searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

吉田典史さんのプロフィール

住所
東京都
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
「吉田典史」の編集部
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/yasushinori/
ブログ紹介文
NBオンライン連載「職場を生き抜け!」、ダイヤモンドオンライン連載「負け組社員の十字路」などを執筆。
更新頻度(1年)

40回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2010/09/26

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、吉田典史さんをフォローしませんか?

ハンドル名
吉田典史さん
ブログタイトル
「吉田典史」の編集部
更新頻度
40回 / 365日(平均0.8回/週)
フォロー
「吉田典史」の編集部

吉田典史さんの新着記事

1件〜30件

  • ​【特集】NHK「公共放送」の大嘘 | ZAITEN(ザイテン)過激にして愛嬌ありの経済情報サイト‐財界展望新社

    パソコンと液晶モニターを拝受。 関係者の方、ありがとうございます。 お礼申し上げます。 足を引っ張られ、困った状況でもあるが、 ありがたい人たちもいるんだな。 あれっ?? どこかで読

  • キンドルで読み終えた本

    キンドルで読み終えた本  267、腸をキレイにする!(甲田光雄・日経BP社)※2回目 266、天国までの百マイル (浅田次郎・朝日新聞出版) 265、死顔 (吉村昭・新潮社) 264、過ぐる川、烟る橋(鷺沢 萠

  • ​主な仕事の記録(2006年∼)​

    1967年、岐阜県大垣市生まれ。 2006年以降、無職。​ ​​​​​著書に『悶える職場』(光文社)、 『封印された震災死』(世界文化社)、 『震災死』(ダイヤモンド社) など。​ 181セン

  • ​主な仕事の記録(2006年∼)​続き

    ​主な仕事の記録(2006年∼)​ の続き 〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆 ご連絡はこちらへ 連絡先:yasushinori@yahoo.co.jp                        

  • 取材をした相手を記憶のある範囲で書き出してみた

    吉田典史(よしだ のりふみ) 1967年、岐阜県大垣市生まれ。 経済や経営分野などで記事や本を書く。 181センチ、77キロ。 2005年から、ほぼ毎日2時間歩く。 (歩かないと、気が狂いそうになる)

  • 明けましておめでとうございます

    ​  ​雨あがりの夜空に ~ MY SHARONA / UNICORN & JUN SKY WALKER(S) - YouTube​   明けましておめでとうございます。 昨年末まで書き続け、元旦の今日も机に向かう。 元旦は毎年、何も変わらない。これで

  • こんな掘り出し物があるんだね…

    ​日本の「左翼」活動家をも怒らせる中国の蛮行 「自由と民主」の侵害に抗議活動を続ける山口智之氏(1/5) | JBpress(Japan Business Press) (ismedia.jp)​   10代の頃から右翼、左翼論争に関わる考え

  • ​主な仕事の記録(2006年∼)​

    1967年、岐阜県大垣市生まれ。 2006年以降、無職。​ ​​​​​著書に『悶える職場』(光文社)、 『封印された震災死』(世界文化社)、 『震災死』(ダイヤモンド社) など。​ 181セン

  • ​主な仕事の記録(2006年∼)​の続き

    ​主な仕事の記録(2006年∼)​ の続き 〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆​​ ◆雑誌・新聞 ​ 2007,11 「実録 社内の抗争 そのとき人事が動いた!?(5)営業マンの自

  • 取材をした相手を記憶のある範囲で書き出してみた

    吉田典史(よしだ のりふみ) 1967年、岐阜県大垣市生まれ。 経済や経営分野などで記事や本を書く。 181センチ、77キロ。 2005年から、ほぼ毎日2時間歩く。 (歩かないと、気が狂いそうになる)

  • 元プロレスラーのキラー・カーンが書類送検をされたとのこと

      元プロレスラーのキラー・カーンが 自転車のひき逃げで、書類送検をされたとのこと。 事実ならば、問題あるけど。 いろいろな記事を読んだが、 デイリーのものがもっとも笑えた。 確かに、 キラ

  • 主な仕事の記録(2006年∼)

    1967年、岐阜県大垣市生まれ。 2006年以降、無職。​ ​​​​​著書に『悶える職場』(光文社)、 『封印された震災死』(世界文化社)、 『震災死』(ダイヤモンド社) など。​ 181セ

  • 主な仕事の記録(2006年∼)の続き

    ​ ​主な仕事の記録(2006年∼)​ の続き 〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆〆​ ◆社史・会社案内・PR誌・ガイド ●2020,09   「中小企業の労働時間削減」

  • 取材をした相手を記憶のある範囲で書き出してみた

    吉田典史(よしだ のりふみ) 1967年、岐阜県大垣市生まれ。 経済や経営分野などで記事や本を書く。 181センチ、77キロ。 2005年から、ほぼ毎日2時間歩く。 (歩かないと、気が狂いそうになる)

  • 【特集】堀ちえみさん明かす「がん告白と中傷」 「がんで助かったのに『よかったね』ではなくって...」

    ​ ​【特集】堀ちえみさん明かす「がん告白と中傷」 「がんで助かったのに『よかったね』ではなくって...」​ ​

  • 元女子プロレスラー・元気美佐恵さんに聞くコロナ不況との闘い

    ​​​ 居酒屋を経営する 元女子プロレスラー・元気美佐恵さんに聞く コロナ不況との闘い​​ ​​​女のねちっこさ + 物理的な力のしごき…ハハハ​​​ ​ 「オシムさんの手のひらの中で転がさ

  • 求人増でも厳しい条件、シニアの転職は甘くない!

    ​​ ​求人増でも厳しい条件、シニアの転職は甘くない!​ ​ ​一流企業やメガベンチャーの社員が総じて優秀な理由​ ​「大企業の社員がたくさん辞めている」という噂は本当か?​ ​ ​​なぜ

  • ​​​​私の人生、90%は苦です「苦の娑婆」​​​​

    ​​​​​​​​​ 私の人生、90%は苦です「苦の娑婆」​​​​ ​ ​夫と死別したシングルマザーの「感謝の思い」​​ ​ 36歳で借金5000万円、どん底を救ってくれた上司の一言​​ ​​​優秀

  • 主な仕事(2006年~)

    1967年、岐阜県大垣市生まれ。 2006年以降、無職。​ ​​​​​著書に『悶える職場』(光文社)、 『封印された震災死』(世界文化社)、 『震災死』(ダイヤモンド社) など。​ 181センチ

  • 発達障害の疑いのある編集者のことを…

    最近の記事​​​   ここ数か月、都内や神奈川県、千葉県内の、精神障害者の就労支援をしている団体に取材で出入りするうちに不気味な思いがよみがえってきたので、気持ちを整理するためにも書いておこう。  

  • 発達障害の疑いのある編集者のことを書いた

    前回の投稿 ​https://plaza.rakuten.co.jp/yasushinori/diary/202002080002/​  前回、発達障害の疑いのある編集者のことをここで書いた。 社員を管理、育成することなく、野放しにしている

  • 主な仕事(2006年~)

    ​​​​ 1967年、岐阜県大垣市生まれ。 2006年以降、無職。​ ​​​​​著書に『悶える職場』(光文社)、 『封印された震災死』(世界文化社)、 『震災死』(ダイヤモンド社) など。​ 181

  • この動画はすごすぎる…

    主に、経営・社会分野で書いています。

  • “在宅勤務バカ”につける薬はあるか

    ​​​​​​​ ​​在宅勤務導入が成功する企業と大失敗する企業のシンプルな違い​​ ​​コロナ前から在宅勤務前提だったベンチャーの働き方​​​​新型コロナ時代の「在宅勤務」最前線(3)カケハシ​​​

  • 主な仕事(2006年~)

    ​​​ 1967年、岐阜県大垣市生まれ。 2006年以降、無職。​ ​​​​​著書に『悶える職場』(光文社)、 『封印された震災死』(世界文化社)、 『震災死』(ダイヤモンド社) など。​ 181

  • 主な仕事(2006年~)

    ​1967年、岐阜県大垣市生まれ。 2006年以降、無職。​ ​​​著書に『悶える職場』(光文社)、 『封印された震災死』(世界文化社)、 『震災死』(ダイヤモンド社) など。 181センチ、77キ

  • 新卒採用に関する記事を書いた

    ​​​ ​「50代~60代が天国」で「20代が地獄」に!? 2035年の職場はどうなっているのか?​ ​一流企業やメガベンチャーは、なぜ新卒採用にこだわるのか?​​​​ ​ ​なぜ、一流企業やメ

  • 発達障害の疑いのある編集者のことを

    前回の投稿 ​https://plaza.rakuten.co.jp/yasushinori/diary/202002080002/​  前回、発達障害の疑いのある編集者のことをここで書いた。 社員を管理、育成することなく、野放しにしている

  • とりあえず、「夜間部内閣」といったところか…。

    ​ この投稿は、ここからの続編​ とりあえず、「夜間部内閣」といったところか…。 見事に華がないな…。  人材がそろっている政党でありながら、わざわざ、こんな暗くて地味で、陰湿なタイプを起用するあた

  • ​「オシムさんの手のひらの中で転がされていたんでしょうね」​​

    ​ 「オシムさんの手のひらの中で転がされていたんでしょうね」​​ ​ ​部下の能力を最大限に伸ばそうとする上司とチームとしての規律を優先する上司の境界線 ​ ​

カテゴリー一覧
商用