searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

りっちゃんさんのプロフィール

住所
香川県
出身
土庄町

私の大好きな小豆島をもっともっと知っていただきたい。小豆島が好きな人をどんどん増やしたい。そんな想いで綴る、小豆島おススメ情報。

ブログタイトル
小豆島に集まれ!たくさんの笑顔たち
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/dreamisland1/
ブログ紹介文
小豆島のいろんな魅力、いろんな秘密をご紹介しま〜す♪
更新頻度(1年)

29回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2007/11/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、りっちゃんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
りっちゃんさん
ブログタイトル
小豆島に集まれ!たくさんの笑顔たち
更新頻度
29回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
小豆島に集まれ!たくさんの笑顔たち

りっちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • よつ葉のクローバー♡

    シロツメグサが咲いているのを発見したので、久々によつ葉のクローバーを探してみました。頑張った結果、よつ葉を3本、五つ葉と六つ葉を1本ずつ見つけました。よっしゃー!!よつ葉のクローバーの葉の1枚1枚には、名声、富、健康、誠実な愛という意味があるそうで、4

  • 今日は立春!

    千枚田を歩いてきました。太陽がポカポカ心地よくて、気持ちのいい棚田散歩。皆さんもぜひ歩いてみてください。かわいい春の花たちも咲き始めています。手前にはてんとう虫くん。レンゲも!これは・・キジムシロ?立春の日の小豆島千枚田。今年も美味しいお米がたくさ

  • ダイダイ大変身!

    今年も作りました!1週間をかけ、炊いて洗ってを繰り返したら、こんなに透明感のある橙ピールができあがるんです。けいちゃん、しょうくん二人が頑張って作ってくれたこの宝石たちは、こまめ食堂のオリジナルアイスになります。おいしい幸せをぜひどうぞ~♬

  • こまめ食堂・年末年始の営業日

    いつも「こまめ食堂」をご利用くださり、どうもありがとうございます。年末年始は、2019年12月25日(水)~2020年1月6日(月)のうち、12月31日(火)のみお休みをいただき、あとはすべて通常通り営業します。皆様のお越しを心よりお待ちしております

  • 大捕物の日

    11月末のある日、お客様が来店された絶妙のタイミングで、何かがすごいスピードで食堂の中に飛び込んできました。一瞬、何が起きたか分からないお客様&スタッフ(゚∇゚ ;)エッ!?その後、イソヒヨドリが厨房の中にまで入り込んできたため、「あ、イソヒヨドリが入ってきたのか。

  • ここ掘れわんわん♪

    今年もサツマイモを掘りました。いつも以上に大きく大きく成長していて、大豊作です。くるくる回しながら葉っぱを切り、マルチを取り除いたら、手で掘り出します。最初はカチカチだった土が、数年のうちに少しずつ改良されたようで、嬉しいくらいふかふかに。手でも簡単に

  • 風の中のカモメたち

    風と戯れるカモメたちがあまりにかわいくて、時間がないのに焦りながらしばし見とれてしまいました。

  • 今度は中山の虫送り

    今日はこまめ食堂がある中山の虫送り。大勢の人たちが手に手に火手を持ち、稲虫を海の彼方に追い払ってくれました。

  • 肥土山の虫おくり

    今日は夏至から数えて11日目、太陽の黃経が100度になる半夏生(はんげしょう)の日です。土庄町肥土山でも300年前から続く恒例の虫おくりが行われました。虫おくりの始まりは、江戸時代にイナゴが大発生して飢饉が起こり、100万人近い人が餓死したことに遡ります。稲を

  • おいしくな~れ

    お米の次はサツマイモ。翔くんが作ってくれた畝に、ひと苗ひと苗丁寧に植え付けていきます。大きく、おいしく育つんだよ。

  • 2日目のこまめ苗

    田植え機で植えたこまめ苗と手植えしたこまめ苗。手植えの方は若干間隔を狭くして植えています。最初の頃は、ジグザグになったり、ちゃんと植わってなかったりする苗もチラホラあったけど、植え方もだんだん上手になってきて、水を入れても浮き上がってくることなく、しっ

  • 今年も始まりました!

    こまめ田のお米づくりが始まりました。お借りしている5枚の田んぼのうち、3枚を田植え機で、2枚を人力で稲を植えていきます。翔くんが夜なべ(?)して新調してくれた田植え紐、新たに若干の修正を加えた結果、ますますいい仕事っぷりとなりました。狭い場所では、この木

  • おにぎりのもと

    千枚田の1枚1枚に空が映る美しい季節。いよいよ明日、こまめ田も田植えの日を迎えます。今年もおいしいお米作りの始まりです。

  • 幸せの花

    怒涛のゴールデンウィークから始まった瀬戸内国際芸術祭春会期のドタバタの中、ふと気づいたら、オリーブの花が今年もちゃ~んと咲き始めていました。幸せの花、平和のシンボル、オリーブ。どうかウキウキするような楽しいことがやってきますように。春会期終了まであと

  • 田植えの季節

    怒涛のゴールデンウィークが終わったと思ったら、千枚田の田植えが一気に進んでいました。これから徐々に、王さんの「小豆島の恋」が緑色に輝く千枚田に彩られていきます。

  • 輝く季節のはじまり

    千枚田に水が入り始めました。間もなく田植えが始まります。

  • 小豆島の恋 お披露目の会

    王文志さんの「小豆島の恋」が完成! 今日はめでたいお披露目の会でした。2010年の作品制作の時から生えていた2本の木が、今回も作品の玄関です。入ってすぐに、最初のもじゃもじゃコーナーが。ここには1つの大きな石が置かれています。京都のお寺で見た石があるお庭にイ

  • 春の日

    麗らかな春の日。満開の桜と可憐なれんげ草。王さんの「小豆島の恋」もいよいよラストスパート。中には、石を配置することで日本庭園を造り、段々になった竹の階段を作ることで棚田を表すなど、様々な趣向が凝らされています。いよいよ全容が見えてきた「小豆島の恋」。来

  • HAPPY BIRTHDAY

    とっても嬉しいバースデーケーキが届きました!!緑の田んぼの中にこまめ食堂が佇んでいます。Nさん、いつもどうもありがとうございます。このケーキのように、大きな花を咲かせられるようみんなで努めます。

  • 国境を越えて・波

    大急ぎで片付けをして、今日は大部で作品制作をしているリン・シュンロン(林舜龍)さんの現場にお邪魔してきました。王さんの親友でもある林さんが、今回は王さんと同じ竹を使った作品を作る!とお聞きし、興味津々だったのです。みんなの後ろに作られているのが、作品の真

  • 誕生日~♬

    4月1日、こまめ食堂は満8歳の誕生日を迎えました(2011年の再スタートから)。今年もHさんご夫妻からお祝いのお花をいただきました。可愛い花々の寄せ植えです。すっかり忘れていた私たち。嬉しさとともに、改めて頑張ってきた歳月をしみじみ噛み締めました。Hさ

  • 小豆島の恋 着々と・・

    台湾の作家、王文志さんの作品「小豆島の恋」。急ピッチで制作が進んでいます。トンネルとスロープ。積極果敢に制作を続ける王さん。すっごく広がりのある作品が、日に日に形を現しています。

  • 花盛り~♪♪

    青空の下に十月桜が満開。かわいい♬山桜も咲き始めました。あっちにもこっちにも、ツクシがすくすく。つくし誰の子スギナの子。スモモの花は終盤。6月には真っ赤な美味しい実を実らせます。サンシュユの黄色い花もかわいく花盛り。「小豆島の恋」は、2階に上がるスロープ

  • 小豆島の恋 12日目

    とうとう上が丸くくっつきました。通路の床も急ピッチで制作されてます。美しいなー。1階部分のトンネル。通り抜けたらここに出てきます。反対側に伸びてる通路はこんな感じ。テラスに進む木漏れ日の道になる予定。今回、ものすっごく速く進んでいる気がします。しかも、

  • お彼岸

    お彼岸なので、こまめ食堂の今日のデザートはおはぎです。

  • 小豆島の恋 6日目

    昨日の夕方、こまめスタッフみんなで「小豆島の恋」を見に行ってきました。周りをうろうろして、みんなで想像をふくらませてみましたー!以下、今の様子からの勝手な想像です。門柱の役割をするこの2つの石の間を通って中に入っていくと、今までの作品では入ることのでき

  • 小豆島の恋 5日目

    今日の「きゅうけーい!」タイム。急ピッチで床面の制作が進んでいます。床面が完成したら、今回もきっと寝転がって青空を見上げるのだ!足場が組まれる前の一時しか体験できない幸せな空間。私の野望が火を吹きますところで中心の石、2つが寄り添ってますね。これは

  • 小豆島の恋。

    青空のもと、作業がどんどん進んでいく様子に、心がそわそわ。おぜんざいを炊きました。こちらが今回の王さんチームの皆さん。懐かしいお顔や初めてのお顔。3年に1度のとても嬉しい再会です。風が冷たかったこともあり、喜んでいただけて何よりでした。「小豆島の恋」の中

  • 始まりました。

    バタバタしているうちに、小豆島はすっかり春。白に黄色に、青空に映える優しい色合いの花々が咲いています。そんな中、こまめ食堂がある中山では、王文志さんの作品制作が始まりました。今回のタイトルは、「小豆島の恋」。さあ、瀬戸内国際芸術祭2019、始動です。

  • おいしい♬は回して作られる

    こまめ食堂がお世話になっている魚屋さん魚伝に行ってきました。冬場の魚伝は、魚の処理に大忙し。ウロコを取って、取って、取って。。。きれいに洗ったらぐるんぐるん回して、おいしい干魚を作ります。この魚はガンゾウガレイ。味がめっちゃ濃くて、焼いても揚げてもおい

カテゴリー一覧
商用