searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

おさ子さんのプロフィール

住所
埼玉県
出身
越前市

自由文未設定

ブログタイトル
もの書く日々
ブログURL
https://osakaroom.blogspot.com/
ブログ紹介文
観る、読む、書く、他もろもろ。 読書・映画鑑賞備忘録(訓練もかねて60字梗概もたまに書いてます:ネタバレあり)、 おさ子版源氏物語「ひかるのきみ」連載中。小説もちらほら。
更新頻度(1年)

105回 / 365日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2009/11/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、おさ子さんの読者になりませんか?

ハンドル名
おさ子さん
ブログタイトル
もの書く日々
更新頻度
105回 / 365日(平均2.0回/週)
読者になる
もの書く日々

おさ子さんの新着記事

1件〜30件

  • 「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。」

    恒例の子のおススメシリーズ。 「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。」川上和人  のっけから、タイトル詐欺と感じさせる鳥類愛に溢れている。全編これ如何に鳥類が優れているか面白いか美しいかをこれでもかと詰め込んだ本だった。それにしても比較対象や対比として出てきてい...

  • 「賢木 十 ~オフィスにて~」

    「ねえねえ右近ちゃん」 「なあに侍従ちゃん」 「あのさあ……何この 『紅葉真っ盛り☆~お寺男子ヒカルのぶらり一人旅~』 みたいな話」 「久々に来たわねその手の煽りタイトル。まあね、 雲林院 って昔から朝廷と縁の深いお土地柄な上に平安時代は官寺としてブイブイ言わせてた...

  • 「ずうのめ人形」

    衝動買いのうちのひとつ。 「ずうのめ人形」澤村伊智 ぼぎわんの後の二作目(凄い)。ひらがな遣いがうまい。単純な仕掛けなんだけど、字面が既に怖いよねこれ。

  • 「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」

    まだ観てなかったんかいという感じですが。 「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」J・J・エイブラムス Star Wars The rise of Skywalker  J.J. Abrams(2019 )  スターウォーズシリーズ、久々に映画館で観た(IMA...

  • 賢木 九

    京都観光NAVIより ヒカルにしても、愛らしい春宮の世話を焼きたいのは山々であったが 「藤壺中宮がどれだけ無情な仕打ちをしているか、思い知っていただく……!」 と我慢比べの如く意固地に過していた。とはいえ、邸に閉じこもりきりではさすがに体裁も悪く、何より暇すぎるので、...

  • 「この世の春」

     いやー、良かった!私の中で、宮部さんの長編における最高傑作は「模倣犯」なんだけど、久々にその座を揺るがしたかもしれない。超絶面白かった! 「この世の春」宮部みゆき 以下いきなりネタバレなので区切る。

  • 賢木 八

    と、このように追い返された形のヒカル、 「ダメだ立ち直れない……恥ずかしすぎて、とてもじゃないけど顔向けできない。どうせ何をやっても中宮様には大迷惑なんだし……」  すっかり凹んでしまい、後朝の文さえ出さない。一切の音信を断って、内裏や春宮にも参内せず引き籠り、寝ても覚め...

  • 「ぼぎわんが、来る」

    衝動買いして速攻読んでしまった。映画 「来る」 の原作。 琴子さんの名刺二枚付 「ぼぎわんが、来る」澤村伊智 澤村さんは短編をいくつか読んだことがあって、上手いなあと思っていたが、デビュー作がこれか。やっぱり凄いわ。

  • 「AI vs.教科書が読めない子どもたち」

    今更だが子が図書室から借りてきたので読んでみた。 「AIvs.教科書が読めない子どもたち」新井紀子 読みやすい文章で内容も易しいのですぐ読めた。現在巷でAIと呼ばれているものはすべて「AI技術」であり、本来のAIではないということ、結局は大量データの丸暗記と確率と統計...

  • 「パラサイト」

     友人に誘われて行ってきた! 映画.comより 「パラサイト 半地下の家族」ポン・ジュノ Parasite  Pong Jun-Ho(2019)  あまり韓国映画はなじみがなく、唯一観たことあるのが「グエムル」…と思ったらこの監督だった!  こちらは一切事前知...

  • 「ハーモニー」

    子のおススメシリーズが続く続く。 単独で書いたものでは最後の長篇となる。「 虐殺器官 」と世界線が繋がっている。 「ハーモニー」 伊藤 計劃 虐殺器官の後、一度崩壊しかけた世界はかろうじて復興、二度と同じ過ちを繰り返さないようにと超管理社会化する。すべての人が同じシ...

  • 「いつだってやめられる 七人の危ない教授たち」

    これもまた子のおススメ(学校の先生が熱く語ったらしいw)シリーズ。イタリア映画です。シリーズものの一作目。 映画.comより 「いつだってやめられる 七人の危ない教授たち」シドニー・シビリア Smetto quando voglio   Sydney Sibilia...

  • 「野火」「君の名前で僕を呼んで」

    恒例の(?)子の勧め(正確に言うと子が友達に勧められた)シリーズ。 映画.comより 「野火」塚本晋也(2014)  大岡昇平の原作は随分前に読んで、多分実家に置きっぱなし。持って来ればよかった。今度発掘してみよう。ただ、昔の文庫はもう紙もくすんでしまって字が読み...

  • 「来る」

    澤村伊智さん原作の「ぼぎわんが、来る」の映画化。話題になってたのは知ってたが行きそびれたシリーズ。監督さんは「パコと魔法の絵本」「嫌われ松子の一生」の人なのね。通りで、絵面が独特な極彩色。 「来る」中島哲也(2018)

  • 夢か現か

    明晰夢。夢の中の夢がここまではっきりしていたのは本当に久しぶり。  都内に出掛けることになった。マンションを出ると、一階の駐車場のような場所でネットでしか知らない人とバッタリ会う。ここに住んでいたのか、と思う。薄暗くて良く見えなかったが、イメージしていた通りの顔つきだった...

  • 「十二国記」

    「十二国記  白銀の墟(おか)玄(くろ)の月 全四巻」小野不由美  いわずとしれた超人気シリーズ。シリーズ6年ぶり、泰麒(たいき)の物語としては実に18年ぶりという。  世界観と登場人物についての端的な説明はこちら→ 新潮社公式サイト「十二国記の世界」 。  発...

  • 年末年始おさ子おススメ漫画スペシャル 其の二

    其の一、と書いたものの実家でのお正月で飲んで食べてウエーイだったので続きが書けず。まあ、まだ鏡割りまでは。 「シャーリー」森薫 森さんのメイド物というと「エマ」が有名で、誰もが認める名作ですが、実は借りて読んだだけで持っていない。こちらはエマさんよりもっと年齢が下、13歳の...

  • 年末年始おさ子おススメ漫画スペシャル 其の一

    漫画のレビューをお願い♡というフォロワーさんのたってのご希望にお応えして、年末年始スペシャルおさ子おススメ漫画ラインナップを行ってみようと思います。 えーと沢山ありすぎてどこから始めていいかわからないのですが順不同で思いついたところから。 「笑う大天使」川原泉 お...

  • 賢木 七 ~オフィスにて~

    ほんの一瞬の隙だったと思う。時間にしたら三分もないくらい。きっと塗籠の中からずっと中宮さまの様子を窺ってたのよヒカル大将は。  私たちが慌てて戻った時には、うつ伏せで固まってる中宮さまの隣でどうして、どうしてって泣いてた。中宮さまは何とか逃げようとしたんでしょうね、上着が脱...

  • 賢木 六 ~オフィスにて~

    ざっ、 と御簾が動いた。倒れ込むように蹲る。 「えっどなた……あっ!王命婦さんじゃないですか!大丈夫ですか?右近ちゃーん!」 「平気……ちょっと、立ちくらみしただけで」 「いやいや顔色悪いですよ!そこ風も通るし床冷たいですから奥に入りましょう!段差気をつけて、ゆっくり」...

  • 賢木 五

    wikiより おはようございまあす! 弘徽殿の、中納言 です!お世話になりま~す。  ふああ……あ、ごめんなさーい☆昨日ちょっとオールで……え?ダメですよう秘密ですもん。でも……そんなに知りたいのなら、ちょっとだけ。誰にも内緒ですよゼッタイ!  帝、ですか?もう、す...

  • 賢木 四 ~オフィスにて

    「ねえねえ右近ちゃん」 「なあに侍従ちゃん」 「この間出掛けたついでに二条院に寄ったのね。それで新年の挨拶がてら少納言さんとお喋りしたんだけど」 「そうなんだ。皆さんお元気だった?」 「元気元気。若紫ちゃん、今は父君の兵部卿宮さまと文通してるらしいよ」 「良かったじ...

  • 「楽園のカンヴァス」

    「楽園のカンヴァス」原田マハ 【不定期】うちのJKの手持ち本シリーズ。ブックカフェでおススメされたらしいが、本人からも強力おススメされた。  アンリ・ルソーを巡るお話。

  • 「レナードの朝」

    映画.comより 「 幻覚の脳科学 見てしまうひとびと 」のオリヴァー・サックスが原作者。というか、原作はノンフィクションなのね。(映画はそれを基にしたフィクション) ロバート・デニーロが若い。そして演技が凄い。 「レナードの朝」ペニー・マーシャル Awaking ...

  • 失敗した料理と海と車輪

    風邪がやっと治ってきたので二時間ほど爆睡。その時に観た超絶長い夢。しかも明らかに鮮やかなカラー映像だった。珍しい。  台所で来客の準備をしている。指示された料理を作るが、横に置いておいたゆで白菜が皿に入り込んでしまい台無しになる。それでも美味しいような気がしたがダメなよう...

  • 賢木 三 

    お初にお目もじいたします、弁の君と申します。只今藤壺は立て込んでおりまして、王命婦さまもさまざまな事に忙殺されておいでです。しかし誰かがこの記録を取らねばならず、ならば指導する立場にはないわたくしが僭越ながらお役目を果たそうと、こう思った次第です。  以前から体調が思わし...

  • 賢木 二 ~オフィスにて&閑話休題。~

    「ねえねえ右近ちゃん」 「なあに侍従ちゃん」 「えっとーこれってさあ……」 「ああ、 お泊りしたみたいよ 。中将のおもとさん曰く」 「そ、そんなあっさり(泣)。ていうかおもとさんと話したの?!いつの間に」 「ううん、私も又聞きなのよ。直接の関係者はもう京にはいないし...

  • 賢木 一

    新斎宮の伊勢への下向が近づくにつれ、六条御息所の心中はますます揺れ動くばかりだった。葵上が亡くなった今、ヒカルの北の方(正妻)として相応しい女性といえば六条御息所。そう世間でも皮算用し宮家の内からも聞こえ、自身でもどこかで期待していたからだ。  だが、それまでも減っていた訪...

  • 「ハードボイルド・エッグ」「三鬼」「キミのお金はどこに消えるのか」

    溜めこんでた読書記録をまとめて。どれも梗概書くのにはちょっとそぐわないので感想だけ。ネタバレありなので区切る。

  • 「ドクター・スリープ」

    「ドクター・スリープ」マイク・フラナガン Doctor Sleep Mike Flanagan(2019) このところ世間がキングづいている。「怖い話」って結構ストレス解消&癒し効果があるらしいので、定期的に流行りが来るのかも。長年のファンとしては乗るしかないこのビッグ...

カテゴリー一覧
商用