弁護士の良心
読者になる
住所
杉並区
出身
芦屋市
ハンドル名
えいしさん
ブログタイトル
弁護士の良心
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/pruaclaweishis/
ブログ紹介文
元金融マンの弁護士が、日々の反省と自らへの戒めをつづるブログ     鈴木英司の弁護士活動日記
自由文
-
更新頻度(1年)

10回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2010/10/31

えいしさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 全参加数
総合ランキング(IN) 36,811位 37,861位 37,756位 34,022位 34,047位 34,062位 38,184位 975,209サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 10 20/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 20 10 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
士業ブログ 172位 181位 179位 147位 150位 147位 181位 4,773サイト
弁護士 15位 15位 15位 12位 12位 12位 18位 426サイト
今日 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 57,647位 55,706位 51,895位 51,541位 51,670位 48,838位 51,965位 975,209サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 10 20/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 20 10 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
士業ブログ 262位 245位 224位 220位 220位 200位 234位 4,773サイト
弁護士 17位 14位 14位 14位 15位 14位 21位 426サイト
今日 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,209サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 10 20/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 20 10 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
士業ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,773サイト
弁護士 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 426サイト

えいしさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、えいしさんの読者になりませんか?

ハンドル名
えいしさん
ブログタイトル
弁護士の良心
更新頻度
10回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
弁護士の良心
  • ぼくの一日

    朝は早い。5時前には、目が覚める。朝食は、バナナとヨーグルト。通勤時間は、スマホで音楽。最近のお気に入りは、メルトネのピアノソナタ。6時30分には、事務所の近くのカフェで、コーヒータイム。7時に事務所のデスクで、PCを起動させて、x plane で、朝のフライト。

  • 保釈取消・執行猶予取消

     「どうしますかね?」と裁判官、保釈中で自由の身の被告人がまたしても欠席した判決期日終了後での検察官も交えた協議。 「連絡は、とれています。粘り強く説得しますので、改めて判決期日を入れてください。」と私。 「どちらにしても(被告人が出席しない限り)判決

  • 詐欺の話

     ここのところ、非常に多くの皆様から、ソーシャルレンディング事件(以下「ソレン事件」)に関するご相談希望をいただいておりますが、すべてのご依頼をお受けすることはできず、せっかく期待していただいた皆様のご期待に沿えないことを申し訳なく思っています。ごめんな

  • 金融教育の重要性

     私が大学受験をするときに、東大であれば、文Ⅰ(法律進学コース)か文Ⅱ(経済進学コース)のどちらかにするか(文才のない私には文Ⅲは無理)少し迷った。ただ、自分の成績との関係で入りやすく、「法律の条文をあれやこれやと解釈して何が面白いのか?」との偏見で、経

  • 早春の散歩道

     昨日までのマスコミ対策も一段落して、次の事件への取り組みの合間に、警察署での接見にでかけます。 東京の交通は不便で(一部に反対意見あり)、私は車ももっていないので(事実に反します)、湾岸所だろうが、原宿署だろうが、浅草署だろうが、すべて徒歩です(明らか

  • エーアイトラスト

     最近、一連のソーシャル・レンディング事件につきましては、多数の方々からご期待いただいているにもかかわらず、すぐにすべて対応するわけにもいかず、ご期待に沿えず申し訳ない思いです。 ただ、それらへの対応体制が整い次第、ご相談に応じていこうと考えています。

  • 2月の朝日

     私は、この業界では珍しい朝方派です。そのため、冬場は、まだ暗いうちから事務所に行くことになってしまいます。ただ、この時期になると、少し遅めに自宅を出る場合には、きれいな朝日を見ながらの出勤となります。  夜のうちに、あれこれ悩んだり不安にかられるこ

  • maneo ・グリーンインフラレンディング(第2次)

     昨年、掲題事件についてご相談をいただきましたが、そのご依頼者の第2陣として、追加的なご相談に応じる予定です。但し、第1陣に対し、今後3カ月~6か月遅れの司法的な手続きになることをご了承ください。 ご希望の方は、メール(eishis@tokyofield.jp)まで、ご相談希望

  • 会社整理が幸せを呼ぶとき

     その事件は、数年前に、ある税理士さんの相談から始まりました。その相談とは「資金繰りに困っている会社があるのでなんとできないか。」「ただ、社長が昔気質の職人さんで、取引先や銀行との交渉もできない。」「毎月の資金繰りにいつも苦慮しており、家族も心配している

  • 東京の風景

    ぼくが、一弁護士として頑張ってる東京の風景。最後の写真とよく見比べると、最初の2枚の撮影地点が分かりますよ。

  • 10月のサンマ雲

     秋の空のイワシ雲、うろこ雲だっけ?、いや、さば雲とも言うらしい。 しかし、サンマ雲とは聞いたことがない。でも、この雲はサンマ雲に違いない。気象庁のいうさんま雲では、ないけれど。 何を隠そう、隠す必要もないけど、B級グルメの私としては、鯖も鰯も

  • 8月の夕焼け

    今年の夏の暑さは異常ですねそんな会話が、日常だったこの夏も、ひそかに秋の気配が忍びよってきました。ただ、まだまだ夏の空。夕焼けが、綺麗です。

  • maneo のご相談について

     今回、みんなのクレジット、ラッキーバンクに続いて、ソーシャルレンデリィング最大手ともいわれるる maneoマーケット についても、この6日に、証券等監視委員会から行政処分の勧告が出されました。 全国の投資家3084名、貸付残高で約103億円といわれる最大級のファ

  • 外資系時代の経験が生きるとき

     日本の銀行から外資系金融機関に移ったとき、その違いに驚いた。細かいことは、いっぱいあるけれど、弁護士になった今でも生きている経験は、大きくいって3つある。 ひとつは、初めてコンプライアンスという言葉を聞き、その機能を経験したこと。今でも、コンプライア

  • 売上高以上の銀行借入がある社長様へ

     私が弁護士になってから今までに、北海道から沖縄まで全国200社以上の社長様のご依頼で、各地元金融機関を含め50以上の金融機関と交渉や法的手続きを行ってきました。 その経験から、次の3点を強調しておきたいと思います。① 売上高<銀行借入残高 が恒常

  • ソーシャル・レンディングの本質的問題点

     前回の記事(みんなのクレジット)に引き続き、更に大手(「累計調達額」150億円以上)といわれているラッキーバンク・インベストメント(株)にも、証券取引等監視委員会の勧告よる金融庁の行政処分が行われました。 このような一連のソーシャル・レンディングの問題点

  • ソーシャルレンディングの事件

     私のコメントが、次週発売の週刊東洋経済(4月14日号)に掲載されます。 記事にあるとおり、22名のご依頼人による本件は、証拠保全 ➡ 仮差押え ➡ 本訴 のフルコースで、現在、メインの本訴追行中です。 そのため、本件に関するご照会やご依頼については、先行し

  • 金融庁の方向転換と司法の変化の必要性

     金融庁の森長官が「異例の3期目」を迎えるとの報道もあります。元金融マンで、現在も金融関係の仕事の多い弁護士の目からは、いろいろ頑張っているなと見えます。もっとも、一般の方々、それも現役の銀行・証券の関係者にとってすら、「ルール」か「プリンシパル」かなどの

  • ビットコイン等仮想通貨のご相談

     昨年末ごろ、「ビットコインが200万円突破」との報道が、一般紙でもなされました。「ビットコインで大儲け」的な話もよく耳にするようになり、「国税も関心を寄せている」との報道もあります。1年も経たないうちに、10倍以上の価値の増大があったことから、社会的な関心も

  • 保釈

     最近では、「検察官は『不相当』と言っていますが、裁判所の判断で許可決定を出そうと思います。」と言って頂けるケースも増えてきたように思えます。でも、検察官の強い反対があれば、なかなか保釈請求もとおりません。 まだ、20歳になったばかりの若い男性被告人です

  • 金融リテラシーとは(続)

     前回、司法は金融リテラシーが低いと書きました。評した研究も「本司法研究報告も、このようなリテラシーの向上に資するものでありたいと考えて執筆した」(同書158頁)と、その作成動機を語っています。では、金融リテラシーとは何を指すのでしょうか。 金融リテラシ

  • 金融リテラシーが低すぎる司法

     最高裁司法研修所編による「デリバティブ(金融派生商品)の仕組み及び関係訴訟の諸問題」という研究成果が発刊されました。 平成26年度の司法研究として発表されてから2年も経て、「この程度か。レベル低すぎ。」というのが、読後の第一印象でした。 もちろん、近

  • 森金融庁長官の嘆きの原因は最高裁にある

     最近のセミナーにおける金融庁長官の講演の一部です。 「資産運用の分野でも、お金を預けてくれた人の資産形成に役立つ金融商品・サービスを提供し、顧客に成功体験を与え続けることが、商品・サービスの提供者たる金融機関の評価を高め、その中長期的な発展につながる

  • あきらめないこと 明るく頑張ること もうすぐ春がくる

     本当に、裁判所というところは・・・ 自分の無力さを嘆くと同時に、自分の今までのチャレンジがドンキホーテのように思えてくることもあります。 でも、そこは、そこそこ生きてきた年寄りの粘り腰。 自分の人生を振り返ると、そこで諦めていたら、今の自分はなかった

  • 銀行員と弁護士

     私の人生で経験してきた二つの職業だから、今でもつい比較してしまう。 どちらも、(ただ、この二つの職業に限られないけれど)プロとしての誇りをもって行えばやりがいのある仕事である一方、志を失えば、これほどつまらない仕事もない。 もっとも、私が銀行員だった

  • 7月の雲 (ささやかな夏休み)

     「先生、今日は裁判所への書類ありますか?」で始まる事務員さんの朝。 「うん、午前中、(ぼくは)期日で裁判所に行くけど、(あなたが)お昼休みから帰ってくるまでに仕上げてデスクに置いておくから」と私。 事務所から裁判所へ行くにも爽やかだった季節はあっとい

  • 6月の雨 (論稿の掲載)

     その昔、「雨の日と月曜日は、いつも私を落ち込ませる("Rainy days and Mondays always get me down"🎵」なんて歌があったけど、私自身は、雨の日はそんなに嫌いじゃない。 雨の日は、時間を気にせず、ゆっくりと仕事や読書に耽ろうという気にさせてくれるから。 

カテゴリー一覧
商用