searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

マーキュリー2世さんのプロフィール

住所
大阪府
出身
神奈川県

マーキュリー(水星)2世ってハンドルネームだけど、水星人ではありません。地球人です。何世目かは知りませんが…。

ブログタイトル
緘黙ブログ
ブログURL
http://smetc.blog120.fc2.com/
ブログ紹介文
場面緘黙症のことを綴るブログ。心理学関係の話も記す(予定)。
更新頻度(1年)

4回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2010/10/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、マーキュリー2世さんの読者になりませんか?

ハンドル名
マーキュリー2世さん
ブログタイトル
緘黙ブログ
更新頻度
4回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
緘黙ブログ

マーキュリー2世さんの新着記事

1件〜30件

  • Twitterで不安感丸出しだとフォロー数もフォロワー数も少ない

    興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、論文アブストラクト(抄録)だけ読んだ不安(障害)・恐怖に関する興味深い論文を取り上げます。といいながら、今回は序論以外はほぼ全文読みました。なぜ不安(障害)・恐怖なのかというと、場面緘黙(選択性緘黙)児は不安が高いか、もしくは不安障害(不安症)を併存していることが多いという知見があるからです。さらに、米国精神医学会(APA)が発行...

  • 日本民間放送連盟賞CM部門で場面緘黙症の作品が優秀賞を受賞

    2019年日本民間放送連盟賞のCM部門〔テレビCM〕で場面緘黙症の公共キャンペーン・スポットが優秀賞を受賞しました。この公共キャンペーン・スポットはCBCテレビの作品で、題名は『先生・・・500人に1人です』です。165秒のテレビCMとなります。ナレーションは森本レオ氏、構成・プロデューサーは大園康志氏(CBCテレビ)、取材は若尾貴史氏(CBCテレビ)、撮影は今井貴之氏(NTP)、音声は齊藤結菜氏(NTP)、編集は大谷太一氏(CBCク...

  • マインドフルネス・エクササイズだけでも不安や抑うつが弱まる

    興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、アブストラクト(要旨)だけ読んだ不安・恐怖(障害)の治療法に関する最新の論文を取り上げます。なぜ不安・恐怖(障害)なのかというと、場面緘黙症児は不安が高いか、もしくは不安障害(不安症)を併存していることが多いという知見があるからです。さらに、米国精神医学会が発行するDSM-5では場面緘黙症(選択性緘黙症,選択的緘黙症,選択緘黙症)が...

  • 場面緘黙児への集中集団行動療法、行動観察で効果を検証

    2018年11月15日~18日、ワシントンD.C.で開催されたアメリカ行動療法認知療法学会第52回年次大会(Association for Behavioral and Cognitive Therapies 52nd Annual Convention)にて、場面緘黙児への集中的集団行動療法の効果を行動観察で検証した研究が発表されました。Hong, N., Cornacchio, D., Furr, J. M., & Comer, J. S. (2018). Utilizing Observational Measures to Evaluate the Efficacy of Intensive Group Behavior T...

  • 場面緘黙児の不安軽減のためにマインドフルネスを取り入れる

    場面緘黙児の緊張や不安の低減のために「マインドフルネス」を取り入れた支援を行った研究成果が発表されました。時間がないので速読しただけですが、気になるトピックなのでふれておきます。以下の伊藤・成瀬(2018)では、マインドフルネスの説明として日本マインドフルネス学会の説明を引用し、「今、この瞬間に意図的に意識を向け、評価をせずにとらわれのない状態でただ観ること」としています。伊藤佐陽子・成瀬智仁(2018). 場...

  • 香港のメディア、逮捕された引きこもりが場面緘黙だった可能性に言及

    先日、76歳の母親の遺体を室内に遺棄したとして49歳の男性が逮捕されました。この男性は、「小学生のころから会話をしなくなった」(NHKが警察が家族を事情聴取した内容として報道)、「小学生のころから会話をしなくなり、最近はひきこもっていた。母親が買い物などをして面倒をみていた」(NHKが警察が妹を事情聴取した内容として報道)、「自宅に引きこもって他人と会話がほとんどできない状態」(日本経済新聞が警察署の話として報...

  • 心理学の授業で選択性緘黙について知った大学生が多い

    東京成徳大学・東京成徳短期大学応用心理学部臨床心理学科の江口めぐみ准教授が著者の選択性緘黙(場面緘黙)に関する研究論文の抄録が公開されました。この記事では、その研究の概要をご紹介しましょう。なお、江口准教授は立正大学心理学部助教の時期に『選択性緘黙児童生徒の多様な状態像の解明と個に応じた支援方法の検討』という研究課題で、園山繁樹教授(筑波大学)、濱口佳和教授(筑波大学)、下山真衣助教(信州大学)、松下浩之...

  • 周産期~産後の母親の不安は子供の発達遅延のリスク

    興味深い研究成果をすべてネタにできればいいのですが、生憎そうもいきません。そこで、論文アブストラクト(抄録)だけ読んだ不安(障害)・恐怖に関する興味深い論文を取り上げます。ほとんどが最新の研究成果です。なぜ不安(障害)・恐怖なのかというと、場面緘黙(選択性緘黙)児は不安が高いか、もしくは不安障害(不安症)を併存していることが多いという知見があるからです。さらに、米国精神医学会(APA)が発行するDSM-5では場面緘黙...

カテゴリー一覧
商用