searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
恵一が書く 留美子讃歌
ブログURL
http://rumikoessay.blog.jp/
ブログ紹介文
宮崎留美子がアップしたブログやホームページを見て、写真や記事に関係する知的な蘊蓄(うんちく)を交えながら私への賛美の言葉を書いてきた恵一さん。その文章とコラボして「恵一が書く 留美子讃歌」というブログをつくりました。
更新頻度(1年)

39回 / 88日(平均3.1回/週)

ブログ村参加:2020/08/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、宮崎留美子さんの読者になりませんか?

ハンドル名
宮崎留美子さん
ブログタイトル
恵一が書く 留美子讃歌
更新頻度
39回 / 88日(平均3.1回/週)
読者になる
恵一が書く 留美子讃歌

宮崎留美子さんの新着記事

1件〜30件

  • 【留美子讃歌 61】留美子さんの美しさが輝く山手通りウォーキング

     今日の留美子さんのいで立ちは、ラベンダー色のトップスにショーパン。その先はナチュラルストッキングの爪先までスラリと伸びた形の良い脚。シンプルでいて、上品で匂うがごとき美しいスタイルの留美子さんです。

  • 【留美子讃歌 60】紅葉と美女の絢爛たる屏風画

     今回は、京、近江、紀州、名にし負う紅葉の名所の散策です。留美子さんのいで立ちは、代名詞のニーハイブーツスタイル。いや、ここまで長いとサイハイブーツと呼ぶのでしょうか。パンツやジーンズをインした個性的な装い。圧倒的な存在感があります。Fantastic ! 留美子さんのビューティファッションをも存分にお楽しみ下さい。

  • 【留美子讃歌 59】留美子さんの見事な美しさに一瞬息をのまれました

     今回、お写真を拝見した瞬間。留美子さんの見事な美しさに、--瞬息をのまれました。しばし呆然として--暫くたって“Beautiful ?”というのが精いっぱい。見る人を魅了する、妖艶で蠱惑的なミラクルメイクの顔(カンバセ)に惹き付けられます。けっして冷たい美人ではなく、美しさと可愛さとを併せ持った個性的な貴女です。温もりを感じる麗しき女性。妖艶な美しさの、とてもチャーミングな貴女です。

  • 【留美子讃歌 58】チャーミングな留美子スタイルをご覧になって下さい

     留美子さんのいで立ちは、半袖の単色トップスに柄物のショートパンツ。ナチュラルストッキングの足元は鮮やかカラーのカバコソックス。そして、日除けのロンググローブと斜に構えたお帽子の定番スタイル。 どうでしょう? 黒が黒髪なら、五輪カラーをクリアーでしょうか。どうぞ、チャーミングな留美子スタイルをご覧になって下さい。

  • 【留美子讃歌 57】若き日の一枚の美しきポートレート写真

     今、一枚のポートレート写真をみています。瑞々しく、フレッシュな若さ。輝く瞳のチャーミングな女性です。肌理の細かく白い肌から、溢れ出る躍動する生命のエネルギー。薄化粧を施した美顔。少し時間を遡った時分のメイクでしょうか。

  • 【留美子讃歌 56】一面のイエローの宇宙(コスモス)畑をウオーキングする留美子さん

     一面のイエローの宇宙畑をウオーキングする留美子さん。カバコソックス姿は、いつ見てもチャーミングで可愛さを感じます。黄色いドアは、コスモス畑へ誘(イザナ)う“どこでもドア”ってとこでしょうか。カバコソックスを脱ぐと、形の良い美脚が更にスレンダーになり、スタイル抜群のお洒落なシティーギャルに変身です。

  • 【留美子讃歌 55】留美子さんの眩しく美しい豊満な裸身

     このホテルの露天風呂は、広大な自然の中にあり、眼下には修善寺の街並みを一望出来ます。涼やかに吹き渡る風を肌に感じながら、艶やかな入浴姿の留美子さんです。開放的でラグジュアリーな個室露天風呂。留美子さんの眩しく美しい豊満な裸身。男子には垂涎の的の光景です。

  • 【留美子讃歌 54】水の流れをバックに抜群のスタイルをご披露

     今日の留美子さんのいで立ちは、単色トップスに柄物ミニスカート。ナチュラルストッキングの足元のカバコ式ソックスも今日は単色。いつものテントウ虫柄ではありません。留美子さんのカラフルな装いが、木々の緑と清冽な滝の流れの風景に不思議とマッチしてとても映えています。

  • 【留美子讃歌 53】「恵一が書く留美子讃歌」を企画した舞台裏

     「恵一が書く留美子讃歌」をお読みいただき、いつも感謝しております。今回は「恵一が書く留美子讃歌」をどのようにして作っているのか、制作の舞台裏を皆様にご覧になってもらおうと考えて、このような記事を考えました。

  • 彼岸花 in 野川公園

     一面の赤いキャンパスの背景。その中央に留美子さんの黒と濃いめの洋服カラー。赤と黒の色調の対比の見事なコントラスト。実に絵になる光景です。

  • 【留美子讃歌 51】江戸の町並みに現代美人の留美子さんがコラボ ~佃島~

     秀逸なのは、パリ広場に腰掛けている留美子さん。逆光の中にくっきりと浮かびあがった美女の隴たけて、雅やかな美しさ。しかも左側からの気品をたたえた美顔。スラリと伸びた美脚も、いとをかし~♪ この一枚とでも言うべき素晴らしいショットです。

  • お洒落な容姿の美女、留美子さんが颯爽と紅葉山庭園をナビゲート

     今日の留美子さんは、少し肩の入った、袖口のゆったりした、カラフルな色柄のトップスに、白の八分丈のパンツスタイル。斜に構えた粋なお帽子。僕好みの、お洒落なスタイルです。メイクは、いつもながらの涼やかで目鼻立ちの通った美顔。とってもおきれいです。今日は、隴たけた美しさの留美子さんが、颯爽と、軽やかに紅葉山庭園をナビゲートします。

  • 【留美子讃歌 49】美しい留美子さんと浜離宮公園の風景のコラボ

     赤のブラウスと黒のミニスカ。そして黒のストッキング。貴女の抜群のスタイルの上半身。豊満な胸と細いウエスト部分は、著名なゲイのデザイナーであるディオールの“ニュールック”を連想させます。

  • 美人は絵になります ~新宿御苑~

     美人は、どこで撮っても、何を背景に撮っても、絵になります。貴女の場合、更に写真技術をお持ちなのですから、鬼に金棒ならぬ、“美人にカメラ”という所でしょうか。御苑の緑も、たっぷり楽しませて頂きました。何より、極上の美人を拝顔する。これぞ“眼福の極み”です。

  • 【留美子讃歌 47】男心をくすぐる、際どいローアングルからの一連のショット

     同じ場所での定点撮影。おもしろい試みですね。“どう。ご覧になって。いかが。” 貴女の自信満々の秋波。男心をくすぐる、際どいローアングルからの一連のショット。男性諸氏の目線は、下から、ぐう~っと上へ。そして陶然として----。

  • 【留美子讃歌 47】若さいっぱいの、眩しい美しさの留美子さん

     今日は、とってもチャーミングな装いの留美子さんです。トップスはピンク系。半袖の部分のブラックが目につきますね。少し濃いめのジーンズのショーパン。裾の仕上げの白いラインが、印象的です。ふんわりとしたヘアーと細いうなじの隙間を、そよ風が吹き抜けています。

  • 私の4つのサイトの道案内(このブログからリンクしています)

    私(宮崎留美子)が管理している4つのサイトの道案内です。3つのブログと1つのウェブサイトがあります。

  • 【留美子讃歌 45】水の都、素敵な三島散歩の留美子さん

     今日の留美子さんのトップスはカットソー。ふわっとした着心地が、ウォーキングにもこの季節にもピッタリです。ボトムはジーンズのショーパン。ナチュラルストッキングの足元は、お馴染みの、可愛いカバコスタイルです。「源兵衛川のせせらぎを散策し、柿田川の湧水を見学して、三嶋大社へ行って、みしまスカイウォークを歩く」ハードなスケジュールです。

  • 【留美子讃歌 44】パンストを穿いた留美子さんの美脚の数々

     今回も、パンストを穿いた留美子さんの美脚の数々。ストッキング脚の艶めかしさに魅入られますね。昔は「色の白いは七難隠す」 なんていわれましたが、現代女性は「美脚」こそ、美人の必要条件でしょうか。

  • 【留美子讃歌 43】レザーパンツは,脚に表情が出る ※HPからの転載

     “レザーパンツは,脚に表情が出る” 留美子さんらしい芸術的感性の表現ですね。どれがいいって? う~む----どれも素敵です。 エロかっこいい留美子さん~?

  • 【留美子讃歌 42】留美子さんの東京散歩「肥後細川庭園」

     この日の留美子さんは、ローズピンクの七分袖のトップスに、濃い緑色の千鳥格子柄のミニスカ。瀟洒で落ち着いた色合いのコーディネートです。ナチュラルストッキングの足元は、可愛いピンクの(ソックス重ね履きの)カバコスタイル。大きめのネックレス。斜に被ったお帽子。とてもお洒落なスタイルです。

  • 【留美子讃歌 41】留美子さんの素晴らしい行動力に賞讃の拍手

     素晴らしいですね。海の青さは勿論ですが、空の青さにも感動します。そして、何より留美子さんの美しさに心惹かれます。 海の青さは、色々な表現がありますが、日本語ではどうでしょう?群青(グンジョウ)色。藍(アイ)色。美しい響きでは、瑠璃(ルリ)色。こんな言葉で表現して頂けると、文学的香りがしますね。

  • 【留美子讃歌 40】美しい女性の貴女がとても好き

     神は失敗したのでしょうか? こんな素敵な女性を,男性としてお造りになったのですから。いえ,男性だったからこそ、いや増して人に飛びぬけた女性になられたのかも。

  • 【留美子讃歌 39】北陸の古都.金沢の街歩き

     今日は、女子旅にピッタリ。古都の町を、着物姿の留美子さんと一緒に歩いてみましょう。日本女性の着物姿は、四季折々、いつ見ても艶やかな美しさにみちています。今日の留美子さん。涼やかな色合いのお着物。とても素敵ですねえ。

  • 【留美子讃歌 38】清らな清流と清らな美人のショット

     いかわの小径。清らな清流と清らな美人のショット。清涼感を感じる素敵なお写真です。この流れに,夏はスイカを冷やしたりしています。巨鯉の群れの泳ぐ姿にも驚かされます。餌を手ずからあげても食べるんですよ。

  • 「恵一が書く 留美子讃歌」のブログをご訪問されたみなさまへのお願い

     このブログは、2つの女装関連のブログランキングに参加しています。ブログランキングは、それぞれのブログに貼られているバナーをポチッと押してもらうことで、押された数によってランキングが決定されるしくみになっています。このブログを、ぜひ上位のランクにしていき

  • 【留美子讃歌 37】留美子旅情

    【ここに掲載している写真の元になったブログは             → https://ameblo.jp/miyazakirumiko/entry-12201832000.html       および → https://ameblo.jp/miyazakirumiko/entry-12617361343.html 】1) ~上を向いて歩こう? 涙がこぼれないよ

  • 「恵一が書く 留美子讃歌」のブログをご訪問されたみなさまへのお願い

     私は、2つの女装関連のブログランキングに参加しています。ブログランキングは、それぞれのブログに貼られているバナーをポチッと押してもらうことで、押された数によってランキングが決定されるしくみになっています。このブログを、ぜひ上位のランクにしていきたいと思

  • 【留美子讃歌 36】軽快でカジュアルな装いが,おしゃれな港町にピッタリ

    【ここに掲載している写真の元になったブログは             → https://ameblo.jp/miyazakirumiko/entry-12617163821.html】 赤坂氷川神社下に住む勝海舟が,晩年,幕末維新の時勢や人物について自在に語ったのが『氷川清話』です。勝は広い視野を持った人物で

  • 【留美子讃歌 35】山と海と大橋

     今年の山の日は,オリンピック特措法で,昨日の8月10日です。本来は8月11日。2016年より施行されています。今日は,2017年8月11日の,山の日の留美子さんのブログを読みましょう。 タイトルは「今日は山の日ですが,海の絶景写真です」 限りなく真っ青な空と海の“美しい絶景

カテゴリー一覧
商用