chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
缶コーヒーブログ https://kan-coffe.blog.jp/

初めまして、缶コーヒーブログです。特にこれまでの人生何もしてこなかった社畜が始めたブログです。くだらない記憶、好きなものを綴っていきます。缶コーヒー代を捻出できるくらいの収益化を目指し、そんな名前にしてみました。よろしくお願いします!

kancoffe
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2023/01/18

arrow_drop_down
  • 2023年競馬収支報告(2023/2/5) 「きさらぎ賞(G3)」「東京新聞杯(G3)」結果報告

    この缶コーヒーブログでは書くことがなく、まるで競馬ブログのようになっている。しかし、競馬予想ブログはありふれており、素人中の素人(競馬を再度予想しているのはおよそ20年ぶり)といった血統の知識もサンデーサイレンスで止まっているようなロートルである。そんな素

  • 地方競馬 2023年 川崎記念(JPN1) <結果報告>

    今年最初のJPN1(G1クラス)は2月1日に川崎競馬場で開催された「川崎記念(JPN1)」ダ2100m(川崎)である。 基本地方競馬はこれまで手を出していなかったが、今年は幅広く競馬に触れることを目標としているので予想してみることとした。 川崎記念は過去5年全て1番人気

  • 「紛争でしたら八田まで」<マンガ書評>

    最近歳をとってきたからかもしれないが、マンガを読む時にも何か勉強になる内容だと特に面白く感じる。誰に言うでもないがウンチクを蓄えることをすすんで行う傾向にある。 そんなおじさんこそ楽しめるマンガが「紛争でしたら八田まで」だ。島国の日本ではなかなか感じる

  • JRA競馬 2023年「根岸S(G3)」予想

    今週も週末の重賞の予想をしてみる。今週日曜日の重賞は 「根岸S(G3)」ダ1400m(東京)と「シルクロードS(G3)」1200m(中京)の2レースである。フェブラリーSに向けての前哨戦として、今回は根岸Sに絞って予想する「根岸S(G3)」3 ホウオウアマゾン6 ギルデッドミラー

  • 「すき家」の思い出と「松屋」のすゝめ

    大学生時代、アパートから一番近かったこともあり、牛丼屋といえば「すき家」であった。牛丼やカレー、定食が割安で、テスト勉強の合間や部活の後など重宝していた。 しかし、ある日大学の部活の後輩(学部が違うので普段はあまり一緒に練習しないが)が行きつけの「すき

  • 「アンガールズのジャンピン」<おすすめラジオ>

    「アンガールズ」 かつてきもかわいいでブレイクしたぐだぐだコント、田中が審査員として評価されているコンビとである。 自分は、アンガールズが好きではなかった。二人のコントの面白さが正直よくわからなかったこと、きもかわいいではなくただキモいなと思っていたこと

  • 「 貴重な棒を持つネコ」<おすすめマンガ>

    好きなネットラジオがある。「ありっちゃありスパーク(ありっちゃありアワー)」である。オモコロ編集長の「原宿」さんと「室木おすし」さんによるおじさんのラジオである。その「室木おすし」が書いているマンガ、「 貴重な棒を持つネコ」がある。「室木おすし」といえば

  • 「さよなら絵梨」<書評> このマンガがすごい2023

    ふと本屋に行くと『このマンガがすごい2023』が発表されていた。ランキングはぜひ本(ネット?)で確認をしていただきたい。注目すべきはオトコ編2位に入った「さよなら絵梨」だ。作者は「藤本タツキ」である。「チェーンソーマン」がアニメ化され、今最も人気を博している漫

  • 「ダビスタ3」の記憶 〜オオシマナギサ×マチカネイワシミズ〜

    小学生当時、マキバオーの影響と友達の「H君」の影響で「ダービースタリオン3」に手を出した。 当時は競馬がブームであった背景もあり、身の回りで「ダビスタ」も流行していた。身近な友達グループ内ではしばらくの間、「ダビスタ」ブームは持続していた。 当時は種牡馬

  • 2023年「東海ステークス(G2)」「AJCC(G2)」

    今週も週末の重賞の予想をしてみる。今週日曜日の重賞は 「AJCC(G2)」芝2200m(中山)と「東海ステークス(G2)」ダ1800m(中京)の2レース。「AJCC(G2)」今年の古馬戦線を占う一戦10 ガイアフォース11 エピファニーの2頭のガチガチで馬連と単勝で勝負です。もしこの結

  • 「じゃじゃ馬グルーミン★UP!」で入門する競馬

    「じゃじゃ馬グルーミン★UP!」。 競馬好きの中年であれば、おそらくみんな読んだことがあるのではないだろうか。「機動警察パトレイバー」で有名な、ゆうきまさみの作品である。 平成の作品であり、馬齢の数え方、クラシックへの外国産馬の出走がまだ解放されていない、馬

  • 「修学旅行」の記憶② 〜ボキャブラ天国の名もなき詩〜

    小学校の修学旅行。別府に宿泊し、翌日には阿蘇へ向かうという非常に渋い大人向けのコースであった。小学生にとってはどこに向かうかよりも、同級生と過ごすという非日常が一番の楽しみだろう。 別府で宿泊の夜、様々なことが思い出に残っている。みんなで大浴場に入った

  • 「YAIBA」<おすすめマンガ>

    名探偵コナンが終わらない。もはや最新話がどうなっているのかわからない。いつになったら黒幕との対決を迎えるのだろうか。もうすぐ30年経とうとしている。 自分は名探偵コナンを連載開始時からおっていた。コミックスも集めていたが、大学生になり、寮に住むようになっ

  • 「辻ちゃん加護ちゃん論争」

    かつて我々が高校生の頃に男子高校生を真っ二つに分けた論争が行われた。 「辻ちゃん加護ちゃん論争」である。 この論争に何の意味があったのか、何が正解であったのかはわからないが、当時男子高校生の中ではこの論争で盛り上がっていた。ASAYAN全盛期でモーニング娘。

  • 「修学旅行」の記憶① 〜スイトコビッチ〜

    誰にも共感の得られない「記憶」を書く。 小学校6年生の修学旅行。別府ラクテンチや別府温泉をめぐるという、アラフォーになると一周回ってもう一度旅行したいと思う旅先であった。それぞれの観光地での思い出はあまりない(血の池地獄などの地獄めぐりは覚えている)が、

  • 「GLAY」と「インフルエンザ」の記憶

    世界中でコロナウイルスが猛威を振るい、もう4年目に突入した。 もはやクイーンエリザベス号で大騒ぎをしていたことなど多くの人が忘れかけていることだろう。 コロナウイルスの陰に隠れて存在感を失っている(久しぶりに流行が危ぶまれているが)「インフルエンザ」の記憶

  • 「怪談奇談を語りますの巻」【ラジオ漫画犬】

    今世間ではラジオブームがきている(と勝手に思っている)。 スマホやネットの普及により、情報量が非常に増えた現在、何かをしながらでも耳から情報を取り入れることができる「ラジオ」が一部で人気になっているのだ。いわゆる「作業用」というやつだ。 もちろんラジオと

  • 「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」<書評>

    自分は基本的に趣味がない。だがたまに無性に読書をしたくなる時期がある。だからと言って趣味と言えるほどではないだろう。Kindle Unlimitedに課金しているが、正直元は取れていない程度の読書量だ。 そんな中で面白くて人に勧めたくなるような本がいくつかある。しかし

  • 2023年「日経新春杯(G2)」「京成杯(G3)」結果 〜惨敗〜

    1月15日の「日経新春杯(G2)」「京成杯(G3)」を予想した。「日経新春杯(G2)」1 ヤマニンゼスト3 ロバートソンキー 9 プリマヴィスタ12 プラダリアの4頭の馬連ボックス「京成杯(G3)」4 ソールオリエンス9 シャンパンカラーの馬連1点勝負 結果はタイトル通り見

  • 2023年「日経新春杯(G2)」「京成杯(G3)」

    前回の記事では今年の競馬予想をしていきたいことを書いた。 早速今週の日曜日の重賞の予想をしていきたい。と言っても素人の予想なので的中率はかなり期待できない。おそらく南アフリカW杯で活躍した予想ダコの「パウル君」の方が遥に的中率は高いだろう(2歳9ヶ月で老衰の

  • 「マイナポイント」をきっかけに始める「競馬」

    社会人になってから、趣味といった趣味がないまま過ごしている。 そんな中、以前書いた「みどりのマキバオー」の影響もあり、スポーツ観戦の一つとして競馬はちょこちょこみていた。 エルコンドルパサー、サイレンススズカ、オルフェーブル、ゴールドシップなど今でも記憶

  • 「ポケットモンスター赤・緑」の記憶 〜幻の発売日〜

    その後繰り返し考えてみても、現在の自分のことで特に書きたいことは思いつかないので、思いつくまでは昔の「記憶」を辿ってみようと思う。何か人様の役に立つことは出てこないと思う。 自分が小学生の頃。前の記事でも書いたようにジャンプを毎週読んでいた。加えて、月刊

  • 「みどりのマキバオー」の記憶

    いざブログを始めるにあたって引き出しがないことは自分でも理解していたが、本当に何も出てこない。 今時なんでも教えてくれる<YouTube>を参考にすると、「好きなこと、自分の得意なフィールドで無理なく続けることができる内容が良い」などと言っている。 そんなものは

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、kancoffeさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kancoffeさん
ブログタイトル
缶コーヒーブログ
フォロー
缶コーヒーブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用