searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ディープインパクトさんのプロフィール

住所
甲賀市
出身
甲賀市

映画が好きな人もよろしくお願いします。

ブログタイトル
ザ・競馬予想(儲かるかも?)
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/goo0348_2007/
ブログ紹介文
主に競馬予想をしています。綿密な予想をしていますのでレース予想において、参考になるとおもいます。
更新頻度(1年)

59回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2007/04/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ディープインパクトさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ディープインパクトさん
ブログタイトル
ザ・競馬予想(儲かるかも?)
更新頻度
59回 / 365日(平均1.1回/週)
読者になる
ザ・競馬予想(儲かるかも?)

ディープインパクトさんの新着記事

1件〜30件

  • 競馬 マイルチャンピオンSの予想(2020)

    マイルチャンピオンSの予想豪華メンバー集結。なかなか凄いメンバーが揃った。しかし、しかしそれでもやっぱり本命は5番のグランアレグリア。コース、距離、能力から不安要素がまるでない。しかし、油断は禁物。もしかしたらこの馬に勝てる可能性があるのは単穴候補に挙げる2頭。まずは8番のインディチャンプ。休み明けは不安だが、安田記念においてそれほどグランアレグリアと差があるように思えなかったし、昨年に引き続いての連覇の可能性はある。次に大外17番枠のサリオス。3歳馬ではトップクラスだし、グランアレグリアとの対戦においては未知数の魅力がある。前走の毎日王冠での走りは大物感たっぷり。既にコース経験もあるので三歳馬からくる経験の浅さがハンデになることはないだろう。◎4グランアレグリア▲8インディチャンプ▲17サリオス△2レシステン...競馬マイルチャンピオンSの予想(2020)

  • 競馬 エリザベス女王杯の予想(2020)

    エリザベス女王杯の予想最近の競馬界は牝馬が強すぎて、GⅠレースでも牡馬に平気で勝つ馬が続出。エリザベス女王杯は本来ならば世代を問わない牝馬最強レースとして君臨しているはずなのだが、もはやそこまでの意義はなくなった。しかし、今や牝馬路線の層は厚い。今年も牡馬相手のGⅠレースに出走しても充分に通用しそうな馬が多く出走。上位拮抗の楽しみなレースになった。予想する重要ポイントである展開を考えると逃げ馬が不在。どの馬が先手を取るのかわからないが9番のウインマリリンが今までのレース振りから逃げるか?いずれにしろ今回はスローペース濃厚。しかも、今年は京都コースから阪神内回りのコースに変更。さらに直線が短いコースだと思うと、先行馬が明らかに有利。しかも、スローペースで団子状態のレース展開を考えると外を回って差してくる馬はノーチ...競馬エリザベス女王杯の予想(2020)

  • 映画 何がジェーンに起こったか?(1962) 女同士の戦いです 

    男同士のプライドを賭けた戦いを観ると熱いものがこみ上がってくるものがあるが、今回紹介するのは世界一仲が悪いように見える姉妹の争いを描いた映画何がジェーンに起こったか?。ベティ・デイヴィス演じる妹が遺恨、憎悪、嫉妬を剥き出しにして、ジョーン・クロフォードを演じる姉を虐げる。男性である俺は女性のイジメってこんなに陰湿なのかと思わず恐怖におののいた。内容を紹介してしまう前に予備知識として姉妹を演じるジョーン・クロフォードとベティ・デイヴィスの2人の女優について少しばかり説明しておいた方が良いだろう。2人ともハリウッド黄金期の1930年代~40年代にかけての大スター女優。前者はグランド・ホテル、後者は黒蘭の女といった名作にも出演している。しかしながら美人女優というのは悲しいかな年齢を重ねると人気は減少、それにともない出...映画何がジェーンに起こったか?(1962)女同士の戦いです

  • 競馬 天皇賞(秋)(2020)

    天皇賞(秋)の予想今年の競馬は記録づくめ。そして今週も芝GⅠレース8勝という大記録が掛った一戦。過去の偉大なる名馬が成し遂げることが出来なかった記録に挑むのがアーモンドアイ。実現の可能性はかなり高いと見る。東京2000Ⅿコースで行われる今回はこの馬のベストパフォーマンスが見せられる舞台。馬場も関係なく、スピード、スタミナも申し分なく、トップスピードに入ってからのバネの効いた走りは歴代名馬の中でもトップクラス。休養明けが大得意となれば、死角がない。今週も歴史的瞬間を目にすることができるだろう。◎9アーモンドアイ▲4ダノンキングリー▲6フィエールマン▲7クロノジェネシス△3ダイワギャグニー△9キセキ△10スカーレットカラー×1ブラストワンピース×2カデナ×11ダノンプレミアム本命は9番のアーモンドアイ。これは決定。...競馬天皇賞(秋)(2020)

  • 競馬 スワンS予想(2020)

    スワンSの予想今年は特殊な状況であったが、クラシックロードは牡牝馬ともに無敗三冠馬誕生という歴史的な年になった。こんな凄い場面にでくわすともう競馬をやめようかとおもってしまう、というのは嘘。競馬というのはまだまだ我々に想像してないようなドラマを見せてくれるから死ぬまで辞められない。さて、京都競馬場が新しく改修されるが、最後の重賞であるのがスワンS。明日の天皇賞のためにも何として馬券をゲットしたいものだ。それにしても先週の菊花賞を見ていると各馬が内を開けて走っていたのだが、相当インは荒れていそうだ。外枠が有利なレースになっている。人気馬の枠順は最内と大外で明暗を分けた。これなら休み明けでも京都のGⅠレースを勝っている16番のステルヴィオを本命にしたくなる。相手は最内枠は不利だが、斤量はかなりのアドバンテージに思え...競馬スワンS予想(2020)

  • 映画 情事(1960) 釈然としないですが・・・ 

    政界、芸能界、スポーツ界にと次々に不倫をしてしまうゲス男のニュースが報道されている。寄りによって、どうして誰もが羨むような奥さんがいながら男は浮気をしてしまうのか?家庭だけでなくカネや名誉まで捨てて浮気してしまう彼らの行動だが、愛する女性には一途に尽くす俺には到底理解できない。しかしながら、一方で不思議なのがさっさと離婚しない奥様の方。こんなサイテーな旦那なんか捨てちまえと俺なんかは思ったりするのだが、夫婦のみならず男女の仲というのは本当に難しい。そんな男女関係を描いた名作といえば今回紹介する映画情事。前述した日本男子達もかなりヒドイ奴に思えるが、本作の主人公である男性イタリア人も相当にイタイ。ところがもっと興味深いのがモノクロの画像の中でも輝くブロンド女優であるモニカ・ヴィッティ演じる女性の行動及び心理。個人...映画情事(1960)釈然としないですが・・・

  • 競馬 菊花賞予想(2020)

    菊花賞予想牡馬も無敗三冠馬の誕生を期待します。◎3コントレイル△1ディアマンミノル△4マンオブスプリット△5サトノインプレッサ△6ヴェルトライゼンデ△7ダノングロワール△9アリストテレス△10サトノフラッグ×8ディープボンド×11バビット×14ヴァルコス×18ビターエンダー買い目三連単フォーメーション1着32着1、4、5、6、7、9、103着1、4、5、6、7、8、9、10、11、14、18合計70点競馬菊花賞予想(2020)

  • 競馬 富士ステークス予想(2020)

    富士ステークス予想先週の秋華賞は久々のヒット。その勢いに乗って菊花賞もガッチリ的中させたいところ。その前に富士ステークスを予想する。3歳馬と古馬の力関係、斤量など色々と悩ましい。上位10頭ぐらいはどれが勝ってもおかしくない大混戦。そんな中でも本命に5番のヴァンドギャルドを指名する。前走の安田記念は10着だったが、4コーナーで不利があった。それまでの重賞の連戦も6着、3着と結果が出ていないが、出遅れが響いた。しかし、マイラーズCにおける3着は出遅れた上に超スローペースを大外を追い上げてのもの。能力は重賞を勝てるだけのものはある。この馬に関しては休養明けは苦にならないタイプだし、東京コースも良いし、少し渋るぐらいの馬場も大丈夫。7番のスマイルカナが逃げるが、11番のラウダシオンが2番手で絡んでくる流れならスローペー...競馬富士ステークス予想(2020)

  • 競馬 秋華賞の予想(2020) 無敗三冠牝馬の誕生です

    秋華賞の予想今年はコロナの影響で競馬は無観客が続き、俺の競馬の予想頻度もダダ落ち、それでも競馬の予想はしていたのだが、実を言うと全く的中せず。ここから改めての仕切り直し。そんな俺の復活を後押しするのがデアリングタクト。休養明け、展開など不安要素はあるがこの世代では能力がズバ抜けている。一着固定のフォーメーションでガミるのを覚悟で予想を組み立てる。◎13デアリングタクト△2リアアメリア△3マルターズディオサ△5ウインマイティー△8ソフトフルート△10クラヴァシュドール△12マジックキャッスル△16パラスアテナ×1ミヤマザクラ×7ムジカ×11フィオリキラリ×17ウインマリリン買い目三連単フォーメーション1着132着2、3、5、8、10、12、163着1、2、3、5、7、8、10、11、12、16、17合計70点競馬秋華賞の予想(2020)無敗三冠牝馬の誕生です

  • 映画 リンカーン弁護士(2011) 少しばかりダーティーな弁護士ですが・・・

    タイトル名だけなら歴代の中でも人気のある元アメリカ大統領を想像してしまいそうになるが、全く関係ない。だいたい弁護士が主人公の映画となると、正義感に溢れた熱血漢というのがよくあるキャラクター設定。しかし、今回紹介する映画リンカーン弁護士の主人公は、金払いが良ければ相手を選ばず依頼を引き受ける男。裁判まで持ち込まずに司法取引で犯した罪を軽くしてやるのが得意の刑事専門の弁護士だ。そして、この弁護士が普通とは違うのが、事務所を構えないで、愛車リンカーンの後部座席を事務所代わりに使っていること。ロサンゼルス中の裁判所をリンカーンで駆け回り、カネになる仕事を探し回っている。実はタイトル名はココからきている。・この弁護士はちょっとワルなグループと付き合っていたり、法律スレスレのところで上手く立ち回っていたりで、個人的にはあま...映画リンカーン弁護士(2011)少しばかりダーティーな弁護士ですが・・・

  • 映画 フォーンブース(2003) 時代遅れの設定ですが・・・

    今や小学生でも携帯電話を飛び越えてスマートフォンを持っている時代。田舎はもちろん都会においても電話ボックスなんかあっても場所の無駄にしかならない。全編に渡って電話ボックスの中が舞台という時代遅れ感丸出しの映画が今回紹介するフォーンブース。実は本作が公開された2003年においても既に携帯電話が普及している時代。しかも、折りたたみ式の携帯電話の時代だからまだ本作を観ていない人にとっては相当なレトロ感を覚えるかもしれない。そんな映画を今さらながら紹介してしまう当ブログはいかにも時代錯誤の批判を受けそうだが、忘れ去られそうで面白い映画を適当なタイミングで掘り出してくるのも当ブログの役割だ。さて、電話ボックスというワンシチュエーションだけで、これだけスリル満載の映画が作れることに驚けるストーリーの紹介を。自称やり手のメデ...映画フォーンブース(2003)時代遅れの設定ですが・・・

  • 映画 夏の夜は三たび微笑む(1955) ベルイマン監督のラブコメです

    スウェーデンが生んだ20世紀を代表する映画監督であるイングマール・ベルイマン。映画史に残る傑作を多く遺した名匠だが、その作品群において人間の奥深くに潜む、葛藤、苦悩、絶望をえぐり出した。そんな彼の作品の中でも今回紹介する夏の夜は三たび微笑むは異色中の異色であるラブコメ。しかも、本作はベルイマンの名を世界に知らしめた記念碑的な作品だ。映画界に名を遺すほどの大監督はやっぱりどんな分野においても素晴らしい作品をいとも簡単につくってしまうことを証明するかのようなストーリーの紹介を。かつてはプレイボーイだった弁護士のフレデリック(グンナール・ビョルンストランド)は今では成人した息子ヘンリク(ビヨルン・ビェルヴヴェンスタム)の良き父親であり、まだ16歳の若妻のアン(ウラ・ヤコブソン)の良き夫でもある。ところが、ある夏の日の...映画夏の夜は三たび微笑む(1955)ベルイマン監督のラブコメです

  • 競馬 宝塚記念の予想(2020)

    宝塚記念の予想阪神競馬場も時計が掛かるようになり、渋った馬場。瞬発力よりも粘り強さと先行力のある馬が有利か。内側の馬場は相当悪そうだし、外枠に入った馬の方が気楽に勝負できるか。そんな訳で外枠で先行できそうな18番のブラストワンピースが本命だ。相手は昨年の香港ヴァーズでは強豪の香港馬やここでも人気しそうなラッキーライラックを子ども扱いした3番のグローリーヴェイズ、中距離での能力はピカイチの5番のサートゥルナリア、外枠に入り、好位でレースできそうなクロノジェネシスが逆転候補。◎18ブラストワンピース▲3グローリーヴェイズ▲5サートゥルナリア▲16クロノジェネシス△11ラッキーライラック△13ダンビュライト△14キセキ△15スティッヒフェリオ×10メイショウテンゲン買い目三連単フォーメーション1着102着3、5、11...競馬宝塚記念の予想(2020)

  • 競馬 ユニコーンS&函館スプリントSの予想(2020)

    今日は東京と函館で重賞がある。特に東京競馬場で行われる3歳限定のダートの重賞であるユニコーンSはこれまでの勝ち馬に大物が出ている出世レース。これは見逃せないレースだろう。ユニコーンS予想今年は好メンバーが揃った。この中からドバイやアメリカのGⅠレースを勝てるような大物がでるかもしれない。展開の方だが8番のオーロラテソーロはどうやら控えるか。そうすればスタートが良くてスピードのある5番のレッチェバロックの単騎逃げが濃厚。有力馬のカフェファラオは前走は出遅れているし、デビュー戦にしてもスタートがそれほど早くないので中団よりも後ろになりそうだ。レッチェバロックの逃げなら淀みの無い流れになり、実力馬は各々が能力を発揮しやすい流れになるだろう。俺の本命は現在の日本競馬の調教師と騎手の黄金タッグを組んでいる馬が本命だ。◎5...競馬ユニコーンS&函館スプリントSの予想(2020)

  • 映画 ジャスティス(1979) 悩める弁護士が見れます

    ハリウッド映画というのは本当に法廷映画の分野において傑作が多いが、今回紹介する映画ジャスティスもその例に漏れない。ちなみにジャスティスとは正義という意味。しかしながら、正義の意味をマトモに理解している人間は俺も含めて殆ど居ないし、人によって考える正義というのは違うのかもしれない。さて、アル・パチーノ演じる主人公である弁護士の最初の登場シーンが非常に面白い。いきなり刑務所に投獄されている惨めな姿が見られる。それにしても、なぜ弁護士ともあろう人間が刑務所に入っているのか。そこには憧れの職業である弁護士の姿はまるでない。法廷映画ならではのサスペンスやスリルは二の次。そんなことよりも真っ当な弁護士が何かと悪戦苦闘する姿を通して、司法制度の限界、法の矛盾が描かれている。法治主義の下に生きる我々にとって、なかなか考えさせら...映画ジャスティス(1979)悩める弁護士が見れます

  • 競馬 エプソムC&マーメイドSの予想(2020)

    知っている馬ばかり出走するGⅠレースなんかは的中して当然だろうと思っているのだが、今年の春は桜花賞とヴィクトリアマイルしか的中させることができていないという低落ぶり。皐月賞で3着に来る馬を見分けられなかった自分の甘さに反省。なんとも悪い流れに襲われているが、今週はGⅠレースがないのが幸運。ここで一気に悪い流れを吹っ飛ばして宝塚記念は的中させると思っているのだが、今週の両重賞レースは予想する側には非常にハードルの高いレースになった。しかも、両重賞とも道悪競馬で馬場コンディションの見分け方が難しい。こういう時は肩の力を抜いて予想するに限る。エプソムCの予想俺の本命は重賞ぐらいはクリアする能力のある5番のピースワンパラディ。能力がある上に渋る馬場もこの馬には良い。しかも東京コースは走り慣れた舞台。ここは大崩れは考えに...競馬エプソムC&マーメイドSの予想(2020)

  • 競馬 安田記念の予想(2020)

    安田記念の予想今年は頭数割れながらバリバリのGⅠホースが数多出走してくる豪華メンバー。それでもアーモンドアイの能力が一枚抜けているのが大方の一致した評価だろう。前走のヴィクトリアマイル化の中2週という初めての間隔が詰まったローテーションを心配する向きがあるが、その前走が調教並みのレース振り。それでいて驚異的なタイムで東京1600Ⅿを走り抜けてしまうのだから、今回のレースにおいて不安視する必要はないだろう。むしろこの馬の心配は時々出遅れるスタート。道中の位置取りで後手を引くようだとメンバー構成的にスローに近くなるような遅いペースが問題だ。そうなると他の馬にもチャンス。いくらアーモンドアイが偉いと言っても超一流マイラー達が黙っていないし、各陣営も色気ありありなのがコメントからわかる。◎2ダノンキングリー〇5アーモン...競馬安田記念の予想(2020)

  • 競馬 日本ダービーの予想(2020)

    いよいよ日本ダービー。毎年この日のために俺は生きている。さて、今年の日本ダービーだが皐月賞で無敗対決でコントレイルVSサリオスが注目を浴びたが、あのレースを観た感じでは接戦だったが、東京2400Ⅿとなるとコントレイルの方が更に強そう。ここで逆転は難しいだろう。しかしながら、コントレイルを脅かすような馬も見当たらない。このところGⅠレースでは1番人気の馬がしっかり結果をだしているが、今回もガチガチの本命だが、逆らえそうにもないっか。逆転するような馬をあげるとすれば、高速馬場の今の東京コースを考えると昨年のダービーのロジャーバローズのような先行する馬、あるいは皐月賞で能力を発揮できなった馬になるだろう。◎5コントレイル▲8ビターエンダー▲15サトノフラッグ△1サトノインプレッサ△3ワーケア△9ダーリントンホール△1...競馬日本ダービーの予想(2020)

  • 映画 地下室のメロディー(1963) 全編に渡って流れる音楽が良いです

    当時のフランスの二大新旧大スターであるジャン・ギャバンとアラン・ドロンが共演した大金強奪を描いたクライムサスペンス映画の傑作が今回紹介する地下室のメロディー。冒頭からラストまで幾度と流れる(テーマ音楽←聴きたい人はググってください)が渋くて、格好良い名曲だ。当然のことながら音楽が良いだけの映画ではない。ハリウッドのようなド派手な銃撃戦や爆発シーンなんか全くなく、全編に渡って静謐に進行する。カジノから大金を強奪するシーンにしても、少しばかりの緊張感があるだけで大きな見所ではない。しかし、映画史上の名シーンに値するクライマックスが最後の最後にやって来る。人生の黄昏を迎えつつも残りの人生を大富豪として暮らそうと画策する老ギャングであるジャン・ギャバン、もういい年をしていながら不良で仕事もせずに母親からカネをせびってい...映画地下室のメロディー(1963)全編に渡って流れる音楽が良いです

  • 競馬 オークス予想(2020)

    先週のヴィクトリアマイルはアーモンドアイの圧勝。さて、今週も大本命の登場だが結果は如何に。毎年のことだが、オークスは桜花賞組と別路線組の比較でちょっと悩んだりする。だいたい無駄な悩みに終わり、桜花賞組が貫録を示すのだが、昨年は別路線組が桜花賞組を抑えて1、2着だった。しかし、そんな珍しいことは殆ど起きないし、また続くわけがないので今年は桜花賞組から狙っていくのが良いだろう。その桜花賞だがデアリングタクトが道悪をものともせず豪快に突き抜けた。ペースも8番のスマイルカナが逃げる。この馬の逃げならスローペースにはならない。折り合いを欠いて有力馬がガス欠することは考えずらいし、差し、追い込みの有力馬が展開が向かなかったなんてことにもなると思えず、その点では圧倒的一番人気のデアリングタクトが沈むことは考えずらい。問題は東...競馬オークス予想(2020)

  • 競馬 ヴィクトリアマイルの予想(2020)

    ヴィクトリアマイルの予想今でも個人的には歴代最強牝馬だとおもっているアーモンドアイ。しかしながら、昨年の有馬記念では大敗し、今年のドバイのレースでは現地いりしながら中止の憂き目にあってしまい帰国。矛先を牝馬限定のGⅠレースに向けてきた。ローテーション変更に不安を感じるし、しかもこれまでのヴィクトリアマイルのレースを思い返すと、特殊な馬場状態もありけっこう一番人気がとりこばしている。しかも先週のNHKマイルCのレースを見ると明らかに内が有利の馬場で、先行馬が面白いほど粘り込むレースが多いし、昨日の京王杯スプリングCでも逃げた馬が好タイムで勝ち上がるなど外から追い込んでくる馬にはノーチャンスの馬場状態になっている。そのように考えるとアーモンドアイに死角はありそうだ。しかしながら俺の不安は枠順をみて消えた。◎12アー...競馬ヴィクトリアマイルの予想(2020)

  • 競馬 京王杯スプリングC予想(2020)

    今日は私用のために買い目だけをアップ。けっこう荒れそうな予感はします。そんな中でも本命は距離、コース等前走より好条件が揃った12番のステルヴィオを本命。まあ、他の有力馬に前走より状況が好転する馬が居ないですね。相手にはコース。距離が向く8番のショウナンライズ、斤量は少々気になるも実績的に10番のタワーオブロンドン、厩舎、騎手、そして馬にも勢いがある11番のエントシャイデンを中心に馬券を組み立てる。◎12ステルヴィオ▲8ショウナンライズ▲10タワーオブロンドン▲11エントシャイデン△2グルーヴィット△5レッドアンシェル△7ストーミーシー△9セイウンコウセイ×6ライラックカラー買い目三連単フォーメーション1着122着2、5、7、8、9、10、113着2、5、6、7、8、9、10、11買い目三連単フォーメーション1着...競馬京王杯スプリングC予想(2020)

  • 競馬 NHKマイルCの予想(2020)

    しかし、昨日の京都新聞杯は俺の自信の本命馬が2着とショック。そんなショックを引きずりながら、NHKマイルCの予想をする。上位人気している馬は相当な能力を持っており、実績、パフォーマンスなど名馬になりえる可能性の馬ばかり。しかし、実力があるからと勝つとは限らないのが競馬。人気馬の中には調教を見た感じでは不安になりそうな馬がいるし、枠順、高速馬場など色々な要素に泣かされる馬もいそうだ。展開だが内枠を引いたレシステンシアが逃げる。しかし、今回は相当なマークを受けそうだ。10番のハーモニーマゼランの出方は気になるし、すぐ隣の枠のプリンスリターンはレシステンシアに的を絞ったレース振りをしそうだ。そうなると結構逃げる馬にはキツイ流れ。しかし、前日の馬場の傾向からは先行馬が有利。なかなか外差しが決まって無いのが現状なだけに追...競馬NHKマイルCの予想(2020)

  • 競馬 天皇賞(春)予想(2020)

    天皇賞(春)の予想春の競馬の大レースである天皇賞(春)。その伝統の重みは令和の時代を迎えても変わらない。春の盾の連覇を目指してフィエールマンが出走。残念ながらフル頭数には満たないが、そのフィエールマンに加え、有力馬に不安な要素を抱えているだけに、なかなか予想が難しい。しかし、展開を読むのも難しい。本来なら8番のキセキが逃げるのかと思ったりするが、前走の大出遅れと著しく折り合いを欠いたレース振りを見ると、この馬が逃げるとは思えない。他に確固たる逃げ馬がいないが、先行力のある4番のダンビュライトが逃げるか?そうなるとかなりのスローペース。道中は折り合いを欠く馬が続出して、位置取りの入れ替わりの激しいレースになるかもしれない。それと天皇賞(春)で大事なのは折り合いはもちろんだが、枠順が非常に大切。3200Ⅿの長距離レ...競馬天皇賞(春)予想(2020)

  • 映画 悪魔のような女(1955) ネタバレ厳禁です

    ネタバレ厳禁タイプの映画は昔から多々あるが、今回紹介する映画悪魔のような女はその筆頭格。同系統の映画の中に、夢でも見ているかのようなトリックを安直に使って失笑してしまうような作品を見せられてしまうこともあるが、古典的な本作品はどんでん返しにリアルさを感じることができるし、CGなんかに頼らなくても充分に見た目でインパクトを与えることを証明しているのが本作の特徴。そして、いや~、まんまとヤラレタ!というミステリーならではの快感を味わえるのは勿論だが、更にオチを用意しているのも何とも味わい深い。そしてタイトル名から想像できるように、とんでもない悪女が登場する。男性諸君は絶対に女性を敵にまわしてはいけない、という教訓を得ることができる。俺なんかは明日から全ての女性をヨイショしようと決意させられた。どんでん返しをウリにし...映画悪魔のような女(1955)ネタバレ厳禁です

  • 競馬 マイラーズC&フローラステークス予想(2020)

    先週の皐月賞は痛恨の3着抜け。最後の直線は1、2着馬の激しい叩きあいの名勝負を堪能する余裕もなく買い目にいれていない2頭の3着争いを虚しい気分で観ていた。しかし、それでも競馬は良い。改めて見直すと人馬一体となって勝負する姿に大きな勇気と希望をもらった気分がした。さて、先週の名勝負の余韻に浸る間もなくレースは続く。今週はGⅠレースこそないが、GⅠレースへ向けて重要な一戦が行われる。マイラーズⅭの予想昨年のマイルGⅠレースを制覇したインディチャンプがベストの舞台に戻ってきた。実績的にはこのメンバーなら他馬を圧倒しているのだが、この馬が燃えるのはGⅠレースの舞台でこそ。ここは成長著しい7番のヴァンドギャルドが本命。前走はスタートで失敗してしまったが、その後の走りは重賞を勝てるレベルにいる馬だと再確認させられるもの。岩...競馬マイラーズC&フローラステークス予想(2020)

  • 競馬 皐月賞の予想(2020)

    皐月賞の予想先週の桜花賞は我ながらしっかり展開も予想できて会心のヒットだと思う。そんな喜びに浸るまでもなく今週は皐月賞だ。皐月賞に出走できるのに回避した馬がけっこういるが、それでもなかなかの好メンバーが揃った。ちまたでは3強ムードが漂っているが、1~3着を独占するとは思っていない。よくメンバーを見渡せば、有力馬も不安な点があるし、伏兵馬も一発を狙ってそうな馬もいる。そして前日の大雨の影響がどれだけ残るか。昨日のレースでも芝では前残りが多かったし、差しが効きにくい馬場だった。昨日のレース、そして道悪が残りそうなことを考えると差し、追い込み馬は苦戦すると思う。さて、例によって展開を読むことから始めるが、逃げるのは外の方の枠の14番のキメラヴェリテが何が何でも逃げる。ここまで堂々と逃げ宣言をしているのだから他の馬は競...競馬皐月賞の予想(2020)

  • 競馬 アーリントンカップの予想(2020)

    先週は土曜日、日曜日と重賞を的中。このまま勢いに乗って今週も的中させたいところ。しかしながら、今週の土曜日は私用のために時間がなく、予想のみをアップしておきます。ちなみに俺の本命はダートで連勝中の2番のデュードヴァン。芝に替わっても良さそうな走り。NHKマイルⅭへ向けて主役として名乗り出る。アーリントンカップ予想◎2デュードヴァン△1ノルカソルカ△4トリプルエース△5ジュンライトボルト△6タイセイビジョン△7ボンオムトゥック△9プリンスリターン△10ギルデッドミラー×3チュウワノキセキ×11ロードベイリーフ×12グランレイ買い目三連単フォーメーション1着固定1着22着1、4、5、6、7、9、103着1、3、4、5、6、7、9、10、11、12合計70点競馬アーリントンカップの予想(2020)

  • 競馬 桜花賞の予想(2020)

    日本だけでなく世界中が大変なことになっているが、世の中において娯楽というのは本当に大切だということを実感する。スポーツ、イベント等が軒並み開催できない状態が続いているが今こそ競馬の力を発揮して、この暗い世の中において希望の灯を点し続けて欲しい。桜花賞の予想さて、今週は3歳の牝馬によるGⅠレースの桜花賞。昨年の桜花賞はグランアレグリアが衝撃的な勝ち方をし、一昨年がアーモンドアイの女傑誕生への幕開け。インパクトのある桜花賞が続いているが、今年も衝撃的なレースを見られるか。このところGⅠレースにおいて俺の予想は恥の上塗りを重ねているのだが、例によって展開面を考えると今回は結構読みやすいメンバーと枠順。ここは前走は控えたレースをしたスマイルカナだがこの内枠なら逃げるだろう。この大舞台で控えるレースをするのは考えずらい。...競馬桜花賞の予想(2020)

  • 競馬 大阪杯の予想(2020)

    先週からずっとGⅠレースが続くが、それにしても先週の高松宮記念の予想はボロボロ。全く頓珍漢な予想をしてしまい大恥をさらしてしまった。ここは名誉挽回でしっかりと大阪杯を予想して馬券をゲットさせたい。しかし、GⅠホースが5頭出走する好メンバーの戦い。日本馬の中距離戦線は粒が揃っている。さて、確たる逃げ馬が不在だがこのメンバーならステイフーリッシュが逃げるか。どうやらスローペースになりそうな気配だが、好位で立ち回れる馬に有力馬が多く3コーナー過ぎから俄然ペースアップするか。とくにアワテンボウのレース振りが目立つデムーロ騎乗のラッキーライラックが我慢できずに早めに捲ってくるか。そうなると穴馬には追い込みに賭ける馬にも注意が必要だろう。◎8ダノンキングリー▲3ブラストワンピース▲4ワグネリアン▲12クロノジェネシス△1ロ...競馬大阪杯の予想(2020)

カテゴリー一覧
商用