searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

団塊太さんのプロフィール

住所
狛江市
出身
浦和区

あれからすでに半世紀近くがすぎた。学園紛争、大手広告会社での仕事、ながいパリ駐在、そして映画製作、趣味が嵩じて陶芸家に。富士の裾野で築窯して富士焼(富士山の溶岩活用)創始。現在に至ってます。

ブログタイトル
ばら色の日々
ブログURL
http://tsuiokunosilkroad.livedoor.biz
ブログ紹介文
1967年今から45年前、500ドルを握り締めて横浜を出た。ユーラシア大陸にかけた青春放浪のドキュドラマ
更新頻度(1年)

8回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2009/12/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、団塊太さんの読者になりませんか?

ハンドル名
団塊太さん
ブログタイトル
ばら色の日々
更新頻度
8回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
ばら色の日々

団塊太さんの新着記事

1件〜30件

  • ポストコロナ推論

    コロナウイルスに世界が襲われている。なんと米国では6万人近くが死亡した。朝鮮戦争の戦死者を超えすぐに地獄ベトナム戦争戦死者を超えるだろう。米国の誇る巨大空母がウイルスに感染して動けず米国世界戦略は崩され動けずにいる。世界金融、経済都市ニューヨークがロックダ

  • 人類とウイルス

    あくまでも人類もまた自然の一部であることを忘れている。人間も死んで地球の土に帰る生き物である。しかし人類はむざむざと死ぬことを拒否してウイルス、細菌、遺伝性病原体、に抗して生命維持に努めてきた。病原体を発見し分析し治療薬を作り、患部を切り取り生命を維持す

  • 老人バスターズ コロナ

     圧倒的に高齢者を死に追いやるコロナウイルス。小生を含め70歳以上で基礎疾患のないものなど稀だ。いずれにしろ人間死ぬのだが、すこしでも現生と思うのもむりもない。2030年にはこのままいくと四人に1人が70を超えると言われている。2500万人が高齢者。ここでコロナに50万

  • Corona Virus 世界に伝播

     2020年3月12日74歳を迎えた。どうもわたしの誕生日近辺で大災害が起きたり新型肺炎Covit19のパンデミックと色々起きる。従ってどうもおめでとうという雰囲気ではないが戦後のどさくさから74年それでもよく生きてこられた。神に感謝である。  しかし中国武漢から発生し

  • 驚くべきコロナの真実

    次の小生の推論があたってないことを祈る。世界に広がる武漢新型肺炎ウイルス。その発生は武漢。中国政府はその発生をひた隠しにしたがもう隠せないと新型コロナウイルスの遺伝子を公表した。しかし発表してない重要な真実があるのではないか。武漢海鮮市場から30キロに中

  • 老人バスターウイルス

    高齢者を狙う新型肺炎ウイルス 中国武漢に発生した新型肺炎は別名(老人殺しウイルス)でもある。2020年2月1日現在感染者は世界で1万人を超え230人が死亡した。その多くが持病を持つ高齢者である。若年層が感染しても重症化する確率は低く子供も感染しにくい。要するに老人を

  • 韓国文在寅という男

    韓国論議が盛んである。最近韓国映画二本を見た。「タクシー運転手」「ある闘いの真実」である。いずれも韓国民主化の歴史を語るときに最も重大な二事件を扱う。それが光州事件と全斗換時代に民主活動家の抑圧と拷問事件という地濡れられた歴史である。後者は1986年-1987年

  • 最近日韓論

    最近日韓関係の悪化についての論評が目につく。文在寅が大統領になって以来韓国からの反日活動が次から次へと繰り出された。慰安婦、レーダー照射、徴用工、Gsomia破棄の手継早の反日政策が採られた。一方日本は半導体産業に不可欠な部品の韓国への輸出管理を名目に優遇国待

  • 余生の実態ー73.5

    73.5ヶ月を生きてきた。同年齢の周りを見渡すと街には老人が目立つ。必死に散歩する老人達、ゆっくり休みやすみ歩く高齢者達。2030年には日本人人口の1/4が65歳以上となるという。最近では夫65歳、妻60歳が30年余生いきると仮定して2000万円の預金が必要と発表されて野党が

  • 2019年3月12日

    題記期日を以って満73歳となった。まだまだと周りは言うが本人から言うと子供頃の貧乏、6歳のときの腸捻転で大腸をあの戦後の時代に輸血をしながら半年の入院。よく生きながらえた。 衛生状態もひどい環境で赤痢で多くの児童が亡くなった。皆貧乏で舗装もされてない道路で子

  • 人間万事塞翁が馬

    禍福はあざなえる縄の如し。本年小生数え73となった。バラ色の日々の青春の旅立ちから半世紀。よく生きてきたものだ。カイバール峠の雪の絶壁では車輪ひとつの差で死を免れた。そのまま滑落していても発見されることもなく行方不明とされただけだった筈だ。今の私はなく周囲

  • オフエリアの川の流れのように

    オフエリアが川の中に浮かんで流れてゆく。人生がながれてゆく。だれも止められない人生の時間が。人との出会いは一瞬で川の流れの柵で出会って目と目を合わせて手と手を握り唇を合わせては過ぎて行くまぼろしのようだ。時間を共にすることができたのは幸福だった。もう

  • ばら色の日々 50年後 あとがき(3)

    思い出は次から次と止めどもなく湧いてくるものだ。1982年道路も凍るパリ12月だった。近代オリンピックをつくったクーベルタン男爵の名をいただくスタジアムで第2回世界女子柔道が開催された。この大会では52kg級で山口香が銀メダル、竪石が無差別級でメダルを取ったが巴投

  • バラ色の日々後書き(2)

    実名を出してももういいだろうと思う。世界放浪の旅後の仕事の半生を綴りながら。横浜を出て横浜に着いた1968年12月以降の事だ。休学していた大学にもどって大学紛争で荒れた余波を縫って今盛んに話題の大手広告代理店に入社した。大阪万博の年だった。1979年には初代のパリ

  • バラ色の日々の50年後の後書き(1)

    人生とは如何に短いものか。私ももう71歳。あと半年で72歳となる。子供の頃の記憶は新鮮でまるで昨日の事のように想い出される。ましてや1968年、横浜を発ってシベリア経由の世界旅の事はほんの半日前のようだ。今から50年前なのだが、人間の脳は旅先の食べたものの味、世界

  • 曼荼羅カルカッタ

    曼陀羅 カルカッタ             これまでのあらすじ<今から50年も前、青春と500ドルを握り締めて横浜を片道切符でユーラシアに放浪の旅にでた。二年の欧州滞在を経てパリからカルカッタまでの3万キロをボロVWで踏破。「荒野を目ざせ」や「深夜特

  • 曼荼羅 ベナレシ

    終章 曼荼羅 ベナレシこれまでのあらすじ<今から50年も前、青春と500ドルを握り締めて横浜を片道切符でユーラシアに放浪の旅にでた。二年の欧州滞在を経てパリからカルカッタまでの3万キロをボロVWで踏破。「荒野を目ざせ」や「深夜特急」より数年も前の記録。>

  • 歴史上の多彩な人との邂逅

     閑話休題シルクロードの話を少し脱線しますが、1969年にシルクロードをへて帰国した私は大手広告代理店に入社しました。その後いろいろな仕事をしました。そのなかでとても普通ではお会いできない人たちに邂逅することができました。感謝感謝です。にほんブログ村ぜ

  • 暗闇に浮かぶ人間の真実

    これまでのあらすじ<今から50年も前、青春と500ドルを握り締めて横浜を片道切符でユーラシアに放浪の旅にでた。二年の欧州滞在を経てパリからカルカッタまでの3万キロをボロVWで踏破。「荒野を目ざせ」や「深夜特急」より数年も前の記録。> 幸い白黒だが写

  • パキスタン第二の都市ラホール

     パキスタンの古都ラホールこれまでのあらすじ<今から50年も前、青春と500ドルを握り締めて横浜を片道切符でユーラシアに放浪の旅にでた。二年の欧州滞在を経てパリからカルカッタまでの3万キロをボロVWで踏破。「荒野を目ざせ」や「深夜特急」より数年も前の記録

  • 歴史の生き証人ペシャワール

     訪れたのはほんの50年前だった。  それから今までたった50年間でさえこれだけ歴史に翻弄された都。古代花の都といわれシルクロードの中心都市だったペシャワール。これまでのあらすじ<今から50年も前、青春と500ドルを握り締めて横浜を片道切符でユーラシア

  • 古への華の都を発つ

        パキスタンの首都ラワルピンディ・イスラマバードに向う。 これまでのあらすじ<今から50年も前、青春と500ドルを握り締めて横浜を片道切符でユーラシアに放浪の旅にでた。二年の欧州滞在を経てパリからカルカッタまでの3万キロをボロVWで踏破。「荒

  • 天下の難関カイバール峠をこえる

        カイバール絶壁で九死一生。  これまでのあらすじ<今から50年も前、青春と500ドルを握り締めて横浜を片道切符でユーラシアに放浪の旅にでた。二年の欧州滞在を経てパリからカルカッタまでの3万キロをボロVWで踏破。「荒野を目ざせ」や「深夜特急」

  • カンダハールからカブールへ(アフガニスタン)

    これまでのあらすじ<今から50年も前、青春と500ドルを握り締めて横浜を片道切符でユーラシアに放浪の旅にでた。二年の欧州滞在を経てパリからカルカッタまでの3万キロをボロVWで踏破。「荒野を目ざせ」や「深夜特急」より数年も前の記録。> 幸い白黒だが写真

カテゴリー一覧
商用