searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

うみさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
終末の世界
ブログURL
https://umimachi.net/
ブログ紹介文
自分の終末期のための情報収集
更新頻度(1年)

27回 / 330日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2019/08/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、うみさんの読者になりませんか?

ハンドル名
うみさん
ブログタイトル
終末の世界
更新頻度
27回 / 330日(平均0.6回/週)
読者になる
終末の世界

うみさんの新着記事

1件〜30件

  • 「普通に死ぬ」~いのちの自立~

    その人らしく生きて、その人らしく地域で生ききる2020/10/30(金)公開 公式サイト 10月29日までムビチケで前売り有ります。ただ、上映先がとっても少ないので先に上映館を調べてからのほうが良いと思います。 ↓ 前作 ...

  • 京都の事件について

    もう報道が落ち着いたから載せても平気かな。 報道を見て最初に感じたのは「ああ、。」という気持ち。 まだこの日本は手段を「犯罪」で選ぶしかない人もいるんだな、と。少し報道が落ち着いてきてから情報が溢れてくるとジワジワ心が痛 ...

  • 「横須賀にこっとSOSネットワーク」「よこすかオレンジLINE」

    認知症の方が外出し、自宅に戻れなくなってしまったら。 皆さんどうしてますか? 「家族・知人で探す」というのはなかなか困難を極めます。追っかけてかなり近くに居ても1ブロック先、一本違う道に居れば発見できませんから。 「人海 ...

  • 「彼女は安楽死を選んだ」(2019)NHKスペシャル

    2019年のNHKスペシャルにて放送された海外へ安楽死の為に渡航した方のドキュメンタリーです。 一度再放送がありましたがその後は特に放送されていませんがNHKアーカイブで見ることが出来ます。 NHKスペシャル 「彼女は安 ...

  • 『おうちで死にたい~自然で穏やかな最期の日々~』広田奈都美さんの著書 

    ※フィクションです 訪問看護ステーションが関わる看取りの話。最終巻に入っていると思いますが若年で癌にかかった人の経済的なお話がおすすめです。使える制度とかいろいろ悲観する前に出来ることあるよ、って。意外に知らなかった事も ...

  • 「こんな夜更けにバナナかよ」

    とても昔に読んだ本だけど映画化されたので以前劇場で見てきました。 見終わった後の感想は原作を先に読んでいたけど違和感を持たずに見れました。原作を先に読んでいるとがっかりしたり物足りなさを感じたりもしますがそれが無かったで ...

  • 当ブログのプライバシーポリシー

    当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCook ...

  • 口から食べる幸せを守る ― 生きることは食べる喜び 小山珠美さん著

    神奈川県の病院に勤める現役の看護師であり、NPO法人「口から食べる幸せを守る会」理事長をされている小山さんの著書   誤嚥性肺炎を予防するために口から以外の摂食方法を検討されたとしても、本当に食べれないのかなと疑問に思っ ...

  • 口から食べる 

    口から食べなくなったらどうするの?    そういえばずいぶん前にそんな相談をされました。   呑み込めない、ムセる、食べた後に熱が出る。こんな事が続くと医療機関からそんな診断をされるようになると思います。実際は胃に穴を開 ...

  • 独り暮らしで図書館の本を借りることが出来続けるのか

    先日図書館に係る雑記を書いたので。 自分の街で外出できなくても借りることが出来るのか調べてみました。

  • 図書館に助けられる

     コロナウイルスに関する自粛が解除されたとはいえ、まだまだ気を付けなければいけない日が続きます。 今回の自粛ですごく困った出来事はなかったのですが、ひとつ困ったのが図書館が休止していた事でしょうか。 欲しい本をそのまま買 ...

  • テスト

    テスト

  • 独り暮らしで看取りをしてもらえるのか

    在宅看取りが普及し始めた(国が推奨し始めた)頃に一般向けの講演会に参加した時のこと。末期がんの方をご家族が在宅で看取った事例を実際のご家族がパネリストとして登壇し紹介されたことがありました。非常に綺麗に内容がまとめており ...

  • ひとりで暮らす、ひとりをささえる 高橋絵里香さん(著)

    ※図書館の貸与品のためバーコード等をぼかしてます  神奈川県立図書館にも所蔵されているので県内の方なら借りることができます フィンランドでの独居高齢者へのフィールドワークの記録 フィンランドでの独居高齢者をとりまく家族や ...

  • 家族が苦手

    「家族みんなで○○に行こう!」 喜ぶべき提案にも私の心は塞ぎます 私が家族との食事の際に話す言葉は 一言、二言 「あー」とか「そうだね」とか 発語があれば良いほうで ほぼ無言で食べて目線はテレビ そんななので 出かける= ...

  • 松原惇子さん著 『おひとり死』

    読了 約10年ほど前に書かれたものなのに 今読んでも新しい。 サブタイトルが 「誰にも迷惑をかけない最期を迎えるために」 誰にも手伝ってもらわない、というわけではなく「迷惑をかけないために」必要なところは誰かに手伝っても ...

  • 保険を使おう

    健康保険雇用保険介護保険年金学資保険団体信用生命保険 がんと暮らしを考える会 がん制度ドック にほんブログ村

  • 京都の団体BPO申し立て 安楽死扱ったNHK番組

    京都の団体BPO申し立て 安楽死扱ったNHK番組 この団体がどういう主張で申し立てたのかはわかりませんが(ググってみたけど見つけられなかった) ちゃんと観たのかなあ。 というのが私の感想。 救いは上記のYahoo!ニュー ...

  • 『おひとりさま死』

    「おひとりさま死」のクオリティ・オブ・デス(QOD)という視点 板橋区医師会訪問看護ステーションから 看取り.comから、看取りを支える人たちのインタビュー にほんブログ村 にほんブログ村

  • 広田奈都美さんの著書 『おうちで死にたい~自然で穏やかな最期の日々~』

    ※フィクションです 訪問看護ステーションが関わる看取りの話。最終巻に入っていると思いますが若年で癌にかかった人の経済的なお話がおすすめです。使える制度とかいろいろ悲観する前に出来ることあるよ、って。意外に知らなかった事も ...

  • 沖田×華さんの著書 『不浄を拭うひと』

    不浄を拭うひと めちゃコミックで先行配信中 山田正人、39歳。彼が脱サラしてはじめたのは、孤独死などの変死体があった屋内外などの原状回復をサポートする「特殊清掃」の仕事だった。彼は、さまざまな状態で死を迎えた人びとの「生 ...

  • 小島美羽さんの著書 『時が止まった部屋』

    時が止まった部屋 遺品整理人がミニチュアで伝える孤独死のはなし [ 小島 美羽 ]  【内容情報】(出版社より)朝日新聞、フジテレビ『Mr.サンデー』ほか、英ガーディアン紙、ドイツテレビ2DFでも報道され、「この日本人女 ...

  • 日本尊厳死協会

    日本尊厳死協会 にほんブログ村 にほんブログ村

  • 仙川環さんの著書「無言の旅人」

    ※フィクションです 尊厳死を希望し手続きをきちんと踏んでいても 自分の意識がなくなった後、実行されるのかどうか という事を描いたミステリー。 無言の旅人 (幻冬舎文庫) [ 仙川環 ] 価格:699円(税込)ショップ:楽 ...

  • 石飛幸三さんの著書「平穏死」のすすめ

    「平穏死」のすすめ 口から食べられなくなったらどうしますか (講談社文庫) [ 石飛 幸三 ]  価格:540円(税込)ショップ:楽天ブックス  内容(「BOOK」データベースより)食べられなくなった超高齢者に ...

  • 0次元

    子供の時に読んだ21エモン(藤子・F・不二雄 著) 少年が宇宙飛行をする未来の話 ひとつひとつ個性のある星をめぐって その星の出来事が漫画になってます。 ロケットで色々な星をめぐる中で「0次元」のある星につく もう人生が ...

  • 在宅療養ガイドブック|横須賀市

    在宅療養・在宅看取りを理解するための啓発冊子がダウンロードできるページ 在宅療養ガイドブック@横須賀市 にほんブログ村 にほんブログ村

カテゴリー一覧
商用
読者になる