searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
再生への旅
ブログURL
http://72463743.at.webry.info/
ブログ紹介文
能登の小さなお寺の再生への歩みです。
更新頻度(1年)

183回 / 365日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2009/04/18

参加カテゴリ

哲学・思想ブログ / 禅・坐禅

哲学・思想ブログ / 人間・いのち

ポエムブログ / 俳句

※ランキングに参加していません

フォロー

ブログリーダー」を活用して、市堀玉宗さんをフォローしませんか?

ハンドル名
市堀玉宗さん
ブログタイトル
再生への旅
更新頻度
183回 / 365日(平均3.5回/週)
フォロー
再生への旅

市堀玉宗さんの新着記事

1件〜30件

  • 畑作務、その後

    方丈の雄花ばかりの南瓜にて 玉宗  さて、裏庭作務に感け…

  • 裏庭作務、その後

    緑陰に石を転がしゆく男 玉宗  弟子が言い出して師匠が…

  • 家族葬についての雑感・再掲

    端居せる妻がてのひらほど遠く 玉宗  お坊さんである私…

  • 庭作り作務再開?!

    生憎の雨なり昼寝でもするか 玉宗 興禅寺の住職になっ…

  • 蕗泥棒?!

            住職が蕗泥棒でありにしか 玉宗  さて、六…

  • 寺報・6月号

    夏花摘みまづは仏に奉る 玉宗    五月十六日の興禅寺花…

  • 烏賊釣り船の来る頃

    ふるさとの烏賊釣り船か寄港せる 玉宗  今年も輪島…

  • 恩を生きる

      繍線菊や死ぬるべき世を寄り添うて 玉宗 「四恩」…

  • コロナ社会雑感

    雨ながら灯りを点し金糸梅 玉宗  コロナとの付き合い方…

  • 俳句のメルトダウン

    昼寝覚め生きた心地のしてならず 玉宗  時々、いったい何…

  • 淋しき蕗刈り

    蕗刈りにこれが最後と駆り出され 玉宗  北陸はまだ梅雨入り宣言をしていないようだが、どうみたってこの数日来の空模様は梅雨空の鬱陶しさを湛えて余りある。そういえば最近は昔の様に梅雨入り宣言を後になってしていなかったかな。「先日、梅雨に入った模様です」みたいな。まあ、それはいいのだが、畑作務ではすべての畝にマルチをかけ、苗も植え終った。…

  • ワクチン接種、ってどうよ?!

    山ほどの薬と梅雨に入りにけり 玉宗  一回目のワクチ…

  • 年寄りの冷水、的な?!

    のぼせたる頭よ酒を冷すべく 玉宗  檀家さんから無…

  • 諸行無常の宗旨 

    死ぬる世の旅の途中や夕焼けて 玉宗 「死んだ後のこと…

  • 畑作務再開って、どうよ!

    囚人に非ず芋苗植うる僧なりし 玉宗 以前、興禅寺の…

  • 通じている世界

      若葉みな光りに濡れて透かされて 玉宗 「窮すれば…

  • 母なるもの

                母は子とよりそひ草となりにけり 玉宗…

  • 初心に生きる

           緑陰に仏の遊びしてゐたる 玉宗 先日、法…

  • コロナ社会に学ぶ

    逢ひたくて若葉に濡れて来たりしか 玉宗 令和二年当初か…

  • 仏戒に生きる

    嘆くかに藤垂れ空のただ青し 玉宗 戒とは何か? 禪戒鈔に曰…

  • 塩見恵介第三句集『隣の駅が見える駅』

    燕来る隣の駅が見える駅 惠介 塩見恵介第三句集『…

  • 行雲流水の生き方

    雲のこころ水のこころや五月來る 玉宗 「雲水」という…

  • 山親父の思い出、そして・・草摘み。

    故郷は親父も穴を出るころぞ 玉宗  輪島市下山町の山中…

  • 言ひおほせて何かある?!・再考

    花に冷え言葉足らずを悔いにけり 玉宗 季節外れでは…

  • 今日の以心伝心・親のこころ子のこころ

    鳥雲に仏弟子山に入りにけり 玉宗 僧堂では冬…

  • 燕の思い出

    つばめつばめ空の扉の開くる日ぞ 玉宗 四月に入って間もな…

  • 記念写真って、どうよ?!

    神妙な記念写真に納まる四月 玉宗  先日4月6日に…

  • 魚の貌・人間の顔・仏の相

          子を攫ふ顔し風船売る男 玉宗  嘗て、俳人…

  • 末世の比丘

    堅香子の花に木漏れ日五合庵 玉宗            宗…

  • 有縁無縁に囲まれて

    宵を撞く鐘の音にも遅き日の 玉宗 檀家ではないのだ…

カテゴリー一覧
商用