プロフィールPROFILE

ラム子さんのプロフィール

住所
トルコ
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
トルコから石灰棚を眺めながら生活する日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/lamukonolokanta
ブログ紹介文
トルコ、パムッカレにて犬2頭、ときどき羊と暮らしているグータラ主婦の日記
更新頻度(1年)

71回 / 365日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2009/12/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ラム子さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ラム子さん
ブログタイトル
トルコから石灰棚を眺めながら生活する日記
更新頻度
71回 / 365日(平均1.4回/週)
読者になる
トルコから石灰棚を眺めながら生活する日記

ラム子さんの新着記事

1件〜30件

  • 演技派イヌ

    今日のパムッカレケントの元へ行くと震えているときがある。病気かなと焦ってしまう。ちょっと遠目で観察すると、震えていない。「犬」「震える」で検索すると、原因として、寒さ、警戒心、恐怖、ストレス、加齢による筋力の低下に続き、学習(震えていたときにかまってもらった経験から)これだわ!!夏には、普通の呼吸だったのに、私が近づくと、いきなり荒くなるのだ。エアコンの部屋に入りたいとアピールをするケント。とりあえず、病気じゃなきゃ何をされてもいいのだけれど、心臓によろしくないです。ケントはク~ンと鳴いたことが殆どない。私の記憶では、外のゴミ漁りをして夫に怒られたときに私のほうに来て、く~ん、く~ん。ハチに刺されて、く~ん、く~ん。この2回だけ。あとはウ~と唸って、自分の欲求を満たそうとする。パピーのころから、ウ~と唸っている...演技派イヌ

  • 病院のハシゴ

    今日のパムッカレ昨日、移民局書類提出攻防戦の間に、4か所の病院に行って来た。自分の診察ではなく、お見舞いです。①義兄1号の嫁が倒れ、ICUから普通病棟へ移ったとの知らせを聞いて国立病院へGOまだ数日間入院する必要があるとのこと。海外在住の娘二人も緊急帰国した。後遺症を心配したが、思ったより元気で安心した。②義母が入院している私立病院へ。ICUの面会は午後14時のみで、一人だけということで叶わなかった。例え義姉が私に譲ってくれても断っただろう。義母にしてみれば、私より義姉の顔を見たいだろうから。残念ながら、目を2度開けただけで、以前のように言葉を発することはしなかったとのこと。ICU、病室を入ったり戻ったりの繰り返しだった。覚悟をする必要があるかも。③義姉(イサの実姉)が検査入院している私立病院へ。実は義母の付き...病院のハシゴ

  • レジェップさんと私の攻防戦 イカメット(滞在許可証)への道

    今日のパムッカレイカメットの面談日時を予約しに、移民局の近くにある代理店で手続きをしていたときだった。(予約はWEBでも出来るけれど、わざとかシステムエラーになるんで、代理店で有料で予約したほうが手っ取り早いと思う)なんと、偶然にも領事館からメールが届いた。その内容は『今般、トルコ移民局は、短期滞在許可証(イカメット)に関し、2020年1月から同イカメットに関する法令から「観光目的」を削除する旨公表しました』というものだった。ものすごいタイミング。これ、ホントの話。実は私の許可証は観光目的となっていたのだ。その事実を初めて知ることとなった。死別前は家族ビザだった。死別後は観光目的とされていたのか。トルコ人と死別したのだから、トルコとはもう関係ないでしょ?と言われているみたいだ。これ、子供がいる場合はどうなるので...レジェップさんと私の攻防戦イカメット(滞在許可証)への道

  • 今年もありがとうございました!

    今日のパムッカレ今年もたくさんの方々に助けていただきました。心から御礼申し上げます。来年は病院を卒業出来るように頑張ります今年は恐れていた再発もなく、一年が経ちほっと胸を撫で下ろしたところです。命には関わることはないけれど、QOLが著しく低下する病気だったので他の病院から押し付けられた執刀医に救っていただきました。言葉だけではなく、形として伝えたいと悩みましたが、日本人医師の記事で感謝されることは嬉しいとあったのでそれはトルコだろうが、日本であろうが同じだと思い、感謝の気持ちを込めて寄せ植えを贈りました。(手術報酬として、入院費に上乗せ徴収はされていたけど)贈った寄せ植えイメージ拾った言葉ですが、↓『起こることはすべて必然である。起こるべきして事は起こり、持つべきして物を得て所有し出会うべき時に出会うべき人に出...今年もありがとうございました!

  • 義母と寿司

    今日のパムッカレ義母が入院している。義母は腎臓が悪いのだ。遺伝なのか、夫も腎臓が悪かったし、義兄の一人は透析を受けている。ケントも遺伝か?先日集中治療室から病室へ移った。集中治療室にいたと言っても、隣の患者の肌着がめくれているとかトマトが食べたいとか、意識がはっきりして普通に話をしていたのだ。それでも、高齢だし、義父は今年の5月に旅立っているので不安だ。ところで、デニズリ(隣の大きな街)に新規に寿司レストランがオープンしたんで、行ってみた。どうして、トルコ人経営の寿司屋はみんな醤油をなみなみと注ぐのでしょうねえ。絶対余るのに、もったいない。今度聞いてみよう。ちょっと高めだけれど、美味しかった。シェフは中国人とトルコ人。場所も良いので、家賃も高いだろうし、従業員がわんさかいたので、経費は膨大だろうと同業者としてい...義母と寿司

  • 追っかけ、やっています。

    今日のパムッカレ大型犬を見ると飼い主さんに声をかけ、写真を撮らせてもらいます。はい、追っかけ、やっています。追っかけって、死語じゃないよね?これ、夫が生きていたら張り倒される行為。というのも、大型犬を散歩させているのは男性だから。見知らぬ男性に女性から声をかけるだなんて、夫は嫌がります。でも、許して。飼い主さんは大概若い男性だから、オバサンが声をかけても、好意を寄せているとか勘違いしないでしょう。好意の対象はワンコだし。凛々しいでしょ?ワンコより、ラム子の足元のほうが気になるというツッコミはご遠慮ください。追っかけ、やっています。

  • 今度は肝臓がっ!

    今日のパムッカレ昨日、獣医さんのところを行き、血液検査をしました。腎臓は回復に向かっているけれど、肝臓の数値がよろしくない。肝臓の数値が悪かったことは無かったのに・・・・8日間続けた点滴による副作用かもしれないから様子を見ようということになりました。また、関節部分の床擦れが一向によくなるどころかケントが舐めるから余計に傷口が広がっているので、ついにエリザベスカラーを付けることになりました。カラーによる不自由さでストレスとなるのも可哀そうだけれど、床擦れから出血もたまにあるのでそこから黴菌と考えたら、しばらく我慢してもらうことにしました。散歩のときは舐めないのでその際は外すことにしました。動物病院はいつも大混雑しています。エフェス似のカンガル犬に遭遇しました。このワンコ、20か月ですって。カラーを付けて一日経ちま...今度は肝臓がっ!

  • ズンバクリスマスバージョン

    今日のパムッカレズンバ、全然ついていけないけれど、楽しいです。あ、脚の長さが全然違う!!ズンバクリスマスバージョン

  • 理想と現実 正義は勝たない

    今日のパムッカレ子どものころから祖母と一緒にテレビで時代劇を見ていた。水戸黄門、遠山の金さん、銭形平次などなど。時代劇に限らず、アニメ、ドラマ、最終的に正義は勝ち、悪は滅びるという流れだわな。でも、現実はどうだろうか・・・真逆である。中村医師、熊谷6人殺害事件、新幹線殺人事件etc.不条理、理不尽なことが溢れかえっている。それでも、ことごどく希望を裏切られても正義は勝つのだと未だに信じてしまう自分がいる。やはり、子供のころのテレビでの洗脳が影響しているのか?夫を喪ってからこれが如実に表れている。夫が生きていたころは自分たちはなんてラッキーなんだ。やはり善行は大事、神様は自分たちを見放さないと思いあがっていた。とにかく、壁が次から次へとやってくる。その壁が立ちはだかるごとに、衝撃を受け、何日間が落ち込み、考えあぐ...理想と現実正義は勝たない

  • 老犬あるある

    今日のパムッカレケントが寝ていると、ちゃんと息をしているのか確認している。老犬あるあるですかね。老犬あるある

  • 注射針を持ち歩く女

    今日のパムッカレ注射針を持ち歩いています。ケントの点滴が詰まったときにすぐに対処出来るようにです。もしも、荷物検査をされたらまあ、今までそんなことなかったけど。とりあえず、今日が最後の点滴でした。ケントも耐えました。獣医さんも驚きの回復力でした。油断せずに、そして、ケントらしく過ごせるように頑張りますいつも応援感謝申し上げます。注射針を持ち歩く女

  • 今日のケント

    今日のパムッカレカナダ人カップルがケントに優しくしてくれたので、ここで時間稼ぎが出来た。ありがとうございました昨日、病気が発覚して以来、久しぶりの池の周辺を散歩した。池に入りたがっていたけれど、なんとか引っ張って、我慢させた。ごめんね。しばらくは入れないよ。傷口からばい菌入ったら大変だからね。3時間の点滴終了と喜んだのも束の間、点滴の針が埋め込まれている箇所を念のため、上からテープを巻くのに、油断してしまい忘れてしまった。剥き出しになっていたプラスティックのパーツを齧ってしまった。明日、また病院へ行って、点滴用の針を入れてもらわないと!通わずに済むからと二日分の点滴液をもらってきたのに!!本犬、点滴をしているときは、自分でも重要だと感じていたのか何もせず、点滴を外した途端に、こうだもん。それだけ元気になったとい...今日のケント

  • 急性腎不全でした

    今日のパムッカレ血液検査の結果、かなり改善されたようで、いい方向に行っているそうです。念のため、明後日まで点滴はしますが・・・。透析もする必要はないそうです。昨日は私が留守中に肉屋から骨をもらって来て、食べてしまいました。昨日のケントただ、高齢ですし、またいつ、発症するかわかりませんから、日々気を付けたいと思います。皆さんから応援、元気玉をいただいたおかげです。ありがとうございました。また、大変、ご心配おかけしまして申し訳ありませんでした。急性腎不全でした

  • ちょっと休憩

    今日のパムッカレ叔母さんの家のゴル、ゴーフレットくん元気で毎日のように村中というか、レストラン街をケントのように徘徊しています。でも、この日は囚われの身となったのかしら?アンカラで弁護士をしている甥が、捨て犬だったこのゴルを引き取り、他に保護した犬が家にいたので、母親である叔母に託したのです。このゴーフレットくん、脱走未遂したりと、ケントに負けず、いつも話題を振りまいてくれます。いつまでも元気でいてねちょっと休憩

  • 今日のケント

    今日のパムッカレ食欲も戻り、軟便だけれど、固形に近づいて来た。明日点滴して、火曜日に血液検査、果たして改善しているのかな?点滴の針を誤って自分の指に刺したケントじゃなくてよかった。リンやたんぱく質が少ない食事、体力温存のために食べてもらわないといけないのだけれど、難しい。今更、ドックフード食べるかな?腎臓治療用のドックフードと脂肪の少ない肉と混ぜるか・・・。近所のギャルがお見舞いに来た?ケント、このギャル苦手です。今日のケント

  • 今日のケント

    今日のパムッカレ朝、裁縫屋さんへ行き、急いで、介護用ハーネスを作ってもらいました。ケントの胴回りを計ったりしたので、ケントの被毛がついていましたが嫌がらず、すぐに取り掛かってくれました。感謝です。画像お借りしました。http://tougakun.blog79.fc2.com/blog-entry-1326.htmlイメージはこんな感じと思ったら、ちょっと失敗しました。日本から取り寄せようかと悩みましたが、日数もかかるし作ってみようということになりました。そもそも、ケントは洋服が嫌いだし・・・。ケントは車には進んで乗るのですが、降りるのが怖くなったのかなかなか降りようとしません。なので、補助にもなるのでハーネスをつけて降ろすのが容易くなればいいのですが・・・。パンを買いに行くときに追って来ました。でも、まだ下痢...今日のケント

  • 今日のケント

    今日のパムッカレ朝のケント病院へ行き、点滴を受けようとしたら、ケントが車から降りて来ない。というわけで、車内で点滴をすることにし、そのまま家に帰っていいと言われ、もしも、点滴が詰まったときの対処の方法を教わり、帰途についた。私は点滴慣れているからね点滴用の針はつけたまま。包帯など巻いていたら、すぐに剥ぎ取るのに、それだけもう元気がないってことなんだね。昨日の血液検査上からTBIL-PS黄疸0.72mg(正常値0.1-0.5)IP-PSリン7.2mg/dl(正常値1.9-5.0)CRE-PSクレアチン2.4mg/dl(正常値0.4-1.4)BUN-PS尿素窒素75mg/dl(正常値9.2-29.2)木曜日に具合が悪かったときに、腎臓の検査をしなかったことが悔いが残る。バカな飼い主を許してください。痙攣も癲癇だと思...今日のケント

  • 長く無いかも・・・

    今日のパムッカレケントは食欲無で、ひたすら水ばかり飲んでいる。食べていないから、吐くものもはないけれど、胃液を吐いている。再度、病院へ連れて行き、血液検査をした。一昨日は時間が無くて、腎臓の検査まで出来なかったのだ。結果は腎不全。2,3日点滴をして改善されなかったら、透析が必要になるとのこと。しかし、デニズリには動物用の透析施設はなく、首都アンカラになるとのこと。人間と同じように、透析が必要なのに、しないとなると?考えるだけで恐ろしい。急性腎不全であることを祈りたい。私がケントを看取ることばかり考えていたからこんなことになったのか?先日、ブロ友さんの愛犬たちが亡くなったばかり。例え透析施設がデニズリにあったとしてもどうしたかな?私はケントが病気になったらどうするか?他の方の体験談を参考にずっと考えて来たことだけ...長く無いかも・・・

  • ケント1年10か月ぶりの癲癇発作

    今日のパムッカレケント、昨日から具合が悪く、急いで病院へ行きましたが、特に問題なしとのこと。体温も普通、血液検査も異常なし。一昨日、池に入ったのが原因か?真冬でも池に入るツワモノですが・・・。まあ、年だし、散歩もヨタヨタと歩いています。症状はブルブル震えていたこと、そして一番のバロメーターは食欲!そう、食べなかったこと。もしかしたら、足が痛いから食欲がないのでは?と言われ、痛み止めを打ってもらいましたが昨夜から今日にかけて嘔吐しています。そして、去年の2月13日以来の癲癇発作が出ました。今回は軽いほうでしたが、1年10か月ぶりの発作でした。ブルブルは収まっています。お客さんのテーブルへ物乞いする意欲はあるようなので、食欲は戻っているのかも。ケントが病気なのは辛い。自分がなるほうが気が楽です。昨夜は絨毯の上で嘔吐...ケント1年10か月ぶりの癲癇発作

  • ズンバとピラティスと・・・

    今日のパムッカレ持病の薬を卒業しました。手術前後は薬を断たないといけないので、この機会に様子見ということで、一度止めてみましょうということになりました。半生以上、薬を服用してきたので、その習慣が染みつき、薬を飲まなくていいということに慣れるまで数日かかりました。一つはステロイドだったので、体重が減りやすくなりました。ところで、最近、ズンバ(スポーツジムや公民館などで行われているダンス系エクササイズ。サルサ、レゲトン、ヒップホップなど一曲ごとにダンスの種類が変わるのが特徴です。)と、ピラティス(心肺機能向上と、背骨の柔軟性や強化をするためのエクササイズだそうです。)食堂も閑古鳥鳴いているし、自分の運動不足解消のために始めました。なんといっても無料だし・・・音楽、ダンス、運動能力に全て欠けている私ですが、ズンバは楽...ズンバとピラティスと・・・

  • 日本、トルコの病院の違い

    今日のパムッカレ病院ネタばかりですみません。カテゴリーを作ってしまおうかというくらいに病気、病院の話題が豊富でして私は日本時代も入退院を繰り返していたわけですが、手術自体は一度もありませんでした。病気ブログを覗くと、日本では手術室まで患者が歩いて行くみたいですね。トルコでは、病室からストレッチャーに乗せられて手術室へ向かいます。トルコの大学病院はまるで工場のようです。スタッフがたくさんいて、そこへ次から次へと運ばれる患者。それを同室の患者に話したら、いや、肉屋よ、とのこと。じゃ、肉加工工場といったところでしょうか。今年の夏、日本へ里帰りした際に、泌尿器科を受診しました。健康保険が無いので、実費でした。トルコの検査結果を見せたら、培養検査では薬剤感受性試験で感染症の原因となっている病原体についてどのような薬が効い...日本、トルコの病院の違い

  • 快適な入院生活を目指して・・その3

    今日のパムッカレ去年の手術はレアだったらしく、連日のように関係する科の研修医、学生が入れ替わり立ち代わりやってきた。同じ質問をされるので、既往歴を年代ごとに箇条書きしたものを予め用意しておいた。きっと公開手術だったんだろうなあ・・今年も質問攻め対策でトルコ語の既往歴を用意したが、誰も来なかった。看護科の学生さんが出入りしていたくらい。ちょっと寂しく感じましたでも、去年の入院時にいた看護師さんが私を覚えてくれていたっけ。去年の病棟担当研修医は、一日数回の回診をスタンプラリーのごとく、各病室に無言で入って、カルテにチェックして走り去って行った。今年の病棟担当研修医はちょっと違った。ちゃんと、挨拶をしてくれた。以下アシスタント君と呼ぶ。彼はフレンドリーで私が外国人ということもあり珍しかったのかやたらと話しかけて来た。...快適な入院生活を目指して・・その3

  • 快適な入院生活を目指して・・その2

    今日のパムッカレ昨年度、私立病院婦人科での医療ミスで、数パーセントの確率の合併症になり、私立病院では手に負えないからと、大学病院を紹介され、罪悪感があったのか病院の専用車で直々に送り届けられた。そもそも、その私立病院での婦人科手術を大学病院で行うつもりが、主治医(婦人科)への不信感から、私立病院へと転院したわけだけれどそれが裏目に出てしまった。実は周囲は大学病院での手術を薦めていたから。その数パーセントの確率で起きる合併症の手術が難易度が高く、手術が出来るドクターは日本でもトルコでも限られていた。パムッカレ大学病院では手術例があり、成功していた。日本やイスタンブールでの手術も考えたけれど、やはり住居があるパムッカレに近いことが優先され、パムッカレ大学で受けることを決断した。そんな高度な手術と腎結石、どちらが難し...快適な入院生活を目指して・・その2

  • 快適な入院生活を目指して・・その1

    今日のパムッカレトルコで7回目の入院、そして6回目の手術(全身麻酔)をして来ました。このブログを長らく御覧の皆様は、またか?と思われたことでしょう。それは、私の周囲も同じで、なので、内密に入退院を繰り返すのですが、既に村中に知れ渡っているという現実。えー、今回はずばり腎結石です。去年の手術でたまたま撮ったCTに大きな石があると判明していたけれど、痛くも痒くもなかったので放置していたら、尿路感染症が続き、その原因が石にあるとのこと。去年、嘔吐、悪寒、発熱という地獄を見たのだ。とくに悪寒は生まれて初めてで、あれだけは勘弁だわ。私の場合、腎臓に石がくっついてしまい、落ちてくる気配は無さそうなので、いわゆる3大激痛である尿管結石の苦しみは無いが、ケント、独り暮らし、食堂のことを熟慮したら計画的に手術が行えたほうがいいし...快適な入院生活を目指して・・その1

  • 感謝と一日一善

    今日のパムッカレ子どものころ、CMで日本船舶振興会の笹川会長が『一日一善』を呼びかけていた。今でも鮮明に記憶に残っている。とあるブログで、仏壇やら神社で、願いごとばかりしてはいけない、感謝の気持ちを伝えるべきだと。最近、冷え込むようになり、エアコンをつけるようになった。そして、朝目が覚めたときには部屋は暖くなって、気持ちよく起床出来る。そんな些細なことでも、感謝するようになった。私の場合は亡き夫かな。今ある風景を見させてくれるのも亡き夫のおかげ。独りぼっちにしやがって、バカヤローという恨み節もときどき出るけど先日、公共のバスに乗っているときに、足の不自由なお爺さんが乗って来た。私のシートが一番、お爺さんにとって座りやすい席だったので、瞬時に私は立った。あ、これも一日一善かなと思うと清々しい気持ちになる。一日一善...感謝と一日一善

  • イスタンブールへ行って来た!

    今日のパムッカレ先日の土曜日、日帰りでイスタンブールへ行って来た。目的は寿司と博物館。今年2度目のイスタンブール新空港↑東武スクエアガーデンの模型みたいだな。ドルマバフチェ宮殿友人とカドッキョイで待ち合わせをし、その後、バスを乗り継いで目的地の博物館へ。そこも長蛇の列が出来上がっていて、200m?収容人数100人で20人退場したら、20人入場させているみたいだった。1時間並んだ。期間限定で無料からかな。中に入っても人気の展示物は並ぶことになる。場所も場所だけに品のいいトルコ人が集ったという感じ。親子連れも多く、お子たちも育ちが良さそうな身なりだったわ。割り込みする人もなく、みな静かに並んでいたようだった。私たちの後ろのグループは早く順番来ないかなとずっと口にしていたけど。車も高級車だらけだった。トルコなんて、フ...イスタンブールへ行って来た!

  • トルコの?デニズリの税務署は親切♪

    今日のパムッカレお久しぶりです!デニズリの税務署へ行って来た。ちょっとお偉いさんぽい税務署員へ勝手に引き落とされたというか、多分、通知が来たけれど、私が見落としたと思われる税金の内訳を教えてもらいに行ったのだ。すると、該当する書類をプリントアウトして丁寧に説明してくれた。ついでにトルコより日本のほうが住み易いんじゃない?とか、ちょっとした世間話もしてくれた。業務以外の会話をされると時にはうざいと感じるけれど、税務署というお堅い場所でなら、心も和むもの。で、そのお偉いさん、私が外国人だからか、この書類を向こうに持って行けと指図するわけでもなく、わざわざ私を違う部署へ案内してくれてそこの担当者へ指示し、私がスムーズに事が運ぶように段取りまでしてくれた。ちょっと敷居が高い税務署、でも、デニズリの税務署員はフレンドリー...トルコの?デニズリの税務署は親切♪

  • 岡林優空水難事故再捜査へ 署名、ツイートお願いします!!

    こんな杜撰な捜査は許せません。高知の警察、日本の警察、信じられません。逃げ得があっていいのでしょうか?私は夫を病死で喪いましたが、それでも苦しい。愛する我が子の不可解な死をただの水難事故で片づけられてしまったご家族の気持ちを汲んであげてください。明日は我が身です。岡林優空水難事故再捜査へ署名お願いします!!★←こちらから【転載】今回当初から不可解な疑問点だらけの事故として処理されてしまいましたが、小学生同士の水難事故。ハッキリ結果を求めるのは非常に難しいと思います。最初から事故だ。との事から中々捜査の初動も遅れたと思います。真実は全く違う方向にあると思います。何故警察官全員が、もう少し慎重に被害に遭われた子供の事を調べて報道に、出さないのか?電話一本して確認すれば済むことだと思います。中には救助に当たった消防士...岡林優空水難事故再捜査へ署名、ツイートお願いします!!

  • 海苔弁当復活

    今日のパムッカレ海苔弁当復活したけれど、まだ、正式なメニューに載せてはいない。過去に海苔弁当をメニューに加えて、かなり好評だったけれど、張り切りすぎて、1時間かけて作るようになり、予約をもらっても、時間が取れないようになってから、削除した。認知され、毎日、数が出ないことには難しいかな。お惣菜を常に準備をしておかないといけないし、少量を焼いたり揚げたりの手間暇を考えると割に合わないかも。それでも、お弁当の蓋を開けたときのお客さんの顔が楽しみで作りたい。食堂内用の容器も揃えたので、持ち帰り限定ではなくした。海苔弁当復活

  • 猫なで声って何でしょうか?

    今日のパムッカレ厨房の裏に残飯を置くと猫たちが寄ってくる。背景がお見苦しいですが、お許しください。私が残飯を容器に入れようとすると、シーッと威嚇し、私を引っ掻こうとまでするのだ。早くしろと言っているのか?お礼どころか、怒られるとは、とほほほほ、である。猫なで声とは程遠い。この辺りはレストランが多いせいか、残飯も肉が入っている。なので、飢えていない猫にはパンやご飯は食べてもらえないこともある。義姉の家でも、義兄がせっせと残飯を野良猫にあげているけれど、パンでもご飯でもよく食べる。住宅街にあるので、あのあたりの猫たちは肉無が殆どなのである。私がせっせと猫たちに残飯をあげているのをケントが知ったら怒るだろうな。ケントなら、パンでもご飯でも何でも御馳走だから。猫なで声って何でしょうか?

カテゴリー一覧
商用