プロフィールPROFILE

ブログタイトル
ゴル爺&ごるままのフォト日記
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/golmamagolbee/
ブログ紹介文
あっちこち散策フォトブログ
更新頻度(1年)

119回 / 350日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2016/12/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ゴル爺&ごるままさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ゴル爺&ごるままさん
ブログタイトル
ゴル爺&ごるままのフォト日記
更新頻度
119回 / 350日(平均2.4回/週)
読者になる
ゴル爺&ごるままのフォト日記

ゴル爺&ごるままさんの新着記事

31件〜60件

  • この冬最初のお鍋 @ 10月16日

    10月16日やっと秋めいてきたこの日、待望の、久しぶりの 鍋 です。!!次男、長女 ファミリーも一緒に、鍋を囲みました。久しぶりのしゃきしゃき白菜も、くたくた白菜も、美味しかった~水餃子やマロニーも仲間入り。ゴル爺は、今宵は焼酎ではなく、清酒で爺 曰く 

  • 2019 W誕生会

    この日   次男と孫りょうちゃん の お誕生会をしました。二人は誕生日が同じ 仲良しさん?です。まあ、ケーキを食べる日が一日減るということでもあり・・・ということで、ケーキのサイズはいつもよりワンランクアップです ばあば食堂は、今回 なつかしいなあシリーズ

  • 夏休み 孫と行く "お茶の 通圓宇治本店”でスイーツ @ 京都府宇治市宇治東内1

    お茶の 通圓 宇治本店旅の最後の目的地です。ここで、抹茶スイーツとおみやげを購入いたしました。お店が見えているのに、車を駐めるスペースを見つけるのに手間取って、2~3回店前をグルグル・・・何とか近くのパーキングに駐めて店内へ~ごるままは、さっぱりした飲み物

  • 夏休み 孫と行く "叶匠寿庵 寿長生の郷” @ 滋賀県大津市大石龍門4-2-1

    叶匠寿庵 寿長生の郷10年くらい前に、同じメンバーで訪れたことがある寿長生の郷に寄ってきました。広い敷地の中に、食事処、お土産のお店、果樹園、やぎさんのお家、炭焼き釜、陶房、紙すき工房、お菓子工房・・・等があります。梅窓庵というお食事処で、昼食をいただきまし

  • 夏休み 孫と行く "得斎陶房 ろくろ体験” @ 滋賀県甲賀市信楽町長野1198-2

    8月26日あらかじめジャランの遊び体験で、ネット予約しておいた得斎陶房 ろくろ体験 10時スタートです。 手ひねり体験と電動体験 選ぶのですが どうせなら、おもしろそうな電動ろくろにしました。色々な表情のおたぬき様が出迎えてくれました。皆さん一様に、ポン

  • 夏休み 孫と行く "ホテル レイクヴィラ” の夕食 @ 滋賀県甲賀市信楽町多羅尾1

    ホテル レイクヴィラ今回のお宿は、コテージです。夕食は、ホテル棟にある レストランで。創作フレンチのコースでした。まずは、大きな海老の前菜。地元野菜添えゴル爺は、フレンチに合うかどうか??でしたが、日本酒を。 地元のお酒だったような・・近江の美酒 香の泉  

  • 夏休み 孫と行く "むらい萬香園” でスイーツ @ 伊賀市上野小玉町3130

    むらい萬香園ここは、長女が行きたがっていたお店です。予定には無かったのですが、ゴル爺が高速の降り口を一つ間違えてしまったため、偶然近くを通るハメになってしまったのでありました。昭和の雰囲気ただようお店でした。お茶やさん? お茶関係の種々雑多な商品が並んで

  • 夏休み 孫と行く "旧東海道 関宿 散策” @ 三重県亀山市関町中町

    旧東海道 関宿三重県亀山市にある江戸時代の東海道の宿場で、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されています。そして 「日本の道100選」 にも選定されています。東海道五十三次の47番目の宿場です。江戸時代は旅人の通行も頻繁になり大変賑わったといわれています

  • 夏休み 孫と行く "やじろべえ上野店"でランチ @ 伊賀市服部町尾崎1919

    ランチは、やじろべえ 前は、歌行燈 という名だったように思う・・お店です。ゴル爺はザルそばとうなぎのセットミニ天ぷらも付いてます。長女は、お寿司  温かいお蕎麦 天ぷら 茶碗蒸しのセットあいちゃんは、ざるうどんと 親子丼 ?りょうちゃんは、天丼とざるそば

  • 夏休み 孫と行く "赤目四十八滝" @ 三重県名張市赤目町長坂

    8月25日夏休みももうすぐ終了!!二人の孫も、ほぼほぼ 宿題の目処がついた と いうことで、一泊旅行に~最初に行ったのは、赤目四十八滝じいじ ばあば は 3回目ですが・・・日本サンショウウオセンターの入口で、入場料を払って中にこびとさんのお家?のような建

  • ラムを冷やせ!!

    8月8日最近の気温は ↑ ↑ ↑年中 総毛皮をお召しになっている ラムさんさすがに 35℃を越えると ハーハーハーと舌を出してバテバテ 今までは、扇風機、上からのミスト、そして デーツーで買った よしず ・・・ の 防御 で、しのいできました。せめて あ

  • ラム小屋の大掃除

    最近、とみにラム臭 ラム家臭 が、強く・・洗濯ものを干しながら、「うっ!! くさっ!!」と感じる日々~というわけで、本日思い切ってラム及びラムの本宅の大掃除を決行いたしました。まずは、ラムさんのお洗濯。ブラッシングの後、薄めたシャンプー液でキレイキレイ。じ

  • 但馬高原植物園 散策 @ 兵庫県美方郡香美町村岡区和地709

    7月5日テレビで見て一度行きたかった場所です。この癒やしの森は「平地植物の上限、髙地植物の下限、南方植物の北限、北方植物の南限」で、湿度が高く植物にとって最適な環境を備えた 場所だそうです。・・・最強やん この季節 新緑が目にしみます平日なので、ほぼ独占中

  • 海を望む宿 澄海 の 朝食 @ 京丹後市久美浜町湊宮2330

    7月5日一夜明けて、膨れていた胃袋がほぼ元にもどってむかえる朝です。美味しそうな料理がずらりと並んで迎えてくれました。白いごはんか黒豆粥か選びます。ゴル爺はごはん、ごるままは粥をチョイス。盛り合わせの他に、焼きたてのカレイの干物出汁巻き卵 冷や奴も あり

  • 海を望む宿 澄海 (再訪) の 夕食 @ 京丹後市久美浜町湊宮2330

    海を望む宿 澄海のさざ波会席です。先付け くみあげ湯葉と空豆さらりとした湯葉 甘味の感じられる空豆・・ええ感じです。お造り四種盛り新鮮な魚貝の4種盛り結構ボリュームがあります。焼き物 黒毛和牛石焼き予めあたためておいた石にジューっとお肉を焼き付け、野菜と共

  • 久美浜 " かぶと山展望台 " @ 京丹後市久美浜町兜山山頂

    久美浜の旅館に行くまで時間があったので、前回行けなかった展望台に行ってきました。ふもとの公園から急坂を上って行くのが正規ルートでしたが、ゴル爺が車道があるのを発見結構細い道でしたが・・・歩かなくてもいいなら行くしかないと進んでいきました・・が、途中で進入

  • 森の中の家 " 安野光雅館 " (再訪) @ 京丹後市久美浜町764 和久傳の森 内

    和久傳の森ここも二度目の再訪です。和久傳の工場は右手にありますが、私たちは左手の森の中の家を目指します。駐車場から徒歩数分。森の中の家 安野光雅館前回は、「御所の庭」というタイトルの展示でした。今回は、「野の花と小人たち」色々な野の花の中に小人が隠れていま

  • オーベルジュ 豊岡1925 (再訪)で ランチ @ 兵庫県豊岡市中央町11-12

    7月4日今年、1月に同じルートで久美浜に行きました。その時のランチでお世話になった オーベルジュ 豊岡1925に、美味しい料理を求めて再びやってきました。優しい色合いのお花が飾られておりました飲み物 ゴル爺は、ノンアルコールビール冷たい泡、のど越し最高!!コース料

  • 今夜は大人の晩ご飯

    今夜はばあば食堂は、お休み。ごく 内輪のみ三人の夕食です。平均年齢・・・高いです。いつもは、揚げ物等が多いのですが、本日はヘルシーメニュー父の日に次男からもらった缶詰も一品で入ってます。オイルサーディンは、しその葉でくるんで、蓑虫状態。トマトをのせて、青

  • 父の日の ばあば食堂

    6月16日この日は日曜日で ばあば食堂は定休日なんですが、一部の方々のリクエストにより急遽 開店 いたしました。メインは山形牛の一口ステーキ鶏の照り焼きサラダ とうもろこし 枝豆 じいじ漬け物かほたんがママと合作の 手作りケーキちゃんとスポンジが二層になっ

  • 蕎麦甘味処 風庵 (再訪)で蕎麦ランチ @ 吉野郡十津川村上野地345

    この旅の目的の一つは、ここでお蕎麦をいただくことでした。十津川村に入ってからの時間が、いつも長いのです。とにかく 大きい村なんです。やっと、風庵の看板が見えた時は・・ちょっとテンション↑ゴル爺は、天ざるサクっと揚がった天ぷらが美味しそう~ていねいに作られ

  • 熊野古道(中辺路)番外編 ” 鹿&山羊 ”

    今回の熊野古道歩きの時に、出会った鹿さんです。継桜王子から車で三越峠に行く途中でした。しばらく、こちらを注視していましたが、2~3枚写真を撮り終えるころ、もういいかな・・・と去っていきました。三越峠から原尻の滝の間の山の中でも鹿さんに出会ったのですが、木

  • 熊野古道(中辺路)番外編 ” 鼻白滝 ” @ 新宮市熊野川町能城山本

    鼻白滝(はなじろのたき)地蔵茶屋跡を出て、熊野川沿いのルート168へむかう途中、右手に現れた滝です。以前熊野川下りをしたときの道の駅からの帰りに立ち寄った滝です。そのときは、下から見上げる形だったので、手前の滝だけが見えておりました。今回、その滝の全貌を

  • 熊野古道(中辺路)" 小雲取越え " @ 新宮市熊野川町

    小雲取越えの入口 小和瀬渡し場跡難所の小雲越えへの入り口 スタンプ押印の場所は、こんな所にありました。歩いてないけど・・・ごめんなさいネ と 思いながら スタンプを押しました。 この場所 小和瀬には、その昔 渡船がありました。普通の水量の時と、中くらいの

  • 熊野古道(中辺路)" 地蔵茶屋跡 " @ 東牟婁郡那智勝浦町色川

    大雲取越え熊野三山詣でを終えた旅人は、那智から本宮へ戻るのに、雲の中を行くがごとくの道 大雲取越え を歩きます。熊野古道の中でも 難所 と言われるルートです。アップダウンのある山中を歩く、一日コース・・・とても歩く自信は二人共ありません でもね~むむむ・

  • 休暇村 南紀勝浦 の夕食 @ 東牟婁郡那智勝浦町宇久井

    休暇村 那智勝浦ここの夕食は、一応コースで料理が運ばれてきますが、天ぷら、サラダ、漬け物、ごはん、味噌汁、煮物等は、バイキング方式で各自取ってくる形式でした。海のそばなので、お刺身や貝焼きは新鮮でおいしいです。甘辛く煮たお肉も柔らかくておいしかった。ゴル爺

  • 熊野古道(中辺路)" 高野坂 " @ 新宮市新宮高野坂

    熊野古道 高野坂(こやのざか)国道沿いの駐車場に車を置いて、警察署横の道を通り10分くらい行くとスタンプ台のある広場がありました。スタンプを押してからの・・高野坂・・・です。海岸線に沿って走る 紀勢線 の すぐ横を歩くかたちになっています。橋を渡って、しば

  • 熊野古道(中辺路)" 神倉神社 " @ 新宮市神倉1-13-8

    神倉神社 は熊野速玉神社の摂社として世界遺産にも登録されています。神倉山山頂には、巨大なゴトビキ岩があり、そこから538段の急な石段を駆け下る お燈祭り が 有名です。毎年2月6日に白装束に荒縄をしめた約2000人の 上り子と呼ばれる男子が身を清めて参加す

  • 熊野古道(中辺路)" 蛇形地蔵 " @ 田辺市中辺路町道湯川

    湯川王子からしばらく進むと蛇形地蔵が見えてきます。海藻の化石が蛇のうろこのように見えることから 蛇形石 と名付けられ、それを背において祀られているので 蛇形地蔵 と 呼ばれています。明治22年の大水害以前は岩神峠にあったと言われてます。この付近で、参詣の

  • 熊野古道(中辺路)" 湯川王子 " @ 田辺市中辺路町湯川字王地谷20

    三越峠の空き地に車を置いて、湯川王子を目指します。ここから入るのかな?と思っていましたが、このルートではなく、調べてみると、この右側の先に降り口がありました。この日、ここで2つのグループと会いましたが、なんと全部海外の人でした。最初は若い男女(腕にタツー入

カテゴリー一覧
商用