住所
出身
ハンドル名
マッキーさん
ブログタイトル
マッキーのつれづれ日記 
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/hps_tokyo/
ブログ紹介文
進学教室の主宰が、豊富な経験を基に、受験・教育問題・趣味の山登りや美術鑑賞などについて熱く語る。
自由文
-
更新頻度(1年)

15回 / 238日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2008/01/29

マッキーさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 07/16 07/15 07/14 07/13 07/12 07/11 全参加数
総合ランキング(IN) 11,369位 11,909位 11,933位 11,536位 11,579位 11,584位 11,059位 966,596サイト
INポイント 30 30 20 20 30 20 30 180/週
OUTポイント 30 30 20 30 40 20 30 200/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 39位 39位 38位 38位 37位 37位 32位 9,372サイト
教育論・教育問題 6位 6位 6位 6位 6位 6位 6位 658サイト
今日 07/16 07/15 07/14 07/13 07/12 07/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 28,954位 28,640位 27,968位 26,773位 27,456位 28,180位 27,540位 966,596サイト
INポイント 30 30 20 20 30 20 30 180/週
OUTポイント 30 30 20 30 40 20 30 200/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 99位 97位 93位 83位 88位 93位 90位 9,372サイト
教育論・教育問題 5位 5位 5位 5位 6位 5位 5位 658サイト
今日 07/16 07/15 07/14 07/13 07/12 07/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 966,596サイト
INポイント 30 30 20 20 30 20 30 180/週
OUTポイント 30 30 20 30 40 20 30 200/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,372サイト
教育論・教育問題 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 658サイト

マッキーさんのブログ記事

  • マッキーの『四季を楽しむ』:近隣のアジサイの花

    梅雨の季節も終盤を迎え、咲き誇っていたアジサイの花もみすぼらしくなりました。この鬱陶しい季節に、私たちを一時清々しく感じさせる花として、アジサイは無くてはならない花と言えるでしょう。ただし、実はアジサイの花の美しさを見出したのは、日本人ではなく欧米人でした。アジサイはアジサイ科アジサイ属の植物で、原産は日本に自生しているガクアジサイです。アジサイは、ヨーロッパに持ち帰られ品種改良された結果、現在私達が見るアジサイとなりました。関東周辺では、アジサイが売りの寺が鎌倉に幾つかあります。ただし、アジサイの季節には多くの見物客で溢れます。列に並んでアジサイを鑑賞することが、いまいち情緒がないと感じる人も多いかもしれません。自宅周辺に、毎年綺麗なアジサイが咲く場所を覚えておいて、そのアジサイを味わうのも楽しいことです。ア...マッキーの『四季を楽しむ』:近隣のアジサイの花

  • マッキーの『四季を楽しむ』:今年も鈴虫を飼い始める

    鬱陶しい梅雨空が続いている昨今。今年も、知り合いの田中さんから鈴虫を頂き飼い始めました。昨年は、けっこう大きくなった鈴虫でしたので、もらって帰る電車の中で、元気よく鳴き始めたので焦りました。今年は、まだ小さな鈴虫ですので、鳴き始めるのはもっと先のこととなります。我が家では、生き物係の小学5年生の娘が、今年からセキセイインコを飼い始め、合わせてメダカと鈴虫を飼育しています。セキセイインコの名前が「すずちゃん」で、鈴虫も「すずちゃん」ですので、本人はちょっとしたイントネーションの違いで言い分けていると主張しています。前回のブログでは、昆虫食について綴りましたが、今回は昆虫を自宅で飼う話となります。私たち日本人は、虫を飼う習慣があります。これは世界的にも珍しく、万葉集にも虫の音を題材とした歌があり、平安時代には鳴く虫...マッキーの『四季を楽しむ』:今年も鈴虫を飼い始める

  • マッキーの随想:伊那谷の昆虫食をNHKで見て思ったこと

    NHKの朝の番組で、長野の伊那谷地方の昆虫食について取り上げていました。川の瀬に棲むカワゲラ・トビゲラ・ヘビトンボなどの水棲昆虫「ざざむし」を、網を使って採集し佃煮にして酒の肴やご飯のおかずにして食べます。昆虫食の説明と試食を東京で開くと、多くの人が参加し好評だそうです。信州と言えば、ハチの幼虫「はちのこ」が有名です。私も小学生のころ初めて缶詰の「はちのこ」を食べたことがありました。ウジ虫を連想する形状で、気味悪い食べ物だという印象でした。このブログでも綴った「佐原巡り」のお土産に、小5の娘が食べたいと言った「いなごの佃煮」を買いました。私自身もやはり小学生の時、イナゴの佃煮を母に頼んで買ってもらって食べたことを覚えています。2013年に国連食糧農業機関(FAO)が「食用昆虫食品と飼料の安全に関する将来展望」と...マッキーの随想:伊那谷の昆虫食をNHKで見て思ったこと

  • マッキーの随想:映画「空母いぶき」を観て

    世界的にきな臭い出来事が続いています。また、日本を取り巻く環境が、多くの日本人に現在の自衛隊の置かれている状況に関心を寄せる契機となっています。この映画は、かわぐちかいじ原作のベストセラーコミック「空母いぶき」を実写映画化したものです。私自身は、この映画が封切られて間もなく見ました。映画自体を楽しみたいという欲求よりも、この映画が社会に与える影響の方が気になりました。原作と映画で最も異なる点は、原作では尖閣諸島の中国との領有権争いを契機に、武力衝突が起きるという現実的な課題が取り扱われています。しかし、映画では架空の国家から軍事的行動を受けるように変更され、緊迫感が薄まっています。様々な考慮をした結果なのでしょうが、その結果取り扱う課題に観客の関心がフォーカスされない映画となっています。憲法と自衛隊の位置づけの...マッキーの随想:映画「空母いぶき」を観て

  • マッキーのお出かけ・千葉県佐原巡り

    5月19日(日)、北総の水郷の町・佐原を、山歩きの師匠山縣さんに誘われて、小5の娘もつれて散策しました。ブログ投稿も、しばらくぶりです。投稿する内容が無かったわけではありません。様々な出来事や思索はありましたが、それをブログという形で外部に表現する習慣がしばらくの間無くなっていたということです。小江戸あるいは小京都と呼ばれ、レトロな街並みが保存された場所を訪れることが、旅の一形態となっています。かつて、馬籠・妻籠など旧街道の面影を残した場所が、観光地としてもてはやされたことがありました。私がそうした場所を訪問したのは、はるか昔の大学時代のことでした。日本の昔の面影を残す町並みや風習を、私たちに再度認識させた契機が、近年増加の一途を辿っている外国からの訪日客ではないかと思われます。都会の町並みの形態は、グローバル...マッキーのお出かけ・千葉県佐原巡り

  • マッキーの随想:あっ!これは!

    ヤフオクの宣伝を眺めていると、見覚えのある作品の画像が載っていました。それは、十数年前にシンワアートオークションに私が出品した茶碗でした。極めて偶然の再会でした。その作品は、備前焼人間国宝・山本陶秀の窯変茶碗でした。私自身が、東大寺学園の理事長であり大僧正・華厳宗管長・東大寺別当の清水公照さんに箱書きを依頼して、「銘長沙」を書いて頂いた作品でした。清水公照さんとの出会いは、私がまだ三十代だった頃の話です。清水公照さんは、仏教界の重鎮でしたのでその世界では有名でした。また、書画などの創作も精力的に行っていましたので、美術に関心のある方でしたら知っている人でした。清水公照さんが中国で出会った長沙の風景を、この茶碗の窯変の景色を見ていて思い出したことから、この銘を箱書きしていただきました。様々なお話を伺い、思い出に残...マッキーの随想:あっ!これは!

  • マッキーの『四季を楽しむ』:新宿御苑の春

    3月21日・春分の日、東京で桜の開花が発表されました。無論、それはソメイヨシノの標本木の開花ということです。数日前の日曜日、近隣の散歩に出かけた私でしたが、途中で考えが変わり、新宿御苑に急遽出かけました。その御苑の様子を今日は画像で紹介します。ただ、桜の開花が発表され春分の日ともなると、数日前の季節感が時期外れになってしまうほど、季節の移り変わりは早いと感じます。御苑の新宿門近くのハクモクレンが満開でした。代々木公園にも、ハクモクレンの素晴らしい木があります。純白の花が青空に映えて見応えがあります。下の画像は、ハチジョウキブシの枝垂れる穂状花序です。園内には、早咲きの桜がいたるところで花を咲かせていました。十月桜も、二度目の花を咲かせていました。自宅の近隣でも、現在フユザキオオシマザクラの白い花が見頃です。桜の...マッキーの『四季を楽しむ』:新宿御苑の春

  • マッキーの『四季を楽しむ』:近隣のカワヅザクラが満開

    3月2日(土)、教室へ行く途中で、近隣の公園に回り道しました。高層ビルから眺めたら、ピンクに染まった木々が見えたからです。早咲きの桜のカワヅザクラが満開でした。カワヅザクラは、寒緋桜の遺伝子を含んでいるので、ソメイヨシノよりもピンク色が強く艶やかに感じます。農耕民族である日本人は、桜の開花を農作の号砲のように感じているように思います。特に、雪国新潟で育った私にとって、桜の開花はうきうきする春本番の到来を実感させます。ただ、桜の開花と言うと、一般的にはソメイヨシノの開花です。今年は暖冬でしたので、その開花日は全国的に早くなると予想されています。卒業式も入学式も、ちょうど桜の咲く時期に行われる日本では、桜は人生の節目を飾る花でもあります。「桜咲く」を実現し、我が世の春を感じる人もいるでしょう。あるいは「桜散る」を体...マッキーの『四季を楽しむ』:近隣のカワヅザクラが満開

  • マッキーの教室:都立中高一貫校合格

    今年も、中学受験シーズンが終わりました。今年は、純粋に公立中高一貫校狙いの受検者がいました。私の教室では、今までに小石川・九段・白鷗・両国などに合格実績がありますが、純粋に公立一貫校単独受検は、今回が初めてでした。公立中高一貫校を第一志望としていても、私立受験対策をも含めて指導してきました。それは、幅広い知識を持たせて合格率を上げることが目的でした。そのためには、準備期間が充分にある事と、受験生が体力的にも精神的にも強いことが必要でした。その結果として、高い確率で公立中高一貫校に合格させてきました。私立も併願する受験の場合は、学習範囲が広範囲となります。無論、学校で学習している範囲を超えて出題される私立対策に、かなりの労力をかけることになります。今年の公立一貫校受検者は、6年の授業が開始される受検まで1年という...マッキーの教室:都立中高一貫校合格

  • マッキーの随想:冬期講習が終わり受験の季節に

    冬期講習と正月特訓で年末年始は過ぎました。私の休みは、元旦一日だけでしたので、御屠蘇気分などなれません。この講習が終われば、一年で最も寒くなるこの時期に、いよいよ受験の季節となります。私のブログをご覧の皆様、本年も宜しくお願いいたします。受験生にとって、この時期は入試直前の学習と体調管理が重要となります。インフルエンザも流行する季節、健康を維持することは大切です。また、精神的にもだらけることなく、緊張し過ぎることなく平常心を維持することも必要です。中学・高校・大学受験で、そうした配慮が周囲のアドバイス無に出来ないのが、中学受験生でしょう。模試の成績も、その時の精神状態で変動する生徒も稀ではありません。寒の入りから寒明けまでの時期が寒中で、寒さが最も厳しい時候となります。寒の入りは小寒とも言われ1月5~6日ころで...マッキーの随想:冬期講習が終わり受験の季節に

  • マッキーの随想:虫は無視できない!

    ご存知の通り、20世紀は「石油の科学」の世紀あり、そこに依存した結果、その資源は枯渇しつつあります。代わって、21世紀に大きく羽ばたいているのが、「バイオミメティクス」や「バイオミミクリー」という名前の科学です。“生物模倣技術”と訳されることが多いのですが、人間が一番偉いというのは全くの思い込みで、昆虫などの小さな生物は、優れた機能や体の構造を持っていることが知られています。長い年月を経て、進化したこれらの生物の特性を模倣して、技術開発やものづくりに生かすというのが、「バイオミミクリー」や「バイオミメティックス」です。日本を始め、世界各国で競い合うようにその技術開発が進んでいます。最近こうした技術のニュースを目にすることが多いので、今日はこれを話題として取り上げます。まずはクモの話題です。クモの糸は、強度が鉄鋼...マッキーの随想:虫は無視できない!

  • マッキーの随想:2018年「今年の漢字」で考えたこと

    日本漢字能力検定協会は12月12日、2018年の「今年の漢字」は「災」に決まったと発表しました。一年の世相を表す漢字を一般投票で決める恒例の企画で、19万3214票の応募の中で最多となる2万858票(10.8%)を獲得したそうです。豪雪、島根県西部地震、大阪北部地震、集中豪雨、台風の列島縦断、災害級の猛暑など、振り返れば災害の多い年だったと思います。とりわけ、天候に係る災害が多かったのが特徴で、この傾向は今年ばかりか今後頻発する可能性が指摘されています。また、東日本大震災以降、日本列島周辺の地殻変動は不気味な状態で、将来予想されている震災が心配です。人類が作り出した地球温暖化を原因とする天候災害と、周期性のある地殻変動の波が、重複して日本に押し寄せているといった印象を受けます。日本は、環太平洋造山帯上に位置し、...マッキーの随想:2018年「今年の漢字」で考えたこと

  • マッキーの『四季を楽しむ』:都内で楽しむ紅葉

    12月2日(日)、新宿御苑を経由して神宮外苑のイチョウ並木を見るために出かけました。また、自宅周辺の桜の木は、冬枯れ前の紅葉終盤の時期となりました。下の画像のように、桜の紅葉も奇麗だと思います。紅葉名所として都内で最も人気の公園は、六義園でしょう。特に日没後のライトアップが人気の理由でもあります。今回行った新宿御苑は、日本を訪れた外国人に人気観光スポットだそうで、御苑を歩いていると最近はとても外人が増えたと実感します。頻繁に訪れる私は、この御苑の季節ごとの見どころを知っています。紅葉時期の見所は、大温室前のイチョウの巨木とタムケヤマ、新宿門近くのカエデ、メタセコイアとラクウショウ、サービスセンター前の十月桜などでしょうか。早くも、スイセンの種類のペーパーホワイトが咲き始めていました。タムケヤマ:カエデの園芸品種...マッキーの『四季を楽しむ』:都内で楽しむ紅葉

  • マッキーの教育:今年の年間ベストセラー書籍のランクで考えたこと

    今年の年間ベストセラー書籍のランクが出ていました。年末になると、今年を振り返り、十大ニュース・流行語大賞などのランクなども、新聞の紙面を賑わします。これらは、気の競る師走の風物詩でもあります。今年の書籍ベストセラーの中で、小学4年生の娘に買ってあげた本が、数冊載っていました。1位の「漫画君たちはどう生きるか」と、3位「ざんねんな生き物事典」、6位「続ざんねんな生き物事典」です。1937(昭和12)年に刊行された吉野源三郎の歴史的名著を、2017年に羽賀翔一が初の漫画化した本が、「漫画君たちはどう生きるか」です。たぶん、子どもがこの本を手に取って購入を決めたというよりは、親が読ませたくて子どもに買ってあげた本だったのでしょう。ある意味で、子ども向け哲学書でもある本が、今年売れたのにはやはり理由があると思います。親...マッキーの教育:今年の年間ベストセラー書籍のランクで考えたこと

  • マッキーの教育:子どもの人権に係わる思い出

    子どもの人権に係わる問題が、学校現場や一般社会で今でも絶える事がありません。もう三十年近く前に、国連において採択された「子どもの権利条約」が、子どもの人権に対する見方のエポックだったと思われます。今日綴る出来事は、それよりも遥か以前の私が中学1年の時の忘れ得ぬ思い出です。その当時の学校現場では、今ほど子どもの人権に対する配慮は無かったと思います。教師の生徒に対する殴る蹴るなどは、日常茶飯事でした。そうした出来事を見聞きしても、教師からそうした行為を受ける生徒の方が問題だとされた時代でした。理科の教師にTという教師がいました。指導には熱心でしたが、つい手が出てしまうこともある人でした。この教師の授業中、ある生徒に茶化すような言い方で注意を与えました。その言葉の中に、その子の人権に係わる言い回しが含まれていたように...マッキーの教育:子どもの人権に係わる思い出