searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

タカさんのプロフィール

住所
郡山市
出身
郡山市

自由文未設定

ブログタイトル
福島県郡山市 みずほ旅館記
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/mizuho4960/
ブログ紹介文
みずほ旅館のブログです。館主とムスコで旅館の日常の事、四季の風景、趣味の事を気ままに書いています。
更新頻度(1年)

335回 / 365日(平均6.4回/週)

ブログ村参加:2010/04/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、タカさんの読者になりませんか?

ハンドル名
タカさん
ブログタイトル
福島県郡山市 みずほ旅館記
更新頻度
335回 / 365日(平均6.4回/週)
読者になる
福島県郡山市 みずほ旅館記

タカさんの新着記事

1件〜30件

  • コクマルガラス

    電線に止まるコクマルガラスです。

  • ミヤマガラス&コクマルガラス

    ネタ切れなので在庫から。電線に止まるミヤマガラス(左の2羽)とコクマルガラス(右)です。コクマルガラスのうち左は淡色型、右は黒色型です。撮影日:2018年11月27日

  • チュウヒ

    夕方、干潟の外側で狩りをしていたチュウヒです。出て来た時に白く見えたのでミサゴかな?と思ったのですが羽下面の模様とVの字飛行でチュウヒだとわかりました。白い腰帯が目立っていたので雌だと思います。この後、木に止まっていましたが再び飛び立って狩りを開始しました

  • カワセミ

    干潟のテトラポットの上に居たカワセミの雌です。テトラポットの上から飛び込んで小魚を狙っていたので近づいて先ず一枚撮って更に近づこうとしたら逃げられました。残念!

  • ハマシギ

    干潟で採餌するハマシギです。

  • ハマシギ

    干潟で採餌するハマシギです。

  • ハマシギ

    採餌しているハマシギです。

  • ハマシギ

    干潟を歩くハマシギです。

  • ハマシギ

    干潟を歩くハマシギです。

  • ハマシギ

    鳥の海の干潟を歩くハマシギです。

  • オオバン

    土手で採餌していたオオバンです。この付近で活動していたオオバンを数えてみたら13羽も居ました。私が野鳥観察を始めた20年ほど前にはそれほど多くはない鳥だったのですが今やどこでも見られるようになりました。確実に数が増えていますね。

  • ヨシガモ&オオバン

    水路わきの土手で採餌していたヨシガモ(中央)とオオバンです。ヨシガモを追いかけて撮ろうとしたのですが警戒心が強く逃げられてしまいました。

  • オカヨシガモ

    鳥の海に隣接する水路に居たオカヨシガモの雄です。雌と一緒に居たのですが近づくと、すぐ逃げるので雄に狙いをつけてパチリです。雌は地味なので確認しているうちに居なくなっちゃいます。図鑑で見るとどこにでも居る◎になっていますが郡山近辺ではそんなに多くないような

  • ミユビシギ

    砂浜で採餌するミユビシギです。

  • ミユビシギ

    だんだん近づいて来たミユビシギです。

  • ミユビシギ

    追いかけると逃げるのでじっとしていたら近づいて来てくれました。

  • ミユビシギ

    砂浜で採餌するミユビシギです。今度は一羽に焦点を絞ってパチリ。

  • ミユビシギ

    波打ち際を逃げるミユビシギです。

  • ミユビシギ

    ミユビシギです。

  • ミユビシギ

    波から逃げるミユビシギです。

  • ミユビシギ

    押し寄せる波から逃げるミユビシギです。

  • ミユビシギ

    採餌中のミユビシギです。曇天で色が出ませんでした。

  • ミユビシギ

    採餌中のミユビシギです。

  • ミユビシギ

    今日は宮城県の鳥の海に行って来ました。吉田浜の波打ち際で採餌していたミユビシギ(多分)です。

  • ミコアイサ

    この池に居るミコアイサは雄が3羽なんですが一羽は離れていて同じフレームに入ってくれません・

  • ミコアイサ

    トモエガモと同じ池に居たミコアイサです。両端が雄、真ん中が雌です。警戒心が強くいつも向こう側にいます。

  • トモエガモ

    前に見える3羽のうち両端が雄、真ん中が雌です。雌は嘴基部に丸い白斑があるのでこれは雌だと確信しました。

  • トモエガモ

    雄3羽と雌一羽のトモエガモです。

  • トモエガモ

    奥の右側に見える4羽が雄、左の一羽が多分、雌です。なんせ遠いのでよくわかりませんでした。

  • トモエガモ

    ハギマシコを撮った後、知り合いの鳥仲間のご夫婦にシジュウカラガンが4羽、マガンの中に中に居ると教えられていったものの見つからず・・・近くを捜し歩くとハクチョウとマガンの大群が居たもののシジュウカラガンが見当たらず。今年はマガンがかなり数多く飛来しており、

カテゴリー一覧
商用