searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

わかばブログさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

中学受験わかばナビブログです。中学受験情報満載です。中学受験される方は是非ご覧ください

ブログタイトル
中学受験わかばナビ ブログ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/wakabanavi01/
ブログ紹介文
中学受験わかばナビブログです。中学受験情報満載です。中学受験される方は是非ご覧ください
更新頻度(1年)

31回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2010/09/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、わかばブログさんの読者になりませんか?

ハンドル名
わかばブログさん
ブログタイトル
中学受験わかばナビ ブログ
更新頻度
31回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
中学受験わかばナビ ブログ

わかばブログさんの新着記事

1件〜30件

  • 塾の応援自粛要請、保護者人数制限 私立中入試でもコロナ対策

    新型コロナウイルの感染拡大が続く中、受験シーズンが本格化する。16日には大学入学共通テストをはじめ、関西では私立中学の入試がスタート。3密を避けるために、各中学校は受験会場を増やしたり、「受験の風物詩」ともいえる試験会場周辺での塾関係者の応援自粛を求めた

  • 塾生の友人を強引に勧誘か「臨海セミナー」を同業19社が告発

    大手学習塾「臨海セミナー」を運営する「臨海」(神奈川県横浜市)に対し、同業他社が業務改善などを求める申入書を送付していたことが2020年12月8日、関係者への取材で分かった。臨海社員による「当社が行っている強引な生徒勧誘や合格者作りの手法には社会的に容認できない

  • 【中学受験2021】【高校受験2021】筑駒、学力検査の出題範囲について公表

    筑波大学附属駒場中・高等学校は2020年9月15日、2021年度(令和3年度)入学者選考における学力検査の出題範囲について公表。新型コロナウイルス感染症対策のため、学校の臨時休業が長期化したことを受けて、小学校6年生および中学校3年生の学習内容を出題範囲から一部除外す

  • 【中学受験2021】早大学院は面接中止…5校のコロナ対応

     早稲田大学高等学院中学部は202年9月20日、2021年度入学試験において面接試験を実施しないことを公表。開成中学校は合格発表を校内掲示ではなくWebサイトで行うなど、首都圏の私立中学校の入試では新型コロナウイルス感染予防を受け、一部入試要項を変更している。早稲田大

  • フェリス、面接なし…新型コロナ影響

     フェリス女子学院中学校は2020年9月14日、2021年度の生徒募集について発表した。例年、午後に行っている人物考査(面接)は、新型コロナウイルス感染症予防のため、2021年度入試では実施しない。合格発表はWeb上でのみ発表する。 フェリス女子学院中学校の2021年度の募集

  • オンライン合同学校説明会2020

    ご案内です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・当企画は、「受験生である小学生が全然楽しそうじゃない!」「もっとこんな隠れた魅力が学校にはあるのに…」といった、従来の学校説明会に対する違和感から生まれました。中学受験生本人

  • 慶應SFC、付属高校からの進学者倍増にどよめく 塾高も慶應女子も急増の異変

    この30年の日本の大学に大きなインパクトを与えたのは、「大学改革のモデル」と言われた慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)と、学生・教員の半数が外国人という立命館アジア太平洋大学(APU)だろう。奇しくも今年、SFCは30年、APUは20年を迎える。両大学は日本の大学を

  • 受験者1万人超・栄東中入試の「コロナ対策」は? 「密」回避に工夫凝らす

    新型コロナウイルスの感染は、2021年度春入学者向けの私立中入試にも大きな影響を及ぼしそうです。秋から冬にかけて感染の再拡大も懸念されるなか、各校はどのような対策を考えているのでしょう。受験者数が1万人を超える「マンモス受験」で知られる栄東中学校(さいたま市見

  • 中学受験、感染拡大の影響は 「絞り込み」「近距離」「下り線」がキーワードに?

    新型コロナウイルスの影響は、中学受験にどんな変化をもたらすのでしょうか。中学受験専門塾「スタジオキャンパス」代表の矢野耕平さんに聞きました。新型コロナウイルスの影響で、来年以降の中学受験事情は、大きく変わる可能性があります。まず、目に見えないウイルスが保

  • 中学受験の盲点「偏差値が高い」から「問題が難しい」わけではない!

    近年、中学受験では「大学付属校」人気が高まり、激戦となっています。「早慶GMARCH」「関関同立」をはじめとする、人気の「付属中学」の合格を勝ち取るにはどうすればいいのか?実は、付属校の入試問題は、「御三家」を頂点とする進学校のような難問があまり出ないので、大

  • 中学受験で「大学付属校」が大人気な三つの理由

    近年、中学受験を考える親たちの間で、早慶(早稲田・慶應)やGMARCH(学習院・明治・青山学院・立教・中央・法政)、関関同立(関西・関西学院・同志社・立命館)を中心とする大学の付属中学の人気が急上昇しています。 その理由は大きく分けて三つあります。 まず一つ目

  • 中高一貫校「オンライン入試」、21年よりいよいよ本格導入か

     緊急事態宣言が解除されて分散登校も始まった。しかし、2021年入試を巡る状況は混とんとしたままである。とりわけ中学受験に関しては、文部科学省からのアナウンスがあるわけでもなく、どうなってしまうのか誰にも分からないような印象を受ける。それでも、オンラインによ

  • <稲毛高・中>22年度に中等教育学校へ 千葉県内公立で初の一貫化

     千葉市教委は25日、市立稲毛高校・付属中学校(同市美浜区)を2022年4月から、県内の公立学校では初となる中等教育学校(仮称・稲毛中等教育学校)に段階的に移行すると発表した。同高校の入学試験を24年度から廃止し、小学6年生を対象とした入試に一本化。6年間全体を通し

  • 新たな広尾学園「広尾学園小石川中学校・高等学校」が2021年に誕生 -- 村田女子高等学校から校名を変更し共学化、中学募集を開始

    今年で創立から111年目を迎えた村田女子高等学校(東京都文京区)は、2021年度より校名を「広尾学園小石川中学校・高等学校」に変更して共学化し、中学校の募集も再開する。同校は2018年から広尾学園中学校・高等学校を運営する学校法人順心広尾学園(東京都港区)と教育連携

  • コロナ休校の首都圏私立中高、すでに64%がオンラインで授業再開

    ■学びを止めない、私立中高のオンライン対応 今春2020年の中学入試が一段落し、4月からの新年度を迎えようとした時期に、世界中が新型コロナウイルスの感染拡大という大変な事態に巻き込まれました。 日本の学校も、3月初旬からの休校要請に続き、4月7日に発出された緊急

  • 首都圏「中高一貫校」で検討進むオンライン入試のインパクト

     「2021年9月入学」の是非で議論が始まっているものの、次年度の生徒募集を考えなければならない学校としては、例年なら半年後に迫った帰国生向けの入試を具体化する時期に入っている。緊急事態宣言を受け、遠隔授業の導入が各校で進められているが、「オンライン入試」も視

  • 2020年私立中学受験者動向を詳しくお届け!

    2020年2月19日、東京都千代田区のアルカディア市ヶ谷私学会館で森上教育研究所が主催する「2020年入試 首都圏中学入試の結果と分析」セミナーが行われました。今回は、セミナーで大手塾から発表された今年の中学入試の動向を詳しくお伝えします。次年度以降中学受験を考えて

  • 我が子に合った志望校はどう探す?学校説明会や行事に参加できないとき保護者にできること【中学受験】

    中学校選びは、お子さま本人がその学校に「行きたいと思うこと」がいちばんですが、そのほかに、お子さまが「活躍できそうな場があるか」「居心地がよさそうか」という観点も大切です。例年ならば、中学受験を考えているご家庭は、春から秋にかけて、複数の中学校の学校説明

  • 付属校と進学校これからの受験校の決め方のポイントとは?【中学受験】

    2019年度の入試も終わり、中学受験でも新しいシーズンが始まりました。来年の入試はどうなるのか、今年の結果を踏まえた傾向と対策について、森上教育研究所がお伝えします。「とりあえず付属」が増加中、お子さまにとっての利点を見極めて去年に引き続き、今年も中学受験の

  • 3年連続伸長の中学受験者数、午後入試の拡大で5万人規模に【中学受験】

    2020年度の中学入試もすべての日程が終了し、それぞれの学校の受験者数がすべて出揃いました。今年の入試は受験率が14.3%で3年連続の伸長となりましたが、どのような傾向が見られたのでしょうか。森上教育研究所がお伝えします。もはや1回のみの入試はごくごく一部の上位校の

  • 進学校から附属校志向へ 高まる中学受験熱

    中学入試の傾向として、相変わらず大学の附属校や系列校に志望者が集まる「附属志向」が続く一方、進学校は上位校に人気が集中しています。その背景と、新しい入試の形態について、森上教育研究所がお伝えします。引き続き附属校志向が強い一方、進学校は上位校に人気が集中

  • 新型コロナの影響で、“通学時間の短い“私立中学を選ぶ家庭が増える?

    中学受験に関する数字を森上教育研究所の高橋真実さん(タカさん)と森上展安さん(モリさん)に解説いただく本連載。新型コロナウィルスの感染拡大により、学校も塾も大きな影響を受けています。休校も延長される学校を多く、子どもたちは家庭での生活を余儀なくされている

  • 「マナー」が難関私立中の入試で問われる理由

    年々激化している中学受験。子どもの将来のためにも、早いうちから受験を意識した学習を始めているという家庭も少なくありません。しかし入学希望者の増加に伴い、入試問題の質も変化してきています。とくに難関中学校は、ただ勉強ができるだけでなく、マナーやルールを守れ

  • 中学受験 難関「公立中高一貫校」が軒並み応募者減の異変

    2005年に首都圏初の公立中高一貫校、「都立白鴎(※正確には區ヘンに鳥)高校附属」が誕生して以来、毎年高倍率が続いていた公立中高一貫校入試。2019年は「さいたま市立大宮国際中等教育学校」の開校もあって、一段と応募者が増えたにもかかわらず、2020年は一転して応募者

  • 中学受験 お嬢様学校の神奈川御三家が人気を落とした要因

    今年行われた首都圏の私立中学受験の動向を探ってみると、お嬢様学校として名高い「フェリス女学院」「横浜共立学園」「横浜雙葉」の“神奈川女子御三家”がおしなべて人気を落としたという。一体なぜなのか。安田教育研究所代表の安田理氏が、他の難関校の状況も含めて分析

  • 首都圏「中学受験」、2020年は「非常に厳しい入試」だった

     近年まれな激戦だった2020年の首都圏中学受験。各校の入試担当者による生々しい証言も交えながら、数回にわたって振り返ってみたい。(ダイヤモンド・セレクト編集部)● 短期決戦志向のハードな受験状況 2020年の首都圏中学入試は志願者も増加し、受験生にとってはたい

  • 2020年私立中学 受験者動向分析【中学受験】

    2020年2月19日、東京都千代田区のアルカディア市ヶ谷私学会館で森上教育研究所が主催する「2020年入試 首都圏中学入試の結果と分析」セミナーが行われました。今回は、セミナーの内容から、今年の中学入試の動向を速報します。次年度以降中学受験を考えているお子さんを持つ

  • MARCH合格高校 川和、柏陽など神奈川公立勢が上位独占の訳

    コロナウイルスが猛威を振るう中、国公立大前期試験は大きな混乱もなく終わった。今年の入試も大詰めだ。今年の入試では大きな異変が起きた。国公立大、私立大とも志願者減となったのだ。国公立大志願者は昨年に比べて6.4%減で、難関の旧7帝大(北海道大、東北大、東京大、

  • 公立校とはどう違う? 都内有名私立校・国立大付属校の「新型コロナ対応」とは

    都内私立学校と国立大学付属学校の対応は? 2月27日(木)夕方、全国に流れた「政府が公立小中高校の一斉休校を要請」というニュースは非常にインパクトがありました。 自治体ごとに対応が異なっているものの、全国の公立学校では春休みを前倒しでおおむね3月2日(月)から

  • 気になる中学受験のお金…。一体いくらかかるの?

    公立中学校と私立中学校では、かかるお金が大きく異なります。中学受験では、小学4年生から進学塾に通うのが一般的です。塾代や学費はいくらかかるのか、おおよその目安を把握し、資金繰りに困らないようにマネープランをしっかり立てましょう。 中学受験をするのにかかるお

カテゴリー一覧
商用