searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

すみれさんのプロフィール

住所
美作市
出身
兵庫県

自由文未設定

ブログタイトル
すみれ歴史雑談
ブログURL
http://sumiremainte.jugem.jp/
ブログ紹介文
ロマンあふれる、歴史、文学、絵画におけるお話し、秘話・裏話を中心にを綴っております。
更新頻度(1年)

13回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2009/10/11

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、すみれさんをフォローしませんか?

ハンドル名
すみれさん
ブログタイトル
すみれ歴史雑談
更新頻度
13回 / 365日(平均0.2回/週)
フォロー
すみれ歴史雑談

すみれさんの新着記事

1件〜30件

  • サン・フランシスコへ、パリ・ジュネーブ・バビロン・ローマ経由、

       こんばんは、   今回はまず、少し道を外れて、このジャケットから始めます、、                              from ; Reading East        1592年 ジ

  • サン・フランシスコ アッシジ インノケンティウス3世

      こんばんは、   ある映像から始めます、、  ローマの東50キロほど、山間にある町、スビアコのサクロ・スペコ修道院     (sacro speco 聖なる洞窟) 西洋修道院制の基をつくった聖ベネディクト    (480頃‐547年)が

  • アッシジへ

       こんばんは、   さて、アッシジについて、、   、、その前に、一冊の本に登場してもらいます、、          1898年、パリで出版されたユイスマンス(1848‐1907)「大伽藍」      挿絵が付けられていて、ピ

  • 風信子 ヒヤシンス

       こんばんは、   すこし道を外れます、どうしても気になってしまって、、                  ヒヤシンスです、                                      &nb

  • 夢の詩

      こんばんは、  今回は道を外れて、すこし私事を、、  まずは、一枚の作品をあげておきましょうか、、                 from ; wikipedia        &nb

  • イグナチオ・デ・ロヨラへ向かって

      こんばんは、  イグナチオ・デ・ロヨラへ向かいますが、まず、この画像から、                                      スタン

  • イグナチオ・デ・ロヨラ

       こんばんは、    、今回は、この先々回登場しました画像から、                                作品全体に姿が、、                     

  • 空ゆく月

       明けまして おめでとうございます   このブログを始めて、13回目の新年を迎えました、     、、2017年の新年は完全に休止していましたが、、      ということで、今回もいくつかの歌を挙げてみましょうか、、     

  • マルティン・ルター

      こんばんは、  更新が大幅に遅れてしまいました、、  コロナの影響はもちろんこの地にもありまして、、職場も変わり、  それなりに大変な状況、、日々生きることに追われています、、               、、、、     そ

  • ティツィアーノ その裏側を

       こんばんは、   ティツィアーノ、続けていきます、、                この作品もこのブログに登場していたかもしれません、         1512年頃?の作品          正確に誰を描いたかは分かっていま

  • ティツィアーノ、ヴェネツィア、アレティーノ、バッカス、アリアドネ、、

       こんばんは   ティツィアーノを続けたくなってしまいました、   彼、このブログにおそらくいちばん多く作品が登場した絵描きかもしれません、   のっけから私事を書くのも困ったものですが、、残念ながら私、何故か、   、、ティツィアーノ

  • モナ・リザ 再試論

      こんばんは、  今回はこの作品から                         ティツィアーノ(1488・90−1576)作  &n

  • レオナルド・ダ・ヴィンチ 聖アンナと‥‥

       こんばんは   、話は飛んでゆきます、 、     先回ドガのデッサンの中にあったソラーリオの模写                        はずかしながら、ソラーリオという人物、          その時、実

  • ドガ イタリアから 

       こんばんは、   今回はこのデッサンから始めます、、                        ドガ、左下に Degas のサイン           ご存知、ルーブルのミケランジェロ(1475−64)         

  • ドガ 再びの

       こんばんは、、、今回は、、    先々回、ラ・フォンテーヌの「寓話」と共に登場し、   ゴーギャンを最も早い段階で認め、その作品を何点も購入した人物としても   知られている、ドガに再び登場してもらいます、、、(すでに4回目

  • ゴッホと共に ゴーギャン

       こんばんは   ゴッホとの関係からすこしゴーギャンを見てゆきます、   まずは、再び一枚の自画像から、、     この作品をゴッホの依頼で、ゴッホ自身の自画像と交換します、、       、、アルルで二人が共同生活を始める前のこと、、

  • われわれは何処から来たのか?われわれは何者か?

      こんばんは、   ゴーギャンを続けます、、    まずは、この自画像から、                              

  •  ゴーギャン 異訳の効用 ルドンと共に

       こんばんは、   今回から、一年間続いた日本を離れます、、                        第8回 印象派展のカタログです            タイトルの後に小さく参加人名が並んでいます、     

  • ホトトギスと橘 順徳天皇から

      こんばんは、  日本を離れるつもりでしが、寄り道を避けられなくなってしまい、、     、、ホトトギスから、すこし、書いてみます、、                   文化庁指定文化財データベース より      

  • 元旦 詩4篇

      あけまして おめでとうございます、     月一回の更新?で、何とか進めていますが、   今回はお正月ということもあって、いつもなら歌を引用しているのですが、   ここのところ、日本史・和歌作品ばかりを書いていますので、   趣向を変え

  • 太平記 毒殺

       こんばんは、   今回はある野鳥の画像から始めてみます、                          日本の野鳥識別図鑑より        ご存知 ホトトギス です        古来、春のウグイス、秋の雁とならんで夏を代表する

  • 正倉院薬物から

      こんばんは  今回はご存知 正倉院から始めてみます、                              宮内庁HPより   天平勝宝8年(756)6月21日聖武天皇の49日にあたって妻の光明皇太后が   東大寺盧遮那大

  • 直義毒殺へ 前章として

      こんばんは  今回は久方ぶりにある洋本から始めてみます                            &nb

  • 補遺 長谷寺

      こんばんは、  長谷寺について、すこし補っておきましょう、                     初瀬観光協会HPより      画面右中央寄りに本堂(徳川家光寄進により1650年落慶、2004年国宝指定    (

  • 足利兄弟 歌人尊氏

      こんばんは、  今回は再びある国宝から話を始めてみます、、    その国宝を所蔵しているのが                            from

  • それぞれの遺言

      こんばんは、  今回は京都府にある 国宝ならぬ天然記念物(国指定)から始めてみます。     現在京都府国指定の天然記念物の内訳は     特別天然記念物3種類(動物3種類)     天然記念物19種類(植物3種類、動物11種

  • 行方知れず

      こんばんは、  今日も、国宝作品からはじめてみます、    青森県八戸市にある櫛引八幡宮所蔵の大鎧、                               櫛引八幡宮ホームページより           国宝 白糸威褄取

  • 幻の天皇とともに

      こんばんは、  ちょっと寄り道をしてみます、、     まずは一枚の書から、、画像がすこしぼやけてしまいましたが、、                高野山(金剛峯寺)霊宝館所蔵の宝簡集のなかの一枚        国宝

  • 南朝歌人として

       こんばんは、   もうひとりの人物、、   まずは、この画像から、、                                    岩波書店ホームページより          

  • もうひと組の親子

       こんばんは、   もうすこし歌の話を続けてみます、      まずは一枚の書の画像から、                   国宝 伝宗尊親王筆 深窓秘抄  藤田美術館蔵       現在では宗尊親王(1242-7

カテゴリー一覧
商用