終の棲家 ataste of life
読者になる
住所
大阪府
出身
大阪府
ハンドル名
かずさんさん
ブログタイトル
終の棲家 ataste of life
ブログURL
https://fugaku2.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
団塊親父の終の棲家。 課題は2階にとったリスニングルーム
自由文
気力・体力的にも最後のチャンスと、ヘーベルハウスによる家の建て替え記録日誌として出発しました。現在は「JR全線完乗」を終え、鉄道旅行や写真等の新しい趣味を加えて、日々の出来事を書き綴るブログと化しています。 since 2006.9.4
参加カテゴリ

写真ブログ / マイクロ一眼・ミラーレス一眼

住まいブログ / 一戸建 注文住宅(施主)

ライフスタイルブログ / 定年後の暮らし

更新頻度(1年)

239回 / 326日(平均5.1回/週)

ブログ村参加:2006/09/19

※ランキングに参加するとカテゴリ順位・ポイントが表示されます。

今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数

かずさんさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、かずさんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
かずさんさん
ブログタイトル
終の棲家 ataste of life
更新頻度
239回 / 326日(平均5.1回/週)
読者になる
終の棲家 ataste of life
  • 凄まじいオチンチンの話

    今日はちょっと柔らかい話を。「勃起したまま連続大量精射」こう書くとAV動画の客寄せタイトルのようだが、動画を見れば決して誇張では無いことが分かるだろう。→世界一早漏男と大場ゆいの濃厚SEXこれは女優さんのオシッコではないペニスを拭いた途端、膣内のザーメンが滝のように流れ出てくるのだ。下敷きのシーツもザーメンでグチョグチョ。気持ち悪そう。それでも笑顔で演じ切るAV女優はプロだ。「入れた」途端に「三擦り」で出...

  • 高齢者はオーディオイコライザーを

    「おしん」の再放送を見ているが、山形弁で何を言ってるか判らない場面がある。また田中裕子が長いセリフを抑揚の少ない小さな声で喋るのも判りにくい一因だ。今は地方を舞台にしたドラマも視聴者にわかりやすいよう特別な単語以外は標準語に近い語彙、イントネーションで喋るよう指導、つまり各地域の個性を抹殺している。特に関東圏の俳優は、関西の言葉を独特のイントネーションで喋る。これは、それだけでひとつの方言としてや...

  • 先月書いた記事が無い!~Googleの検索記事削減

    グーグルが検索対象記事を削除している。昨日今日では無くずっと前からだ。日々増える情報を何時までも管理できないのは尤もだ。しかし、時間と労力をかを掛けて忘備録的な側面もあるが、情報として多少は役に立つ事を念頭に書いている。書き手といては、余り簡単に削除して欲しくないと思うのは当然だろう。「10年以上前」の記事という話があるがそれは嘘だ。現実には先月書いた記事が消されていた。このブログには2600~2700程度...

  • 失った60代

    今年のお盆に来たのは、初めての若い僧だった。寺も継続していく為には若い僧に経験を積まさなければならない。それは判る。しかし、私も家内も「あいつ」が亡くなって5年が経つというのに、お骨を墓へ入れる気にもなれず、ずっと仏壇に置いている。月命日のお参りはあいつの日に来て貰っているし、お盆だってカミさんが一生懸命作っている仏様のお膳は「あいつ」の事を念頭に作っているに違いない。お盆も、月参りも主役は、私の...

  • 赤坂工芸音研が在庫CD処分セール

    赤坂工芸音研の録音は、以前「コラボレーション」を聴いた時から、主導権を取っている楽器だけで無く、バックスのドラムのスネア音まで丁寧に入っており気に入っていた。日本のスタジオで念入りに作られているからだろう。OPTをTAMURA F2021に変えた50CA10ppアンプとタンノイヨークミンスターのコンビは低域の透明感と量感が良いので、赤坂工芸音研の他のCDも聴いてみようと思ったが、既に活動は衰退しているようだ。Amazon、HMV、...

  • これは「あいつ」の「お蔭」か

    前ボタンのベストを探していた。タンス、押入、カバンからリュックの中まで探してもない。棄ててはいないので何処かにあるはずと、部屋中何度も探したが見つからない。数日後、「あいつ」のプリンターのメンテをしたら、またインクがかすれていた。 「あいつ」のプリンターが使えない!~何年も放置したエプソンPX-V500のインク詰まり解消 では散々手間を取ったから、かすれが無くなるまでクリーニングした上で、A4のテストパター...

  • 今年も彼岸花が~SAL50M28 MACRO

    今年も彼岸花が、丁度お彼岸に満開となった。毎年この時期に自宅の彼岸花の写真を撮っている。今年は例年になく沢山の花が開いた。2年に1回づつ交代で花が咲くのだが、それが丁度お彼岸の頃に咲き、1~2週間で落ちてしまう。その上花が咲いた後で青い葉が育ち、養分を根に蓄えて翌々年の開花に供える。不思議な花だ。今年は SAL50M28 MACRO で撮った。何も加工していない撮ってだしだ。Aマウント用なのでアダプターが必要になるが...

  • ベルドリームのケーブル~フォノケーブル電線音頭(3)

    エージングは何時までかかるかわからない。その間にもう一本ケーブルを試してみる事にした。ベルドリームというのはLPの超音波洗浄機やストロボライト等のLP関係の小物を出している会社で、フォノケーブルもBD-PC330STという型番で一種類だけ出している。どれも良心的な価格で、このケーブルはヨドバシで送料込み8089円(10%ポイントを1円換算)だった。オヤイデ電気のDIN5端子より安いケーブルだ。ケーブル材がOFC(4N)で、我が家の...

  • SAECのケーブル~フォノケーブル電線音頭(2)

    ケーブルは径が11mmもありガッチリとした造りで、特にRCAプラグ側には抜け防止の為に端子を絞っていく機構が付いている。シールドが良いのか左右の分離がこれまでのオーディオクラフトより良い。タンノイヨークミンスターはマルチアンプ用のスピーカー群に押されて部屋のほぽ両端に置いてある。それでもこれまでアナログレコードの場合はやや内側から聞こえていた。CDに比べてクロストークが多いのだろうと思っていた。ところがSCX...

  • オーディオクラフトのケーブル~フォノケーブル電線音頭(1)

    アームとイコライザーアンプを繋ぐフォノケーブルが、よく抜けるようになった。ケーブル自身の重量はDIN5の細いピンの摩擦力で支えられているだけなので、受け側に詰められていたプラスチックが長い間に応力緩和を起こして、ケーブルの重さを支えきれなくなったのだろう。一時凌ぎに釘で固定してみたが、接点の緩みは解消されない。Din5ピンのプラグを取り替えた。1万円近くするプラグは初めてだ。オヤイデ電気が元のようだが2000...

  • 我が家の四季(11) ~庭木の断捨離

    かっては我が家の南面を覆っていたシマトネリコだったが、2年がかりでここまで切り詰めた。それまでは毎年、延びた枝葉を処分するだけでも大変だった。来年は更にもう少し切り詰めるか、1~2本根元から切り取ってしまおうと思っている。切り口はボンドを塗っておけば、腐ってくる事はない。ついでに山法師も先端を50センチほど切り詰めた。百日紅も来月花が終わったら、枝を切るだけでなく、幹もこの写真の上半分を切り取ってし...

  • ベンツの新しいディストロニックプラス(オートクルーズ)は使い勝手が悪化した

    ディストロニックプラスはスピードと車間距離を指定すると、前に車があれば追従し、先頭になれば設定したスピードでカーブでもハンドル操作を任せられる。高速では殆ど自動運転できる。 ハンドルから手を離すと、音とこんな画像で警告が出る。以前のW205なら、10時と2時の位置に手をあてがって置きさえすれば、こんな警告は出なかった。ニューバージョンは、ドライバーが意識を失ってハンドル操作をしない場合にも、スピードを落と...

  • エネチェンジで新電力の価格比較~スマ電とルプ電(Looopでんき)

    久しぶりに「エネチェンジ」へ行ってみると、比較基準に関西電力だけでなく、新電力も選べるようになっていた。ルプ電から変わって丁度一年になるスマ電をベースに比較してみた。8月の使用電力を1000kwとすると、年間の使用電力も10000kwとなって実際に使っている量とも大体合ってくる。アイグリッドソリューションズ(スマ電)を選び、さらに「がっちり!夜得ホームプラン」を選ぶ。スマ電を基準にするとルプ電は年間で約8000円安...

  • 家族はつらいよ2~孤独死がテーマ

    水曜日、録画しておいた番組を見終わって何か無いかとソニービデオのクロスバーを動かしていたら、丁度WOWOWでこの山田洋次監督の映画をやっていた。75歳、免許返上の話で、こちとらも次の更新時には該当する。平田周造(橋爪功)は車で外出するのが好きなのだが、傷を付けて帰ってくる事が多い。家族会議で、免許を返納させようという話になるが、その前夜から全く別の方向へ行ってしまう。周造が高校の同級生、丸田吟平(小林稔侍)...

  • 西教寺~来年流行る寺?

    西教寺は西国33箇所にも、五木寛之の百寺礼賛にも入ってないが、琵琶湖西岸にある天台宗の一派の総本山である。名神から湖西道路に入り、比叡山ケーブルの坂本駅や日吉大社を過ぎると、山門と駐車場が並んでいる。山門に、来年の大河ドラマの主人公明智光秀の菩提寺という横断幕が張ってある。この山門も坂本城から移設したと言われている。今は駐車場もガラガラだが、来年は観光バスで一杯になるかもしれない。緩い坂道と階段の参...

  • 真空管アンプ製作後のケア~「New Big One」「不死鳥」「新富嶽」等々

    オーディオ用のホームページユニバーサル真空管アンプ「富嶽」とその仲間達のページにシングルユニバーサルアンプ「New Big One」プレート電圧が800Vまでかけられる送信管用ユニバーサルアンプ「不死鳥」ユニバーサルアンプをモノラルアンプ2台に分割した「新富嶽」敢えて非差動とした「脱・差動  ヴィンテージ球アンプ」自作の真空管アンプの製作記事を載せている。最近の「50CA10全段差動アンプのOPTをタムラF2021に...

  • ハマユウとヨトウムシ

    今年、ハマユウはこの一本だけしか花が咲かなかった。毎年ヨトウムシが茎の中に巣食って、茎を切ると黒い幼虫が這い出てくる。今年は春からオルトランを撒き続けてきた。その効果はなかったのか?葉だけになったハマユウの茎を根元から刈る。ヨトウムシが出てくるのか?丸坊主にしたがヨトウムシは出てこなかったし、居た形跡(茎の中の空洞)もなかった。オルトランは効いていた。しかし、花が年に一本しか出なかった。このハマユウ...

  • ペダルが重い ケイデンスが上がらない

    先月は真空管アンプにかかりきりで、エアロバイクはお休みしていた。再開してみると、これで「負荷が掛かってんの」と思うくらい軽かったペダルが重くて、ケイデンスが上がらない。右上の「44」がケイデンスで1分間のペダルの回転数を示す。これを50以上に保たないと目標に達しないのだが、ペダルが重くて、一生懸命漕いでいるのに40台から上に行かない。心拍数も110以下で管理していたが、100にも届かない。結局10分間で3km、カロ...

  • 来るアンプ・逝くアンプ~50CA10全段差動アンプのOPTをタムラF2021に換装する その(6)

    「来るアンプ」8/4にF2021Aが到着して以来、一ヶ月経った。OPT換装だけでこんなに悪戦苦闘するとは思わなかった。これ以上弄っても音そのものは変わらないと思うようになった。6.2Vのツェナーは、ダイオード0.6*9=5.4Vの順方向電圧に変更した。D970内部ダーリントンの石なのでG-E間の電圧差は0.6*2=1.2Vになります。赤丸は発振止め抵抗を入れた場所。 回路図は右チャネルの数値だが、左チャンネルの負帰還は20kΩ146pだった。左右の...

  • LE8Tと075の2wayスピーカー~50CA10全段差動アンプのOPTをタムラF2021に換装する その(5)

    ジャズ用に、スパーウーファーJBL2231を加えたオールJBLを3wayマルチアンプで鳴らす予定だった。しかしアンプ、スピーカー、チャンデバの配線と設定をやり換えるのが面倒で、「終の棲家」のリスニングルームでは、075は10年以上音を出したことがない。LE8Tも時々フルレンジとして鳴らしてみる程度だった。LE8Tが今回のF2021Aを使った50CA10全段差動アンプと非常に相性が良く、20センチと思えない低域の量感で鳴る。高域をもう少し...

  • 負帰還とアンプの音~50CA10全段差動アンプのOPTをタムラF2021に換装する その(4)

    全てのP-G配線が最短距離になるようなレイアウトにしておくのが、発振防止の正攻法である。 レイアウトの悪さは回路でカバーしきれない。 このアンプは最初から駄目で出力段が発振した。 それでカソフォロ球と出力球の距離を縮める為、トランスの間にカソフォロ球を押し込めた。 今度はOPTの変更で、2段目の増幅球とカソフォロ球間の距離が長い事から高域発振するようになったシャーシの加工からやり直す元気はない。配線だけで何...

  • 「六角精児の呑み鉄本線」タウシュペツ橋梁へ行く

    先週土曜日に、「六角精児の呑み鉄本線・日本旅『夏・石北本線を呑む』」が放送された。石北本線の始発駅は旭川の2駅先、新旭川というレトロな木造駅だとは知らなかった。いきなり六角精児が上川からタウシュベツに行くという。まさか。普通は帯広から士幌線跡をたどっていう順序でしょう。でもタクシーで70キロ走ってタシュベツに行った。勿論アクセス道路のゲートの鍵は、別動班が士幌で取ってあってあったのだろう。ことしは雪...

  • ベンツのナビにはスマートICが入って無い?

    湖東三山の金剛輪寺へ行くには湖東三山スマートICが最も近い。グーグルマップでもヤフーカーナビでも同じだ。しかるに、音声入力で「金剛輪寺」とやると、ずっと手前の八日市ICで降りて下の道を行くルートになってしまう。湖東三山スマートICは2013年から使われているので、新しくて地図のデータに入っていないという事は無い。Mercedes me connectで同様に金剛輪寺を音声入力すると、グーグルマップ上に湖東三山スマートICが現れ...

  • 百寺巡礼(6) 湖東三山 金剛輪寺(滋賀県)

    昨日、滋賀県の金剛輪寺に行った。先月、百寺巡礼(5) 百済寺(ひゃくさいじ)(滋賀県) で行った百済寺、西明寺、金剛輪寺は湖東三山と呼ばれているが、ここだけ五木寛之の百寺巡礼の放送がなかった。100台は止められようかという駐車場に来たのは、我々の車だけだった。「シーズンオフ」の静寂を楽しめそうだ。 山門をくぐると参道の緑に迎えられる。百済寺同様、ここにも池を配した回遊式の庭園がある。睡蓮が咲き苔が分厚く岩肌を...

  • 高域発振~50CA10全段差動アンプのOPTをタムラF2021に換装する その(3)

    残留ハムがやけに大きいピーガーいうレベルだしかし、どちらも音は全く聞こえない。可聴帯域よりずっと高い周波数で発振している。シングルコーンのフルレンジなら兎も角、ネットワークでツィーターが繋がっていると、細いボイスコイルは焼き切れてしまう。(1)発振止め抵抗NFBを外して、信号回路のすべてのグリッドに2~3kΩの発振止め抵抗を入れたが止まらない。1kHzの矩形波を見ると高域にピークがある。10kHzの矩形波ではリンギ...

  • トラブル続発~50CA10全段差動アンプのOPTをタムラF2021に換装する その(2)

    タムラはケースの金型の寿命が尽き、売れる物だけ再生産しそれ以外は生産中止を決定した。らしい。私がトランスの交換を思い付いた頃に2021の新型2021Aが8月から出荷というニュースを知った。生産中止から2年経っていた。F900シリーズが新しくでき、2020、2010シリーズとF400シリーズが残った。正帰還F783からF2021Aへ機械的に配線しアンプの音出しをしてみると、「ギャオー」と正帰還になった。P1 P2を入れ替えたら出なくなった。...

  • ブラウン管ハイビジョンテレビが逝った

    初稿 2006/11/16今頃こんな記事読む人も居ないだろうけどグーグルから「テキストが小さすぎて読めません」「クリック可能な要素同士が近すぎます」クレームがあったので修正しました。ビクターの32インチハイビジョンテレビを、移動中に倒してしまった。これまでも2度サービスを呼んで、その場で修理してもらった。症状を聴くと、さっさとバラして回路図を見ることもなく原因の素子を交換して完了。神業だった。しかし、今度は別...

  • 没後5年経ってから『表彰』

    あいつが働いていた日清オイリオから電話があって、訪問したいという。先月の19日、来られたのは研究所所長さんと、彼の元で一緒に研究していた後輩の方の2人だった。この盾は1909年に設立されたAOCS(American Oil Chemical Society)に対して、研究発表で功績があった会社に送られる物で、毎年世界で1~2社が表彰されるそうだ。今年その企業貢献賞を日清オイリオが受賞した。過去十年の研究発表が対象で、その中にはあいつの研...

  • ラバープロテクタントでMMカートリッジのゴムダンパー蘇生

    この際出力球50CA10も新品に変えようと3階の物置をゴソゴソしていたら、こんなものが出てきた。Shure V15 TYPEⅣ 用交換針だ。VM45MRとあるところを見るとマイクロリッジ針のようだ。保守用に買い置きしてたのをすっかり忘れていたらしい。既にシュアV15typeⅣの針交換~レコードの復権 その3 にあるようにJicoの交換針を買っている。試してみたがゴムダンパーが固化したのかJicoの針の半分くらいの音量しか出なかった。しかし、ネ...

  • 既製の電源トランスから熱を出さずに低い電圧を得る方法

    昨日の記事を書くのに差動アンプシリーズ その3 全段差動50CA10/300BコンパチPPを再読して、書き忘れていた事を思い出した。電源トランスの出力電圧が高過ぎた場合に熱を出さずに低い電源電圧を得る方法がある。A3500等のラックスキットの電源トランスは高い出力のアンプが簡単に手に入るという事で売れたが、そのためにDC450Vの高い電源電圧でB級に近いAB級の動作をさせていた。50CA10をフルに差動で動かそうとするとDC350V...

カテゴリー一覧
商用