なくなった

     医者が患者を診なくなったなどと書くと、「何のことだ?」と思う人もいるだろうし、「まったくだ!」と思う人もいるだろう。「医者は患者をしっかり診ているぞ」と異論を唱える人もいるだろうが、そういう人は名医にかかっているのではないだろうか。  では、医者が患者

  • 神戸市立東須磨小学校いじめ事件

    神戸市立東須磨小学校の教員4人が、後輩の教員にいじめを繰り返していた事件が世間を騒がせている。というより戦慄させていると言うべきか。生徒間ではなく教員間のいじめということもあるが、その過激な現場が動画に撮影されて拡散されたことで、より世間の耳目を集めるこ

  • 台湾人の日本国籍を認めるべきか

     産経新聞によると、台湾人の男性3人が、日本政府に日本国籍を有していることの確認を求める訴訟を大阪地裁に起こすそうだ。日本の台湾統治時代に生まれた人たちで、つまりは元日本人である。  同記事には「日本政府は、昭和27年4月のサンフランシスコ平和条約発効を

  • 日本はナチズムが強制される全体主義国家か?

     共同通信によると、愛知県の大村知事は24日の記者会見で、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で中止となった企画展「表現の不自由展・その後」の再開の可否について検討する考えを示したそうだ。  相変わらず、吉田清治が創作したフィクションの日本軍従軍慰

  • Yahooが嫌う歴史の真実

     インターネットでニュースを読むことが多くなったが、記事の下方に読者がコメントを書き込めるようになっていることが多い。そこには極左から保守まで様々な意見が書き込まれていて、「なるほど」と思わせるコメントも少なくないのだが、ご多分に漏れず、私も時折コメント

  • 四万温泉 豊島屋-酷い旅館があるものだ

     投稿はずいぶん久しぶりである。昨今の世相はというと、世界最悪の反日国である韓国が、国を挙げて反日活動を続けながら、ヌケヌケと日本の友邦を気取っているのは業腹だが、安倍政権が漸く真っ当な対応を始めた。戦後は、アメリカだけでなく、中国や韓国の植民地の様相を

  • 憲法改正-安倍首相の真意は奈辺にありや?

     ここのところ、「令和」という元号の考案者探しが凶悪犯罪者の捜索の様相を呈していて、Web上でも異様なほど騒がれている。そのせいか、憲法改正問題に関する声が聞こえなくなった。一説によると、安倍政権の今は、マッカーサー憲法を改正する100年に一度の機会だと

  • 日本は滅亡する運命か?

    古い話だが、私はこのブログで「西暦2025年までに、日本は世界地図から消える」という予言(?)をした。もちろん、未来を予知できたわけではないし、すべての人が納得するような、具体的で明白な根拠があったわけではない。漠然とした予測に過ぎなかった。しかし、なぜ

  • 文在寅の演説は十分過ぎるほど反日的だ!

     テレ朝NEWSが韓国の「三・一独立運動」記念式典について報じている。以下は引用である。  韓国は1日、日本統治時代の独立運動から100年の記念日を迎え、文在寅大統領の演説が始まりました。ソウルから報告です。  (良永晋也記者報告) 演説は今も続いていま

  • 慰安婦問題-今こそ真実を述べる秋だ!

    朝日新聞によると、「ジュネーブで行われている国連人権理事会の定例会合で26日、辻清人外務政務官が演説し、2015年の日韓合意に基づき元慰安婦や遺族への支援事業を行った『和解・癒やし財団』を韓国政府が解散することは『到底受け入れられない』と批判した。人権理

  • 教科書検定基準の「近隣諸国条項」の見直し

     共同通信によると、「自民党の稲田朋美総裁特別補佐は25日、都内での講演で、教科書で近現代史を扱う際にアジア諸国への配慮を求める教科書検定基準の『近隣諸国条項』の見直しを訴えた。悪化する日韓関係に触れ『韓国はでたらめなことを言う。日本は大人の対応をやめ、

  • 従軍慰安婦-二国間合意は第三国を拘束しない

     JIJI.COMによると、「韓国外務省報道官は21日、康京和外相がジュネーブで25日に開かれる国連人権理事会の高官会議で演説を行うと発表した。『日本軍の従軍慰安婦問題など戦時下の性暴力問題に言及する』としている」とのことである。  上記のニュースがネット上に流

  • 従軍慰安婦-韓国国会議長に反論できない日本政府

     従軍慰安婦問題で、韓国国会議長の文喜相が「日王(韓国人が使う天皇陛下の蔑称)による謝罪が望ましい」と発言したことに対し、日本政府が謝罪要求をしたことが新たな火種になっている。火器管制レーダー照射事件で日本が得意の泣き寝入りをしたと思ったら、早々と次の事

  • 従軍慰安婦-心からの謝罪とは?

     共同通信によると、「韓国国会の文喜相議長は12日、天皇陛下による謝罪で慰安婦問題が解決するとした自身の発言に、安倍晋三首相らが抗議していることについて『到底理解できない』と述べた」という。そして、日本政府を見下しているだけに、「日本政府が謝罪と撤回を求

  • 従軍慰安婦-日本政府は「甚だしく不適切」(2)

     一昨日書いた(1)で振り返ったように、慰安婦問題に火を点けたのは日本人であり、日本の新聞社であり、日弁連・日本政府・日教組等であることは周知のことであり、慰安婦問題に決着をつけられる首相として期待されていたはずの安倍首相までが、日本を貶める側に加担し、

  • 従軍慰安婦-日本政府は「甚だしく不適切」(1)

     世界ワースト1の反日国家である韓国と日本の紛争は相変わらずである。もっとも、紛争と言うよりは、駄々っ子の韓国を日本があやしかねていると言った方が適切かもしれない。日本の援助がなければ成り立たない寄生虫国家の韓国が、嘘八百を並べ立てて日本を恫喝し、日本か

  • 中小企業に勤務していると馬鹿になる(2)

     「中小企業に勤務していると馬鹿になる(http://blog.livedoor.jp/patriotism_nippon/archives/4486324.html)」で、大企業の方が中小企業よりも良い最大の理由として人の問題を挙げました。曰く「最も顕著な違いはと言えば、それは人の問題です。言っては何ですが、中小企

  • 大津市は「虐待の街」か?

     また大津市である。またというのは、大津市と聞くと「苛めの街・虐待の街」という印象があるからである。2012年7月に大津市の中学校で苛めによる生徒の自殺事件が起きたとき、私も件の事件について論じたエッセイを連日発表した。思い起こせば、このブログが飛躍的に

  • 産業カウンセラー養成講座受講記(その後4)

    (その後3)に書いたとおり、4月の末に、産業カウンセラー養成講座で同じ教室だった仲間の同窓会が開かれた。同窓生は14人なのだが、出席者はわずかに5人だった。もっとも、一人は地方へ転勤してしまったようなのだが、いずれにせよ集まりがよかったとは言えないだろう

  • 法医学は医学であり、法学ではない

     タイトルを読んで、「お前はアホか?」と思われた方が多いと思われるが、これが意外に笑い事ではないようなのである。敢えて説明するのもなんだが、法医学とは、司法解剖やDNA鑑定などを行う医学の一分野である。医学に詳しくない人でも、テレビドラマを見て多少の知識

  • 伊調馨選手に対するパワハラ事件について

     今さら言うまでもないことだろうが、日本は世界に冠たる自殺大国であり、苛め大国でもある。生活保護政策などは外国人優遇で日本人は冷遇されているため、高齢者が生活苦から自殺するケースが多いようだが、餓死する人も珍しくない。もちろん、餓死しているのは生活保護を

  • 産業カウンセラー養成講座受講記(その後3)

    産業カウンセラー協会はもちろんのこと、養成講座の同窓生たちとも二度と関わりを持つことはないと思っていたのだが、試験に合格すると同窓生たちの去就が気になり始め、同窓会開催のお誘いメールを送信したことは(その後2)に書いた。すると、誰でも考えることは似たよう

  • 産業カウンセラー養成講座受講記(その後2)

    先日のことである。日本産業カウンセラー協会から1通の封書が届いた。中身は今年度の産業カウンセラー試験の合否通知で、私は合格してしまったらしい。 実は、得体の知れない産業カウンセラーなる資格は、私の理解を超えた異様なモノに思えていたので、もう試験を受けるつ

  • 産業カウンセラー養成講座受講記(その後1)

    「産業カウンセラー養成講座受講記(1)~(20)」を書いてから1年以上が経過したが、驚いたことに、1千本以上の投稿があるこのブログにおいて、現在に至ってもアクセス数の上位は「受講記シリーズ」が占めているのである。それほど世間の注目が高い資格であるとすると

カテゴリー一覧
商用