searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ブラックさんのプロフィール

住所
北区
出身
松山市

 内容はローカルですが、ろうあ者のこと、手話のこと、教育のこと、福祉のことなど、紹介しています。障害者福祉や手話、教育などに興味のある方は覘いてください。またしょうもない記事もありますが、読み流してください。

ブログタイトル
つれづれなるままに
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/double222/
ブログ紹介文
 聴覚障害に関係する話や、ひごろ「あれ?」と思ったことを書き綴ってます。
更新頻度(1年)

11回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2009/03/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ブラックさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ブラックさん
ブログタイトル
つれづれなるままに
更新頻度
11回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
つれづれなるままに

ブラックさんの新着記事

1件〜30件

  • 5月6日まで臨時休校続く

     3月はじめから臨時休校が続き、4月8日には新学期、と思っていたら、臨時休校が延長されました。大阪府立学校は5月6日まで延長です。 教師内での担任や分掌や委員会の体制は決まっています。それに基づき、週に1~2回の登校日を含めて準備を進める予定です。

  • 年度末

     今日は年度末。 この日限りでお別れになる人も何人かおられました。 今年定年退職を迎えられる方は、2月の終わりで授業が強制終了になってしまい「教師生活の最後がこんな終わり方になるなんて」ともらしておられました。私などもあわただしく強制終了してしまったも

  • 会えずにお別れ

     3月24日は修了式・・・の予定でした。 新型コロナ感染拡大防止のための休校で、いつもなら、保護者の方も含めて「一年間お世話になりました」と言いあうのが当たり前だったこの日は、電話等でご挨拶することになりました。 相担の聞こえる先生たちに電話を入れてもらい

  • 権力の「有る」「無し」を感じる年度末

     3月は毎年、「権力の有る無し」を感じるときである。 とはいえ、通常は忙しい季節なのでそんなこと気にしてられないやという状態なのだが、今年度は特殊な「一斉休校」となり、暇しているわけではないが、感じる余裕がある。 何の権力かというと、人事をいじる権力で

  • マスクだらけは少し不安

     外へ出れば、マスクを着用してくださっている方々が多いです。 私も、通勤時にはマスクを着用します。これが新型コロナには効果ないとかいう意見も多数あるのですが、着けてないと嫌がられるかもという気持ちがあるので仕方なく着けております。 いきなり臨時休校措置

  • ああ ついに

     全国一斉休校の、首相からの要請か・・・

  • 何かが足らないのではないかと思うとき

     「あ、そろそろトイレ紙が切れるわ」 そう思って、慌てて買いに行ったとき、世間ではもう買い占めのあとで、商品棚にトイレットペーパーはありませんでした。おすそ分けいただいたり、手に入るという友人にお願いして少しストックしました。 それに先んじてマスクはあ

  • 考えることそのものがすごいやん

     ある日研修会があり、自由討論のときにその日の算数の授業のことを報告しました。 すんなり理解が進んで、たくさんの活動ができました!という報告だったらよかったのですが、とはいえ自分としては目的としていたことを達成した授業でもありましたので、見た目に遅々とし

  • 2020年 定年まであと何年?

     あけましておめでとうございます。 毎年、書くことを怠らないようにと戒める新年なのですが、ブログの更新はなんと六ヶ月強ぶりです。何も考えず過ごしているのではないのですが、いい刺激をもらったこと、ある事象についてよくよく考えたことを、よくまとめずに過ごして

  • ICT機器の活用で今まで感動したもの

     ICTやプログラミング、と、年寄りなほうの私を苦しめるものがあります。 向上心は忘れてはならんと思い、聴覚障害教育で有効とされる視覚教材を、切り貼りや描画だけではなく、スライド機能を持ったパワーポイントにまとめて、それを使用してみてはいます。このパワーポ

  • 宿題の枚数

     この時期、学校では家庭訪問をします。 話すことはいろいろあるのですが、しばしば話題に上るのが宿題の枚数。それについては、枚数が少ないですという訴えもあれば、枚数が多いですという訴えもあります。 私は、実際にした授業を追体験するようなものを自分で書い

  • これからもよろしく

     昭和41年生まれにとって、平成の30年間は、働き始めてからの時代でした。昭和は生まれてから学生を終えるまで、と、なんだか区切りがよろしい。 この平成もそろそろ終わるのだと、次の時代が来るのだと思うと、西暦で見れば単に連続した時の重なりであっても感慨深いも

  • 新年あけましておめでとうございます

     遅ればせながら明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 昨年11月に、久しぶりにぎっくり腰になりました。 体を思うように動かせなくなると、それだけで大変で、仕事を休んでいるのが申し訳ないとかまで頭が回らないくらいでした。現在

  • 度重なる災害

     6月18日大阪北部地震。7月初旬の西日本豪雨。9月に入って4日には台風21号が襲来。6日には北海道で大地震と、災害のニュースが後を絶ちません。自分が当事者(帰宅困難者)になった場合もありましたが、知らせを聞くだけでも怖く、当地におられた方々の恐怖を思う

  • 梅雨の折り紙

     ふた月前、同僚と話していて「私らって、仕事に打ち込んでいるうちはいいけど、退職したら何か趣味とかできるのかな」と不安になりました。そこで、You Tubeにアップロードされている折り紙動画を参考に、おりがみクラブをすることになりました。 おりがみを選んだ理由

  • 6月18日から今日までですでに疲弊

     6月18日午前7時58分の揺れを、私は電車の中で体験いたしました。 その後、その日は学校が休校になり、19日は平常通りでしたが、20日は大雨警報のため休校。 しかし、職員は勤務日なので通勤しますがそれが大変でした。 まず、電車を2社乗り継いで行く、そ

  • 指文字の導入

     今日は学年団でこんな話をしました。 キュー記号の表出について、「しょう」とか、「きゅう」とかの、いわゆる拗音、「らっぱ」とかのいわゆる促音について、個々の教師がどのようにしているか、ということです。 本校幼稚部では「しょう」ならば「さ行」のサインを用

  • ろう教育における教師の長話

     聾学校のとくに小学部低学年の授業で禁じ手とされるもの(笑)。 耳の聞こえない児童たちは、話を聞くということは見るということで、最近は口話のみで授業をする教師はめったに見なくなったものの、手話があってもやはり話を見ているのだ。 聴こえる人がもし、テレビ

  • 近々ある天体ショー

     今日はとても寒い一日でした。ここ、大阪でも、日中気温が3度くらいまでしか上がらず、昨夜から早朝にかけ氷点下となったため、教室のベランダに放置していた水入りバケツの水がかなり厚く凍っておりました。 数年前、今の学校の赴任したばかりの年に、運動場が真っ白に

  • お正月遊び用の折り紙こま

     折り紙3枚(一枚は両面)を組み合わせて作る独楽です。 これなら、上手に立たせられない子でも回すことができるかなと作ってみました。回るだけなので飽きるだろうと、いくつかの色のを作ってみました。 小三ともなれば、ひものついた独楽に挑戦したがるものですが

  • 2018年あけましておめでとうございます

     2018年あけましておめでとうございます。 といっても、これを書いている時点ですでに七草も過ぎております(笑) Facebookのほうではよく、短かい文を載せるのですが、ブログとなると、考えたことをちゃんとまとめなければならない、土台となる情報も正しいかどう

  • 人工内耳者に対する興味

     11月17日、市内で自主的に開かれている、聴覚障害福祉の研究グループの集まりにお邪魔しました。いつもは10名ほど、と聞いていましたが、この日は20名近くの方が参加していました。 僭越ながら私が、聴覚支援学校の風景と題して様子を報告させていただきました。

  • 中秋の名月

     中秋の名月。仕事帰りに撮影しました。 「中秋」をうっかり「仲秋」と黒板に書き、それは古いと、歳がばれそうになりました。  お月見団子ですが、給食室から作り方のチラシをもらってきた児童が、皆に紹介していました。 「おうちでも作ってもらえるかなあ?」

  • ザリガニでアクティブラーニング

    今度は、教育のホットな話題も取り上げましょうか。 東京オリンピックが開催される予定の2020年、教育関係では学習指導要領の改訂がされます。学習指導要領とは、日本のどこで教育を受けても同じ基準の到達度になるように定められたもので、各学校ともこれを参考にして

  • 13年ぶりの沖縄(2)

     大会後に行ったひめゆりの塔(糸満市)です。沖縄戦の戦跡としてはもっとも有名なものではないでしょうか。ひめゆり部隊の他、似たような任務に就き似たような運命をたどった部隊はたくさんありますが、ひめゆりは小説化により有名になりました。この塔の前に、多くの犠牲

カテゴリー一覧
商用