chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
福祉職で転職に成功し年収アップを確実にする方法 https://welfare-industry.com/

福祉の職場は決して「つらい」「苦しい」ものではありません。職場が問題なのです。介護・支援・保育など福祉領域は広く、転職に失敗しないノウハウが必要です。転職に成功し年収もアップ!退職方法や転職方法等の経験あり!やりがいをもった仕事ができます!

富嶽29
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2022/10/27

arrow_drop_down
  • 【共通】保育士のブラックな職場!5つの特徴【児童福祉分野】

    保育士の仕事を思いっきり楽しむなら、ブラックな職場は避けよう! 介護・福祉の分野は高齢者福祉のイメージが強いですよね? つまり「介護」です。 実際には、高齢者分野だけではなく、障がい福祉分野・児童福祉分野、それ以外にも、様々な福祉を必要とされる方々への必要なサービスを提供する分野が細かくあります。 実に「福祉の分野は幅が広い!」といえます。 介護・福祉の仕事の全般があまりイメージが良くない部分もあるかもしれません。 高齢者介護が一般的にはメジャーであり、そのイメージが世の中に浸透している感じがしますが、「社会保障という枠組みで運営されている」事は基本的に同じです。 今回は「児童福祉分野で働く、…

  • 【必見】管理職の求人について|仕事と年収はどのくらい?【介護・福祉】

    管理職の求人もありますが、求人票では「待遇」だけで判断しないことがポイントです。 「一般企業で管理職の給料は高いイメージがあるけど、介護・福祉の業界はどれくらい?」 「出世したいけど・・・出世したら逆に給与に見合わないのではないか?」 介護・福祉業界の管理職になると施設・職場全体のマネジメントが仕事になるため、現場の業務からは離れることが多くなります。 ですので、現場で働きたい方は「出世」が魅力的になることはありません。 なおかつ「出世する」ことで「給料は上がらず、仕事だけが増える」イメージもあると思います。 「出世すること」自体を目標にし、働く人材は少なくなってきている傾向にあります。 「出…

  • 【考察】介護・福祉の職員が虐待をしないための1つの方法

    施設虐待の多くは組織の問題です。転職などの際は十分ご注意ください。 介護・福祉の業界で問題となっている「虐待」について、度々メディアでも事件化します。 メディアで報道される虐待関連のニュースは、ほんの一部で各都道府県ごとに「虐待事案」「虐待グレーゾーン案件」はあります。 これは、介護・福祉業界の「経験の有り無し」に関わらず、介護・福祉業界で勤めようとするのであれば、「ある一定の虐待についての自身の考え」は持っていた方がよろしいかと思います。 介護・福祉業界で多くの事業所は、虐待防止について研修等を積極的に行っているのではないかと思います。 逆に行っていない事業所は、極めて「まずい」と思います。…

  • 【福祉の仕事】就労継続支援事業A型・B型で就労支援員として働く

    就労継続支援事業A型・B型は就労支援をする将来性の高い事業です! 「障がいのある方の働く力を支援したい!」 「福祉の経験は無いけど、持ってるキャリアを活用して障がいのある方を支援したい!」 障がいのある方を支援していく中で、就労支援をする事業は、障がい福祉が未経験の方にとっておすすめの事業です。 理由は 「福祉経験が未経験または、他業界でのキャリアを活かす」 これを軸に考えると、障がいのある方への就労支援事業は非常に働く側としてはメリットがあるからです。 うまく就労支援事業とマッチングできるキャリアがあると、働くための意欲は上がってくるのではないかと思います。 「働く意欲が上がること」は仕事を…

  • 即!介護職は将来性がない!イメージ悪い!そんな時は転職すべき理由

    即行動しましょう!ホワイトな職場は簡単にはみつかりません。 現職で介護福祉の仕事をされている方は、その職場で明るい将来のイメージができますか? 私は色々なところで「介護・福祉業界」の将来は明るいと述べています。 介護・福祉業界は「人が生活していく上で、社会にとっては必要なサービス」です。 例えば、高齢者の介護をするサービスがないと、その家族が介護することになります。 その家族が仕事を制限しながら、介護をすることになります。 すると、その家庭は生活が困難になります。 そのような家庭が増えていくと、経済活動が落ちていくことになります。 ですので、基本的に介護・福祉の業界が縮小するということはありえ…

  • 職業指導員/就労支援員とは?『働く』を目指す人をサポートする仕事

    職業指導員と就労支援員は『働く』を目指す人をサポートする重要で将来性ある仕事です。 「障がいのある方の『働く』を支えたい!」 「就労を目指す人の力になりたい!」 少子化の我が国では、「労働力の確保」は経済を活気付けさせるために必要なことです。 ですので、就労を目指す人に対して適切な就労支援が行われるように「就労支援」という仕事が福祉の仕事にあります。 障がい福祉分野においても「就労」は大きなテーマであり、働くことを支援することによって障がいのある方の経済力や生活の質を向上させる必要もあります。 『就労支援を通じて障がいのある方をサポートする』 その中に「職業指導員」と「就労支援員」という職種が…

  • 障がい者支援施設での仕事はきつい?実体験から考察

    障がい者支援施設での仕事はきつい?「向き・不向き」を実体験からお伝えします! 「障がいのある方を支える仕事がしたい!」 「障がい者支援施設に興味がある」 現在の「社会福祉施設」の流れは、「地域での生活」ということに焦点を当てられています。 できるだけ入所施設などの施設利用を考えるのではなく、地域の中で可能な限り過ごすという「脱施設化」の考え方が主流になっています。 そのような状況の中でも、様々な諸事情を抱えた障がいのある方はいらっしゃいます。 ですので、障がい者支援施設は障がいのある方への必要な施設でもあります。 障がい者支援施設を転職先として探そうとするのであれば、数が少ないことは考慮してお…

  • 児童福祉分野で活躍する社会福祉士の仕事について

    児童福祉分野で活躍する社会福祉士の仕事は「こども」も「家庭」も支える仕事です。 「子どもの支援に特化した社会福祉士になりたい!」 「児童福祉分野に興味があるので、社会福祉士として働いてみたい!」 社会福祉士の活躍の場は様々なところにあります。 そのため社会福祉士の仕事は多岐に渡ることがありますが、専門として子どもの支援に特化して働く社会福祉士もいます。 社会福祉士が子どもに関わる仕事をするには、主に児童福祉施設などの現場で活躍することになります。 児童福祉に関わる仕事は、その業務の性質から行政が主体となって事業を行うことが多かったのですが、今では民間企業が多く事業を手がけており、事業数としては…

  • 【彼氏・彼女が介護職】将来が不安?大丈夫といえる理由

    介護・福祉業界も「ホワイトな職場」であれば、将来の不安は少なくなっています。 「介護職は所得が低い!」というイメージが一般的にあります。 なおかつ激務で、ストレスも抱えやすいといわれていることがあります。 ですので、介護・福祉を仕事として選ぶことに対し、将来を心配する声は少なくありません。 しかし、これはイメージが先行しているだけです。 実際には的を得たことではありません。 介護・福祉業界が全ての職場が、イメージ通りのというわけではありません。 介護・福祉業界の中でも、労務環境の改善などに成功しているところは、 待遇もよくプライベートな時間も確保しながら働くことができます。 一般企業のほうが、…

  • 障がい者を支える仕事で必要な資格について

    障がい者福祉での資格はたくさんありますが、仕事するにあたって有利な資格はあります。 「障がいのある方を支える仕事をしたい!」 「障がいのある方への福祉に貢献したい!」 福祉職として、障がいのある方へのサポートをする仕事は比較的介護・福祉業界の中でも人気な職業です。 高齢者の介護施設と比べると、事業所数が多いわけではありませんが、障がいのある方へのサポートも種類が多くあり、転職先として興味・関心がある方はある程度は選ぶことができると思います。(おすすめの障がい福祉事業について) 障がいのある方は、今では基本的には障がいの種別に関係なく分け隔てなく施設を利用することができますが、障がい特性に配慮す…

  • 【明るい!】男性介護士の将来性は?5つの視点から考える

    男性介護士の将来は明るいですよ!(ただしホワイトな職場に勤めていることが前提) 「男性で介護士は負け組だ!」 「介護士をする男性とは結婚できない!」 「給与が低い!」 「経験を積んでも給与が伸びない!」 介護・福祉業界で働く男性介護士は、残念ながらそのように揶揄されることもありました。 介護・福祉業界自体が、「女性が多い傾向にある」ので、女性が活躍できる職場ではあります。 男性というだけで、特別有利に働くわけではありません。 そのため、職場によっては肩身の狭い男性介護士もいます。 もちろん肩身が狭くもなく、逆に「異性にモテる」介護士もいます。 ★【意外とモテる】男性介護職の恋愛を5つの視点から…

  • 【意外とモテる】男性介護職の恋愛を5つの視点から考察

    男性介護士は意外とモテますよ?ただし前提条件はあると思います。 男性介護士は「モテない!」と思っておられる方います? なんとなくわかります。 ネガティブなイメージが介護・福祉業界にはありますよね。 「男性で介護職は底辺」など、意味不明な言葉を聞くこともあります。 前置きの中で、もうすでに結論を述べますが、男性介護職は意外と異性からモテます。 その理由については後述しますが、前提条件として介護・福祉の職場の中でも「ホワイトな職場に勤めていた場合は異性にモテますよ」って話になってきます。 現職で介護士をしている男性の方で「恋愛が上手くいかない」と思っておられる方は、この記事で少しでも考え方が前向き…

  • 介護士の業務効率を求めている職場は介護(ケア)の質も高い?

    介護士の業務効率を求めている職場は介護(ケア)の質も高い傾向にあります。 「業務効率を求められるけども、利用者へのサービスの質の低下が心配・・・」 「業務効率を求められると。スケジュールがタイトになって大変。ゆっくりと働きたい!」 介護の仕事をしていく中で、このようなお困りごとはあると思います。 働くスタイルによっては、「目指す介護のあり方」について、職場の方針と自分自身の考え方が違うこともあるのです。 例えば、定年退職をしてセカンドライフとしての働き方を求めている方は、やはり仕事を忙しくこなしたいことよりもゆっくりと自分のペースでこなしたいという考え方になりやすいと思います。 ただし職場によ…

  • 介護士の休みは多い?少ない?仕事と生活の両立は?

    介護士の休みは多いか?少ないか?は事業形態と業務効率がポイントです。 「急なシフト変更によって休みが取れない・・・」 「年末年始もずっと働きっぱなし・・・」 「夏季休暇などのお盆休みもない」 介護士の休みは「あまり取れない」というイメージも多いです。 事実休みはとても重要なことで、休みが取れないことは「サービスの質の低下」もさることながら、「職場環境がストレスによって劣悪な状況になる」ことだってあります。 ですので、まともな職場であればなるべく休みをスタッフにとってもらおうと、積極的に働きかけることをします。 しかし、事業形態によっては利用者が「365日24時間利用する」事業形態もありますので…

  • 介護・福祉職で「月収30万円・40万円」は可能か?

    介護・福祉職で「月収30万円・40万円」は可能かといえば、答えは「YES」です! 「介護・福祉業界は、管理職でも薄給・激務だと思っている」 「介護職・福祉職は給料が安いイメージがある」 給料に関して、そのようなイメージはありませんか? 実際に介護士の給与は、少しずつ上がっています。 ですので、待遇が悪いからといってそれが退職要因になることは少なくなってきました。 しかし、実際のところ「月収〇〇円以上は可能なのか?」という問いについて、月収30万円~月収40万円あたりなら個人的な経験からも十分可能であると言えます。 しかし、「給料を取るのか?」それとも「落ち着いたペースな働き方を考えるのか?」こ…

  • 介護派遣の職員として働く?将来性やキャリアについて

    介護派遣の職員として働く?「あり?なし?」現場経験から将来性やキャリアについて考察 「年齢も高いし・・・介護派遣で働くか!」 「介護派遣で働いたほうが給与が高い!」 「パート労働を辞めて、介護派遣で働くか」 介護派遣を行っている派遣会社の職員になって、派遣先の施設で働くということも選択肢としてあります。 一時期、派遣会社を通して働くことが流行った時期があったのですが、今現在でも介護派遣で働く方はいらっしゃいます。 基本的に介護派遣で働いた方が『時給が高い』ことが多いです。 この『時給が高いこと』を目的として働いている方もいらっしゃいますし、介護派遣は派遣会社が派遣先を紹介してくれることもあり、…

  • 【逆説】介護職不足の今がチャンスである4つの根拠と理由

    介護職・福祉書が不足している今がチャンス!ホワイトな職場は将来性がある! 介護や福祉の職場は、残念ながらイメージが良くない部分もあります。 それは、介護・福祉業界が「慢性的に人手不足である」ことが関係していると思います。 「人手不足」に関しては、「量の問題だけではありません。 同時に「質の問題」もでてきます。 介護職・福祉職は「イメージがあまり良くない」部分に焦点があてられ、将来性があまり無いと考える人もいます。 実際に福祉系大学や短大・専門学校の卒業生は進路を選ぶ際に、全く関係ない「一般企業」を就職先として選ぶ方も少なくはありません。 私はこう考えています。 「介護職が不足している今がチャン…

  • 【介護・福祉】職員教育が良い職場は「未経験」の新人が欲しい?

    介護・福祉業界で職員教育が良い職場は「未経験」の新人が欲しい場合もあります。 「注目していた求人票に『未経験可』とあった」 「この職場に勤めたいけど、未経験でも大丈夫かな?」 「求人票の多くは『経験者優遇』と書いてある」 介護・福祉業界は、数多くの求人票があるため様々な職場を選択することが可能です。 経験者であれば多くの職場から歓迎されるのは事実だと思います。 経験者というだけで、採用面接もなく「即採用」している職場もあるくらいです。 実際には、求人票で「未経験可」としている事業所の方が『良い職場の傾向は多少高い』と個人的には思います。 理由は「未経験でも育成できる環境にある」と判断できるから…

  • 【介護・福祉】騙されない!採用面接官の嘘を見抜く5つの視点

    介護・福祉職で応募するとき、採用面接で騙されている可能性も考慮しましょう。 本来、採用面接は、雇用する側が「採用して良いのか」求職者の方を選別するものです。 「選別する」という言い方をすると、聞こえが悪いですが「行っている仕事や、組織にその求職者が向いているのか?」どうか採用面接官が見定めます。 なぜそのようなことをするのか? 良い人材に働いてもらい、事業を存続・発展させるためです。 ただし、業界の事情があります。 介護・福祉の業界は慢性的な人材不足です。 このことが、本来の採用面接の意味とはかけ離れた「逆転現象」を起こすこともあります。 今回は、5つの視点からみて「採用面接官の嘘に騙されない…

  • 介護・福祉職の転職で口コミ・評判は活用できるのか?

    介護・福祉職の転職で口コミ・評判は活用するのであれば、「根拠」は必須です。 「気になった職場の評価やレビューを信じてしまう」 「インターネットで評判や口コミをまず調べてしまう」 「口コミや評判をみて、応募を諦めるもしくは決める」 現在はインターネットで、簡単に評判やレビューを見ることができます。 ですので、転職先を調べようと思ったら、「〇〇法人 評判」などで検索して調べてしまう人もいるのではないでしょうか? もしくは、転職サイトが収集しているデータなどを参考にして決めてしまうこともあるかもしれません。 そういったことが決して悪いわけではありませんが、それを「信じてしまう」ことも選択の幅を減らし…

  • 給与に不満がある!交渉の仕方の3つのポイント【介護・福祉】

    介護職・福祉職も給与に不満がある場合は交渉もできます。 前提として「給与に関する交渉はあまり良くない」といわれることがあります。 上司や人事を担当する方に、良い印象を与えないこともあるためです。 ただし、これは人事評価制度がしっかりしている職場の場合です。 そのような目安もないのに、もしくは人事評価制度があったとしてもうまく機能していないのに「給与交渉をしない」ことはもったいないです。 「黙って長く勤めていたら給与が上がる!」そのように考えると危険です。 逆にそれを利用して「都合が良い」と考える職場もあるのです。 「給与に不満がないようだからこのままで良い」と評価をする可能性があります。 「給…

  • ブラックな職場?給与が上がらない福祉施設の特徴【5選】

    ブラックな職場?特徴5つのポイントに1つでも当てはまれば「搾取」かも!? 勤めている職場が「ブラックな職場なのか?」は、採用後に働いてみて初めてわかることもあります。 すごく人間関係が良くて、楽しい職場なんだけども「給与に関しては相場よりも低い」そして、給与のことに関しては交渉をするが難しい。 このようなケースもあると思います。 給与交渉に関してのポイントは以前記事にしています。 ご参考いただければと思います。 一見するとホワイトな職場のようには思えるが、給与面では相場より低い。 そして、人事評価制度を遵守していない雰囲気があれば、ブラックな側面もあると考えてよろしいかと思います。 ただし、今…

  • 介護職を辞めてよかった?介護職に向かない人材は?

    介護職を辞めてよかった?本当でしょうか?介護職に向かない人材もいます。 「介護職を辞めてよかった~」 「介護職で働くことをおすすめしない!」 悲しいことに、そのようなことがインターネットで載っていることがあります。 全ての職場が従業員に「冷遇」ともいえるような対応をしているわけではないのですが、経験上そのような職場があることも事実です。 確かに「介護職は辞めとけ」というイメージもあります。 しかし、介護・福祉の業界で楽しく働いている人材も多いことも事実です。 新しいポジティブな「3K」「5K」を達成している施設もあります。 なぜそこまで違いがあるのか? 一つ考えられる理由は、介護職・福祉職に向…

  • 転職しないで給与・労働環境の改善方法は1つだけ!介護・福祉

    介護・福祉業界は「給与が低い」よりも「長く勤められない」ことが重要な問題 介護・福祉業界で働いておられる方の中には、「満足のいく給料・待遇ではない」と考えておられる方もいると思います。 「せめて後もう少し高ければ・・・」 そのような気持ちにつけこんで「副業や儲け話」が本当にたくさん出回っていますが、あまりお勧めはしません。 リスクをよく考えましょう。 もし副業を考えるので、あれば介護・福祉の業界の中で自分のスキルを活かせるような副業をすることが良いでしょう。 そのような副業がを見つけることができれば「本業の介護福祉業にも活かす」ことができます。 以前そのことについて記事にしていますので、ご参考…

  • 【必見】人事も唸る!履歴書の書き方!介護・福祉の仕事

    介護職も同様「この人に会いたい!」と思わせることができる履歴書が「勝ち」です。 介護・福祉の業界にも書類選考をする事業所があります。 この書類選考に通過するために、履歴書を「きれいに書く」ことはもちろんのこと採用試験になった時にも、採用面接官が印象に残るような履歴書にすることが重要になります。 履歴書で「この人に会ってみたいな」と思わせればいいのです。 未経験の方でも十分通用すると思います。 今回は「介護・福祉業界に通用する履歴書の書き方」をテーマにお伝えします。 こんな方にオススメ♪ ・履歴書をきれいに書きたい! ・履歴書の書き方に慣れていない ・印象に残るような履歴書に書きたい! 介護・福…

  • 【必見のノウハウ】職務経歴書の書き方!介護・福祉の仕事

    職務経歴書は「介護・福祉業界」と「他業界」の違いを押さえておくと安心! 転職活動をする際の提出書類として「履歴書」と「職務経歴書」を提出することが一般的です。 履歴書の書き方については下記も参考にしていただければと思います。 ★履歴書の書き方!介護・福祉 職務経歴書と履歴書の違いを整理しておきましょう。 履歴書は、氏名や住所・学歴・今までの職歴などの一連の流れを記すもの。そして、応募者のプロフィールなどを記載をする書類のことです。 ですので、履歴書に関してはある程度書くべきことは決まっています。 職務経歴書は、自分の経歴に合わせて、その経歴が「伝わりやすい表現」をするものです、履歴書よりも自由…

  • 介護職に向いている人は?「好きな事」で職場を決める方法

    介護職・福祉職の転職を考えるなら、「好きな事」で職場を決める方法があります。 「何か人のために役に立つ働くことをしたい!」 そのように人のための役に立ちたいという思いで、介護や福祉職を目指される方もいます。 それは介護・福祉職だけではなく、医療・看護職でも同じように「人のために役に立ちたい!」と目指す方が多いです。 しかし、実際に現場で働くことによって「理想と現実のギャップ」で退職に至ってしまう人材も多い業界であることが事実です。 この理想とのギャップは、働く職場でだいぶ違ってきます。 そのため自分が向いている職場を選ぶということも方法のひとつです。 今回は「自分の好きなことで、職場を選ぶ方法…

  • 【介護・福祉】面接試験の逆質問対策!「例題12選」!

    面接試験の逆質問対策!採用面接は「恐れない!」対策すれば「怖くない!」 求人者とのマッチングを真剣に考えている職場は、採用面接の際、多くの採用面接官はこのように聞きます。 「なにか質問ありますか?」 基本的には、面接の終わり頃に採用面接官が質問すると思います。 なぜこのように聞くのか? 採用面接官には、このような目的があります。 ・熱意をしりたい ・最終確認をしたい ・活躍するイメージをつけたい 「何か質問がありますか?」 この意図は、求職者の疑問を解決したい事がメインの意図ではありません。 もちろん、求職者の疑問を解決することも意図としてありますが、「何か質問がありますか?」この問いに対して…

  • 複数の内定もらったけど内定辞退はいい?【介護・福祉の仕事】

    複数の内定もらった!内定辞退は14日以内にしましょう! 働く職場は、介護・福祉業界ではたくさんあります。 たくさんあるからこそ、働く側は「どこで働こうか?」と真剣に悩むものです。 「内定を断る」行為に関しては、失礼にあたると考え方もあります。 「内定」の意味は、公式に採用する前に「内々」で決めておくことを指します。 そのため内部で決めたことを、勝手に求職者側が反故にすることを失礼と考える企業もありました。 しかしながら、今は全く違います。 「内定辞退はあるもの」として雇用側も考えています。 今回は、複数の内定をもらった場合の「内定辞退」をテーマにお伝えします。 こんな方にオススメ♪ ・複数採用…

  • 求人票で「離職率が低い職場」は良い職場か?介護・福祉業界の実態

    求人票で離職率が「低い」と良い職場にみえてしまいますよね? ハローワーク等で介護や福祉事業所の求人票を見ると、「離職率」を計算して公表している事業所があります。 この数値が低いと「離職が少ない=職員にとって働きやすい職場である」と認識できそうですが、本当にそうでしょうか? 今回は「離職率が低い職場は良い職場か?」をテーマにお伝えします。 こんな方にオススメ♪ ・求人票の離職率を参考にしておられる方へ! ・転職のノウハウをお求めの方へ! 介護・福祉業界の離職率が低い職場の実態 介護・福祉の職場が求人票で離職率を公表するメリット 介護・福祉の職場が離職率を公表するメリット:職員に余裕があるとPRで…

  • 介護・福祉の施設で「営業職」の求人?働き方の実態は?

    介護・福祉の施設で「営業職」はアリです!求人票に興味があれば調べてみましょう。 「営業職の経験はあるけども・・・介護施設での営業って何?」 「介護職は無理だけども、営業職で社会に貢献したい!」 介護施設が「営業職」を募集している求人票を見かけることもあります。 「なぜ営業職を募集しているのか?」 介護施設・福祉施設ともに、「稼働率」という考え方があります。 「稼働率」は施設の収入に大きく影響を及ぼすために、意識している職場も多いのです。 この稼働率は、「利用定員に対してどのくらいの利用率があるのか?」という指標になります。 この稼働率が少ない場合は、地域からあまり利用されていない施設だと言えま…

  • 【タイプ別】5選!介護・福祉職員の職場内コミュニケーション力改善方法

    介護・福祉業界に多い5つの「厄介」なコミュニケーションタイプは? 介護・福祉の仕事はチームプレーになります。 そのため、チームワークが重視され、チーム力を向上させるコミュニケーションが非常に重要です。 その反面、介護や福祉の職場は、「人間関係が悪い事も多い」とされています。 その一つの要因は「人材不足により、業務内に時間的な余裕がなく、他職員達とコミュニケーションをとる時間がない」ことがあります。 職場によっては、「気が休まる時間」が少ないのです。 この点に、問題意識がある事業所は様々な方法で改善対策を行っています。 そのため、改善に成功した職場は「チームワークがとれた働きやすい職場づくり」に…

  • 事故を減らす!介護・福祉の仕事で失敗を減らす6つの方法!

    介護事故などは起こしたくない!「誰だって失敗したくない!」だから対策しよう! 介護・福祉の職場では、「ヒヤリハット」を事故防止のプログラムを導入している事業所もあります。 ヒヤリハットは、介護や福祉の業界だけで使われているわけではありませんが、有名な理論です。 ヒヤリハットとは、重大な事故につながらないアクシデントのことで、アメリカのハーバード・ウィリアム・ハインリッヒが提唱したものです。 「一つの重大な事故の背景には29件の軽微な事故と、300件のヒヤリハットが存在する」 というものです。 ヒヤリハットを職場内で共有し、対策することで重大な事故を防ぐことが出来るようになります。 前提としてお…

  • 良い職場?事務職を専任で配置している介護・福祉の事業所の考察

    特に介護・福祉の職場は事務職はおすすめです。「専任」なら尚良いです。 「事務職として社会貢献をしたい!」 「良い職場に転職したい」 介護・福祉系の資格をとらずとも、介護・福祉業界で働くことはできます。 そのためにオススメな職業が「事務職」という働き方です。 この「事務職」という働き方は、施設の規模が大きくなればなるほど重要な職なのです。 また、「事務職」の人材がいることも良い職場の重要な判断基準となります。 介護や福祉のサービスを提供する事業所には、明確には事務職を配置するような規定はありません。 ですので「事務員を配置せず」介護・支援職員に事務業務を兼任させることがよくあります。 このような…

  • 介護・福祉職の働き方!アルバイト・パートの実態と選び方は?

    介護・福祉職の働き方は?アルバイト・パートのも慎重に職場を選びましょう。 介護や福祉の施設・職場は、アルバイト・パートを募集している求人も多いです。 アルバイトやパートを選択肢とする方は、生活的な事情があって選ぶことが多いと思われます。 例えば、子育て世代で「育児を優先したい方」は正規職員(常勤)よりパートを選ぶことが多いと思います。 パートナーの扶養の範囲内でお仕事したいという方もいらっしゃると思います。 また、前職を定年退職して、新たに介護や福祉職に挑戦したいが、年齢的に正社員よりアルバイト・パートの働き方を選択する方もいらっしゃるでしょう。 もしかしたら、介護職・福祉職はアルバイトやパー…

  • 介護職の仕事の5つの「つらい」!介護・福祉の転職

    介護職の仕事は「つらい」?答えは「職場によって」全く違います。 「介護職はつらい」 「介護職・福祉職は3K・5Kである」 確かに介護職の「つらい」部分はたくさんあります。 そして、その「つらい」部分を改善しようと、努力している良い職場もあることが事実です。 当ブログでは、様々な介護・福祉業界における転職のノウハウをご紹介していますが、「つらさ」や「やりがい」をテーマにした記事もございます。 最初から「楽な仕事」なんてありません。 客観的に「楽そうに見える仕事」も、最初は誰よりも苦労しながらシステムを作り上げて、最終的に楽になった仕事であったり、「自分自身の考え方」として、仕事を楽で感じたりと楽…

  • ダブルバインドとは?上司の指示が違う場合の対処【介護・福祉】

    ダブルバインド=矛盾した複数の命令(二重拘束)は精神的苦痛を伴います。 「人によって言っていること、指示が違う!」と感じたことはありませんか? 特に新職員や、その職場で経験が浅い職員の方はそう感じる事が多いと思います。 このような事は介護や福祉の仕事も多いです。 指示が違ったら、混乱して仕事が上手くできませんよね? 経験ある方も未経験の方も、混乱しないように指示や言ってることが違うと感じた時の対応策は身につけておくべきです。 介護・福祉業界は、様々な価値観が混ざり合って、一つのチームワークを形成しています。 その中で「利用者の方へ質の高いサービスを提供しようと努力している」ことが【一般的なまと…

  • 50代未経験の転職が介護・福祉の仕事では心配ない理由

    50代未経験でも介護・福祉職への転職はそれほど難しくない! 「50代で転職を最後にしたい!」 「50代で転職は年齢的には不安だ」 一般的には、50代の転職は「未経験」であれば「非常に厳しい」という実情があります。 理由としては、キャリアを積んできた業界とは違い、未経験の領域に飛び込む年齢ではないことが理由です。 介護や福祉の仕事をするには、常に研鑽をしていかないといけません。 簡単なことではないのです。 本来「介護」は簡単なものではありません。 よく一般の方がイメージされるのは介護ではなくて「介助」です。 未経験で、なおかつ50代となれば、キャリアを今から積んでいこうとしてもなかなか厳しいもの…

  • 【考察】介護・福祉職の仕事はボーナス(賞与)が少ない?

    介護・福祉職の仕事はボーナス(賞与)が少ない?ポイントは求人票と事業年数? 「賞与は絶対に転職の条件にしたい」 「ボーナスが出るのか心配だ」 介護や福祉の仕事をする時、待遇を条件に入れる方は多いです。 介護・福祉業界の仕事は、通常は「賞与が支給される」と考えて良いです。 雇用契約書で、月給に含まれている場合は「賞与の支給がない」ことを明記されている場合がありますが、通常は賞与支給があると思っていいです。 介護・福祉業界の収益は安定していることが多いので、他業界に比べれば、比較的「業績に応じて支給額が増える・下がる」ということはあまりありえません。 社会福祉法人であれば、なおさら株式会社が運営す…

  • 介護・福祉職は忙しい?スケジュール管理で楽しくする4+3の方法

    介護・福祉職は忙しい?時間管理を上手くすると、仕事はゲームになりますよ! 「介護職は忙しすぎる」 「残業が多い」 介護や福祉の仕事は、多忙である事業所は非常に多いです。 その原因のひとつに、時間をうまくコントロールしにくいことがあります。 例えば、入所施設なのであれば、ルーティンワークしやすい部分があるので、比較的時間の管理はしやすい部類だと思いますが、ルーティンワークしにくい仕事(記録や会議等)に関しては、直接的な介護や支援をしていない時に行うことが多いため、時間がタイトになりがちです。 落ち着いて仕事が出来るには、工夫が必要になってきます。 ただし、この業界は変化が苦手な部分があります。 …

  • 介護・福祉職の仕事は意外と楽?【経験から解説】

    介護・福祉職の仕事は意外と楽?実は「楽な仕事」の職場・施設は増えています。 「介護職や福祉職は激務であるというイメージが取れない!」 「介護職・福祉職は正社員で働くべきではないと思っている」 介護や福祉職は激務というイメージがあります。 介護職・福祉職のネガティブなイメージである「3K」「5K」は今でもイメージとして定着していることがあります。 実際に介護や福祉で働く場合は、アルバイトやパートの人材が活躍している職場は多いです。 アルバイトやパートの人材は職務が制限されていることもあり、「負担が少ない」ということで「楽な仕事と評価される」こともあります。 今回は介護や福祉職の正社員で楽な仕事と…

  • 介護・福祉の職場で人間関係を円滑にする3つのポイント

    介護・福祉職の人間関係は「価値観」は一人ひとり違うことに気づくことから始まります。 「人間関係の良い職場で勤めたい」 「人間関係の煩わしさから解放された」 介護職福祉職の退職要因としては人間関係が常に上位にあります。 介護・福祉職の退職理由 1位:職場の人間関係に問題があった 2位:結婚や妊娠、出産などライフイベントの為 3位:事業所への不満 4位:将来のキャリアが不安 5位:他に良い職場があった 参考:厚生労働省|介護労働の現状と介護雇用管理改善等計画について 介護・福祉の仕事は、利用者のコミュニケーションだけではなく、職員同士ともコミュニケーションをしっかり取って行かないとままならない職業…

  • 介護・福祉の仕事で燃え尽き症候群を防ぐ方法~経験談~

    介護・福祉職の仕事しかったのに・・・燃え尽きた 介護職・福祉職の方は、燃え尽き症候群(バーンアウト)しやすいと言って良いと思います。 抱えた業務量の問題や職員同士の人間関係、人手不足による繁忙、その他様々な要因でストレスを溜め込んでしまうことが原因です。 職業柄か「無理です」と断ることができないこともあり、気が優しい反面「抱え込みやすいタイプの方」も多い印象です。 また、精神論的な考え方で経営している事業所も多く、職員の「無理!」に気づかないことが多いです。 私も燃え尽き症候群になりかけた事があります。 燃え尽き症候群になると、そのまま無理をすることで社会復帰すら難しくなることもあります。 で…

  • 【経験】介護・福祉職は「やめとけ」といわれる3つの理由

    介護・福祉職は「やめとけ?」それは本当でしょうか?実態は? 「介護職は3K・5Kと言われる・・・目指していいの?」 「介護職になろう!と思ってるけど、周りから止められる」 「ネットでは介護職は底辺だと書かれている」 多くのネガティブなイメージが、介護や福祉の仕事にはあります。 そのようなネガティブなイメージは、介護や福祉の仕事の「ほんの一部分しか見ていない」ことを理解しないといけません。 確かに仕事ですので、楽なことばかりではありませんが、職場改善を積極的に行っている介護・福祉の職場に勤めることができたのであれば、決して「やめとけ」と言われるほど劣悪な環境で働くことはないと思います。 むしろ定…

  • 20代転職の強みは?未経験でもいい?介護・福祉職の実情

    介護職・福祉職は20代での転職は未経験でも通用します。 「20代のうちに転職したい!」 「介護・福祉業界に興味があるけど、未経験でも大丈夫?」 20代の方は求人が無数にあります。 無数にありますが、ただ単に「何も選ぶ基準を持たず」「感情だけ」で決めてしまうことは、衝動買いと同じで後から後悔することにもなりかねません。 仕事選びにおいては、アルバイトならまだしも、正社員を目指すのであれば「キャリア形成」と考えましょう! 転職に成功することは、20代は「待遇改善を目標にしがち」ですが、ただ単に年収だけをアップするのではなく、自分のキャリアや自分の価値を上げられるような転職先選びが成功のポイントです…

  • 【実態】ホワイトな介護・福祉職は「ポジティブ」な新3K・新5K!

    ホワイトな介護・福祉職は「ポジティブ」な新3K・新5K!そんな職場をみつけましょう! 「介護の仕事はネガティブなイメージがある・・・」 「『きつい・汚い・危険』という3Kのイメージがある」 介護や福祉に対して、ネガティブなイメージをお持ちではありませんか? ざっくりとした結論から述べると、「3K」のイメージは、「おおよそ正しい」と言えます。 しかし勘違いして欲しくないのは、「このような3Kが当てはまるような、職場ばかりではない」ということです。 最近では介護・福祉業界は、「職場環境の改善が進んでいる傾向」にあります。 このというイメージを払拭しないと介護人材福祉人材と呼べる人たちが集まってこな…

  • 介護や福祉の職場で円満退職するための2つのポイント

    円満退職は次のスタートにも良い影響あり!素晴らしい介護・福祉の職場が待ってます。 「スッキリと退職したい!」 「引き継ぎをうまくして退職したい」 退職するときに、「円満に退職したい!」それは普通の考えです。 せっかく人生の中で、「一緒に働くことになった職場」です。 できれば、「ケンカ別れ」しないで円満に別れたいものです。 今回は「介護や福祉の職場で円満退職するための2つのポイント」をお伝えしたいと思います。 こんな方にオススメ♪ ・退職を考えている方へ ・「辞めさせてもらえるか」心配な方へ 介護や福祉の職場で「円満退職する」とは? 介護や福祉の職場で円満退職になるための全体的な戦略 介護や福祉…

  • ワーク・ライフ・バランスができる介護・福祉職の3つの選び方

    介護・福祉職はワーク・ライフ・バランスを支援してくれる職場を選ぼう! 「家庭を犠牲にする働き方はしたくない!」 ワーク・ライフ・バランスとは、「仕事と生活が調和のとれた状態であること」 参考:内閣府 男女共同参画局 仕事と生活の調和推進室 近年働き方改革もあって、ワーク・ライフ・バランスの社会的な実現に向けて取り組みが盛んです。 反面、ワーク・ライフ・バランスの重要性が上がりながらも、まだまだ浸透していない部分もあります。 すでに家庭を持っている世代は、転職する際には必ず家庭との両立ができるかを考えた方がよいです。 プライベートが充実しているからこそ、素晴らしい仕事ができると考えると「人生を豊…

  • 社会福祉士の仕事内容は?給料と実態について経験談から解説

    社会福祉士の仕事はどの分野でも「アイデア」を出すこと。 社会福祉士の仕事を簡単にお伝えすると、「生活に困り感がある方に対して相談援助を用いて自立を支援する仕事」と解釈してよろしいかと思います。 詳しくは後述しますが、今回は「社会福祉士の仕事を給料と実態」をテーマにして、経験談を踏まえてお伝えします。 社会福祉士の仕事の実態 社会福祉士の仕事:活躍範囲が広大である 社会福祉士の仕事現場 社会福祉士資格について 社会福祉士の仕事:キャリアについて 将来的な社会福祉士の仕事は? 社会福祉の仕事をする上で給与の実態は? 社会福祉士の仕事:給与向上について まとめ:社会福祉士の仕事は?給料と実態について…

  • 介護福祉士の仕事内容は?給与・待遇と将来性について考察

    介護福祉士の仕事内容は様々です。給与待遇と将来性について「上向き」です。 介護をする職種の中でも、比較的給料が高い職業が介護福祉士となります。 介護福祉士の需要はかなり高く、資格を持っているだけで「どの年代になっても活躍出来る!」といっても過言ではありません。 今回は「介護福祉士」をテーマにして、お伝えしたいと思います。 介護福祉士の仕事内容と実態 介護福祉士の仕事:給与・待遇について 介護福祉士がまともな仕事するには、職場選びが「超重要!」 介護福祉士の仕事がつらくなる:達成感がない 介護福祉士の仕事がつらくなる:人間関係について 介護福祉士の仕事は将来性が高い まとめ:介護福祉士の仕事内容…

  • 30代で介護や福祉職への転職!成功に外せない2つのポイント

    30代の介護や福祉転職の成功に外せない!「ワーク・ライフ・バランス」が大事! 「若いうちに転職をしたい」 「今の職場ではスキルアップできない」 30代の職員は、その組織の中では中核的な人材になっていることが多いです。 新卒から勤務をしている人になれば「10年近く」または「それ以上」働いてるわけですから、「若さ」と「仕事のやり方」が充実している年齢だと思います。 組織にとってみれば、一番重要な年齢層の人材です。 もし20代から現職に務めておられるのであれば、30代の職員は通常は「管理者など」への出世のキャリアアップが考えられますが、必ずしも出世に魅力があるような職場ばかりではありません。 ですの…

  • 【解説】介護や福祉の仕事・実習で「使ってはいけない言葉」とは?

    介護や福祉の仕事で「使ってはいけない言葉」を理解しましょう!現場実習にも有効です。 「介護や福祉の仕事の資格を取るために、実習が始まる」 「現場実習中に利用者の人達に迷惑をかけないか心配」 「現職で利用者の人達の『介護の支援の質』を上げるための、コミュニケーション方法はどうすればいいのか?」 そんなお困り事はありませんか? 実際に介護や福祉の仕事を続けていくと、コミュニケーションの仕方は、慎重に考えていく必要がある項目の一つです。 「利用者の方々の状態を安定させていく」ことは、「それに安心と安全を与えるコミュニケーション方法ができるか?」ということです。 介護職・福祉職の方は「安心と安全のコミ…

  • 介護・福祉転職は40代未経験が最も良いと断言する理由

    介護・福祉転職は40代が最高!「若かさ」「実力」「実績」が一番あるとき! 「40代で他業界への転職は厳しいんじゃないか?」 全然そんなことありません! 介護・福祉職は幅広く活躍できます。 一般的に転職適齢期は、20代後半が良いとされています。 転職できる年齢に「リミット」はありませんが、組織的にみると「若いとキャリア育成が長く」できます。 ですので、若い人材は「若い」だけで価値があります。 40代に関して「もう他業界への転職は厳しい」と考える必要はありません、 今回は介護や福祉職における「40代の転職」をテーマにお話しします。 こんな方にオススメ♪ ・40代の方で、介護職・福祉職を考えておられ…

  • 有料老人ホームの仕事は「きつい?楽?」働く介護職の実態

    有料老人ホームで働く介護職の仕事はきつい?楽?。 「近くに有料老人ホームができたので、働こうと思っている」 「有料老人ホームの方が待遇が良さそう」 高齢福祉サービスを利用するサービスの選択肢の一つに有料老人ホームがあります。 特別養護老人ホームは、公的機関からの資金が投入されているため、比較的安価で利用ができます。 ただし特別養護老人ホームは、地域によっては順番待ちという状況が多く、2・3年待たなければ「入所できない」ところも多いです。 そのため、有料老人ホームを事業展開しているところが多くなりました。 有料老人ホームで働きたいと思えば、数多くの事業所があります。 今回は「有料老人ホームで働く…

  • 介護・福祉の仕事で「派遣」で働くメリット・デメリット

    介護・福祉の仕事で「派遣」で働くメリット・デメリットを考えてみましょう! 「時給が低いから、介護派遣社員として働きたい!」 「職務が制限できるから、派遣社員の方が簡単そう!」 派遣社員で、介護・福祉の仕事をしようとするとメリットが多いように感じられます。 実際に派遣会社を通して就業される方は、介護・福祉業界では多いのです。 実態としては、介護・福祉業界の人手不足がありますが、派遣社員で働くことに対するメリット・デメリットは当然ながらあります。 派遣社員という働き方の選択をする場合は、よく考えて選択するべきだと思います。 今回は「介護・福祉の仕事で、介護派遣として働くメリット・デメリット」をテー…

  • 介護・福祉職は嫌い・苦手な施設利用者がいても気持ちに寄り添う理由

    嫌い・苦手な施設利用者がいても、気持ちに寄り添う姿勢は介護・福祉職に必要です。 「利用者の気持ちを汲み取ることが苦手だ」 「嫌い・苦手な利用者がいる」 「利用者主体で考えようとするけど、余計わからない」 介護・福祉の仕事を続けていけば必ずどのようにして介護の質を高めていくかと言う問題に行き着きます。 それが組織の問題であれば、職場の中で話し合うことで解決することが多いのですが、個人の問題であった場合は、自己研鑽が必要になってきます。 介護・福祉業界で働く者は「主体が対象者にある」ことを常に意識しなければなりません。 どんな一流の介護職員でも、嫌い・苦手な利用者はいます。 しかし、利用者主体を必…

  • 【考察】介護・福祉職のイメージは悪いのか?

    介護・福祉職のイメージは世間が思うほど悪いとはいえません。改善傾向はにあります。 「自分では自覚はないけど、ネガティブな人と他人から評価される・・・」 「ポジティブな考えの人を理解できない・・・」 我々、介護職や福祉職は、利用者をエンパワーメントすることが仕事になります。 エンパワーメントとは福祉的な意味では、「自立する力をつける」ことを意味します。 そのため支援する側がネガティブであると、エンパワーメントが難しい状況になります。 そんため介護職・福祉職の人材が「エンパワメント」でき、良い影響を与えることができる人材であることが必要です。 介護や福祉職のイメージは、「ポジティブな考え方」と「ネ…

  • 介護・福祉職の仕事が楽しくなる3つの効果的な方法

    介護・福祉職の仕事が楽しくなる方法があります。もっと「楽しくしましょう!」 「介護・福祉の仕事が楽しくない!」 「せっかくだったら、介護や福祉の仕事を楽しみたい」 「職場には不満がないけど・・・自分が原因だと思っている」 いくら職場が「良い職場」であっても、自身の問題で「楽しくない」と感じてしまうことはあります。 介護や福祉の仕事を楽しくするための基本的なものとしては、「職場の効果」が絶大なものになってきますが、職場が「働きやすい環境」に整っていても、自身のメンタル的なもので働く・楽しさは変わってきます。 今回は「介護・福祉の仕事が楽しくなる3つの効果的な方法」をお伝えします。 こんな方にオス…

  • 入社3年以内での転職は不利か?介護・福祉業界の傾向

    「3年は続けろ!」って言いますよね?入社3年以内での転職は不利なのでしょうか? 「とりあえず現職を3年くらいは働こうかな・・・・」 「まぁ3年は我慢」 世間では「転職は3年働いてから!」「3年は辛抱しろ!」という言葉をよく耳にします。 実際に「3年間同じ職場で勤務すること」が、キャリア的に関係するのか? 今回は「3年以内の早期退職による転職が不利に作用するのか?」をテーマに伝えしようと思います。 こんな方にオススメ♪ ・転職はすぐしたいけど「3年間は耐えたい」と頑張っている方へ! ・「3年間」頑張ればキャリア的に問題ないと思っている方へ! 介護・福祉業界の傾向:入社3年以内での転職はメリット・…

  • 【例文つき】介護福祉施設の志望動機の書き方!5つのポイント!

    介護福祉施設の志望動機の書き方をおさえましょう。「人気事業所」は選考しています。 介護福祉施設への転職・就職については、志望動機が重要になってきます。 理由は、「事業所に貢献してくれるか?」「問題を起こすような人材ではないか」 信用できる人材であるのかを判断するためです。 慢性的な人材不足であっても、まともな福祉施設は「選定」をします。 人気の施設であればなおさらです。 多くの採用面接官が重要視するのが志望動機です。 この志望動機が「印象あるものになるのかどうか?」で多少のマイナス点もカバーできることが多いのです。 「なぜこの職場の採用に応募したか?」 それを具体的にかつ明確に書けば内定はグッ…

  • 【例文つき】障害者福祉施設の志望動機の書き方!5つのポイント!

    障害福祉施設の志望動機の書き方をおさえましょう。ポイントは「理解」です。 介護・福祉業界の中でも障害福祉分野で、転職・就職を考えた方は「直接的な利用者への生活支援」以外にも、利用者の「働くこと」を支援をする「就労支援」など幅広く、利用者への支援とは何かを考えていく仕事を行うことになります。 障害者福祉施設の種類に関しては、インターネットで調べればたくさんの情報が出てきますので、ここでは志望動機のみに焦点を絞りたいと思います。 今回は経験にもとづいて、「障害者福祉施設を志望する際の志望動機の書き方」についてお伝えします。 ※例文もお伝えしますが、あくまでも参考にお願い致します。 こんな方にオスス…

  • 【例文つき】児童福祉施設の志望動機の書き方!5つのポイント!

    児童福祉施設の志望動機の書き方のポイントは「こどもの幸せ」を考えることです。 児童福祉分野での転職・就職を希望の方は「子どもが好きなのだろう」と推察します。 以前、児童福祉施設の4つの視点で求人票の見方ついてお伝えしました。 児童福祉分野には、代表的には、大きく分けて3つのタイプがあります。 ・事情による「保護・養育」 ・障がい等による「療育」 ・家庭の支援のため「保育・預かり」 児童福祉分野での、事業内容や仕事内容については、インターネットで調べることができるので、ここでは割愛し「具体的な情報のみ」お伝えしていきます。 今回は「志望動機の書き方の5つのポイント」をお伝えしたいと思います。 ※…

  • 【考察】介護・福祉でアルバイト・パートは仕事内容がきつい?

    介護・福祉でアルバイト・パートは仕事内容がきつい?選択肢としては「あり」です。 「介護や福祉施設でアルバイトで勤めたい!」 「アルバイトやパートの方が仕事が楽そう」 「扶養内で気軽に働きたいから、パートにしようかな」 介護や福祉の仕事で働きたいと考えた時、上記のように考えたことはありませんか? アルバイトやパートに興味を持たられた方が、「介護や福祉の仕事は激務」という印象から、アルバイトやパートなどの非常勤の職員の選択される方は多いです。 また、介護や福祉の業界は「女性が活躍する」ことも多く、定年後に介護や福祉の仕事をするという方も多いので、アルバイトやパートの働き方が少ないわけではなく、むし…

  • 【必見】介護・福祉職が課題解決型思考を高める方法

    介護・福祉職が課題解決型思考を高める事がなぜ必要なのでしょうか? 「自信を持って!と言われても自信がない・・・」 「なにか行動するとき、リスクばかり頭に浮かんでしまう・・・」 そのようにメンタル的に低下してしまう介護や福祉の職員は非常に多いです。 このように考えてしまう人材は「仕事の責任をししっかりと理解している人材」ともいえます。 介護や福祉の仕事は難しい仕事も多いです。 年々「困難ケース」と称されるものは、増加傾向にあります。 ルーティンワークが多いように見えて、意外と複雑な仕事もたくさんあります。 例えば、障がい福祉サービスにありがちな問題としては、「親亡き後に課題となることが多い、後見…

  • 何度も注意される無能な福祉・介護職員にならない方法

    何度も注意される無能な福祉・介護職員にならない方法は「学ぶ姿勢」がポイントです。 「『何回注意しても理解しない!』と周りに言われる・・・」 「やる気はあるのに『やる気がない』と評価されがち・・・」 新人職員のうちは先輩職員や、上司等周りの人に聞いて仕事を覚えていくことが当たり前です。 聞いたり、手本を見たりして覚えていくのです。 しかし、仕事をなかなか覚えきれなかったり、逆に指導する側の教え方が悪かったり、失敗が続き「何度も注意される」という状況は、使えない職員と思われる可能性はあります。 何度も注意される状況は、その人材自身の問題にもよるところはあるかもしれませんが、基本的には職場のルールが…

  • 介護・福祉職員に向いている「自発的な行動ができる」人材になる方法

    介護・福祉職員が「自発的な行動ができる」人材になる方法は「ある経験」です! 「言われたことしかしない!と評価されがち・・・」 「そんなつもりないのに『指示待ちの人材』と言われたことがある・・・」 特に経験の浅い人材や、年代が動かない人材に関しては、「指示待ち人材」として評価されることが多くあります。 介護や福祉の仕事は「チームワーク」で動きます。 そのため機転が利いたり、臨機応変な対応力がある職員は重宝されます。 「自分の仕事だけ」をしていたら、周りの人に負担がかかります。 しかし「自発的に行動する」ことは、案外に難しく介護・福祉の業界だけではありませんが、「答えがない仕事」を行う仕事は、上司…

  • 【必見】転職の条件で株式会社を選ぶメリット【介護・福祉】

    介護・福祉の仕事で「株式会社」の事業が増えています。転職先として選ぶメリットは? 「社会福祉法人は暗いイメージがあるから、株式会社の方が良さそう!」 「株式会社のほうが待遇が良いイメージがある」 「株式会社の方がクリエイティブな仕事ができそう」 介護・福祉の仕事を始めようと求人票を見た際に、そのような考えを持つことはありませんか? 介護・福祉事業は「社会的な需要の高まり」から、社会福祉法人だけでなく現在は株式会社等の営利企業に関しても、介護・福祉事業を展開することができるようになりました。 社会福祉法人のメリットについては、下記をご参考ください。 今回のテーマには下記の記事もオススメです♪ ★…

  • 家庭事情や体調不良で退職した場合の採用面接対策【介護・福祉】

    前職を家庭事情や体調不良で退職した場合は、採用面接対策で差がでます! 「うつ病になって、退職してしまった」 「結婚してパートナーと生活するために、退職して移住した」 生活の都合や自分自身の健康のために退職に至るケースは、介護や福祉の業界では比較的多い退職理由になります。 前職の退職理由が、体調不良や家庭での事情の場合、「働ける環境・状態になっているのか?」が再就職へのポイントになります。 「自身の体調の場合は、完治していることなのか?」 「家庭の事情の場合は、どのような配慮が必要なのか?」 採用面接官は、その部分が判断材料になってきます。 多くの職場は「長く働いてもらいたい」という希望がありま…

  • 会社都合退職は損!?介護・福祉の採用面接で誤解されない方法

    会社都合退職は損もあります。介護・福祉の採用面接で誤解されない方法を考えましょう。 「会社の早期退職に応募して、次のステージに進みたい!」 「会社が倒産した」 会社都合での退職は、自己都合退職と違い、労働者による責任はありません。 ですので、守られる立場になるのは「会社都合退職」になります。 基本的に会社都合での退職は、倒産などの経営不振による離職パターンです。 「労働する側が退職する」ことは、自己都合退職をさすことが多いのですが、この会社都合退職は、次のステップで誤解して伝わった場合、少し厄介ではあります。 「会社都合退職」は、「自己都合退職」と違って、自分自身に責任がありません。 自分自身…

  • 【必見】新規事業・オープニングスタッフのメリット【介護・福祉】

    介護・福祉の仕事は新規事業多数!オープニングスタッフのメリットもたくさんあります。 「転職するなら、新規事業のオープニングスタッフがいい!」 「介護や福祉の新規事業の方が、なんとなく面白そう!」 このようなお考えはありませんか? 介護や福祉事業の事業は「社会的需要が凄まじい」ものがあり、新規事業が増える傾向にあります。 そのため「求人票」にも「新規事業のため、オープニングスタッフ募集」という文言で埋め尽くされることもあります。 新規事業でのメリットは「自分たちで作り上げることができる」ことが一つあげられますが、転職においては、新規事業で働くことの危険性も同時に考えておかなければなりません。 新…

  • 前職を短期退職した場合の採用面接対策【介護・福祉】

    前職を「短期退職した場合」は採用面接対策が必要です!「短期退職」は意外と多い。 「前職を3ヶ月もたたないで退職してしまった」 「腰を据えて働きたいが、長く勤めることが苦手」 このようなお困りごとはありませんか? 短期退職を繰り返してしまった場合、どうしても働くということに対してマイナス面に働くことは多くあります。 そのため次の転職先を見つけようとしても、内定をもらえない状況にも陥りやすいです。 前職を短期退職した場合は、「どうしようもない事情の場合」は全く気にする必要はありません。 正当性を具体的に説明できるからです。 問題となるのは「そうではない短期の退職の場合」です。 どうしようもない短期…

  • 前職を人間関係で退職した場合の採用面接対策【介護・福祉】

    前職を人間関係で退職した場合は「勘違いされないよう」に採用面接対策が必要です。 「人間関係が面倒くさい!」 「職場の雰囲気がいやだ」 そのような人間関係の難しさにより、退職に至る事は介護や福祉の仕事では非常に多くあります。 実際に、人間関係による退職理由はトップの理由としてあげられています。 介護・福祉職の退職理由 1位:職場の人間関係に問題があった 2位:結婚や妊娠、出産などライフイベントの為 3位:事業所への不満 4位:将来のキャリアが不安 5位:他に良い職場があった 参考:厚生労働省|介護労働の現状と介護雇用管理改善等計画について 介護や福祉の現場における「待遇の改善」は全国一律的に少し…

  • 【必見】転職条件で社会福祉法人を選ぶメリット【介護・福祉】

    転職するための条件に「社会福祉法人」を選ぶメリットはたくさんありますよ。 「介護・福祉の仕事に就きたいけど・・・株式会社と社会福祉法人はどう違うの?」 「社会福祉法人ってなんか暗いイメージがある」 「社会福祉法人って待遇が悪そうだけど・・・どうなの?」 転職して介護や福祉の仕事を始めようと思ったら、社会福祉法人が行う福祉事業の求人票にも興味を持たれるのではと思います。 特に未経験の方などは、株式会社はイメージがつくけども、社会福祉法人についてよくわからないこともあるでしょう。 興味を持った求人票を見つけた時、その法人の事業所規模で比較する方法をお伝えしました。 今回は「転職条件で社会福祉法人を…

  • 前職を給与の不満で退職!採用面接の対策【介護・福祉】

    前職を給与の不満で退職したら、採用面接で直接言わない方がいいです。対策しましょう。 「前職の退職理由は給与が低かったから」 「転職して給与向上をさせたい!」 そのような気持ちにより、退職に至ることはよくあります。 介護・福祉職の退職理由 1位:職場の人間関係に問題があった 2位:結婚や妊娠、出産などライフイベントの為 3位:事業所への不満 4位:将来のキャリアが不安 5位:他に良い職場があった 6位:収入が低い 参考:厚生労働省|介護労働の現状と介護雇用管理改善等計画について 介護や福祉の仕事を転職する人の中で、退職理由として常に上位にある「給与関係」については、2020年の調査時点では6位の…

  • 【転職】介護・福祉でブラック職場とホワイト職場の7つの違い

    転職に成功するために介護・福祉でブラック職場とホワイト職場の違いを知ろう! 「今の職場でこのまま働いていいのか?」 「職場選びに失敗したくない!」 そのような悩みは、介護・福祉の仕事をするにあたって重要なポイントになります。 せっかく労力を使って転職したのに、「転職の失敗」は誰だってしたくないのです。 「働きやすい職場」で働くことは、自分のキャリアを上げることになります。 当然ながら「仕事が楽しい!」と「やりがい」をもって働くことができるからです。 多くの転職する方は「働くなら、「ホワイトな職場」で働きたい!」と考えるものです。 そのような職場で働くことになると、「ワーク・ライフ・バランス」を…

  • 職場方針に不満で前職を退職!採用面接対策【介護・福祉】

    前職の退職理由が職場の方針への「不満」であれば、伝え方で印象は良くなりますよ。 「職場の方針が間違っていると感じる!」 「上司の考え方についていけない」 そのように感じたことによって退職を選択したことはありませんか? 実際にそのようなことをで退職を選択する事に関して、介護・福祉の仕事では非常に多いのです。 介護・福祉職の退職理由 1位:職場の人間関係に問題があった 2位:結婚や妊娠、出産などライフイベントの為 3位:事業所への不満 4位:将来のキャリアが不安 5位:他に良い職場があった 参考:厚生労働省|介護労働の現状と介護雇用管理改善等計画について 上記について分析すると、個人的な理由でない…

  • 出世・昇進に魅力がない職場の2つの特徴【介護・福祉】

    出世・昇進に魅力がない?魅力のない職場の特徴は? 「昇進・出世の辞令をもらったけど、断りたい」 「出世する人材の特徴は?」 「今の職場で魅力がないから、出世したくない」 そのように考えることはありませんか? 介護・福祉業界での仕事は、「出世欲」のある人があまり職場の中で育たないことが問題視されることがあります。 つまり「待遇は向上してほしいけど、役職には就きたくない」ということです。 介護・福祉業界は「待遇が良くない」といわれます。 「出世・昇進」についてはあまり話題にあがりません。 介護・福祉業界は行政主導による待遇の改善が進んでいます。 そのうちの一つに「キャリアパス制度の導入」があります…

  • 【必見】障がい福祉施設で働きたい!おすすめの2つの事業!

    障がい福祉のサービス事業所で仕事するなら「介護」と「就労」がポイントです! 「障がいのある方へのサポートをしたい!」 「障がい福祉に関心があるけど、サービスの種類が多くて『何』を選べばいいのかわからない!」 そのような困ったことはありませんか? 障がい福祉分野で働いている側でも「わかりづらい」と感じることはあります。 理由は介護・福祉の分野は「対象者」というより、福祉ニーズに合わせて事業がわかれているからです。 今回のテーマには下記の記事もオススメです♪ ★「介護」以外も選択肢がたくさん!福祉の仕事の種類は? 介護や福祉のサービスといえば、一般的に「高齢福祉サービス」がメジャーでありますが、障…

  • 介護・福祉の仕事は『利用者主体』のケアがキャリアアップになる理由

    介護・福祉の仕事は『利用者主体』のケアがキャリアアップにつながっていきます! 「いま働いている職場は、自分が成長していると実感できない・・・」 「利用者主体になっていないような気がする・・・」 そんなお困りごとはありませんか? 介護・福祉の仕事をするには「なんのために仕事しているのか?」と自分に問いかけて働くことは、とても重要なことです。 向上心をもつために「介護・福祉の仕事」も「報酬・給与」にこだわっても良いのです。 やりがいを感じて仕事をしていくために「向上心をもって仕事をする」こともひとつの要素です。 「利用者主体」 「利用者のために」 そのような考え方で活躍している事業所がたくさんあり…

  • 介護や福祉の仕事は情報共有が必須!それができない実態とは?

    介護や福祉の仕事は情報共有が必須!それができないと「事故」になることも・・・。 「職場で全くチームワークが取れない!」 「人間関係がものすごく悪い職場だ!」 そのようなことで悩む人は多いです。 介護・福祉の仕事は「人間関係が悪い」イメージがあります。 実際に「退職理由の上位にある」にあります。 介護・福祉職の退職理由 1位:職場の人間関係に問題があった 2位:結婚や妊娠、出産などライフイベントの為 3位:事業所への不満 4位:将来のキャリアが不安 5位:他に良い職場があった 参考:厚生労働省|介護労働の現状と介護雇用管理改善等計画について 「給料が安い」は以前からありましたが、全国一律で「処遇…

  • 転職がスキルアップにつながる5つの理由【介護・福祉】

    介護・福祉の職員の価値は貴重なのです!転職でさらにスキルアップも可能です! 「転職活動すると、またその職場で1から始めなければならない!」と考えたことはありませんか? 「転職は『スキルダウンをする』こと」だと考えていませんか? 「転職は『スキルダウン』に繋がるから、やめておいた方がいい」と言う考え方があります。 例えば、「短期退職などは、我慢が足りないなどと評価されることに繋がる」など転職に対する考え方自体をあまり良しとしない考え方もあります。 ★介護・福祉の面接試験で前職を短期退職した場合の上手な伝え方 「長くその職場で勤めた方が、その職場でメリットがある」ことも確かです。 その職場で「スキ…

  • 採用試験・面接対策は内容より「その前」が大切!【介護・福祉】

    内定をもらうために、採用試験・面接を乗り切りましょう!内容よりポイントをおさえましょう! 「退職して転職することを決めた!でも採用試験はどうしよう・・・」 「採用試験があるなら、応募することはやめようかな・・・」 採用試験があると面倒だと感じやすいですよね? できれば簡略化して、面接だけで働くことをしたいと考えることは、自然なことです。 介護や福祉業界で「良い職場」は、採用試験をしっかりと行なっている傾向があります。 それについては下記の記事をご覧ください。 今回のテーマには下記の記事もオススメです♪ ★介護や福祉の求人票をどう評価する?1つの材料として外せない見方 採用試験があるからと言って…

  • 介護や福祉の副業方法!ネットの副業情報に騙されるな!

    福祉の職場も副業解禁しているところ多いです 「給料が少ないから副業を考えたい」 「知り合いから副業をすすめられる・・・」 介護・福祉業界は給料が少ないこともあります。 現在は待遇の改善が行政主導で行われてきていますが、「収入を増やしたい」気持ちはあると思います。 介護福祉の仕事も「働き方改革」により、「副業」という考え方ができるようになってきました。 「副業禁止にしている職場」は減ってきていると思います。 「副業をしよう!」とインターネット検索をすると、インターネットでは「副業」「サイドビジネス」など、とにかくたくさん出てきます。 介護・福祉業界の仕事は労働環境の改善は続いていますが、激務にな…

  • 【秘訣】転職成功!退職を決意した後の行動で差が出る!【介護・福祉】

    転職成功のポイントは退職を決意した後の行動で差が出ます! 「転職しよう!明日退職届を出す!」 そのように決意した後に正しい行動をすると、後々の転職活動を有利にできることもあります。 介護・福祉の仕事に「つらい」と感じる部分があることは、このブログだけで様々な所で「つらい」情報が流れています。 介護・福祉の全ての職場が「つらい」わけではありませんが、残念ながらブラックな職場に勤めてしまうと、「介護の仕事はつらい」「福祉の仕事はつらい」と感じると思います。 実際に私もそのような経験をしてきました。 「退職」を決意をしたのであれば、次は「楽しい職場をみつけるため」に行動するべきです。 「退職はしたく…

  • 介護・福祉の職員でも「お金」にこだわるべき理由

    介護・福祉の仕事で給料をあげるために、職場に待遇向上を求めて良いのです! 「職場の中で、給与交渉をしにくい雰囲気はありませんか?」 「上司や経営陣は、給与の話になると機嫌が悪くなることはありませんか?」 介護・福祉業界は、ベテランの職員になれば「過去の福祉事業の考え方」が根付いていることがあります。 それが「見返りを求めてはいけない」という考え方・バイアスになる傾向があります。 介護・福祉=慈善事業という考え方が強く、慈善事業だから奉仕精神を持って仕事をしなければいけない考え方に基づいています。 確かに過去の介護・福祉業界は、そのような風潮があったことは事実ですが、今現在は考え方は大きく変わっ…

  • 介護や福祉の仕事が楽しくない!事業所の根本の原因は?

    経営感覚も大事・・・だけど 「介護・福祉の仕事は、人間関係がきつい」 「仕事内容がきついが、見返りは少ない」 このような介護・福祉業界のイメージがあって、不安を感じることはありませんか? 確かにそのような介護・福祉の職場はあります。 そのような職場が「ブラックな職場」と言われることが多いのですが、全ての介護・福祉の職場がそうであるとは言えません。 素晴らしい職場もたくさんあります。 そして増えてきています。 素晴らしいホワイトな職場に勤めると、介護や福祉の仕事は楽しいと思うことができ、やりがいを持って働くことが可能になります。 反面、ブラックな職場で勤めてしまうと、単に介護や福祉の仕事がつらい…

  • 【未経験の方推奨】介護職の転職でも候補にした方が良い施設とは?

    介護職・福祉職が未経験でも転職に成功して、その後自分の将来性を上げることが大切! 「介護職や福祉職に興味が出たけど、どんな職場についていいのかわからない!」 「施設の種類がありすぎてわからない!」 「未経験でも活躍できるのかを知りたい!」 そのようなことで困ったことはありませんか? 介護・福祉の仕事は未経験・無資格で働くことは可能です。 むしろ活躍できることが多いです。 活躍することに関しては、下記の記事がおすすめです。 今回のテーマには下記の記事もオススメです♪ ★資格なし・未経験でも安心して良し!介護や福祉の仕事は多い!★未経験から介護や福祉の仕事で活躍する方法 介護初任者研修 を受けて、…

  • 【完全無料】厳選された「ホワイトな職場」情報から転職に成功する!

    次こそ理想の職場!できる!大丈夫!! ようこそ必ず理想の職場を目指しましょう!応援しています! 情報をたくさん仕入れることをオススメします♪ 「明るい未来がみなさまに訪れますように・・・」 全部の登録がおすすめです。 転職に成功し、「最高の職場」をみつけるためには、情報は多ければ多いほどよいです。 紹介する企業ごとに「強み」が違います! 信頼しているサポート企業しか紹介しません! まずは情報集めを一緒に頑張りましょう! 全国の福祉の仕事への強力な情報網 介護・福祉系有資格者の方に特におすすめ! 介護者ジャストジョブ 介護者ジャストジョブの”すごい”ところ 「経験者・未経験者問わず!おすすめ!」…

  • 【必見】大手の法人・企業が有利?介護・福祉の仕事の探し方!

    大手の法人・企業の求人はいい?待遇は?メリット・デメリットを考えましょう! 「転職の候補先は、小規模な法人よりも大規模な法人の方がいい!」 「全国展開の法人・企業の方が待遇が良さそう!」 そのように考えたことはありますか? 転職活動で「法人規模を比較対象として、応募判断の基準にする方法」があります。 一般企業で言えば、この方法はメジャーだと思います。 経営的な体力面としては、大手の企業の方が優れていることが多いため、福利厚生などを考えた場合は、待遇面に焦点を当てれれば、「大企業の方が有利」といえます。 介護・福祉の業界で、この方法が通用するのか? 介護・福祉のサービスは、現在、株式会社などの様…

  • 残業代は?サービス残業当たり前?介護・福祉の仕事の実態

    介護・福祉職は残業代が「しっかり」支給されるのか?サービス残業の実態は? 「介護・福祉の仕事はサービス残業は多い!」 「介護福祉の仕事は、サービス残業が多いと聞いたから不安・・・」 そのようなイメージはありませんか? 介護・福祉の仕事は、仕事内容の割には「給料が安い」と言われることもあります。 そのためサービス残業までしていたら、低賃金の上に長時間労働という過酷な状況に陥ってしまうこともあります。 介護・福祉の業界は「対人サービス」の仕事です。 その対象者も、「社会的に困っている方」を対象としますので、不測の事態というのもあり得ます。 不測の事態に対応していくと「残業」になることもあります。 …

  • 【限定】介護や福祉の仕事で幸せな未来をつかもう!

    幸せな未来は 一歩の勇気から RE:START 転職成功に必要なものは「情報」 チャンスをつかもう! NEXT STEP!! RE:START このページがあなたの運命を変えるかもしれません あなたが 介護や福祉の仕事を絶対に続けたい! 強い思いがあるのであれば・・・ 今度こそ転職に成功して経済的や職場環境にも困らない状態で働きたい! 強く思うのであれば・・・ 未経験でも福祉の仕事に飛び込んでみたい! 強く決意するのであれば・・・ どうか最後まで読んでください。 私が心から自信をもって、「福祉の仕事が楽しい!」と思えるようになったのは、私の体も心も壊れる前に、転職を決意したからです。 もし、あ…

  • 介護・福祉の管理者がマネジメントのプロになる4つの方法

    介護・福祉施設の管理者がもつ「悩み」への解決は「教育」と「実践」が必要です。 「管理者と相性が合わない!」そんなことありませんか? 「職場の方針が合わない!」ということで退職を考えたことはありませんか? 介護・福祉業界の職場改善を、国の施策として改善させる取り組みは継続して行われていますが、効果がなかなか現れない部分もあります。 介護・福祉業界の管理者の立場にある人材の管理能力に対する課題は、「しばしば」指摘されることがあります。 介護・福祉サービス事業所の職場環境を良くしようとしても、その職場の管理者がある程度の能力を持っていないと、職場改善は一向に進まないケースもあります。 今回は「介護・…

  • 「介護」以外も選択肢がたくさん!福祉の仕事の種類は?

    介護だけじゃない!福祉の仕事の種類はたくさんある!事業種別も多い! 「介護・福祉業界の仕事に興味を持ち始めたのはいいけど・・・仕事の種類が多すぎてどれを選べばいいのかわからない!」 「仕事が多すぎて選べない」ことはありませんか? 転職活動などによって、求人票などを調べていけば気づくと思いますが、非常に種類が多い事がわかると思います。 実際には、「対象者によって別れているのではなく、職務によってわかれることが多い」です。 その考え方は「多職種連携」という考え方に基づいています。 同じ福祉系の資格であっても「就ける職種」は、多岐にわたります。 ですので、介護職員初任者研修 を修了しているだけで介護…

  • 【考察】介護職・福祉職の給料は安い?将来性は?

    介護職・福祉職の給与は安すぎる?待遇改善は続いているので、将来性はありますよ! 「介護職・福祉職の給料は本当に安いの?」 「給料を上げる方法を知りたい!」 このように考える方も多いと思います。 「介護・福祉職の給料は安い!」と確かに言われてきましたが、今現在は行政による待遇改善も多少なりとも進んできている状況にあります。 しかしながら、介護・福祉職に関しては、まだまだ仕事に対しての、報酬は見合っていない」と言われることもあります。 今回は「介護職・福祉職の給料」をテーマにお伝えします。 こんな方にオススメ♪ ・介護職や福祉職に興味がある方へ ・介護職や福祉職の給料の実態を知りたい方へ 介護職・…

  • 【考察】出世に興味ない?介護や福祉の仕事での将来性は?

    「出世」や「キャリアアップ」に興味・魅力がない!将来性を考えてみましょう。 「給料は欲しいけども出世をしたら割に合わない!」 「出世をしたら、余計仕事が大変になる!」 そのように考えておられる方いらっしゃいませんか? 介護・福祉現場で活躍される方は、そこで「活躍する上司の姿」も見ていると思います。 その上司の姿と、自分が出世した時の姿を重ねて、出世することによる危険性を考えたりしまよね? 「出世をすることにあまり関心がない」という考え方の人が増えてきているそうです。 特に今は働き方改革もあり、ワーク・ライフ・バランスが重視されている傾向にありますので、出世することによって「仕事が増える」という…

  • 管理職が現場に入りすぎる職場が危険な理由【介護・福祉】

    管理者が介護・福祉の現場に介入すると逆に悩みが増えますよ? 介護・福祉業界においての管理者とは、「施設長やその事業所を運営する人材」を指します。 呼び方についてはその職場で違いますが、基本的には「その職場を管理するための代表者」と考えてよろしいかと思います。 厳密には「管理者」と「経営者」は違います。 それについては下記の記事をご参考にお願いします。 今回のテーマには下記の記事もオススメです♪★管理職の「疲弊」は介護や福祉の職場を崩壊させる! 管理者の仕事は「マネジメントをする役割」を担います。 そのため現場の管理という仕事もあるのですが、管理者が現場に入りすぎると極めて危険な職場となることが…

  • 介護・福祉の仕事の「やりがい」はない?やりがいを感じる時は?

    介護・福祉の仕事で「やりがい」がない!この原因は「やりがい搾取」です 「介護・福祉の仕事にやる気を持って入ったけども、実際と違って『やりがい』がない!」 「思ってた仕事と違う!」 そのようなことを感じたことはありませんか? やりがいをもって勤めていたとしても、職場の労働環境があまり良くなければ、「やりがい」を失っていくことは当然のことです。 「やりがいをもって働く」ことは、仕事が楽しいと感じることになります。 さらには、自分のスキルアップ・キャリアアップにも繋がっていくのです。 介護・福祉の仕事は、「『やりがい』がない!」と感じる人も多いかもしれません。 つらいと感じることもたくさんあります。…

  • 介護や福祉の転職で必ず押さえるべき「志望動機」3つのポイント

    志望動機は履歴書に書くことも多いですし、必ず面接で聞かれると思います! 「志望動機ってどう書けばいいの?」 「志望動機って効果的な伝え方ないのかな?」 そんなお困り事はありませんか? 志望動機は非常に難しいです。 たとえ明確な目的があったとしても、「応募先にとって印象が残るものなのか?」わかりません。 介護・福祉業界は「人手不足だから、そんなに深く考えなくていい」という考え方もあるかもしれませんが、それは安易な考え方だと思います。 採用面接で「同じ内定」でも ・期待して採用される ・とりあえず採用される 上記では、全くスタート位置が違うことになります。 今回は「介護や福祉の転職で必ず押さえるべ…

  • 転職の成功方法は「選んでいる」職場を選ぶだけ!【介護・福祉】

    人材不足の業界事情があるのに、「選んでいる」職場は、絶対的に「ねらい目」です。 「転職や就職に成功したい!」と思った時、何を基準に選びますか? 生活のこともあるので、待遇面は欠かせませんよね? 人間関係が良かったり、通勤が楽だったり、実際に働く時の条件も必要になってくるかもしれません。 求人票でそのような条件面は、色々と書いてあります。 しかし、実際に働いてみないとわからないことは多いです。 前提条件として、介護・福祉の業界は「慢性的な人手不足」があります。 「慢性的な人手不足」の業界事情があるにも関わらず「選んでいる職場」。 このような職場を見つけることが、実は転職・就職への成功の近道です。…

  • 介護や福祉の仕事で休日休暇が多いところの実態は!?

    求人票による休日休暇の見方はポイントがあります!実態を見極めましょう! 「ワーク・ライフ・バランスをしっかり考えてくれる職場に勤めたい!」と考えたことはありませんか? 「休日日数が、相場よりも非常に多い求人票」を見た事がありますか? 休日は働く側にとって、権利でもあり働き続ける上で重要な要素です。 給与を第一に考える求職者にとって「休日日数」は、転職の条件としての優先順位は低いかもしれません。 ですが「働き続ける」ことを考えた場合、休日日数は重要視するメリットもあるのです。 職員の「休日休暇」に関して、積極的に取り組んでいる職場は、人間関係も良いことが特徴です。 介護・福祉業界で求められる「チ…

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、富嶽29さんをフォローしませんか?

ハンドル名
富嶽29さん
ブログタイトル
福祉職で転職に成功し年収アップを確実にする方法
フォロー
福祉職で転職に成功し年収アップを確実にする方法

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用