searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

あーちゃんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
健康・病気・症状相談コーナー(あーちゃんの部屋)
ブログURL
http://aachan1219.jugem.jp/
ブログ紹介文
分かりやすい!!健康・病気のチョ〜お役立ち情報が満載です。
更新頻度(1年)

1回 / 365日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2007/08/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、あーちゃんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
あーちゃんさん
ブログタイトル
健康・病気・症状相談コーナー(あーちゃんの部屋)
更新頻度
1回 / 365日(平均0.0回/週)
読者になる
健康・病気・症状相談コーナー(あーちゃんの部屋)

あーちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • 病気相談:血栓症、紫斑、DIC、ワーファリン、抗リン脂質抗体症候群など

     <お知らせ1>「臨床に直結する血栓止血学」(改訂2版)(中外医学社):平成30年10月発刊。項目によっては、医療関係者でなくてもお読みいただける記事もあります。初版から5年経過して、血栓止血領域には大きな進歩がありました。ページ

  • 病気・症状相談:血栓症、DIC、ワーファリン、抗リン脂質抗体症候群など

    人気blogランキングへ(病気・症状のテーマ) へ! <お知らせ1>「臨床に直結する血栓止血学」(中外医学社):平成25年10月発刊。項目によっては、医療関係者でなくてもお読みいただける記事もあります。新規経口抗凝固薬(プラザキサ

  • 症状・病気相談コーナー

    ご質問は、各コメント欄でお受けしています。ご自分の症状や病気と関連した記事のコメント欄でご記入くださいませ。最新記事でコメントいただく必要はございません。どの記事にコメントいただいても(昔の記事であっても)、こちらですぐ把握できます。同じコ

  • 病気・症状相談コーナー:出血・血栓症・DIC

     このサイトでは、病気・症状などの、ご相談、ご質問に対して回答させていただいています。人気blogランキングへ(病気・症状領域)←人気ブログランキングに参加中です。特に、以下は全力で回答させていただきます。1)血栓症(深部静脈血栓

  • DIC、深部静脈血栓症のご相談

    本日、以下のご相談をお受けいたしました。ポイントを箇条書きにさせていただき、分かる範囲内で回答させていただきます。(ご相談内容)---------------・ 本年2月より某がん(臓器名は伏せます)で入院中。肝臓に転移あり。・ 入院直前よ

  • 病気・症状相談:血栓症、DIC、ワーファリン(PT-INR)など

    本サイトでは、病気・症状などの、ご相談、ご質問に対して回答させていただいています。人気blogランキングへ(病気・症状領域)←人気ブログランキングに参加中です。各記事のコメント欄に書いていただきますと、同じ記事のコメント欄で回答させていただ

  • 症状・病気の 総リンク集 【総括】

    「一般の方に分かりやすい!」が目標です(一部は医療関係者用)。下リンク集から、希望記事をご覧頂けます。ご質問はコメント欄でお受けしています。人気blogランキングへ(病気・症状のテーマ) ←ワンクリックでご支援いただけますと嬉しいです!<総

  • ウイルス性胃腸炎の流行?:悪寒、発熱、腹痛の症状

    本日、管理人が在住する市内の病院で診療にあたったところ、ほとんど同じような症状を訴えられる数人の患者様を拝診する機会がありました。ウイルス性胃腸炎ではないかと思っています。1)    悪寒、発熱で初発2)&nb

  • 相田みつを美術館と、心のヒーリング

    夏休みを利用して、相田みつを美術館を訪れました。管理人のお気に入りのスポットです。東京駅と有楽町駅の間の、東京国際フォーラムの地下1階にあります。東京国際フォーラムは、学会も良く開催される場所で、いろんな機会を利用して既に数回、訪れています

  • 新型インフルエンザの症状

    ・人気blogランキングへ(病気・症状のテーマ)新型インフルエンザの報道が大変気になります。本来は、インフルエンザウイルスは高温多湿に弱いはずですが、この調子ですと冬場が大変心配です。最新情報によりますと、日本における現在の感染者数は、約5

  • HIV/AIDS(エイズ):日本国籍男性の感染経路別(同性間性的接触など)2008

    HIV/AIDS(エイズ):日本における現状(感染経路別)2008より続く今回も、厚生労働省エイズ動向委員会の報告からです。人気blogランキングへ上図は、日本国籍男性HIV感染者の感染経路別年次推移です(男性のみでのグラフになっています)

  • HIV/AIDS(エイズ):日本における現状(感染経路別)2008

    HIV/AIDS(エイズ):日本における現状(国籍別・性別)2008より続く厚生労働省エイズ動向委員会の報告からの記事を続けたい思います。人気blogランキングへHIV/AIDS(エイズ)に関して、HIVの感染経路はどうなっているのでしょう

  • HIV/AIDS(エイズ):日本における現状(国籍別・性別)2008

    HIV/AIDS(エイズ):日本における現状(感染者数/患者数)2008より続く今回も厚生労働省エイズ動向委員会の報告からです。HIV/AIDS(エイズ)は、日本国籍と外国国籍、男性と女性別に見るとどうなっているでしょうか?人気blogラン

  • HIV/AIDS(エイズ):日本における現状(感染者数/患者数)2008

    HIV/AIDS(エイズ)は、日本で現在どのような状況にあるのでしょうか。人気blogランキングへマスコミでの取り上げ方が少ないと、日本ではHIV/AIDS(エイズ)が下火になっているものと、国民の皆様に勘違いされてしまうことがあるかも知れ

  • 閉塞性動脈硬化症とアスピリンのワーファリン使い分け

    閉塞性動脈硬化症(ASO)の記事を続けたいと思います。この病気には、抗血小板薬(アスピリンなど)は有効ですが、ワーファリンは無効です。しかも、ワーファリンの併用は出血の副作用を増加させるのみであるとの報告があります。アスピリンとワーファリン

  • 脊柱管狭窄症とオパルモン、プロサイリン、ドルナー

    脊柱管狭窄症という病気をご存知でしょうか。テレビを通して、お茶の間でも人気の、み●も●●さんの病気としても一時期有名になりました。背骨の中を、脊髄という神経の束が通っていますが、この脊髄が通っているところが、脊柱管です。脊柱管狭窄症は、文字

  • 下大静脈フィルターと深部静脈血栓症

    下大静脈フィルターの本来の意義は、文字通り血栓が肺に飛んでいかないように補足しようということにあります。下肢の深部静脈血栓症(DVTと略します)は、それのみでは致命症になる訳ではないのですが、DVTの血栓の一部がはがれて、血液の流れにそって

  • 深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)と血栓性静脈炎(静脈瘤他)

    静脈瘤(あし:下肢で)に炎症を生じて血管が痛くなった患者さんが、自分はエコノミークラス症候群(深部静脈血栓症→肺塞栓)ではないかということで、ご相談を受けることが良くあります。これは、静脈瘤に血栓性静脈炎を合併したということであって、深部静

  • 深部静脈血栓症と線溶療法(ウロキナーゼ、t-PA)

    深部静脈血栓症(deep vein thrombosis:DVT)は、片方の下肢の静脈に血栓がつまってしまい、片方の下肢がパンパンに腫れて痛い病気です。ただし、臨床症状がほとんどない、あるいは全くないにもかかわらず、下肢静脈エコーによって初

  • 整形外科術後のDVT(深部静脈血栓症)

    人工膝関節置換術(TKA:total knee arthroplasty)人工股関節置換術(THA:total hip arthroplasty)上記は、整形外科でしばしば行われる手術です。なんと、TKAでは50〜60%、THAでは20〜3

  • 納豆と、アスピリン、ワーファリン、プラビックス

    質問:「血栓症を予防するお薬をのんでいる人は、納豆は食べれないってテレビで報道していました。私は、心筋梗塞を予防するためにアスピリンを内服しているのですが、納豆を食べてはいけないのでしょうか?」答え:ワーファリンというお薬を内服している人は

  • アスピリンとワーファリンの使い分け(間違い処方)

    代表的な血栓症(thrombosis)としては、脳梗塞、心筋梗塞、深部静脈血栓症、肺塞栓などが知られています。これらの血栓症に対する治療を、抗血栓療法と言います。 血栓症の臨床(図解)総目次 ← クリック 人気blog

  • 症状・病気・治療相談:血栓症、出血、DICほか

    このブログでは、健康、病気・症状などのご質問に対して回答させていただいています。人気blogランキングへ(病気・症状領域)←人気ブログランキングに参加しています。ワンクリックで応援いただけますと、とても嬉しいです。各記事のコメント欄に書いて

  • 頭痛薬:SG顆粒など

    一般内科でご相談をお受けする中で、最も多い症状の一つに頭痛があります。 慢性の頭痛にはいろいろなタイプがありますが、多い順に、筋緊張性頭痛>片頭痛>>>群発頭痛だと思います。 ここでは、内科で最も遭遇しやすい、筋緊張性頭

  • 血液型O型の人ではvWFが低下する。

     フォン・ヴィレブランド因子(von Willebrand factor:vWF)は、止血(hemostasis)に必要な重要な因子の一つです。血小板が、破綻した血管に粘着する時に、vWFが必要となります。フォン・ヴィレブランド病

  • 「天使と悪魔」(主演:トム・ハンクス)を鑑賞して。

    今回は、医学関係の記事ではありませんが、本日の感動を記事にしておきたいと思います。 映画「天使と悪魔」(主演:トム・ハンクス)を鑑賞してきました。素晴らしいです。 「ダヴィンチコード」の原作者&監督の第2弾だそうです。&

  • 鼻血が止まらない。

    出血は、目につきやすい症状であるため、患者さんにとって病院受診のきっかけになりやすいと思います。 出血しやすくなる病気は、多々あります。 その中に、von Willebrand病(フォン・ヴィレブランド病)という先天性の

  • 胃がんと胃潰瘍(かいよう):症状

    胃がんと胃潰瘍は、どっちが痛いでしょうか? 症状・病気の 総リンク集 【総括】答えは、胃癌ではなく胃かいようです。内科外来で腹痛(みぞおちの痛み)のご相談を受けることは大変多いです。その中には、自分はみぞおちが痛いのだけれども、胃

  • 高コレステロール血症:いつまでお薬をのむか。

    健康診断の結果、コレステロールが高いということで、病院受診をすすめられることはよくあるのではないかと思います。高コレステロール血症は、現代病の一つかも知れません。 食事療法で十分な効果が得られない場合には、薬物療法を考えることにな

  • 病気・症状のご相談をお受けしてます:血栓症、出血、DICほか

    この度は、御訪問いただきありがとうございます。このブログでは、健康、病気、症状などのご質問に対して回答させていただいています。人気blogランキングへ(病気・症状領域)←人気ブログランキングに参加しています。多くの病気・症状を扱かっています

カテゴリー一覧
商用