searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

やまじゅんさんのプロフィール

住所
東京都
出身
愛媛県

建築、医療、近現代史、経済、スポーツ…… 分野を超えて、伝えていきたいと考えています。 著作・寄稿・講演会と活動を続けています。

ブログタイトル
ノンフィクション作家 山岡淳一郎 公式ブログ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/junyamaoka/
ブログ紹介文
「人と時代」 −見果てぬ夢− ”時代”に”活きた人”を追い、その夢の顛末を考える
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2010/02/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、やまじゅんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
やまじゅんさん
ブログタイトル
ノンフィクション作家 山岡淳一郎 公式ブログ
更新頻度
集計中
読者になる
ノンフィクション作家 山岡淳一郎 公式ブログ

やまじゅんさんの新着記事

1件〜30件

  • 東洋経済「ひと烈風録」UTグループ・若山陽一社長の人物ノンフィクション掲載

    東洋経済2019年1月12日号「ひと烈風録」に、『製造派遣で理想を追求 地獄を見た男の逆転人生』と題し、UTグループ若山陽一社長の人物ノンフィクション掲載。https://premium.toyokeizai.net/articles/-/19678

  • AERA「現代の肖像」にタニタ社長、谷田千里氏の記事を掲載

    現在発売中のAERA11月5日号「現代の肖像」にタニタ社長、谷田千里氏の人物ノンフィクションを掲載しました。ご笑読いただければ、幸いです。https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20495

  • 「生活と自治」Web版に『長生きしても報われない社会』(ちくま新書)著者インタビュ―

    「生活と自治」(生活クラブ)Web版に『長生きしても報われない社会』(ちくま新書)の著者インタビュ―が掲載されました。ご笑覧、いただければ、幸いです。http://seikatsuclub.coop/seikatsujichi/specialreport/1667.html

  • 信濃毎日新聞に著者インタビュ―が掲載されました。

    <br />”時代”に”活きた人”を追い、その夢の顛末を考える<br /> 政治、建築、医療、近現代史、経済、スポーツ……<br /> 「21世紀の公と私」として近現代からの問題に向き合えているか<br /> エネルギー、震災、復興、メディア、医療保険などを考える <h3 class="title entry-title"><em><a title="個別記事ページへ" rel="bookmark" href="http://blog.livedoor.jp/junyamaoka/archives/51139990.html">個の自立と持続する生き方を!</a></em></h3> 『勝海舟 歴史を動かす交渉力』(2018/3/26 草思社) <br /> 『神になりたかった男 徳田虎雄:医療革命の軌跡を追う』(2017/11/25 平凡社) <br /> 『日本はなぜ原発を拒めないのか──国家の闇へ』(2017/4/26 青灯社)

  • 東洋経済5月12日号、「ひと烈風録」に記事掲載

    週刊東洋経済5月12日号「ひと烈風録」で物語コーポレーションの小林佳雄会長の人物ノンフィクションを掲載しました。ブラック企業が少なくない外食産業界で「個の尊厳」と「大家族主義」を掲げ、独自の理念経営を展開しています。https://premium.toyokeizai.net/articles/-/

  • NHK-Eテレ『知恵泉▽再建請負人・土光敏夫』に出演しました。

    4月24日10時~放送のNHK-Eテレ「先人の底力 知恵泉・土光敏夫」にゲストのひとりとして出演しました。再放送は5月1日の昼12時~12時45分、NHK-Eテレです。政官界がボロボロの昨今、あらためてリーダーの在り方を考えました。https://hh.pid.nhk.or.jp/pidh07/ProgramI

  • 新著、『勝海舟 歴史を動かす交渉力』(草思社)を上梓しました

    新拙著、『勝海舟 歴史を動かす交渉力』(草思社)を発刊しました。 今年は「明治150年」。内閣官房は関連施策推進室を設け、NHKも大河ドラマ「西郷どん」で薩長中心の物語を展開していますが、激動の歴史をふり返る上で重要な鍵を握るのが勝海舟。一般には、西郷との談

  • 毎日新聞SUNDAY LIBRARY に拙著『神に……」の書評、掲載されました

    毎日新聞のSUNDAY LIBRARYに三浦天紗子さんの書評「巨大な医療グループの光と影を描いた群像劇」が掲載されました。しっかり評していただき、感謝です。https://mainichi.jp/articles/20180206/org/00m/040/023000c

  • 日経ビジネス2月5日号に『神になりたかった男 徳田虎雄』書評掲載

    日経ビジネス2月5日号のBOOK「今週の一冊」に拙著の書評が掲載されました。評者は、大阪大学教授の仲野徹氏。大変丁寧に読んでいただき、「カネと愛」で、ズバッと拙著のポイントを突いてくださいました。感謝です。

  • 東洋経済 医療界の怪人、徳洲会「徳田虎雄」の真の姿 

    東洋経済の著者インタビュ―が、Webサイトにアップされました。http://toyokeizai.net/articles/-/205396

  • 東洋経済 著者インタビュ―掲載されました

    本日発売の「週刊東洋経済(18年1月27日号)」のブックス&トレンズで、「『神になりたかった男 徳田虎雄』を書いた山岡淳一郎氏に聞く」が掲載されました。取材、執筆の背景、この本に込めた思いなど語りました。ご笑覧いただければ幸いです。https://store.toyokeizai.net

  • AERAdot「徳洲会と医療」、集中連載アップ

    AERAdotに徳洲会と医療に焦点を当てた集中連載が、アップされました。ご笑覧を。・徳洲会が日本最大グループになった背景「異形の病院王」徳田虎雄の戦略https://dot.asahi.com/aera/2017112400011.html?page=1・「徳之島へ帰れ!」医師会と徳田虎雄がくり広げた壮絶バトルhtt

  • 新著『神になりたかった男 徳田虎雄』(平凡社)発売

     書店に『神になりたかった男 徳田虎雄』(平凡社)が並びました。日本最大、世界屈指の民間病院グループ徳洲会。創業者、徳田氏の聖と俗、医療と政治とカネの骨がらみの世界の深さとあざとさ。徳洲会事件で解体の危機に瀕しながら、どう乗り越えたのか。人間のドラマとして

  • AERAに「徳洲会と日本の医療制度 上」掲載しました

    AERA(11月27日号)に「日本の医療制度と徳洲会 上 変革を求めたアメリカ帰りの医師」を掲載しました。集中連載をします。https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=19531

  • 東洋経済に木下サーカス第四代社長・木下唯志氏の人物記掲載

    本日6日発売の東洋経済(11月11日号)に、創業115年の木下サーカス第四代社長・木下唯志氏の人物ノンフィクションを掲載。時代の風雪に耐え、いまなお進化し続けるサーカス事業と、波乱に富んだ人生を綴りました。ご笑覧いただければ幸いです。https://store.toyokeizai.

カテゴリー一覧
商用