searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE
ブログタイトル
I will.
ブログURL
https://blossom45.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
自作の手づくり絵本やイラスト、お気に入りの絵本を、日々の思いとともに紹介しています。
更新頻度(1年)

2回 / 365日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2010/10/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ユウユウさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ユウユウさん
ブログタイトル
I will.
更新頻度
2回 / 365日(平均0.0回/週)
読者になる
I will.

ユウユウさんの新着記事

1件〜30件

  • 縁起良いのかな?

    今年、我家に初めてツバメが巣をつくりました!7月終わりのこと。 やがて、小さな卵から、小さな雛が4羽かえりました。 暑いよ~、おなかすいたよ~、おかあさんまだかな~ とんぼとか、バッタとかおいしいな。むしゃむしゃ… 生まれてはじめて地上に降りてみた。だけど、ここから動けないよ。 あれ?巣の中、雛が増えてる!? 巣の周りには、30~40羽のツバメが集まるようになりました。 私が近づくと、みんなサッと飛び立って、雛たちも一緒に飛ぶ練習。そんな中… 「こわいよ~」 一羽だけ まごまごして飛べないツバメが。 リアルピッピ!! こわがりつばめのピッピ (ともだちだいすき) 作者: こいずみ ゆうこ 出版社/メーカー: 童心社 発売日: 2017/05/01 メディア: 大型本 私が2年前に作ったお話で..

  • 徒然なるままに

    ブログと向き合うのは、とても久しぶりで、いろいろあって、この数カ月は、東京と新潟の往復を繰り返しています。まだしばらく、行ったり来たりが続きそうです。 東京は、どうしてあんなに人が多いのだろう…ギシギシ擦りあって、消耗していくようだ。それでも、みんなひとりひとり様々な人生を生きているんだ。ずっと都会で暮らしていたら、見えないものがある… 都会の人の波をくぐりぬけて、山を見ると、ほっとする。 ここに帰って来た~ 私の好きな、癒しの空間で ただわけもなく、川の流れを見ていた…買い物帰り そして、土手の上を歩いた。 天まで続いているかもしれない道。 パワースポットと言われるお寺 だけど本当は、大自然のすべてが、パワースポット! ずっと田舎で暮らしていたら、見えないこともある… *************** 私のイラストのHPは、こちらです **************..

  • 今年の一枚

    魚沼地域では、毎年ホワイトクリスマスです。年末を越える頃は、雪が降りすぎ、街は埋もれ、外出ままならず、気持ちが暗くなります。それが、大雪の合間、ほんの僅か晴れた時、一瞬 凛とした景色に心うばわれます。 そんな心情を絵にしたのが、この一枚です。 大雪の中でも、希望の花が咲くように・・・ 児童文学の作家さんが、切磋琢磨して作った作品が詰まった本です。すてきな内容。読みごたえあります。 その表紙を描かせていただきました。 今年もありがとうございました! **************私のホームページです**************

  • 魂の旅~前世へ

    突然、家族が入院しました。今の医学では治せないと…新潟と東京を何度も往復しながら、ただ祈ることしかできません。大切な命。難病と言われても、必ず解決法があると信じて。 *******人の命が いつ終わるかなんて わからないけれど、必ず死は訪れる。だけど、魂だけは残っているのだろう。そしてまた生まれ変わっていく。 *******不思議な体験をしました。訳もなく悲しくて、苦しくて、涙で眠れないことが続いた ある時、違う世界の中へ… 広い丘の木の下。20歳前後の若い私が横たわっていたのは、五角形の棺の中。長い髪。白いドレス。太くて長い剣。騎士団の人。・・・時代は、中世ヨーロッパ。 私の身体は、死んでいるよう。 だけど魂は、棺の自分や、回りの人の様子を見つめた。それが絶望感…。苦しい気持ちのまま…。   数分間、時空を越えた旅をした。 しばらく涙が止まらなかった。 前世、ヨーロッパの何処か..

  • ながれぼしに おねがい

    「三鷹市 星と森と絵本の家」のコンクールで、優秀賞をいただきました。 その作品が今 展示されています。9月19日~11月19日まで。 丸2ヶ月間。 「ながれぼしにおねがい」15ページ全部の原画と文章。 順番にたどっていくと絵本よめます。 自由展示は、江戸時代から続く「はんぺん」のお話。 原画は5枚です。 絵本の部屋につづいてる 回廊ギャラリー。 なかなか行けないので、感想ノートのコメントがうれしいです。 昨年度につづき、今回も入選できたこと、奇跡的。ありがとうございます。 ********** 追記:展示終了しました。皆様、遠くから足を運んでいただき、ありがとうございました!感謝感謝です。。。 ************ こいずみゆうこ HP ************

  • 大地の芸術祭…熱い夏

    越後妻有アートトリエンナーレ2018・ 大地の芸術祭が始まっています。http://www.echigo-tsumari.jp/ 2018.7月29日~9月17日 私は、しばらく休養していたのですが、久しぶりの制作。「絵本と木の実の美術館」で! 3年に一度の大きな芸術祭です。その準備期間中のことを 少し書きます。 新潟県十日町市の鉢集落に 泊り込みで作業。しばらく来てないうちに、ヤギの赤ちゃん産まれてたよ~ホタル、昼もいっぱい飛んできます。夜は、満天の星空と、頭上を飛び交うホタルで、幻想的世界。自然が創るアートみたい。 でっかいマムシトンネル!昨年の 木や竹を切る作業から、ひとつひとつ、田島征三さんのアイディアを、皆で造りあげていく… 「木遣り」で神様に安全をお祈り。心が洗われるよう。森に、心に、響く歌声。 私は、征三さんから 地図描きを命ぜられ、嬉しいことです。が、悩..

  • 木の芽の正体

    その土地でしか 味わえないものがあります。 JAで木の芽を買ったら、お店の方が「よかったですね~。」って…今、地元の方が獲ってきたばかりの山菜だそう。 手に入れたのはいいが、どうやって料理するのだろう…「木の芽」ネットで調べると、出てくるのは、「山椒」を使った料理ばかり… う~ん、ちがう…もっと探してたら、これは、魚沼地域だけのものでした! 「木の芽」とは、アケビの新芽のことです。(魚沼だけ)魚沼の深雪が、木の芽のアクを 上手に抜いてくれるのだそう。アケビは日本中あるけれど、他県のものは、苦みが強くて 食べられないそうです。 おひたしにして食べました。すごく美味しかったです。豪雪地帯ならではの ご馳走。 山菜づくし… これは、天ぷらにして食べました。 山の恵み 雪の恵み 土地の恵み に感謝。 **********

  • すてきなプレゼント

    三鷹市 星と森と絵本の家での、約2ヵ月間の展示が終わりました。たくさんの方々に観ていただいたようです。来館者様、スタッフの皆様、どうもありがとうございました! 展示物の片づけに行ってきました。そしたら・・・ えんぴつ入れの中に、毛糸のポンポンが…子どもの服から取れちゃったのかな?落し物かな? つまんでみたら、あら? かたい実、種。これは、きっとトトロかからのプレゼントだ! と思いました。感激!ありがとう~トトロとは、純真な子どもの心です。 ******* 片づけ後、絵本「つきとすっぽん」を編集者さんたちに見てもらいましたよ。子どもには難しい素材で、理解できないと… 全くダメダメでした。… しょんぼり… ******* だけど、常時居られない私に代わって、置いていた感想ノート。びっしり感じたこと書いてくれたり、絵をマネして描いてくれたり…たくさんの人たちが、いろいろ書いてくれて..

  • 時のまにまに

    3月3日 盛大な祭りのあとは、さみしい… けれど、時は流れている射す光が変わっていく 前にしか進めない 冷たい雪の下には、待ってるものがあるから… 訪れた妖精たち 気づいているのに、気づかぬふり 4月10日、ほころび始めたつぼみ東京では、もうとっくに葉桜らしい。 遅いとか早いとかは、どうでもいい。 比べられたくないのだ。 ********** ぼーっとしてる間に、季節が変わっていたよ。。。 ********** 小泉由子イラストレーションhttps://yukoi.jimdo.com/ **********

  • 個展 開催中です!

    三鷹市 星と森と絵本の家で、絵本の原画展が開催されています。 H30年2月14日~4月23日(月) 約10週間 公募で「つきとすっぽん」が受賞し、副賞として個展をさせていただいております。 お近くの方、ご覧いただけるとうれしいです。 自由展示コーナーには他の作品も… 感想ノートも置いてあります。書いてね~。あとで読むの楽しみです。 会場は、国立天文台の敷地内に。 火曜定休 星と森と絵本の家 ******* 私のホームページで、「つきとすっぽん」の画像少し紹介しています 小泉由子 Gallery作品https://yukoi.jimdo.com/gallery/ 個展のお知らせ News制作だよりhttps://yukoi.jimdo.com/news/ *******

  • 苗場でユーミン

    車で1時間ちょっとの旅。 この辺は、ウチより雪少ないです。 昼の12時。部屋の窓からは、スキー場。 上から眺めていました。人がいっぱい。 スイスイ上手に滑る姿を、眺めていました。 ずっとずっと、眺めていました。 そしたら、日が暮れちゃいました。。。 夜の9時。待ちに待った時間がやってきたー!                (サンケイ) 熱いカーニバル!ノリノリで、楽しみましたよ。生で 近くで 感じることができて、感動です!ありがとうございます~! 中学の時に 初めてユーミンさんのアルバムを聴いてから、その世界に引き込まれてしまいました。 あれから何十年経っても、ユーミンさんの曲は、ずっと私のバイブルです。 ********** 夢のあと リゾート地苗場から 豪雪地魚沼に向かって行くと・・・ そこは、本物のブリザード!

  • 山の雪だより

    お久しぶり。お元気ですか?こちらは、寒さが厳しいです。 家のベランダから…つららのカーテン 家の前の道…除雪追いつかず、ミラーが埋もれてるよ~ 庭から駒ケ岳と八海山を望む…田んぼの上は、3mの雪原 久しぶり晴れた日の買い物ドライブは、気持ちいい~! やっぱり八海山…心奪われるほど美しい 窓を開けたら…まるで雲海の中にいるようこのあと、大雪に。。。 ********** 毎日、雪、雪、雪、雪、雪。。。 白黒の世界の中に居ます。 時たま太陽がちらり…その時だけ姿を見せてくれる山。 大自然の摂理に逆らわず 厳しい時は、もがかず、じっと種を守ります。 やがて雪が解け、美しい花を咲かせる時がくるから。。。

  • The Night Life of Trees

    Tara Books,インド イタリアのボローニャブックフェアーに、初めて一人で行った日のこと あまりの大きさに圧倒されて、どうしたらいいのか分からなくなり、不安がつのるばかり…私は、広い海の上を ゆらゆら漂っている舟のよう。 その時、一番最初に手に取った本が 「The Night Life of Trees 」 でした。ずっしりと手に馴染む 黒い紙の本。シルクスクリーンの インクの香り。引き込まれそうな 神秘的な絵。 今まで見たことのない絵本に すっかり魅了されてしまった。そうだ、私は こういう出会いを求めて、イタリアまで来たのだ! と、我に返った。 大きな世界の市場で、初めて手にした一冊の本は、運命の本でした。 ********************* その年の夏・・・偶然か必然か・・・あの本の編集者ギータ・ウォルフさんが、夏のアトリエの講師で、私は、とびきりハードで ..

  • 紅葉の旅 ふたつ

    天気が良かったので、ぶらりと、只見線に乗りました。「紅葉の美しい鉄道路線」第1位 の車窓。新潟県小出駅から 福島県只見駅まで行って、折り返し 戻ってきました。 山に向かって行くと、木の色が 緑から黄、赤と色づいてゆき、帰りは、空の色が翳り オレンジ、ピンクと移ろいゆき、駅を出る頃は、 帳が下りて 群青色の町。刻々と変化していく光景を、早送りで眺めていた。 なんだか、人の一生を見ているような 鉄道の旅でした。 私は、今、何色の上を 歩いているのだろう・・・折り返して、黄昏色あたりかな? ********** それから一週間後に、電車と バスを乗り継いで、十日町の鉢へ。どこもかしこも美しい。すべての色が集まるこの季節。 廃校を利用した 絵本と木の実の美術館 今宵は、征三さんと、アーサー・ビナードさんと、まむし酒。 ******* まむし酒を運んだ時、手についた強烈な ..

  • かめばあちゃんのつり

    かめばあちゃん、せっかく大きな魚をつりあげたのに、ちがうんですって。 「わたしが ほんとうに つりたいもの・・・」 それは、これよ! かめじいちゃん! ********** ナンセンスなお話、作っちゃった。のびのび 楽しく 面白く。 だけど、人に見てもらったら、なんて悲しい話…と感じ方は、人それぞれ。 良いと言ってくれる人に出会うのは、難しい。どこにも いないかもね。 じっと待つかな。 ********** かめばあちゃんは、自らの手で 運命を たぐり寄せていきます。 きっと、運命の糸は、誰もが持っていて、いろんな所に 張りめぐられているのでしょう。人と人がすれ違うと、こんがらがってしまうのです。 だから、ほどいて いかなければ・・・自らの手で。 **********

  • 魔法のなべと魔法のたま

    ホタルを見に、夜のドライブへ何千匹ものホタルが飛び交う幻想的な光景は、魔法の国のようでした。だけどホタルの光は、写真に映ってなかった…あれは、幻だったのかな… *******もう20年位前のことですが、千葉の図書館で、棚から何気なく抜き出した1冊の絵本。その本を開いたとたん、体じゅうに電気が走ったような衝撃を受けました。 心の奥底で探していたものに、やっと巡り合えたような感覚。私の大好きなヨーロッパの色、香り、空気が伝わってくる絵。 すぐその本を借りて、家でずっと眺めていました。それからも、何度も何度も、返しては借りるの繰り返し…絶版本だったから、もう手に入らなかった。 それが、ドゥシャン・カーライさん絵の「魔法のなべと魔法のたま」 私の生き方を変えた本です。この時 「私も、絵本描こう」と決めました。 魔法のなべと魔法のたま (ほるぷ海外秀作絵本) なぜ、こんなに魅かれる..

  • 願いが叶う虹と、火と、私

    5月のこと、空を仰ぐと・・・ 水平の虹!偶然が重なった時だけ 現れる珍しい虹。これを見ると、願い事が叶うと 言われています。今年も見ることができました! 5月28日、八海山大倉口の火渡りに参加しました。渡る前に、気を入れていただき、熱い炭の神道を歩いていきます。心願成就渡りきったー! ********** それから、私のこのブログは、ずっと名前を隠して書いてきました。 絵本を作ろうと、飛びこんだところは、想像以上に厳しい世界でした。だけど後には戻れなくて・・・ そんな思いで始めたのが、このブログです。2010年3月・成田 その時 祈ったことが、ひとつ叶ったので、名前を出して、ホームページと繋げました。↓ 小泉由子(こいずみゆうこ)Website

  • 紙芝居出版しました

    2017年度定期刊行紙芝居6月号 「こわがりつばめのピッピ」こいずみゆうこ 脚本福田岩緖 絵 *******童心社のホームページから、一部 立ち読みできます~http://www.doshinsha.co.jp/search/info.php?isbn=9784494092574 ******* 私の紙芝居脚本デビュー作品です! ここまでくるのに、長い道のりでした。8年前から、童心社編集者さんに作品を見てもらっていましたが、紙芝居を作る難しさに、何度か挫折し、数年連絡が途切れていました。もう無理かもと… それが、出版までたどり着けたのは・・・ 4年前の2013年に、イタリアの「ボローニャ国際絵本見本市」に行ったことでした。 あのとき・・・(2013.4月のブログ) 私、歩き回ってヘトヘトになって座ったら、隣で声をかけてくれた女性。その方と出会ったことがきっかけで、切れた糸..

  • 遅すぎる春

    やっと 雪解け。やっと 芽生え。どんなに遅くなっても、春は やってくる。着替えをして、ちょっとずつ 外に出てみようかな・・・

  • 網膜剥離に・・・

    久しぶりの更新です。昨年12月、右目の網膜に大きな穴があいて、そこから水が流れ出て、網膜剥離になっていました。病院行ったら、即手術。右目の下半分は、もう 見えなくなってしまいました。この先も、治らないそうです。 視野が狭くなっただけでも、世界が変わってしまったように感じます。我慢しないで、もっと早く病院に行っていれば良かったと、自分を責めても、過ぎてしまった過去には、戻れないから…未来を見て、前向きに生きていこうと思います。忙しかったお仕事を辞めて、 家で4ヶ月間のんびり過ごしていたけれど、逆にいろいろ考えすぎて、マイナス思考になっていました。心と身体のバランスとるの、難しい…今日から担当医師が変わり、初めての先生。見えない部分は、もう治らないから、自分の体と うまく付きあうように。あまり気にしすぎないように、と…。私も、4カ月経って、丁度そういう気持ちになっていました。できないことを 数..

  • 今年の漢字

    「金」が今年の漢字に選ばれたそうです。輝かしいです!私自身としては「金」は、まだまだ・・・私の一文字は、「試」です。突然浮かんできました。試練の試。今年一年、いろんなことがありました。そして、最後にどっと大きな試練がやってきましたー!試されているような気がします。乗り越えたい!窓を開けると 雪景色。降り積もった雪は、雨でずいぶん溶かされました。固まった雪に、また雪が降り積もって、また溶けて、また積もって…これから どんどん雪が積もっていくことでしょう。 試練の時です。  

  • 美しく神秘な佐渡

    いちど 行ってみたかった佐渡島へ 行ってきました。いちど 乗ってみたかった現美新幹線に 乗ってきました。車内が美術館って、面白い発想!やってきましたー。遠くに…うちの近くの八海山まで見えるのか~!海と空と光…美しい佐渡に五重塔かやぶき屋根の技術がすごい!会いたかった朱鷺!でも遠い…だから、剥製で観察オブジェみたいなカモメ。 だけど、これは本物!(笑)******* 地元の人が教えてくれた隠れた食堂が、安くて美味しかったです~!丼ぶりの海鮮がすごく新鮮!あまりにも美味しくて、何の魚か聞いてみたら、「のどぐろ…」と何気に言ってたけど…山に住んでる私にとっては、憧れの高級魚!佐渡は、魚沼と似ている感覚がありました。水と空気がきれい。癒される。。。そして、私の霊感もパワーアップしてしまったなぁ………怖かった…何をとっても、最強の島です!   

カテゴリー一覧
商用