chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 「競争の番人」 新川帆立

    ウェディング業界に巣食う談合、下請けいじめ、立入検査拒否。市場の独り占めを取り締まる公正取引委員会を舞台に、凸凹バディが悪を成敗する!公正取引委員会の審査官、白熊楓は、聴取対象者が自殺した責任を問われ、部署異動に。東大首席・ハーバード大留学帰りのエリ

  • 「図書室のはこぶね」 名取佐和子

    10年前に貸し出されたままだったケストナーの『飛ぶ教室』は、 なぜいま野亜高校の図書室に戻ってきたのか。体育祭を控え校内が沸き立つなか、1冊の本に秘められたドラマが動き出す。未来はまだ見えなくても歩みを進める高校生たちと、それぞれの人生を歩んできた卒業

  • 特別展アリス

    涼しくなったら行こうなんて、のんびりしてたら10月10日まで。間に合ってよかった 小学校入学前に買ってもらった世界文学全集の「不思議な国のアリス」はテニエルの原画の雰囲気の挿絵だった。だから、アリスはやっぱりこの感じがしっくりくる。いくつになっても

  • 「かくして彼女は宴で語る 明治耽美派推理帖」 宮内悠介

    木下杢太郎、北原白秋、石井柏亭、石川啄木ら若き芸術家たちが謎に挑む傑作青春ミステリ明治末期に実在した若き芸術家たちのサロン、その名も「パンの会」。隅田川沿いの料理店「第一やまと」に集った木下杢太郎、北原白秋、石井柏亭、石川啄木等が推理合戦を繰り広

  • 「オリーブの実るころ」 中島京子

    恋のライバルは、白鳥だった!?結婚と家族と、真実の愛をめぐる劇的で、ちょっぴり不思議な6つの短編集。(吉川英治文学賞 受賞第一作)「家猫」バツイチの息子が猫を飼い始めたらしい。でも、家に行っても一向にその猫は姿を現す様子もなくーー。「ローゼンブルクで恋

  • ミッシングリンク

    サンダルの季節が終わってしまうとブーツになるまでの間のお気に入りの靴がなかった。なので、今年はパンプスとボリュームローファーを購入 どちらも履きやすくて美しい パンプスはもう少し高いヒールも捨てがたかったけど、安定の7センチヒールに ローファーは

  • 「ついでにジェントルメン」 柚木麻子

    分かるし、刺さるし、救われる――自由になれる7つの物語。編集者にダメ出しをされ続ける新人作家、女性専用車両に乗り込んでしまったびっくりするほど老けた四十五歳男性、男たちの意地悪にさらされないために美容整形をしようとする十九歳女性……などなど、なぜか

  • 「マイクロスパイ・アンサンブル」 伊坂幸太郎

    どこかの誰かが、幸せでありますように。失恋したばかりの社会人と、元いじめられっこのスパイ。知らないうちに誰かを助けていたり、誰かに助けられたり……。ふたりの仕事が交錯する現代版おとぎ話。付き合っていた彼女に振られた社会人一年生、どこにも居場所がな

  • 「刑事弁護人」 薬丸岳

    ある事情から刑事弁護に使命感を抱く持月凛子が当番弁護士に指名されたのは、埼玉県警の現役女性警察官・垂水涼香が起こしたホスト殺人事件。凛子は同じ事務所の西と弁護にあ たるが、加害者に虚偽の供述をされた挙げ句の果て、弁護士解任を通告されてしまう。一方、

  • 「燕は戻ってこない」 桐野夏生

    この身体こそ、文明の最後の利器。29歳、女性、独身、地方出身、非正規労働者。子宮・自由・尊厳を赤の他人に差し出し、東京で「代理母」となった彼女に、失うものなどあるはずがなかった――。北海道での介護職を辞し、憧れの東京で病院事務の仕事に就くも、非正規雇

  • 「フルスロットル トラブル・イン・マインドI 」 ジェフリー・ディーヴァー

    リンカーン・ライム、キャサリン・ダンス、ジョン・ペラムと、ディーヴァーの看板スターが次々登場し、長編とも趣の違う快速ぶりでまさにフルスロットルの攻防を繰り広げる!ダンスが緊迫の尋問合戦で爆弾魔に挑む表題作、ライムの科学捜査が逆手に取られる「教科書どおり

  • 「ひとりでカラカサさしてゆく」 江國香織

    ほしいものも、会いたい人も、ここにはもうなんにもないの――。大晦日の夜、ホテルに集まった八十歳過ぎの三人の男女。彼らは酒を飲んで共に過ごした過去を懐かしみ、そして一緒に命を絶った。三人にいったい何があったのか――。妻でも、子どもでも、親友でも、理

  • 「奇跡」 林真理子

    男は世界的な写真家、女は梨園の妻「真実を語ることは、これまでずっと封印してきました」生前、桂一は博子に何度も言ったという。「僕たちは出会ってしまったんだ」出会ってしまったが、博子は梨園の妻で、母親だった。「不倫」という言葉を寄せつけないほど正しく

  • 「砂嵐に星屑」 一穂ミチ

    舞台はテレビ局。旬を過ぎたうえに社内不倫の“前科"で腫れ物扱いの四十代独身女性アナウンサー(「資料室の幽霊」)、娘とは冷戦状態、同期の早期退職に悩む五十代の報道デスク(「泥舟のモラトリアム」)、好きになった人がゲイで望みゼロなのに同居している二十代タイ

  • 「李王家の縁談」 林真理子

    いつの時代も、高貴な方々の結婚問題はむずかしい――梨本宮伊都子妃は、娘・方子女王の結婚相手探しに奔走していた。なかなか身分の釣り合う婿が見つからないのだ……。方子女王が皇太子妃になる道が潰えた今、方子がみじめな思いをしないように、一刻も早く、良縁を見

  • 主張の強い靴が好き

    ゴールデンウィークが終わるとほとんどサンダル生活 歩きやすさは大切だけど、やっぱりきれいで個性的なデザインが気になる リボンもきらきら  ヒールもきらきら ヒールは太さじゃなくて重心の位置が重要みたい ショートブーツのスパイクヒールが思ったよりも歩きや

  • 「らんたん」 柚木麻子

    大正最後の年。かの天璋院篤姫が名付け親だという一色乕児は、渡辺ゆりにプロポーズした。彼女からの受諾の条件は、シスターフッドの契りを結ぶ河井道と3人で暮らす、という前代未聞のものだったーー。著者の母校である恵泉女学園の創立者である河井道。年月を経ても

  • L‘Anniversary30 東京ドーム

    土曜日はA席、2階スタンド。日曜日はS席、1階スタンド。自分たち的には満足の位置でした 個人的に土曜日は仕事上がりで疲労マックス。テンション上がるか不安だったけど、始まってしまえば何の問題もありません ステージセットはシンプルだったけど、オープニング映

  • 「闇祓」 辻村深月

    「うちのクラスの転校生は何かがおかしい――」クラスになじめない転校生・要に、親切に接する委員長・澪。しかし、そんな彼女に要は不審な態度で迫る。唐突に「今日、家に行っていい?」と尋ねたり、家の周りに出没したり……。ヤバい行動を繰り返す要に恐怖を覚え

  • 「ボタニカ」 朝井まかて

    「おまんの、まことの名ぁを知りたい」明治初期の土佐・佐川の山中に、草花に話しかける少年がいた。名は牧野富太郎。小学校中退ながらも独学で植物研究に没頭した富太郎は、「日本人の手で、日本の植物相(フロラ)を明らかにする」ことを志し、上京。東京大学理学部植

  • 「羊をめぐる冒険」再読 村上春樹

    1通の手紙から羊をめぐる冒険が始まった 消印は1978年5月――北海道発あなたのことは今でも好きよ、という言葉を残して妻が出て行った。その後広告コピーの仕事を通して、耳専門のモデルをしている21歳の女性が新しいガール・フレンドとなった。北海道に渡ったらしい

  • 「兇人邸の殺人」 今村昌弘

    神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と剣崎比留子が突然の依頼で連れて行かれた先は、“生ける廃墟"として人気を博す地方テーマパークだった。園内にそびえる異様な建物「兇人邸」に、比留子たちが追う班目機関の研究成果が隠されているという。深夜、依頼主たちとともに兇

  • flower

    日枝神社。きれいだけど、桜の季節はそろそろおわりでしょうか・・・花の季節でもそうでなくても花柄にはどうしようもなく抗えない魅力が 悩んだ末、やっぱり買ってしまいました

  • 村上春樹ライブラリー

    やっと行ってきました!とっても居心地の良い空間で90分では物足りない・・・でも、人数制限のおかげでゆったりできるのも確かね 今まで「風の歌を聴け」から「一人称単数」まで小説はほとんど読んでいるはずだけど、海外のアーチストが挿絵を描いたりして改稿して

  • 「赤と青のエスキース」 青山美智子

    メルボルンの若手画家が描いた一枚の「絵画(エスキース)」。日本へ渡って三十数年、その絵画は「ふたり」の間に奇跡を紡いでいく――。二度読み必至! 仕掛けに満ちた傑作連作短篇 おそらく、残酷な運命とか手酷い裏切りなんかは無縁な物語だろうと安心して読める和み読

  • 「愚かな薔薇」 恩田陸

    夏が近づく季節、母方の故郷・磐座で行われる長期キャンプに参加することになった奈智。それは、「虚ろ舟乗り」の適性を見極めるためのもので…。美しくもおぞましい吸血鬼SF。どこからでも川のせせらぎが聞こえるような谷間の小さな集落、磐座。昔、虚ろ船が不時着

  • 「スモールワールズ」 一穂ミチ

    夫婦円満を装う主婦と、家庭に恵まれない少年。「秘密」を抱えて出戻ってきた姉とふたたび暮らす高校生の弟。初孫の誕生に喜ぶ祖母と娘家族。人知れず手紙を交わしつづける男と女。向き合うことができなかった父と子。大切なことを言えないまま別れてしまった先

  • 「月曜日の抹茶カフェ」 青山美智子

    川沿いの桜並木のそばに佇む喫茶店「マーブル・カフェ」。その「マーブル・カフェ」が定休日の月曜日に、1度だけ「抹茶カフェ」を開くことに。ツイていない携帯ショップ店員と愛想のない茶問屋の若旦那、妻を怒らせてしまった夫とランジェリーショップのデザイナー兼店

  • 「砂に埋もれる犬」桐野夏生

    小学校にも通わせてもらえず、日々の食事もままならない生活を送る優真。母親の亜紀は刹那的な欲望しか満たそうとせず、同棲相手の男に媚びるばかりだ。そんな最悪な環境のなか、優真が虐待を受けているのではないかと手を差し伸べるコンビニ店主が現れる――。ネグ

  • 「ペッパーズ・ゴースト」 伊坂幸太郎

    中学の国語教師・檀は猫を愛する奇妙な二人組が暴れる小説原稿を生徒から渡される。さらに檀は他人の未来が少し観える不思議な力を持つことからサークルと呼ばれるグループに関わり始め……。檀先生の不思議な力は飛沫感染した相手の未来が見える事。その「先行上映」

  • 「炎上フェニックス 池袋ウエストゲートパークXVII 」 石田衣良

    ――炎上、上等!ストーカーと化したADが自殺。「悪女」「尻軽」と大炎上し焼かれた女子アナ。マコトが接触したネット放火魔のなかに真の“モンスター”が存在した!ネット社会の闇にGボーイズが打った手とは――-半グレ集団に脅かされる“パパ活女子”、女性ばかり

  • 「クロス・ボーダー」サラ・パレツキー

    小さな仕事をさばきながら、何とか糊口をしのいでいる探偵ヴィクのもとに、一本の電話がかかってくる。それは親友ロティの又甥が殺人容疑をかけられているというものだった。彼を助けるために調査を始めた彼女だったが、そこにまた別の事件が持ち込まれる。ヴィクの姪リ

  • 30th L'Anniversary 代々木4days

    怒涛の4days 最終日終了です この年末の忙しい日々にハラハラしたり、ワタワタしたりもしたけれどやっぱりすごく楽しかった幕張ではひよってA席にした結果、わたしの席運もかなりなもんで、これ以上ステージに遠い席は無いってくらいのとこで・・・それに比べてたら

  • 「本心」 平野啓一郎

    舞台は、「自由死」が合法化された近未来の日本。最新技術を使い、生前そっくりの母を再生させた息子は、「自由死」を望んだ母の、を探ろうとする。母の友人だった女性、かつて交際関係のあった老作家…。それらの人たちから語られる、まったく知らなかった母のもう一

  • スパイクヒール

    今シーズン2足目のスタッカートの靴。美しい靴が大好きだけど、これからは歩きやすさに重点をおいた靴選びを心がけようと思っていたのに・・・我慢できずに手を出してしまいました 人生最後のスパイクヒールです (たぶん)

  • 「その扉をたたく音」瀬尾まいこ

    29歳、無職。ミュージシャンへの夢を捨てきれないまま、怠惰な日々を送っていた宮路は、ある日、利用者向けの余興に訪れた老人ホームで、神がかったサックスの演奏を耳にする。音色の主は、ホームの介護士・渡部だった。「神様」に出会った興奮に突き動かされた宮路はホ

  • ロメロ ブリット

    ハッピーで楽しい作風、ロメロ ブリット展 六本木けやき坂に行ってきました インパクトのあるこちらは完売でした。買えないけど 「FIRST SUPPER」これは医療従事者へのリスペクト作品だとか。なら、ヘビは1匹でも良さそうだけど・・・「ONE WORLD」なので平和がメイ

  • 「薔薇のなかの蛇」 恩田陸

    英国へ留学中のリセ・ミズノは、友人のアリスから「ブラックローズハウス」と呼ばれる薔薇をかたどった館のパーティに招かれる。そこには国家の経済や政治に大きな影響力を持つ貴族・レミントン一家が住んでいた。美貌の長兄・アーサーや、闊達な次兄・デイヴらアリスの

  • 「霧をはらう」 雫井侑介

    病院で起きた点滴死傷事件。入院中の4人の幼い子どもたちにインスリンが混入され、2人が殺された。逮捕されたのは、生き残った女児の母親。人権派の大物弁護士らと共に、若手弁護士の伊豆原は勝算のない裁判に挑む! 本当にやっていないのだから、まさか有罪判決な

  • 「琥珀の夏」 辻村深月

    大人になる途中で、私たちが取りこぼし、忘れてしまったものは、どうなるんだろう――。封じられた時間のなかに取り残されたあの子は、どこへ行ってしまったんだろう。かつてカルトと批判された〈ミライの学校〉の敷地から発見された子どもの白骨死体。弁護士の法子は

  • 国立新美術館「庵野秀明展

    事前予約チケットを購入して行ってきました 平日なのに結構混んでました。第三東京村はスモールワールズでも見たけど、やっぱり制作過程はとってもとっても繊細・・・何年もかかるはずよね さようなら。すべてのエヴァンゲリオン インパクトが一番あったのはこ

  • スクエアベスト

    手編み風のベストをあちこちのショップで見かけたので、久しぶりに創作意欲が シンプルなデザインの方が合わせやすいのは確かなんだけど・・・袖付けもないベスト。編みごたえのないのはつまらない 4種類の模様編みを組み合わせたこのデザイン。凝り過ぎず楽しく編

  • 「ブレイクニュース」 薬丸岳

    ある目的のため、女はひとり、立ち上がった。ユーチューブで人気のチャンネル『野依美鈴のブレイクニュース』。児童虐待、8050問題、冤罪事件、パパ活の実情などを独自に取材し配信。マスコミの真似事と揶揄され、誹謗中傷も多く、中には訴えられてもおかしくない過激

  • 「やさしい猫」 中島京子

    シングルマザーの保育士ミユキさんが心ひかれたのは、八歳年下の自動車整備士クマさん。出会って、好きになって、この人とずっと一緒にいたいと願う。当たり前の幸せが奪われたのは、彼がスリランカ出身の外国人だったから。大きな事件に見舞われた小さな家族を、暖

  • 「小説8050」 林真理子

    このままでは我が子を手にかけ、自分も死ぬしかない――。従順な妻と優秀な娘にめぐまれ、完璧な人生を送っているように見える大澤正樹には秘密がある。有名中学に合格し、医師を目指していたはずの長男の翔太が、七年間も部屋に引きこもったままなのだ。夜中に家中

  • 「うそをつく子」 トリィ・ヘイデン

    ジェシーは笑顔のかわいい九歳の少女。だが日常的にうそをつき、思いどおりにならないと暴力をふるう。両親に見放されて里親のもとを転々とするジェシーに下りた診断は、「愛着障害」だった。児童心理学者のトリイが彼女のセラピーを担当することになるが……。愛情と

  • 「魔眼の匣」 今村昌弘

    その日、“魔眼の匣"を九人が訪れた。人里離れた施設の孤独な主は予言者と恐れられる老女だ。彼女は葉村譲と剣崎比留子をはじめとする来訪者に「あと二日のうちに、この地で四人死ぬ」と告げた。外界と唯一繋がる橋が燃え落ちた直後、予言が成就するがごとく一人が死

  • やっと見られた! 6面シアター☆彡

    簡単な工作も大好きなわたしは、「ミライ」が届いてすぐにはりきってハコスコを作りました わぁー楽しみ ・・・ところが、30th L’Anniversary VR Museum が見られません android 8以上なら見られるんじゃないの?10のはずなのにーこのディバイスは対応していま

  • 「インドラネット」桐野夏生

    平凡な顔、運動神経は鈍く、勉強も得意ではない――何の取り柄もないことに強いコンプレックスを抱いて生きてきた八目晃は、非正規雇用で給与も安く、ゲームしか夢中になれない無為な生活を送っていた。唯一の誇りは、高校の同級生で、カリスマ性を持つ野々宮空知と、美

  • 「ドンナビアンカ」 誉田哲也

    虫けら同然の人生で、初めて落ちた本気の恋。それは俺に心からの幸福と、地獄を招いた――。大手外食企業役員と店長が誘拐された。練馬署強行犯係の魚住久江は、一課時代の腐れ縁・金本らと捜査に召集される。だが身代金受渡しは失敗、切断された体の一部が送りつけ

  • L’Arcafe 2021

    ラルカフェ行ってきました。(ホストクラブではありません)映像は2011年幕張メッセの「20th L'Anniversary Starting Live “L'A HAPPY NEW YEAR!”」が流れてました。10年前の感じ懐かしい ゆっきーの初号機立ちも際立ってた ライヴはやっぱり声援がなくち

  • 「魂手形 三島屋変調百物語七之続」 宮部みゆき

    嘘も真実も善きも悪しきも、すべてが詰まった江戸怪談の新骨頂!江戸は神田の三島屋で行われている変わり百物語。美丈夫の勤番武士は国元の不思議な〈火消し〉の話を、団子屋の屋台を営む娘は母親の念を、そして鯔背な老人は木賃宿に泊まったお化けについて、富次郎

  • 「灰の劇場」 恩田陸

    大学の同級生の二人の女性は一緒に住み、そして、一緒に飛び降りた――。いま、「三面記事」から「物語」がはじまる。きっかけは「私」が小説家としてデビューした頃に遡る。それは、ごくごく短い記事だった。一緒に暮らしていた女性二人が橋から飛び降りて、自殺をし

  • トリュフ塩ポテトチップス

    これとっても大好き 止まらなくなっちゃうデビルフードだから、いつもは一番小さいパッケージしか買わないのについつい誘惑に負けて ビックサイズに手が・・・オリンピック見ながら運動した気になって食べ過ぎないようにしなければ。半年かかってやっとダイエッ

  • 「オムニバス」 誉田哲也

    警視庁刑事部捜査一課殺人班捜査第十一係姫川班の刑事たち、総登場! 捜査は続く。人の悪意はなくらない。激務の中、事件に挑む玲子の集中力と行動が、被疑者を特定し、読む者の感動を呼ぶ。刑事たちの個性豊かな横顔も楽しい、超人気シリーズ最第10弾! 加害者の一

  • ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人

    名もなき町。ほとんどの人が訪れたこともなく、訪れようともしない町。けれど、この町は寂れてはいても観光地で、再び客を呼ぶための華々しい計画が進行中だった。多くの住民の期待を集めていた計画はしかし、世界中を襲ったコロナウイルスの蔓延により頓挫。町は望み

  • 「血も涙もある」 山田映美

    私の趣味は人の夫を寝盗ることです――妻と夫とその恋人。極上の“危険な関係”。有名料理研究家の妻と、その10歳年下のイラストレーターで「魅力的」な夫。ある日、妻の助手である一人の女が、夫の恋人となる。はじめは、微妙なバランスを保っていた3人の関係は、

  • 村上開新堂

    いただきものです クッキーぎっしり。わかっていても開けるといつも驚きが 玉手箱みたい

  • ラルク ランダム再生

    サブスクでラルクのランダム再生、これ、何時間でも聴いていられるんですけど 全然飽きません。。。眠るタイミングがわからない。。。わたしの再生履歴、Cry Baby、廻廻奇譚、Beautiful World・・・ラルクの他はアニメソングばっか

  • 「女のいない男たち」再読

    「ドライブ・マイ・カー」が西島秀俊主演で映画になるとのことで、久しぶりに読み返してみました すごく雰囲気のある短編だけど、これ1本で劇場映画になるのかなぁ・・・?1時間のドラマだったら絶対見たいけど 短編集としては、「一人称単数」よりもやっぱり好き。そ

  • はじめての IMAX

    ちょっと諦めていましたが、やはりIMAX見たさと、「薄い本」欲しさに3回目のシン・エヴァに行ってきました 今日を逃したらもう見られない。。。朝、思い立って間に合う映画館探したら、あった!待てって~ゴジラ!それにしても雨の平日なのに、劇場いっぱい。(コロナ

  • 「ムーンライト・イン」

    だいじょうぶ。何かにつまずいた時、 あなたを待っている場所がある。職を失い、自転車旅行の最中に雨に降られた青年・栗田拓海は、年季の入った一軒の建物を訪れる。穏やかな老人がかつてペンションを営んでいた「ムーンライト・イン」には、年代がバラバラの三人の女

  • アレクサに「ミライ」をかけて。何度でも。

    L'Arc〜en〜Ciel の「ミライ」をリピート再生します。と、淡々と答えてくれた。当たり前だけど teちゃんの作曲だったのね kenちゃんのドラマチックな曲がお気に入りだけど、優しい響きの曲は、teちゃん作曲が多いかも

  • 虹を架けよう。何度でも。

    "L'APPY BIRTHDAY!"29日土曜日に幕張メッセまで行ってきました このご時世、個人的にはもうワクチン接種してるとは言え、「コンサートに行くので早く上がります!」と、職場で公言するのはちょっと憚られ・・・仕事が終わったのが14時半、指定入場が15時、そして職場か

  • 「一人称単数」 村上春樹

    6年ぶりに放たれる、8作からなる短篇小説集「一人称単数」とは世界のひとかけらを切り取る「単眼」のことだ。しかしその切り口が増えていけばいくほど、「単眼」はきりなく絡み合った「複眼」となる。そしてそこでは、私はもう私でなくなり、僕はもう僕でなくなっ

  • Red Swan

    図書館もずっとお休みだったので、連休はAmazonプライムで進撃の巨人を最初から第75話まで見てましたあらためて通しで見ると、壁の外に自由があると思っていた子供の頃の憧れが切ないオープニングもエンディングも飛ばさないで見てたけど、Season3のRed Swanはやっぱ

  • 「銀の夜」 角田光代

    イラストレーター井出ちづる。夫は若い女と浮気をしている。嫉妬はまるで感じないがそんな自分に戸惑っている。早くに結婚して母となった岡野麻友美。自分ができなかったことを幼い娘に託し、人生を生き直そうとする。帰国子女で独身の草部伊都子。著名翻訳家の母のよ

  • 「お探し物は図書室まで」 青山美智子

    お探し物は、本ですか? 仕事ですか? 人生ですか? 人生に悩む人々が、ふとしたきっかけで訪れた町の小さな図書室。悩む人々の背中を、不愛想だけど聞き上手な司書さんが、思いもよらない本のセレクトと可愛い付録で、後押しします。明日への活力が満ちていくハー

  • 「イマジン?」 有川ひろ

    想像力は、あるかい?憧れの映像制作の現場に飛び込んだ、良井良助(27歳)。聞き慣れない業界用語が飛び交う現場に戸惑う日々だが、そこは現実と物語を繋げる、魔法の世界だった。「必死で知恵絞って想像すんのが俺たちの仕事だ」やがて良助は、仲間たちが作品に傾け

  • 「とわの庭」 小川糸

    帰って来ない母を“とわ”は一人で待ち続ける。何があっても、前を向いて生きる―。草木や花々、鳥の声。生命の力に支えられ、光に守られて生き抜く“とわ”の物語 はじめは目の見えない少女と母親が寄り添って暮らしていく、「ミ・ト・ン」のような優しい物語なのか

  • 「アルルカンと道化師」 池井戸潤

    東京中央銀行大阪西支店の融資課長・半沢直樹のもとに、とある案件が持ち込まれる。大手IT企業ジャッカルが、業績低迷中の美術系出版舎・仙波工藝社を買収したいというのだ。大阪営業本部による強引な買収工作に抵抗する半沢だったが、やがて背後にひそむ秘密の存在に

  • 「コロナと潜水服」 奥田英朗

    ある理由で家を出た小説家が、葉山の古民家に一時避難。生活を満喫するも、そこで出会ったのは(「海の家」)。早期退職の勧告に応じず、追い出し部屋に追いやられた男性が、新たに始めたこととは(「ファイトクラブ」)。人気プロ野球選手と付き合うフリー女性アナウンサ

  • 弐号機完成!

    難しすぎず、簡単すぎずちょうどいい感じ。楽しく作れました 初号機とか他のも作ってみたい 1週間たって、もう1回見てみたくなってきた。今度はIMAXで見ちゃおうかな

  • 「日没」 桐野夏生

    あなたの書いたものは、良い小説ですか、悪い小説ですか。小説家・マッツ夢井のもとに届いた一通の手紙。それは「文化文芸倫理向上委員会」と名乗る政府組織からの召喚状だった。出頭先に向かった彼女は、断崖に建つ海辺の療養所へと収容される。「社会に適応した小

  • 「四畳半タイムマシーンブルース」 森見登美彦

    炎熱地獄と化した真夏の京都で、学生アパートに唯一のエアコンが動かなくなった。妖怪のごとき悪友・小津が昨夜リモコンを水没させたのだ。残りの夏をどうやって過ごせというのか?「私」がひそかに想いを寄せるクールビューティ・明石さんと対策を協議しているとき、なん

  • 「青春とは、」 姫野カオルコ

    コロナ禍のさなか、家でひきこもっていた女性が見つけた名簿と一冊の本。地方の高校に通っていた記憶が、映画を見ているかのように浮かびあがる。『ラブアタック!』、『パンチDEデート』、「クミコ、君をのせるのだから。」、ミッシェル・ポルナレフ、スタイリスティッ

  • 「ガラスの50代」 酒井順子

    精神的にはやっと成人式、グレイヘアをきらめかせ好きに生き始めるお年頃なのに職場では怖がられ、恋の8050問題を抱え、母親はさらに重さを増す 昨今、人は二十歳の成人式ではまだ大人にならない。七五三の続きのお祝いをしているだけ。本当に大人になったと感じるのは

  • 「わたしの美しい庭」 凪良ゆう

    小学生の百音と統理はふたり暮らし。朝になると同じマンションに住む路有が遊びにきて、三人でご飯を食べる。百音と統理は血がつながっていない。その生活を“変わっている”という人もいるけれど、日々楽しく過ごしている。 三人が住むマンションの屋上。そこには小

  • 「獣たちのコロシアム 池袋ウエストゲートパークXVI 」 石田衣良

    ――闇の虐待ショーをぶち壊せ!ダークウェブの深奥にある「逆隊コロシアム」。通常の手段ではアクセスできないサイトでは、競うように児童虐待動画がアップされている。「逆隊コロシアム」を潰して、その一部始終をドキュメンタリーにしたいというテレビ・ディレク

  • 「序・破・Q を 通しでまた見る 大晦日」

    新作が無事に楽しめる社会情勢とわたし個人の状況でありますように 祈 ラルクのライヴ復活はいつになるでしょうか。。。

  • 「スキマワラシ」 恩田陸

    白いワンピースに、麦わら帽子。廃ビルに現れる“少女”の都市伝説とは?物に触れると過去が見える、不思議な能力を持つ散多。彼は亡き両親の面影を追って、兄とともに古い「タイル」を探していた。取り壊し予定の建物を訪ねるうち、兄弟はさらなる謎に巻き込まれて―

  • 「逆ソクラテス」 伊坂幸太郎

    逆境にもめげず簡単ではない現実に立ち向かい非日常的な出来事に巻き込まれながらもアンハッピーな展開を乗り越え僕たちは逆転する!無上の短編5編 主役は5編すべて小学生。流されず自分の意見を持つとか仲間を信じる、弱い立場の人を踏みつけない・・・など道徳的にな

  • 「初ものがたり」 宮部みゆき

    文庫本未収録の三篇を加え、茂七親分の物語が再び動き始めた!茂七とは、手下の糸吉、権三とともに江戸の下町で起こる難事件に立ち向かう岡っ引き。謎の稲荷寿司屋、超能力をもつ拝み屋の少年など、気になる登場人物も目白押し。鰹、白魚、柿など季節を彩る「初もの」

  • 「終わった人」 内館牧子

    大手銀行の出世コースから子会社に出向、転籍させられ、そのまま定年を迎えた田代壮介。仕事一筋だった彼は途方に暮れた。生き甲斐を求め、居場所を探して、惑い、あがき続ける男に再生の時は訪れるのか?ある人物との出会いが、彼の運命の歯車を回す―。日本中で大反

  • 「純喫茶パオーン」 椰月美智子

    創業50年(おおよそ)の喫茶店「純喫茶パオーン」。トレイを持つ手がいつも小刻みに震えているのに、グラスにたっぷり、表面張力ギリギリで運ぶ「おじいちゃんの特製ミルクセーキ」と、どんなにお腹がいっぱいでも食べたくなっちゃう「おばあちゃんの魔法のナポリタン」

  • 「きたきた捕物帖」 宮部みゆき

    舞台は江戸深川。いまだ下っ端で、岡っ引きの見習いでしかない北一(16歳)は亡くなった千吉親分の本業だった文庫売り(本や小間物を入れる箱を売る商売)で生計を立てている。やがて自前の文庫をつくり、売ることができる日を夢見て……。この新シリーズ、千吉親分がふぐ

  • 「図書館の子」 佐々木譲

    1937年の東京。隅田川で拾われた男が病院に運ばれてくる。身元不明の男は記憶を失っていたが、なぜかこれからやってくる戦禍の時代を知っているかのようだった。「遭難者」。とある北の国。猛吹雪の夜、図書館に一人の少年が取り残された。暖房もない極寒の館内。そこに

  • 「つみびと」 山田映美

    灼熱の夏、彼女はなぜ幼な子二人を置き去りにしたのか。フィクションでしか書けない“現実”がある。虐げられる者たちの心理に深く分け入る迫真の長編小説。本当に苦しくなる物語 一番罪なことは子供の命を奪うことならば、捨てるほうが罪は軽いのか。主人公蓮音

  • 「カケラ」 湊かなえ

    美容クリニックに勤める医師の久乃は、ある日、故郷の同級生・八重子の娘が亡くなったことを知る。母の作るドーナツが大好物で、性格の明るい人気者だったという少女に何が起きたのか―。“美容整形”をテーマに、容姿をめぐる固定観念をあぶりだす心理ミステリ長編

  • 「風神雷神 Juppiter,Aeolus」 原田マハ

    20××年秋、京都国立博物館研究員の望月彩のもとに、マカオ博物館の学芸員、レイモンド・ウォンと名乗る男が現れた。彼に導かれ、マカオを訪れた彩が目にしたものは、「風神雷神」が描かれた西洋絵画、天正遣欧使節団の一員・原マルティノの署名が残る古文書、そしてそ

  • 「すぐ死ぬんだから」 内館牧子

    終活なんて一切しない。それより今を楽しまなきゃ。78歳の忍ハナは、60代まではまったく身の回りをかまわなかった。だがある日、実年齢より上に見られて目が覚める。「人は中身よりまず外見を磨かねば」と。仲のいい夫と経営してきた酒屋は息子夫婦に譲っているが、問

  • 「村上T 僕の愛したTシャツたち」 村上春樹

    つい集まってしまったTシャツたち。『ポパイ』連載の人気エッセイが一冊になりました!村上春樹の段ボール箱で積み祝がった膨大なコレクションから、Tシャツをめぐる18篇のエピソードと108枚のお気に入りTを収録 のんびり読めるエッセイ。イメージ通り、やっぱり1年

  • 「遠の眠りの」 谷崎由依

    生き延びましょう。私たちらしく生きられる世が訪れるまで。昭和初期、女工の絵子は、福井に開業した百貨店の「少女歌劇団」の脚本係をすることに。出会ったのは“看板女優”の“少年”だった―。一途な少女の淡い恋と、自我の目覚めを描く長編小説 大正時代の後期

  • 「流浪の月」 凪良ゆう

    あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。わたしを心配するからこそ、誰もがわたしの話に耳を傾けないだろう。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい―。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人

  • 「丸の内魔法少女ミラクリーナ」 村田沙耶香

    36歳のOL・茅ヶ崎リナは、オフィスで降りかかってくる無理難題も、何のその。魔法のコンパクトで「魔法少女ミラクリーナ」に“変身”し、日々を乗り切っている。だがひょんなことから、親友の恋人であるモラハラ男と魔法少女ごっこをするはめになり…ポップな出だしが一

  • 「マチネの終わりに」 平野啓一郎

    深く愛し合いながら一緒になることが許されなかった蒔野聡史と小峰洋子。2人はなぜ別れなければならなかったのか。そして、再び巡り逢えるのか。恋の仕方を忘れた大人に贈る恋愛小説 何ていうか、すれ違いのもどかしい物語。グローバルに活躍する二人は日本で出会

  • 「Iの悲劇」 米澤穂信

    一度死んだ村に、人を呼び戻す。それが「甦り課」の使命だ。人当たりがよく、さばけた新人、観山遊香。出世が望み。公務員らしい公務員、万願寺邦和。とにかく定時に退社。やる気の薄い課長、西野秀嗣。日々舞い込んでくる移住者たちのトラブルを、最終的に解決する

  • 「ライオンのおやつ」 小川糸

    余命を告げられた雫は、残りの日々を瀬戸内の島のホスピスで過ごすことに決めた。そこでは毎週日曜日、入居者がもう一度食べたい思い出のおやつをリクエストできる「おやつの時間」があった―。毎日をもっと大切にしたくなる物語 33歳の海野雫は末期がん。辛い抗が

ブログリーダー」を活用して、樹里さんをフォローしませんか?

ハンドル名
樹里さん
ブログタイトル
本棚の宝物
フォロー
本棚の宝物

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用