searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

GAKUさんのプロフィール

住所
北海道
出身
北海道

北海道の自然の中で、土に触れ、土の持つ秘められた力を、少しでも表現できればと、日々土と戯れる日々。現代の生活スタイルに合った器を提供できればと活動しております。

ブログタイトル
GAKU blog
ブログURL
http://cs-gaku.blog.jp
ブログ紹介文
北国の小さな町で、新たな白釉を求め「沫雪」「雪氷」シリーズを手掛けている吉田南岳のblog
更新頻度(1年)

83回 / 365日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2010/04/25

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、GAKUさんをフォローしませんか?

ハンドル名
GAKUさん
ブログタイトル
GAKU blog
更新頻度
83回 / 365日(平均1.6回/週)
フォロー
GAKU  blog

GAKUさんの新着記事

1件〜30件

  • 素焼き

    今日も暑い中素焼きを決行!昼過ぎからスタートしたけど、夕方には2階の作業場に暖かい空気が上り詰めて暑くなってた。途中用事を済まるため工房から離れてました…マイコン様様ですね!今回お皿が多いのが原因?いつもより途中蒸気と一緒に白い煙みたいなのが

  • 北海道も夏です!

    今日は朝からお天気で北海道も夏に!本来なら海だ山だと行楽シーズンですが、コロナの影響で昨年に続き思い切って騒ぐこと出来ませんね。そんな中オリンピックが間もなくスタートしますが、メインの東京が1000人越えの感染者となり、第5波に突入の感が有ります。

  • 昨日の挽回!

    昨日のミスから挽回すべく、今日は奮闘しました。作り直しの洋皿?…径28cmの丸皿。オーダーの時はどうしてもオーダー数より多く制作しなくては…失敗も考えて笑。札幌などは今日は夏日、でもこの辺りは20℃前後と涼しい1日でした。7月も中旬なら夏だもん

  • 勘違いが多くなる!

    この頃制作段階で形の間違いをしてしまう事があります。思い込みと言うのか、歳のせい?!決めつけている感あるようで、疑問を持たずロクロを挽く…!削りも何も考えず削る…!乾燥待ちで何日が経ったら…???!あれっ!このカップの受け皿はこの形では無

  • やっと完成!

    昨年よりオーダーいただいて何度も失敗して、今回やっと思いの作品が完成しました。20cm角のキューブの花器。今回で何回目?…恥ずかしくて言えません笑。作り寸法約23cmの六面体、天板が取り外しが出来るタイプでこれが難題でした。手前が捨て天板で

  • 地質の成立ちの恩恵

    以前紹介した神奈川県逗子市から採取した石を粉砕し固めて焼いたものを紹介しました。サンプルもあれ以降無くて、神奈川在住の知人に頼み送ってもらいました。ただの石を送料を掛けて送ってもらうの?…まぁ〜陶芸に関係ない方ならそう思われるかと思いますが、

  • 夏がそこまで!

    北海道は梅雨が無いと言われてますが、近年そうも言えなくなってるようです。特にこの時期には太平洋側は霧の日が多く、ジメジメと湿度も高く北の梅雨と表現されるようになりました。昨日までは気温も高く暖かかったのですが、今日は霧雨で寒い感じがします。7月

  • 冬の悪戯

    北海道の冬は粘土の保管にかなり気を使う。GAKUの粘土置き場は断熱材もあまり使っていない倉庫の電源を抜いている冷凍庫を使ってます。冷凍庫の中に更に断熱材を使い囲っていますが、連日マイナスが続くと凍れることが有ります。今日土練機を使い粘土を作りをしま

  • 少しずつ

    カップのサイズ変更をしました。今までの容量が150ml入れた時、口元近くまで来てしまうので、今回トンボも新調し作って今日削り終了。予定では150ml入れた時溢れる感はなくなると思います。ハンドルも少し大きて女性なら2本指が入るように改良しました。6月

  • 逆算から戻る!

    物作りは手順を組み立てていきますが、先ず頭の中の完成形を絵に描くなりして、大体のイメージを視覚にしっかり記憶させる。陶芸で例えると焼成方法は酸化か還元か?釉薬は?作りは?粘土の種類は?と完成形から逆算して進み、又粘土はこれを使いこの形に仕上げ釉薬はこ

  • 自然こそ化学

    かなり更新をさぼってました笑。先月鎌倉での三人展に出向いた際に採取して来た物を焼いてみた!地層を見た段階では、粘りは少しあるが粘土に使うには難しいと思っていましたが、案の定熔けて釉薬になりました。単味でも充分釉薬になるかと思いますが、実際素

  • 新型コロナの実感

    昨日鎌倉より戻って来ましたきました。鎌倉kilottでの3人展、初日から3日間在廊して来ました。初日はあいにくの雨で街を歩く人も少なく、静かな鎌倉でしたが、翌日からガラッと好天に恵まれ人の流れも多くなり来店のお客様も増えてきました。ただ、昨年の秋の個

  • 鎌倉へ

    明日鎌倉へ…。こんな時期ですが、個展の為行ってきます!確かにいろいろ悩み、ギャラリーに全てお任せとも考えましたが、3人展の企画をお願いし快く承諾していただいたのに、勝手にはいかないので在廊日数少ないですが、伺うことに決めました。そういう事で、明日

  • 無事にスタート出来そう!

    今月13日から31日までの会期で始まる「3人展」がスタートします。コロナ禍の中では有りますが、感染対策をしっかりして皆様のお越しをお待ちしております。会場が狭いので、場合によっては制限を設けるかもしれませんので、ご協力お願いします。無骨なぐい呑みも

  • GW最終日は雨

    GW最終日、こちらは残念ながら雨…!今日は全国的にあまり良くない天候ですね。私はGWも無くひたすら窯焚き…笑!午前2:30に点火して間もなく本焼き終了で、終わり次第素焼きスイッチONと…なんとも慌しいね!今日も使っていない携帯とのLIVEカメラで温度

  • 無骨も!

    GWに入っても北海道は寒いですよ!天気も不安定で今年のGWは自粛しなさいと言う事?!近くの桜もやっと咲き始めて、今週末には見頃かな?さてこの写真GAKUらしくない…何を思ったか昔良くやっていた形を作りたくなり削りました。この頃、YouTubeで伝統の

  • 指の傷

    先日、ちょっとしたことで左手の親指を切ってしまった。深くも無く長くも無くで大したことがないのですが、いかんせん指先が商売の世界、サビオを貼るわけにもいかず、作る工程はお休みして釉薬や素焼きの処理などしておりました。3人展がもう目の前、こんな時期に作れな

  • 集中出来る時!

    急須や注器の組み立ては、どしっと構えて時間にゆとりがある時が理想で、慌てて作ると先ず良いことがない!穴の位置や注ぎ口の位置や吊り手の位置など、確認事項が結構あるからです。難儀な工程ですがこれが意外に好きで、形が出来上がる喜びは他にないかも知れ

  • 低い温度でも

    先ずこの写真この2枚の写真、元々は全く同じ土と釉薬と酸化焼成で仕上げたものです。下の写真がなぜ違うかと言えば、本焼きが終わってからサヤを使い中に木屑を詰めて蓋をして870℃で焼いたものです。炭化を掛ける(サヤの中を還元状態にする)場合は一度本焼

  • 灯油窯の監視

    約2年振りに小さな灯油窯に火を入れた。陶芸を始めた時は灯油窯が主で小まめに窯を見に行っては調整していました。今はマイコンの電気窯なので、酸化焼成であれば小まめに確認しなくて良くなった。ハイテクと言うのか?!使わなくなったiPhoneを監視カメラとし

  • 湯沸器の取り替え

    2010年製の湯沸器を長年使って来ましたが、最近とうとう故障?!なのでヤフオク!で2014年製のをゲット!古いけど前よりは新しいので良しとしましょう笑。ゲットした物にはシャワーの部分が付いておらず、故障したのから外して付けることできると思い、ルンルンでつ

  • 3人展のお知らせ

    5月13日〜31日迄、鎌倉のkilottさんで初の三人展を開催します。ここ3年間鎌倉の「吾」さんで個展をさせていただいてますが、今年はkilottさんの実店舗での開催となります。(秋には個人の個展を吾さんで企画中)会場は鎌倉駅東口を鶴岡八幡宮方面の左側に沿って歩いて

  • 本当に久し振り

    自作粘土で抹茶盌の制作!手捻りは何年振りだろう?なぜか抹茶盌ってろくろで作っても手捻りで作ってもサマにならない?!やはり作り慣れの論理!作為と言う言葉が有るが間違いなく私のは作為の代表だね!笑抹茶盌だけは手捻りの方が個人的には好きで

  • 久し振りの抹茶盌

    他のオーダーもある中、せっせと抹茶盌に精を出してます。形も大きさも不均等でOKと言うご依頼…助かります!ある程度の希望に沿って、gakuらしい作品も織り交ぜ喜んでるもらえるよう仕上げます。季節に合わせ春夏バージョンは浅めの口広で、色合いも白色をベー

  • 語りかける

    この写真凍裂金彩ぐい呑み…仮称!器は意思を持ってはいませんが、じっと見てると何か語りかけてくるように感じる!また一度も人の手に持たれ酒器としての役目を受けていない。どこかそれを待ち望んでいるかのように…私は誰を癒せば良いですか?!…又、誰に

  • 変形の美

    北海道も氷点下の気温日が少なくなってやっと長い冬が終わり、気持ちの良い春の訪れです!季節とは関係ありませんが…。民族的な造形の置物。20数年前、知人の繋がりで購入したもので、アフリカのジンバブエの職人が手掛けた工芸品。材質はソープストーン?

  • 体調管理

    ここ3日ほど鼻水がとまらない!常備薬の薬を飲んで少し良くなってきているけど、今一本調子じゃない。そう言うことでロクロ作業はNG!天気も良く今日は棚板のメンテと粘土作りをしました。粘土の保管は大型の冷凍庫(間違ってもスイッチONはしません)に入れて冬を

  • まだ先にあるもの

    今回、新たな試みてトライした作品。金彩の施しぐい呑み!狙いの亀裂模様がある程度出たことは良かったが、器の全体のイメージから考えたらもう少し改良が必要かな?!金彩をやられている方から見れば「これは失敗!」と見るかもしれませんが、意図して出す!

  • 進化出来るか?

    もの造りの世界でこれで良し=Endはないと言われている。私も一応その世界の人間で、作品が出来上がった時点での小さなEndは有りますが、確かに追求心や探究心が有る以上最終Endは無いのかも知らないと感じてます。今回も現時点のEndを更に変化させるための試みをし

  • DIY終了

    昨年の秋に自宅のリビングを初めてDIYし、今回ダイニングに着手しほぼ完成!昨年手掛けたリビング。今風では無いけど綺麗になったことが嬉しい!ダイニングも綺麗に成りました。35年間手付かずで汚れていた壁や思い切った断捨離でスッキリと、どこか気持ちに

カテゴリー一覧
商用