searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

あばけんさんのプロフィール

住所
愛媛県
出身
愛媛県

愛媛県南部(南予)で好きな園芸を楽しみながら田舎暮らしを満喫中。挿し木や植え替え、剪定などの園芸作業を中心に、写真ちょっと多めでお届けしています。

ブログタイトル
晴れ時々趣味の園芸
ブログURL
https://tokidoki-engei.com/
ブログ紹介文
愛媛県南部(南予地方)で好きな園芸を楽しみながら田舎暮らしを満喫中。挿し木や植え替え、剪定などの園芸作業を中心に、写真ちょっと多めでお届けしています。
更新頻度(1年)

28回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2009/08/26

参加カテゴリ

花・園芸ブログ / ガーデニング

花・園芸ブログ / 果樹・野菜(家庭菜園)

花・園芸ブログ / 観葉植物

※ランキングに参加していません

読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、あばけんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
あばけんさん
ブログタイトル
晴れ時々趣味の園芸
更新頻度
28回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
晴れ時々趣味の園芸

あばけんさんの新着記事

1件〜30件

  • バジルの葉挿し(1)土挿し~出芽

    昨年7月にバジルの葉を水に挿して、根も葉も出ることを証明しました。今回は土に挿して、葉っぱ1枚から何日で収穫が可能か記録を残しておこうと思います。もくじ1 葉柄基部を付けて外す2 赤玉土は小粒と細粒の組み合わせ3 11日後に鉢上げ4 15日後に出芽葉柄基部を付けて外す 【7月14日】これは、5月に種まきをして育てている鉢植えです。高さ20cmになって地際から3節の上で剪定していました。7月14日、...

  • ペンタスの挿し木(夏挿し) 土挿しと水挿しで

    春に剪定を忘れていたペンタス、切り戻して剪定枝は挿し木しておきました。もくじ1 切り戻し2 挿し穂づくり  2-1 蒸散防止と切り直し3 土挿しと水挿しの2パターン  3-1 用土は赤玉土の単用  3-2 ペットボトル水挿し器4 9日後に発根開始5 3週間後に鉢上げ切り戻し高性ペンタス「パニックタワー」、元々草丈が50~60cmになる品種で、花壇植えにすると見栄えが良いのかもしれません。花数が少なく貧弱に見えるのは、...

  • 食べたメロンの種を鉢植え(4)摘果~収穫

    久しぶりに食べたメロンの種をまいて鉢植えでメロン栽培をしています。・1回「種まき~育苗」・2回「定植~摘心」・3回「整枝~交配」・4回「摘果~収穫(?)」の4部構成を予定しています。今回は第4回です。もくじ1 摘 果  1.1 ひも吊り摘 果交配7日目から10日目頃に、子房がピンポン球から卵大程度にったら1個だけして他は摘み取る…予定でしたが、2個は不発に終わりました。残ったのは16節目の孫づる(着果枝)に付...

  • アスパラガス・ナナスの植え替えと株分け

    観葉植物のアスパラガスの葉が茶色く変色してきました。昨年は植え替えていませんので、植え替えついでに株分けをして増やしておこうと思います。もくじ1 株分け  1-2 のこぎりで切り分ける  1-3 古い根を1/3切り取る2 植え付け  2-1 鉢は見合う大きさのもの  2-2 用土は赤玉土7:腐葉土3の配合  2-3 地上部も切り戻す株分け 葉のモサモサだけでしたら切り戻せば良いのですが、茶色く変色してきたのは根詰まりが原因で...

  • ヒポエステスの挿し木 土挿しと水挿しで

    ヒポエステスが間延びしてきましたので切り戻して、その剪定枝を使って挿し木しておきました。もくじ1 挿し穂づくり  1-2 下葉を取り除き切り口を切り直す2 土挿しと水挿しの2パターン  2-1 用土は赤玉土の単用  2-2 ペットボトル水挿し器挿し穂づくりこれくらいの小鉢7鉢の内のこの3鉢が特に間延びしています。ピレアと同じ方法で、先端の芽を摘んでわき芽を伸ばせながらコンモリ仕上げていきます。ヒポエステス栽培のも...

  • シェフレラ(カポック)の取り木

    斑入りシェフレラのバランスが悪くなってきましたので、取り木してリフレッシュさせます。過去に乾かせて失敗したことのあるポットと赤玉土を使った方法で行いました。もくじ1 取り木とは2 高どり法  2-1 ポリポット吊り下げ準備  2-2 環状剥皮3 8週間後に鉢上げ取り木とは中間に枝がなく、間延びした格好になりましたので、上部の枝葉をまとめて生かしたいので、挿し木ではなく取り木で更新します。取り木は、枝や茎の樹皮...

  • 食べたメロンの種を鉢植え(3)整枝~交配

    久しぶりに食べたメロンの種をまいて鉢植えでメロン栽培をしています。・1回「種まき~育苗」・2回「定植~摘心」・3回「整枝~交配」・4回「摘果~収穫(?)」の4部構成を予定しています。今回は第3回です。もくじ1 1本仕立て  1.1 わき芽かき(子づる)2 誘 引  2.1 支柱を立てて誘引3 整 枝  3.1 わき芽かき(孫づる)1本仕立てコンテナ栽培では土の量に限界がありますので、無理をさせない1本仕立てが基本のよう...

  • マーガレットの挿し木 土挿しと水挿しで

    株元が蒸れて葉が枯れていますので、切り戻して挿し木しておきました。もくじ1 挿し穂づくり  1-2 下葉を取り除き切り口を切り直す2 土挿しと水挿しの2パターン  2-1 用土は赤玉土の単用  2-2 ペットボトル水挿し器3 9日後に発根開始4 16日後に鉢上げ挿し穂づくり 先月5月は綺麗に咲いていたマーガレット、今月になって花が早めに枯れるようになりました。土も乾きにくくなっていましたので株元を見てみると蒸れて葉が...

  • 食べたメロンの種を鉢植え(2)定植~摘心

    今回の第2部では、定植~摘心の様子をご紹介していく予定です。もくじ1 定 植  1.1 鉢は10号懸崖鉢  1.2 土は花と野菜の土7:赤玉土3の配合  1.3 万能ネギを混植定 植【6月05日】昨日、無事に30日の育苗期間を終えましたので、5月5日の種まきからちょうど1か月(31日)後の6月5日、鉢に定植しました。鉢は10号懸崖鉢 鉢は10号懸崖鉢です。鉢やプランター栽培では土の量が限られますので、できるだけ大き...

  • ピレアの挿し木 水挿しで

    ピレア・カディエレイが間延びして、下葉も落ちて見苦しくなってきましたので切り戻して植え替えました。もくじ1 挿し穂づくり  1.1 切り戻した剪定枝を使う  1.2 5~6cmに切り下葉をとりのぞく  1.3 切り口はなめらかに切り直す2 ペットボトル水挿し器挿し穂づくりこまめに切り戻して、こんもりと仕立てる予定でしたがついつい…。 高さの1/3のところ、地際から5~6cmあたりでバッツン切り戻して植え替えておきま...

  • 食べたメロンの種を鉢栽培(1)種まき~育苗

    久しぶりにメロンの種を蒔いてみました。前半:種まき~育苗、後半:仕立て~収穫(?)の2部構成を予定しています。もくじ1 種はよく洗ってから2 濡れキッチンペーパー密閉法3 発芽させてからポット植え種はよく洗ってから今回も高知県産のメロンから採種します。F2種になりますので親と同じメロンには育ちませんし、ただでさえ温度管理や水分管理が難しいメロン栽培ですから期待はしていません(ハードルを下げておきます...

  • バジルの種まき

    4月は寒の戻りもあったりで今年は寒い印象でした。5月に入ると急に気温が上昇してきましたので、バジルの種まきをしておきました。もくじ1 前年の秋に採取した自家製の種で2 ポリポットに種をまいて育苗3 種に水をかけてみると前年の秋に採取した自家製の種で 昨秋10月16日に完熟したものだけを収穫した時の種です。冷蔵庫の野菜室で保管していました。暗くて低温で乾燥していて、絶好の保管場所です。発芽適温(地温)は...

  • シェフレラ(カポック)の挿し木 土挿しで

    葉が落ちて寂しい姿になってきましたので、切り戻して挿し木しておきました。もくじ1 挿し穂の確保と挿し穂づくり  1.1 先端を斜め45度に切り直し2 挿し床は赤玉土の単用3 斑入り品種は挿し木など栄養繁殖で挿し穂の確保と挿し穂づくり葉が付いた枝は数本で、貴重な3か所を切り取りました。葉や枝に蓄えられた養分を使って発根しますので、できるだけ元気そうなモノを選ぶといいのですが、今回は選択の余地はありません…。 ...

  • マンゴーの種まき3 植え替え

    2018年8月18日に食べたメキシコ産クラウンマンゴーの種をまいて発芽させた実生苗が、無事に二冬を越しました。もくじ1 植え替えの適期は4~5月  1-1 直根性なので根鉢は崩さない  1-2 ブルーベリー用の酸性培養土  1-3 見合う大きさの鉢で2 生育適温は20~30℃植え替えの適期は4~5月生育が旺盛になる4~5月頃に、根詰まりしないよう1~2年に1回のペースで植え替えます。【2018年9月29日】...

  • ジュウニノマキの植え替え・株分け

    ゼブラ模様の縞が特徴のジュウニノマキ(十二の巻)、年代別の植え替えや株分けの様子をまとめています。もくじ1 ツルボラン亜科ハオルシア属2 植え替えの適期は3月中旬~6月中旬  2.1 2011年  2.2 2016年  2.3 2019年  2.4 2020年3 ロゼット状の葉は生き残り戦略ツルボラン亜科ハオルシア属ジュウニノマキはススキノキ科ツルボラン亜科ハオルシア属の多肉植物、アロエに似ていますがアロエはツルボラ...

  • ハナキリンの挿し木 水挿しと土挿しで

    植え替えて2年が経過したハナキリン、切り戻して挿し木しておきました(途中経過や結果は、このページで追記します)。もくじ1 挿し木の準備  1.1 挿し穂は約5cmの長さ  1.2 白い樹液は乳管に貯めた乳液  1.3 用土は軽く湿らせた赤玉土2 水挿しと土挿しで3パターン  2.1 乾燥させずに水に挿す  2.2 乾燥させずに土に挿す  2.3 乾燥させてから土に挿す挿し木の準備挿し木の適期は5~7月、少し早い気もしますが、南国...

  • インドゴムノキの挿し木 水挿しで

    見るからに哀れな姿になったインドゴムノキ、挿し木して更新しようと思います(結果はこのページで追記します)。もくじ1 挿し木の準備2 白い樹液は乳管細胞に貯めた乳液3 ペットボトル水挿し器挿し木の準備5年前に取り木をした時の親株の方です。こんなんなってしまいました…。思い切ってバッツンいきます。インドゴムノキの取り木 環状剥皮法 鉢植えのインドゴムノキの下葉が落ちたり枯れたりしてきましたので、取り木をし...

  • チロリアンランプ(ウキツリボク)の取り木

    南国愛媛では1年中花を咲かせるチロリアンランプ、枝が伸び過ぎて地面に着地していますので、とり木をしてみようと思います(結果は後日このページで)。もくじ1 取り木とは  1.1 高どり法「環状剥皮」  1.2 曲げどり法(圧条法)取り木とは取り木とは、枝の樹皮を傷つけたり針金などを強く巻くことで枝の途中から根を出させ、親株から切り離して新たな苗を得る栄養繁殖方法です。植物は栄養の流れを遮断されると、修復しよう...

  • カランコエの再生 花芽形成/開花

    管理不行き届きで哀れな姿にさせてしまった、カランコエ再生計画の第2部、秋冬編です。もくじ1 カランコエは短日植物2 開 花カランコエは短日植物10月23日、蕾が上がってきました。カランコエは短日植物で、昼の時間が短くなると花芽を形成する性質があります。夜間、室内の蛍光灯や屋外の街灯が当たる場所に置いていると、まだ昼間が長いと勘違いして、いつまでたっても花芽を作ることができません。室内で育てている場合...

  • アジサイの剪定後12か月:1~2月編

    剪定・植え替え後の追跡第2段は10月~12月の様子をお届けします。もくじ1 1月:休眠打破と寒肥2 2月:花芽(葉芽)が活動開始1月:休眠打破と寒肥1月19日現在、年を越しても一部の葉がまだ残っていました。1月の中旬にはもう休眠から目覚めているそうですが、暖冬が続く南国愛媛では、十分に寒さに当たったかは定かではありません…。 葉は指でつまむとポロリと取れて、芽が良く見えるようになりました。芽の活動開始...

  • サニーレタスの鉢植え:③初収穫

    第1回は種まきから出芽するまで、第2回は間引きと定植をご紹介しました。今回は第3回初収穫の様子をお届けします。サニーレタスの鉢植え:①種まき~出芽レタスの種まきの季節がやってきました。これまでにも、大型プランターや露地での栽培をご紹介してきましたが、今回は鉢植えにして栽培してみようと思います。もくじ1 余った種は冷蔵庫の...tokidoki-engei.comサニーレタスの鉢植え:②間引き~定植前回の第1回は種まきから...

  • アジサイの剪定後12か月:10~12月編

    剪定・植え替え後の追跡第2段は10月~12月の様子をお届けします。アジサイの剪定後12か月:7~9月編鉢植えのガクアジサイを6月19日に剪定・植え替えをしましたが、来年の6月にまた花が咲く?までの成長の様子を3か月単位で追いかけてみようと思います。アジサイの剪定と植え替え 花が...tokidoki-engei.comもくじ1 10月:引き続き良く日の当たる場所で2 11月:花芽形成が完成する時期3 12月:寒風を避ける...

  • サニーレタスの鉢植え:②間引き~定植

    前回の第1回は種まきから出芽するまでをご紹介しました。今回は2回の間引きと鉢に定植するまでの様子をお届けします。サニーレタスの鉢植え:①種まき~出芽レタスの種まきの季節がやってきました。これまでにも、大型プランターや露地での栽培をご紹介してきましたが、今回は鉢植えにして栽培してみようと思います。もくじ1 余った種は冷蔵庫の...tokidoki-engei.comもくじ1 本葉1枚で2本立ち2 本番2枚で1本立ち3 本葉4...

  • サニーレタスの鉢植え:①種まき~出芽

    レタスの種まきの季節がやってきました。これまでにも、大型プランターや露地での栽培をご紹介してきましたが、今回は鉢植えにして栽培してみようと思います。もくじ1 余った種は冷蔵庫の野菜室で保管2 ポリポットに種をまいて育苗  2.1 市販の「花と野菜の土」に  2.2 レタスは好光性種子  2.3 小さい種は底面給水で3 3日後に出芽余った種は冷蔵庫の野菜室で保管 昨年春に購入し種まきした時の種が余っていますので、これ...

  • ジョウビタキ来庭2019秋

     今年もまた、冬を当地で過ごす渡り鳥ジョウビタキがやってきました。備忘録として記しておきます。 残暑の影響でしょうか、今年はこのキンモクセイもマユハケオモトも花が咲くのが1週間ほど遅れました。どちらも今が盛りとなってきました。 なので、ジョウビタキは今年は来るのが遅いとばかり決め込んでいましたが、7年目にして最速の10月20日を記録しました。昨年よりも11日も早いので、今朝キンモクセイの枝に止まっ...

  • バジルの採種と保存

     葉を天ぷらにして食べるとたくさん消費できることに気を良くしたあと、種を採ろうとそのまま花を咲かせていたバジル。花も終盤を迎えた快晴の今日、採種しました。もくじ1 サヤが茶色く変色2 完熟の種だけを採取3 冷蔵庫の野菜室で保存サヤが茶色く変色数本が花穂の下段から順に茶色くなってきました。曲げて見てみると種は黒く完熟している様子で、これらを切り取って採種します。▶もくじ完熟の種だけを採取 この花穂のサヤ...

  • アジサイの剪定後12か月:7~9月編

    鉢植えのガクアジサイを6月19日に剪定・植え替えをしましたが、来年の6月にまた花が咲く?までの成長の様子を3か月単位で追いかけてみようと思います。アジサイの剪定と植え替え 花が終盤を迎えましたので、鉢植えガクアジサイの剪定と植え替えをしておきました。もくじ1 切り戻し  1.1 花後すぐ 遅くても8月上旬までに  1.2 アジサイの花芽は「混合花芽...tokidoki-engei.comもくじ1 7月:梅雨が明けたら明るい...

  • バジルの天ぷら 花穂を添えて

     バジルに花が咲き始めました。捨ててしまうには惜しいので天ぷらにして食べてみました。 8月22日現在の様子です。花が咲くと葉が固くなってしまうそうですので、残念ですが摘み取ります。 ちなみにこちらは5年前にご紹介した同じシソ科のアカジソの花です。バジルはメボウキ属でアカジソはシソ属、似てるような似てないような。 アカジソの時は葉と花後の実を天ぷらにして食べました。バジルの花も食べてみることに。 花...

  • アジサイの挿し木 3度目の八丈千鳥

     ハチジョウチドリ(八丈千鳥)という品種のガクアジサイが好きで、過去2度挿し木をしました。1度目は全敗、2度目は挿し木に成功したものの、鉢上げ後に枯らせてしまい消滅。今回は3度目の挿し木になります。アジサイの挿し木:水挿し&土挿し 一昨年、「八丈千鳥(ハチジョウチドリ)」の挿し木に失敗しまして、今回はそのリベンジ編です。挿し穂 管理している人に許可をもらい、摘み取った枝の先端を湿らせたキッチンペー...

カテゴリー一覧
商用