プロフィールPROFILE

タロッペいたばしさんのプロフィール

住所
オーストリア
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
タロッペいたばし
ブログURL
http://taroppe.at.webry.info/
ブログ紹介文
十年間ウイーン勤務していました。 あちらの生活のご報告、そしてこちらでの顛末。 
更新頻度(1年)

3回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2010/04/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、タロッペいたばしさんの読者になりませんか?

ハンドル名
タロッペいたばしさん
ブログタイトル
タロッペいたばし
更新頻度
3回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
タロッペいたばし

タロッペいたばしさんの新着記事

1件〜30件

  • 哲学 今度こそ決着か 

    去年、似たようなタイトルで投稿しました。 やっとこさ永井さん著哲学論考2を見終えました。 視力の低下著しく読むのが大変、キンドル版もないのでpdf化サービスがあるのを知り早速pdfにしてもらいそれをi読んだわけです。  といっても中身の哲学的な論考をすべて理解したわけではありません。 <私>という特在的なもの、仏教で出てくる八正道の mindfullness に照らします。 漢語では正念・・・といってもなんのこと…

  • なんだそうなんだ

    宗教って人々が幸福になるために生まれたのになんで宗教間の争いが絶えないのか、というご意見がありました。 中東の争いは領土争いの面が大きいのでしょうが、宗教間のいさかいの面もあるよう。 原理主義の方々になるともう訳が分かりません。  思うに、世界はどのようにして、人間はどのようにしてできたのか、生きる意味は何か・・・・を追求した結果、ギリシャ神話、中東でうまれた旧約聖書、新約聖書、インドの輪廻思…

  • 真珠湾

    真珠湾を望むコンドミニアムにお世話になって3年目の滞在。

  • タロッペのこと

    50年以上前になります。 渋谷鶯谷町にある乗泉寺のブラスバンドでバスを吹いていました。ボーイスカウトに入ると自動的にブラバンにも入るからです。 このブラバンは僧侶だった父も入っていたようで写真が残っています。たぶん戦前。

  • お寺さん巡りと神津牧場

    毎年恒例の佐久近辺探索。 今年もいつものメンバーで。 草津音楽祭を聴いたあと佐久に移動し一日半近辺を散策します。 今年は上田市外の前山寺、近くの中禅寺と生島足島神社、そして佐久中込ぴんころ地蔵のある成田山、たまたまお寺さんは真言宗智山派でした。本山は京都智積院、成田山、川崎大師、高尾山薬王院、六波羅蜜寺もこの宗派とは知りませんでした。 宗が設立したのが巣鴨の大正大学。

  • ガーデンレイン

    最終日2日前の草津国際音楽アカデミーフェステイバルに。 午前中までおられた両陛下と行き違いでした。 この日のプログラムは管楽合奏で、木管アンサンブルと金管1曲そしてトロンボーンアンサンブル一曲。

  • オーケストラでチューバ: 一区切り

    退職帰国以来10年、チューバを続けました。 ここではオーケストラでの演奏のまとめをメモしますが冗長となりますので悪しからず。

  • またか、またか仏教  分かったような

    大乗仏教思想のキーは龍樹の中論らしい。 中論はお釈迦さんの見つた仏教の要素を龍樹が韻文の形で解き明かした書物。 当時の種々の論争相手部派を論駁したもの。 が、これが超難解だそうで、中村元”龍樹”に詳述されているにもかかわらず当方には荷が重い。 そしたらインターネット上に”FEB版中論日本語訳” home.att.ne.jp を見つけました。 中村先生の著作にもありましたが西洋哲学との対応がより詳細に書かれておりました。 でなんか分かったような気がした気分です。  中論の説明は元の原始仏教を...

  • ガラクタ処分の顛末

    帰国以来もうすぐ10年。 地下物置にほっておいたガラクタをやっとこさ処分し始めました。 当方がウイーンから持ち帰ったものやら息子、親戚、亡父のものそして私の本、はては訳の分からないものまでいろいろです。 10年間全く手を付けていなかったものが大半。

  • ウイーン音楽講習会 参加の顛末

    ヤイトラーさん指導のウイーン音楽を楽しむイベント。 東京では今年2回目です。 ヤイトラーさんはウイーン、ザルツブルグでウイーン・フィル現役の頃からウイーン独特の管楽合奏指導をされており、日本でも30年来の静岡・佐久間をはじめ、茨城・高萩、浜松、長野・上田などでも長年同様の指導をされておられます。 ウイーンでは1925年以来トランペット・コアーという金管楽器のアンサンブルがあります。 トランペット、トロンボーン、チューバと打楽器の編成で数多くの曲をウイーン市が保有。 それとは別に木管楽器も入...

  • 哲学 決着か?

    永井哲学、お釈迦さんの考え、この二つが気になる。 キーは言葉、私? 古来、哲人たちも苦労したようですが。

  • アリゾナ記念館

    ホノルルにはここ数年間冬に滞在させてもらってます。 観光の一番に出てくるのがアリゾナ記念館。 その性格からいままではなんとなく避けてました。 今年は真珠湾のコンドミニアムを借りました。 理由はゴルフ場に通うのに便利だからです。 このコンドミニアムからアリゾナ記念館がよく見えます。 車で10分のところということもあり、意を決して行ってみました。

  • あらま、古希 

    あらまとうとう70歳。 喜寿かと思ってたら古希だそうです。 めでたい筈ですが、気候がわるいためか酷いビールス感染で10日以上ダウン。 あんまり微熱が続くんで知り合いの方から何とか肺炎ではないかと忠告いただきました。 で、予定していたドバイの国連環境計画中東支所の会議をキャンセルしました。 頼まれた日本でのウレタン業界の代替フロン削減状況についてのプレゼンはスカイプを通してやr、これが意外とうまくいきました。 スカイプって便利。 以前このようなテレビ会議ってコストがかかったと思いますが、スカ...

  • 仏教3.0

    藤田一照、山下良道師によって仏教3.0が提唱されてますねー。 アップデートする仏教(2013)、青空としてのわたし(2014)、仏教3.0を哲学する(2016,9月予定)。

  • パレオ食 変容

    何度かでてきたパレオ食、原始人食。 元祖はアメリカで穀物、糖、乳製品、発酵食品を制限し、腸の損傷(リーキーガット)を制御するものです。 リーキーガットはガン、糖尿病、リウマチ等生活習慣病の原因と考えたからでしょう。 小麦は特にいけません。 リーキーガットを起こすグルテンが問題。

  • またか仏教 

    知り合いの方とのやり取りがあり当方が理解しているお釈迦さんの考えかたをまとめてみました。

  • またメキシコ

    先週メキシコのモンテレーに出張。 UNIDOからの要請で昨年3月に続いてです。 年に一回当地のフロン工場でHCFCという空調に使う冷媒の生産を確認するためです。 この冷媒は弱いながらオゾン層破壊をするのでモントリオール議定書という国際的な取り決めで生産と消費が規制されています。

  • 原爆投下

    やっとこさアメリカ現職オバマ大統領が広島に来るそうです。 多くの日本人は謝罪してもらうというよりあの惨状を見てほしいと思っているのでしょう。  

  • マインドフルネス

    アメリカのIT会社で社員の研修にマインドフルネスを使っているのが増えているそうですが、ホノルルの本屋さんでも関連した本を沢山見ました。 日本でも関連した本があるようです。 ハウツーもののビジネス本なんでしょうが、内容の元はお釈迦さんの見つけたものということです。 (http://www.bukkyoshinri.org/images/PDFs/fujita_japanese_mindfulness.pdf マインドフルネスについての藤田一照師の解説です。)

  • 梵我一体

    バラモン教、ヒンズー教では梵(創造主)と我(自分)が一体化することが目標と言うことです。 お釈迦さんは梵ではなく法があると喝破。 法とは諸行無常、諸法無我、縁起、四諦・・・。  多くの宗教のように創造主あるいは神をもってくる必要はないことになります。 

  • 私の草津音楽祭

    かれこれ30年前から行っている草津国際音楽アカデミー&フェステイヴァル。 若い音楽家を世界超一流の先生の指導により育てると言うのが目的で、集まられた先生方のコンサートが開かれここでなければ到底聴けない音楽が聴けるという夢の夢。 ここ数年は知り合いの方達と一緒に2−3回コンサートにお邪魔しています。

  • オマーンって

    先月末にオマーンの首都マスカットに派遣されました。 オゾン層破壊防止のためのモントリオール議定書基金を使い冷凍空調装置に使われているフロンを削減するプロジェクト申請書を作成するためです。 オマーンはヨーロッパの方が観光にいくことは知ってましたが初めて。 アラブ首長国連邦(UAE)の東隣にあり、成田からはアブダビ経由エチハド航空で行きました。 アブダビまでは10時間くらいです、そこからマスカットには40分。  

  • ヤイトラーさんのマーラー

    昨日名古屋の愛知県芸術劇場でフィルハーモニカー・ウイーン・名古屋(PWN)の第4回演奏会を聴きました。 昨年に引き続き、カール・ヤイトラー指揮。 

  • ウイーンのチューバ顛末

    チューバ(バスチューバ)には様々な楽器があります。 私も昔は一般的だったBB管といわれる大型の楽器をブラスバンドで吹いてました。 基音がBB(変ロ)です。 その後イギリスのフィリップ・ジョーンズ・ブラスアンサンブルの名人フレッチャーに影響されたまたまロンドンに本社がある会社にいたこともあり、イギリス・ブラス伝統のEs管の楽器を吹いてました。 そしてウイーン赴任となってから今も続けているF管のウインナ・チューバに変わりました。 それ以外にアメリカで発達したCC管の楽器があります。 管の長さは...

  • ウインナ・チューバ復活か・・・

    ウイーン・フィルの名人フンメルさんが退職した1995年以降、ウイーン音楽の伝統をになうウインナ・チューバはヨーロッパのオーケストラで殆ど使われなくなっていました。 

  • 今度はメキシコ

    先月メキシコ、モンテレーに行く機会がありました。 10年以上前にやらせていただいたプロジェクトのフロン工場に呼んでもらいました。 新たなプロジェクトを考えてますがその下調べ。 仕事は工場の協力とやはり10年前に一緒にやったエキスパートの皆さんのお陰で面白かったです。  そしてメキシコ料理をいただきました。 モンテレーの名物料理はカブリートという子ヤギの丸焼きです。 さてその時に10年前の同志、旧知の方々が集合・・・友遠方より来たる・・・ということでしょうか大感激。 

  • 品格って

    渡部昇一「日本人の本能」を読みました。 この著書に品格、品性についての評論があります。 J S ミル、S スマイルズという19世紀イギリスの著作、自由論、自助論、品性論を引用し、品性、英語では character を説明。 曰く、自由な人、即ち欲望、衝動が自分のもので義務を自分で設定することができる人にはじめて品格、品性がそなわる。 真実、品行、慈悲、誠実、勇気、美徳、善良の徳目を実践することで品性をきたえる。 イギリスが良かった時はこのような風潮があったからで、ダメになったのは社会主義...

  • ブラームス交響曲第2番 吹かせていただきました。

    昨日はオーボエ、ホルンをはじめウイーン・スタイルの管楽器を使っているアマオケ、フィルハーモニカー・ウイーン・名古屋の第3回演奏会でした。 濱津清仁先生指揮、ハイドンの主題による変奏曲、交響曲3番、そして交響曲2番。 名古屋のしらかわホール。 オール・ブラームスと重めのプログラムでした。 

  • ドリーム★ファクトリー20周年 !!

    11月30日の日曜日に、ドリーム★ファクトリー20周年のパーテイーがありました。 場所はプリンス・パーク・タワー。 ドリファクは浜松町で3代続いたクリーニング店を閉めて開店させた本格イタリア・ピザを焼くピッツエリア(ピザ・ショップ)です。 冒頭、オーナーの吉川さんから開店の経緯のお話、そしてお世話になった方々の紹介をされました。 亡くなったお父様がやっとの思いで商売替えを許してくれたこと、ピザの師匠にあたる相模湖ドリーム・ファームのオーナーの方、資金を提供した銀行の担当の方、イタリ...

  • ドバイで仕事・・・

    何年かぶりに仕事・・・いったのはドバイ。 以前何回かトランジットしましたが、降りたのは今回が初めてでした。 羽田からの直行で、羽田国際線ターミナルが素晴らしいとおもったらドバイ空港はその10倍の規模でした。 ドバイは砂漠につくったのですから人工的ですが、京都やニューヨーク・・・町はどこも人工的なんですね。 この2−30年に出来たというのがドバイの特徴で、けったいなデザインの超高層ビルだらけ。 こういうのは現代建築家のお遊びか、ゴシック、ルネッサンス、アールヌーボー、...

カテゴリー一覧
商用