searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

Ryou Tagumaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Ryou Tagumaのマイオリジナル人生ブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/nb9671041
ブログ紹介文
私のブログとは、私の経験と皆様の総合情報ブログです
更新頻度(1年)

150回 / 365日(平均2.9回/週)

ブログ村参加:2016/01/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Ryou Tagumaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Ryou Tagumaさん
ブログタイトル
Ryou Tagumaのマイオリジナル人生ブログ
更新頻度
150回 / 365日(平均2.9回/週)
読者になる
Ryou Tagumaのマイオリジナル人生ブログ

Ryou Tagumaさんの新着記事

31件〜60件

  • 足と糖尿病

    皆様、こんにちは糖尿病は、足の些細なたこ・まめ、靴擦れや怪我でも、それが原因で大変なことになる可能性があります。足の痛みが感じられないことになり、細菌に感染する恐れも高くなります。症状が進めば足の切断、最悪の場合は命にかかわります。足と糖尿病

  • 薬の使い方を間違えると薬依存

    皆様、こんにちは皆様、医師から、処方された薬は安全な治療薬でしょうか、分かりやすく言えば、医師の金儲け用の治療薬だと思います。例えば、代表的な薬は精神安定剤です、精神安定剤というのが貴方の精神不安定の症状を治すためのものではなく、貴方の精神不安定の症状を一時的にに良くなったと思わせて、その薬を買うように選択をさせるのです。分かりやすく言えば、医師からは薬を飲まないと悪化をしますよと言っていることになります。もっと分かりやすく言えば、薬会社と病院が儲かるように、精神安定剤を飲ませて、薬の依存症にさせるのです。良い医師は様子を見て、体に優しい薬を提供をするのです、分かりやすく言えば、副作用が少ない薬と薬の量を少なめに処方をするのです。まずは良い医師を見つけることです。薬の使い方を間違えると薬依存

  • 薬物治療

    皆様、こんにちは医学的に行われる治療には、手術や心理療法などの様々な治療がありますが、そのなかで薬物を患者に投与する治療を総称して薬物治療とよびます。薬物を患者に投与することで、病気の治癒、または患者のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の改善を目指す治療であります。薬物治療

  • 登録販売者

    皆様、こんにちは都道府県知事が資質認定した、薬の専門家です。一般用医薬品をしか取り扱うことができます。登録販売者

  • 薬剤師

    皆様、こんにちは薬剤師は、国家資格を持った薬の専門家です。医療用医薬品、要指導医薬品、第1類医薬品を含めた、すべての医薬品を取り扱うことができます。薬剤師

  • 第2類医薬品

    皆様、こんにちは副作用、相互作用などの項目で安全性上、注意を要するもの。またこの中で、より注意を要するものは指定第2類医薬品となっています。第2類医薬品には、主なかぜ薬や解熱剤、鎮痛剤など日常生活で必要性の高い製品が多くあります。専門家からの情報提供は努力義務となっています。第2類医薬品

  • 第1類医薬品

    皆様、こんにちは副作用、相互作用などの項目で安全性上、特に注意を要するもの。店舗においても、生活者が薬剤師の説明を聞かずに購入することがないよう、すぐには手の届かない場所に陳列などすることとされています。販売は薬剤師に限られており、販売店では、情報を提供する場所において対面で、書面による情報提供が義務付けられています。第1類医薬品

  • 一般用医薬品等

    皆様、こんにちは調剤薬局や薬店・ドラッグストアなどで、処方せんなしに買うことができる薬には「一般用医薬品」と「要指導医薬品」があります。市販薬や大衆薬などと呼ばれることもあります。お使いになる方がご自分の健康状態に基づいて、調剤薬局などで薬剤師や登録販売者からの適切な情報提供を受け、ご本人の自己責任・自己判断において購入するお薬のことです。一般用医薬品等

  • ジェネリック薬品の顔

    皆様、こんにちはジェネリック製品は、薬の効果によってバラツキがあります。その理由は、添加物が違うのです。添加物が違ければ、薬の効果も変わるのです。ですから、ジェネリック薬品の価格は高いのです。ジェネリック薬品の顔

  • 薬とアレルギー

    皆様、こんにちは同じ成分の薬や似たような成分の薬などを使用すると、副作用やアレルギーを起こします。最終的には、死につながります。薬とアレルギー

  • 薬と老人

    皆様、こんにちは肝臓や腎臓の働きが低下し、長期間、複数の薬を使用していることも多いので、薬が体内に留まる時間が長くなり、副作用のリスクは高まっています。薬と老人

  • 薬と子供

    皆様、こんにちは身体が未発達のお子さまは、薬を分解したり排泄する能力が弱いため、一般的に薬の影響を受けやすくなります。薬と子供

  • 薬と妊娠

    皆様、こんにちは母体を通じて、お子さまの成長に薬が影響を及ぼす可能性があります。妊娠中の場合は、妊娠週数によって、その影響の度合いは変化するといわれています。薬と妊娠

  • 精神薬は危険な薬

    皆様、こんにちは精神薬とは中枢神経に作用し精神機能に影響を及ぼす薬物の総称で、抗精神病薬、抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬があります。精神薬を選ぶ目安は、少ない量で試すこと。少ない量でしたら、体の慣れや副作用の防止につながります。精神薬の副作用は、症状が悪化します。分かりやすくいえば、貴方の人生が壊れます。精神薬は危険な薬なのです。精神薬は危険な薬

  • 薬の効果

    皆様、こんにちは薬が体に効くようにするには、ちょうど良い血中濃度にする必要があります。そして、ちょうど良い血中濃度を保つために、用法用量が定められているのです。用法は毎食後、毎食前、就寝前などの服用時点を指示するもの。用量は1回当たりの服用量です。用法用量は患者様の病気やケガの状態、年齢や体重、飲みあわせている薬などを考慮して決められています。薬の効果

  • 薬は指示通りを飲まないと悪化します

    皆様、おはようございます用法用量どおりにお薬を服用している方は全体の2割と言われています。自分の判断で途中で服用を中止することで、病気が早く治らず、症状が悪化をするのです。ですから、薬はすべて飲みきりましょう。薬は指示通りを飲まないと悪化します

  • 治療を受けるための基本は

    皆様、こんにちは年齢、体重、運動などの生活習慣、過去の病歴、妊婦かどうかなど、複合的な要素によって、お薬の効き方や影響は変わります。まずは、医師にきちんとあなたの体の状況を伝えることが、よりよい治療を受けるための基本中の基本です。治療を受けるための基本は

  • 総合病院の特徴

    皆様、こんにちは総合病院は入院や手術が必要な緊急性の高い病気を診てもらうところです。従って、紹介状が必要な病院があります。総合病院の特徴

  • 外科分類

    皆様、こんにちは消化器外科-呼吸器外科-心臓血管外科-乳腺外科-甲状腺外科-小児外科-肛門科-整形外科-形成外科-脳神経外科-産婦人科-婦人科-皮膚科-泌尿器科-眼科-耳鼻咽喉科外科分類

  • 内科分類

    皆様、こんにちは内科消化器内科-循環器内科-呼吸器内科-腎臓内科-内分泌科-糖尿病科-膠原病科-リウマチ科-アレルギー科-血液内科-神経内科-心療内科-感染症科-腫瘍科内科分類

  • 精神科

    皆様、こんにちは精神科とは、医療機関における診療科目の一つである。精神障害・気分障害・知的障害を主な診療対象とする。精神科

  • 強迫障害の原因

    皆様、こんにちは強迫障害の原因は、心と体のストレスの原因です。例えば、私達がストレスを貯めると、心と体が壊れていきます。その理由は、免疫システムが作る症状なのです。免疫システムは自分の心と体を守るシステムなのです。ですから、免疫システム経由で脳の細胞にインストールをしたのです。強迫障害の原因

  • 強迫障害

    皆様、こんにちは今日は、強迫障害についてです。強迫障害は、強い不安やこだわりによって日常に支障が出る病気です。ですから、ゆとり生活しましょう。強迫障害

  • ストレス障害

    皆様、こんにちは死を意識するような強い体験によって心理的なトラウマが生じ、以下の特有の症状を生じる障害です。ここでいう体験とは、事故、災害、戦闘、虐待、犯罪によって自分が死にかけたり、親しい人が死んだり、死にかけるのを目撃することです。これが外傷後ストレス障害なのです。ストレス障害

  • 気分障害の高体温

    皆様、こんにちは気分障害の高体温は、心と体の負担です。心と体を負担をかければ、免疫システムが発動をするのです。体が異常でしたら、免疫システムが発動をして、熱を作ってくれるのです。ですから、気分障害の方は、高体温なるのです。気分障害の高体温

  • 高体温と睡眠障害

    皆様、こんにちは気分障害の方は、体温が高くなっています。とくに、本来は体温を下げて身体を休める夜の時間帯に体温が下がらなくなっているのが特徴です。身体が本当の意味での休息モードに入れないので、気分障害の方は、うまく休むことができず、回復感のない睡眠になるのです。これは睡眠障害の方は、ほとんど気分障害なのです。高体温と睡眠障害

  • 手浴と足浴の血行保進

    皆様、こんにちは手足には冷えやストレスに関するツボがたくさんあります。また、血管がたくさん通っている場所なので、手浴・足浴をするだけでも体全体が温まります。手足もみほぐしと手足温泉がお薦めです。手浴と足浴の血行保進

  • 炭酸泉は血行障害の治療温泉

    皆様、こんにちは炭酸泉は皮膚の血管を拡張させる作用です。体の表面から吸収された炭酸ガスが、毛細血管を拡張させ血流が増し、血行や代謝を促進。炭酸泉に手を浸けると浸けた部分が赤くなり、これがまさに末梢血管が拡張して血流が良くなっている証拠と言われています。1.血流が良くなると毛細血管も拡張され、腰痛、肩こり、うちみ、くじきがやわらぎます。2.弱酸性の炭酸泉のアストリンジェント効果によりお肌の代謝促進が進み、美肌効果があると言われています。3.保温性が高く、高い血流促進効果でリラックスし、不眠をやわらげると言われています。炭酸泉は血行障害の治療温泉

  • 安全性が高い入浴法

    入浴前に脱衣所を暖めます。暖房設備がなければ浴槽の蓋を開けるなどして、温度差をできるだけ少なくしておくことも有効です。かけ湯はぬるめの湯で。手足の先から肩、背中、そして胸へと慣らしながら温めます。長湯も気をつけましょう。額が汗ばんだり心臓がドキドキし始めたら限界サイン。浴槽の縁や手すりなどにしっかりつかまって、頭を低くした姿勢で出ましょう。安全性が高い入浴法

  • 治療温泉の効能

    「薬理効果」「塩化物泉」「硫黄泉」など、温泉の成分に応じ、「泉質名」がつきます。この泉質ごとに「適応症」という効能が認められています。入浴することにより皮膚から成分が吸収され、泉質に応じた効能が発揮されるのです。「温熱効果」温泉により体があたたまることにより、血行が促進されます。血行を促進されると、新陳代謝が高まりますし、体の中の老廃物が体外に排泄されやすくなります。「浮力効果」温泉に限らずお風呂に入りますと、浮力により体が軽くなったような感じがします。重力から開放されることによるリラックス効果があると言ってもよいでしょう。筋肉が緩み、心も体もリラックスし、脳波がα波になりやすいのです。「水圧効果」体表面にかかる静水圧により全身に圧力がかかり、内臓が刺激され、内臓運動につながります。つまり、天然マッサージの状態...治療温泉の効能

カテゴリー一覧
商用