chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 研究紹介〜変形菌との出会いから〜

    (1)ヒトと腸細菌の共生関係はどのように成り立っているのか?「共に生きること」。私たちの腸内にはたくさんの細菌が共生しています。共生のために必要な条件とは何であるのか?あなたならどのように考えるでしょうか?私たちはその疑問をある生物を使って解明しようとしています。(2)真正粘菌(変形菌)との出会いある生物とはズバリ、「変形菌」です。最近ではその美しさから写真集などが発刊され、SNSでも多くの方が写真を掲載しています。私も最初はその美しさに魅了され変形菌の追っかけをやっておりました。ですがある時、ふと思いついたのでした。変形菌の変形体は「単細胞で多核」。ヒトは多細胞で単核だけどその概念を崩して単細胞で多核であると仮定すれば……。共生細菌と宿主生物の共生メカニズムを研究できるのではないか?と。(3)変形菌の変...研究紹介〜変形菌との出会いから〜

  • 研究室の成り立ち。

    初めまして荻田佑(オギタタスク)と申します。研究が大好きな農学系研究者です。この度『動物糞便学研究室』を立ち上げ、再出発することとなりました。様々な研究分野に興味はありますが、一貫して『糞』に着目して研究を進めています。様々な生物の糞中微生物を調べることで、生物と微生物の共生メカニズムや生物進化との関係などを解明していきたいと思っています。なぜ糞なのか?実はある出来事がきっかけで糞に魅了され、糞一筋に研究することを決意しました。私は2020年1月に「うつ」と診断を受け長らく休職していました。思うように身体が動かない中、何かできないかと思考能力の低下した頭を使い出てきた答えは……いろいろな生物の糞を集めることでした。無論、病状と糞中微生物の変化を調べたかった私は自分の糞も定期的に採取していました。糞と一文字...研究室の成り立ち。

  • ようこそ!! 信州大学 学術研究農学系 動物糞便学研究室へ!

    初めまして。信州大学学術研究農学系動物糞便学研究室の荻田佑(オギタタスク)です。研究室のHPが完成するまでの間、こちらで研究室の様子、研究内容を発信していきます!!本研究室は2021年11月に立ち上がりました。立ち上げ当初はどうなるものかと思いましたが、いろいろな方々の支援を受け、今は学部3年生2人と研究を進めています。研究内容が幅広いため、2人の学生は大変そうですが、充実しているらしく、毎日笑の絶えない研究室です。これから始まる研究室員たちの珍道中をお伝えしていきます!よろしくお願いいたします。 研究室長荻田佑ようこそ!!信州大学学術研究農学系動物糞便学研究室へ!

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、荻田佑さんをフォローしませんか?

ハンドル名
荻田佑さん
ブログタイトル
信州大学学術研究院農学系 動物糞便学研究室
フォロー
信州大学学術研究院農学系 動物糞便学研究室

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用