searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ミミさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
大腸ガンステージ4から笑顔で復活 元気です!
ブログURL
https://kfkoubou1.xyz
ブログ紹介文
5年前、夫が55歳の時ステージ4の大腸がんになりました。 悩んだり笑ったりしながら、今は元気に復活しています。
更新頻度(1年)

72回 / 300日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2019/06/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ミミさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ミミさん
ブログタイトル
大腸ガンステージ4から笑顔で復活 元気です!
更新頻度
72回 / 300日(平均1.7回/週)
読者になる
大腸ガンステージ4から笑顔で復活 元気です!

ミミさんの新着記事

31件〜60件

  • 三度目の転移性肝がん手術に向けて

    急に手術ができるようになり、検査でバタバタ。嬉しさよりも驚きが勝っている状態です。無事に手術ができるように頑張りたいと思っています。

  • 手術できるかも

    先生からの思いがけないお話がありました。抗がん剤が良く効いて手術出来る可能性が。手術に向けて検査していくことになり感激です。

  • 長期にわたり抗がん剤治療をしている先輩

    ご主人が闘病している学校の先輩と、お話する機会がありました。 もう何回も再発を繰り返して、家に引きこもりがちになっているそうです。長い治療が続くとつらいですね。

  • がん患者相手の詐欺

    がん、と告知されたときは周りが見えなくなってしまいます。 そんな人を相手に詐欺を働いていた人がつかまったようですが・・ 弱い立場の人をだましてお金儲けをするなんて最低ですね。

  • ガンはもはや治る時代

    堀ちえみさんのブログを読んでいると、先生に言われたという「がんはもはや治る時代だ」という言葉が目に留まりました。 同じステージ4として励みになるありがたい言葉ですね。

  • がん再発の傷病手当金申請の結果

    健康保険協会からのハガキが届きました。恐る恐るシールをはがしてみると、支払い決定通知書、という文字が目に入りびっくりです。本当にありがたいです。

  • 前を向いて頑張ろう

    早いもので3クール目の抗がん剤のため、入院。 しっかり体重も戻ってよかった。前回、病院で知り合った患者さんの奥さんと色んな話をして励ましあいました。

  • 悲しいことがありました

    昨日悲しい知らせがありました。前にもブログに書いたことがありますが、夫よりも1年以上後で同じ状態でがんが見つかった知り合いがいます。その方が昨日亡くなりました。

  • 転移性肝がん再発の傷病手当金を提出

    2クール目の治療も無事に終わり退院することができました。 退院時に、傷病手当金の証明もしてもらい会社から保険協会へ提出してもらいます。結果はどうかわかりませんが、あまり期待せず待ちたいです。

  • 患者本人もつらいが家族もつらい

    今回の入院で同室になった方のおくさんと色々お話しました。 同じく地方から大阪の病院に来たようです。検査結果もあまりよくなく、かける言葉が見つかりませんでした。

  • 同じ病気が再発した場合の傷病手当金について

    同じ病気が再発した場合、相当期間の社会復帰をして抗がん剤等の継続的治療を受けていない場合は、新たな病気として受給が認められる可能性がある、ということで請求してみることにしました。

  • 有難かった入院治療

    入院治療をすることができて、体力的にはもちろん金銭面でもとてもありがたかったです。医療保険、がん保険のありがたさを実感しています。

  • 1クール目の抗がん剤治療退院へ

    1クール目の治療が終わり、食欲もなく副作用に苦しんでいました。 特に足の、こむら返りは歩けなくなるほど強い物でした。 何とか退院の日を迎え、持って行った椅子で休みながら何とか自宅に帰りました。

  • 抗がん剤治療と入院生活

    いよいよ抗がん剤治療の始まりです。病室での点滴では、腕の点滴での痛みを緩和させるため暖かい毛布のようなものも用意してくれました。ありがたく安心して治療を受けることができました。 同じ部屋の患者さんには色々あり、しんどい思いもしたようです。

  • 夫の様子

    自宅へ帰ってからの夫の様子は、「バイクを売ろうかな」と言いだしたりしてやはりショックが大きいようです。でもわたしは絶対に抗がん剤が良く効くと思っていて頑張ろう、と励ましていました。

  • 大腸の先生との面談 抗がん剤へ

    大腸の先生の面談に備えて色んな希望を書き出しました。 抗がん剤治療になる場合は、ぜひこの病院で治療を受けたいと思っています。

  • 再発転移性肝がん術後10か月また再発

    転移性肝がんを手術して10か月後の検査、残念ながら再発してしまいました。今後をどうするか悩みます。

  • 抗がん剤の切り替えについて

    元プロ野球選手の大島さんが、抗がん剤の変更について悩んでいる、というのをブログで見ました。薬を変えるのはすごく勇気がいることだと思います。

  • ドキドキの診察結果と民間療法

    術後7か月の検査結果も、無事クリアできました。よかったー。 健康食品を購入したことや民間療法について思う事。

  • 再発の不安とお金の事

    夫は毎日元気に仕事に言っていますが、常に再発の不安が付きまとっています。抗がん剤治療になっって仕事ができなくなったら、お金の不安も大きいし。マイナス思考になっているので、何とか前向きにならなくては。

  • これでよかったのかもしれない

    最初の病院では色々辛いことがあったので、もっと早くセカンドオピニオンをうければよかった、と思っていました。でも最近はこれでよかったかもしれない、と思えるように。

  • 大腸内視鏡検査から過去の事を思い出す

    最初の検査から2年半ほどたつので大腸内視鏡検査を受けることに。 大丈夫だろう、と思っていても、心配でがンが発覚した時の検査を思い出しました。

  • 検査結果と主治医の先生との相性

    検査結果を聞きに病院へ。ドキドキしながらの診察結果は無事合格。 信頼できる先生に色々質問して祖語と復帰の報告もして病室を後に会いました。

  • それぞれの道

    夫よりも1年半ほど後に同じがんが発覚した人と出会う機会がありました。その方はその病院でずーと抗がん剤治療をしているようです。体調もすごく悪いようで入院することに。セカンドオピニオンを受けていたらな、と考えてしまいました。

  • 消えない不安と向き合って

    再発ガンを経験すると、患者は多分いつも不安と闘っています。もっと前向きに考えていかなければと思いますが。

  • めまいに襲われ地元の病院へ

    順調に仕事へも復帰していましたが、ある日めまいに襲われ起き上がれなくなってしまいました。地元の病院で検査の結果、特に異常はなく一安心。その病院は、最初に癌が発覚した病院です。セカンドオピニオンを希望しても、どこへ行ってもだめだ、と言われ悲しかったことを思い出してしまいました。

  • ガンと仕事について

    仕事復帰もずいぶん悩みました。いろんな問題がありまた頑張って働くことに。田舎の中小企業なので病気の人の働き方に対する応援もなく、ストレスも半端ないようです。でもしっかり働いてくれてありがたいです。

  • 手術が終わり1か月検査へ抗がん剤治療はどうなるのか

    術後1か月の検査で抗がん剤の話は全くでなく、結局抗がん剤はなし、ということに。いろいろ悩んで損した。、という感じ。でも、今後のために、効く抗がん剤、効かない抗がん剤等血液検査を受けました。検査した薬は夫には効くようでありがたい。今後お世話になることがなければいいんですが。

  • 再発転移性肝がん手術で休職中の傷病手当金について

    最初に癌が発覚した時は、約9か月の休職をして傷病手当金を受給しました。今回は再発で二度目になるので色々勉強し検討しています。 一年以上仕事に行っているので社会的治癒と認められ、新たに受給できる可能性もあるようです。

カテゴリー一覧
商用