chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 非正規であることを隠して生きる夫

    夫は就職氷河期初期に東京六大学の一つを卒業した。そして、御多聞に漏れず非正規雇用である。そして自分が非正規であることをけして周囲には話さない。同窓会で名刺を配っても名刺に雇用関係は表示されないため上場企業の名刺を配って涼しい風をしている。渡された方もまさか、いい年した既婚者おっさんが非正規雇用だとは思わない。名刺に役職がないのは「転職したのでまだ管理職になっていない」と付け加えておく。非正規雇用の夫にそもそも昇進、昇給、賞与、退職金など初めからなく、ましてや役職などあるはずがない。貧困である人ほど表を取り繕って生きているため、ニュースにはならない。日本は豊かな国だと誰もが勘違いしている。非正規であることを隠して生きる夫

  • 団塊ジュニアは一生報われない

    人口が多すぎた団塊ジュニア。その弊害は、イジメ、学級崩壊、受験戦争、就職氷河期、生涯にわたる貧困、未婚化と枚挙にいとまがない。安倍政権が「人生再設計第一世代」と名付けて大いに顰蹙を買ったが、新卒一社勤続が最大の美徳とされる日本で、新卒のときに社会からはじかれた40代の中年を、今更職業訓練程度で正社員採用するまともな企業がないことなど初めからわかりそうなものである。就職氷河期世代以外は新卒のときに就職先がないという事実に直面したことも聞いたこともなくただの「サボり」と受け取るし、日本は転職が悪でしかなく、転職歴が一度もないのが美徳だ。ハローワークに蔓延するブラック企業や即解雇企業は、この世に存在しないことになっている。国がどこでもいいから正社員で雇わせれば支援を打ち切るのもその表れだ。多くの人はすぐにまたハ...団塊ジュニアは一生報われない

  • 生まれてはいけなかった世代

    昭和の間に日本の人口は3倍に増えた。昭和40年代後半に生まれた団塊ジュニアの頃には完全飽和状態であり、人口を減らす政策がとられた。団塊ジュニアの小中高時代はイジメ全盛期である。みんなが大人にならなくてもいいんです。他人を虐めて勝ち上がった者だけが生き残りなさい。学校も教師も大いにいじめに加担、いじめっ子は優遇、いじめられっ子は今すぐ死ねと追い詰めた。それが正しい教育だった。学級崩壊、受験戦争、就職氷河期、生涯にわたる貧困、未婚社会。日本の人口は現在、世界10位。こんなに多い人口は初めから維持できなかったのである。政治家も論者もまずそのことを国民に伝えるべきなのに、国策を間違えている。生まれてはいけなかった世代

  • 日本はとても貧しい国

    日本の一人当たりGDPは世界27位で、先進国中ほぼ最下位である。日本はかなり貧しい国である。しかし、実感している人は少ない。日本はいまだに豊かな国であると妄想している人が多いのである。日本人に実感が少ないのは、正社員の給与はまだそれほど悪くはないこと、大企業正社員と公務員は終身雇用が守られているからである。一方で、終身雇用から外れた女と学生といった扶養家族に金は必要なく、非正規労働者として低賃金に甘んじることで、男性正社員の給与はそれなりの水準を維持してきた。官僚にとっても自身の給与算定基準となるのは大企業正社員給与だけなので、それ以外(非正規・中小零細企業)の給与は全く興味関心がない。今の日本は男女問わず、すべての従業員の正社員雇用が義務付けられた。男性が家事をするのは当然のことであり、女性は家事労働か...日本はとても貧しい国

  • もはや昭和ではない!?

    今年の男女共同参画会議の発表では、ネットに多い独身男性の意見を前面的に受け入れた。未婚化と離婚の増加により、日本人はほぼ生涯独身で終えることが一般的になった。今の日本を独身者をモデルとして考えるべきであり、世帯単位の配偶者控除などは廃止すべきである。このような提言をまとめたのは先に振れた。発表ではこれを「もはや昭和ではない」と肯定的に受け入れている。令和の新しい日本人の基本的な生き方を生涯独身と定義したことは、ネット社会にとって重要で勝利なのであろう。もっとも、政府と官僚が目指しているのは社会保障費の削減である。世帯単位で増税したからと言って、何も独身のためにその予算を振り分けるわけではない。独身、既婚に関わらず、令和の日本人はすべて自助。国に頼るな、が本音である。ひろゆき氏が「日本人の平均給与を上げる方...もはや昭和ではない!?

  • 女の生きづらさ

    女の生きづらさというと、もっぱら独身女性がターゲットとなることが多い。男尊女卑の強い日本では、独身女性は貧困に落ちやすく、女は結婚しないと幸せになれないとされるのだ。以前、とある昔の友人がSNSで独身であることを知ったが、彼女はそこで「生きづらさ」を連発していた。結婚すれば、すべての生きづらさから解放されるべく、経済的に安定した男性との結婚への希望を繰り返し書いていた(現在、閉鎖しているためその後どうなったのかはわからない)。今の日本の結婚しても不幸である。専業主婦は無職であり、絶対にやってはいけない、生きることは稼ぐことであるから、女も生きている時間のすべてを金儲けに使ってとにかく金を稼いで来いと言われ、しかし男よりも賃金が低いなら家事労働のすべてをやって男に仕えろ言われる。生き地獄である。女の生きづらさ

  • 不幸な現代日本の女たち

    女はどうせ数年で家庭に入るから、不本意就職でも就職できなくても全く問題ない。就職氷河期女子は社会からそういわれ、女の就職難は何の問題になることもなく置き去りにされた。未曽有の就職氷河期の中、就職できた子もできなかった子も、大学を出て数年で、同級生女子たちは結婚し、専業主婦になった。いわれるがままにそうしたのである。一方で、ネットでは専業主婦叩きが絶好調。専業主婦は遊んでいるだけで不要である。専業主婦は無職と書けとなり、実際、新聞やテレビの表記はすべてそうなった。人が生きる目的は金儲けである、稼いでいる人間が一番偉いのである。女も人生のすべてを金儲けに費やすべきである。もっとも、男は家事労働が不得手である。家事労働は女にとって遊びながらできる楽しく得意なことであるから、女が金儲けの傍ら全部やればいいことであ...不幸な現代日本の女たち

  • 自己決定権のない無力な日本女

    団塊ジュニアが就職するころは男女別採用、男子の就職活動が終わってから女子の就職活動をしていた。男子が採用できなかった企業が、仕方なく女子を採用していた。大卒団塊ジュニアは就職氷河期であったから、男子ですら余る、勿論、女子はそれ以上に余る。就職が決まらずに卒業していくのはごくごく普通の光景であった時代である。女子学生が目指すべきなのは幸せな結婚です。ここは男性を立てて置けば、女性も幸せになれるのです。そうして黙らされ、女子の就職難など全く誰も問題にしなかった。2010年代に団塊が大量就職した。数少ない新卒の就職は一気に好転、最低賃金の仕事に人が寄り付かなくなった。そこで当時の安倍政権が打ち出したのが「輝く女性」政策である。家庭に入った専業主婦はお金に困っていないから、どんな低賃金、悪条件でも働かせることがで...自己決定権のない無力な日本女

  • 団塊ジュニアは黙らされた世代

    6月22日に参議院選挙が告示され、各党の政策が出揃った。年金生活の高齢者に向けて物価上昇を抑える政策とともに、18歳から選挙権を与えられたことによる若者向け政策が目立つ。全力で若者応援。今の10代、20代がこれから先は安定安泰、賃金が上がる政策をとるのだそうだ。今の団塊ジュニアが10代、20代の頃にはその声が取り上げられることは一度もなかった。受験戦争、就職氷河期と押さえつけられ、上の世代に敬意を示せ、声を出すなで淘汰された。競争、競争で周囲の奴は全員敵であって自分の味方は誰もいないため、団結力は非常に弱い。少しでも弱音を吐けば殺されるので、誰も本音は言わない。ひたすらにただ、黙って嵐が通り過ぎるのを待っている。嵐が通り過ぎるのは死んだ後である。団塊ジュニアは黙らされた世代

  • 現実に即さない家計相談

    ファイナンシャルプランナーが家計診断!見たくもないのに勝手にネットニュースがよく流れている。年収300万円家庭に数千万の預貯金があったりかと思えば世帯年収1500万円家庭のお金がない話だったりありえない設定が多い例のあれである。例によって上から目線のファイナンシャルプランナーのアドバイスは毎回ワンパターンである。今すぐ妻は必ず働きに出る、それもフルタイムで働く、会社にすぐに正社員にするよう頼みましょう、今は会社は希望者全員を正社員にしなきゃいけないんです。女性は全員正社員で働けるし、働かなければならないんです!「女性を輝かせるために俺たちも協力しないとな!」と夫や息子も料理洗濯当然やります。それを言っているのは社会人経験のない年配女性ファイナンシャルプランナーに多い。それなら自身がネット相談で小遣い稼ぎ程...現実に即さない家計相談

  • 実効性のない自殺防止策

    最近、芸能人の自死記事の後には必ず自殺予防センターの電話番号が掲載されている。無償ボランティアが話を聞けば自殺を思いとどまる。果たしてそうであろうか。自死の理由は貧困(借金返済)、健康要員が大きいとされる。根本原因に目をそらすのが政治家、マスコミだ。自殺防止センターで生活困窮なら生活保護がありますよ、とアドバイスされたとする。ボランティアに受給決定権などあるはずもなく、それを決めるのは公務員だ。役所に行けば「公務員様に年貢を払えない奴は生きている価値がない、追い返せ」である。ボランティアに自殺を止めろといい、国家や自治体に雇われて安心安定の特権階級身分の公務員は自殺を勧める。意味のない話である。実効性のない自殺防止策

  • 許される上級国民

    上級国民、という言葉が世間を賑わせた頃があった。国は否定し、マスコミも使いたがらない。日本はリベラルで平等で自由主義で、特権階級など存在しないから、がタテマエだが、実際には上級はあらゆる面で搾取をし続ける不平等社会である。議員や経営者は勿論、公務員と一流企業正社員は一般人という名の上級国民である。国の使命で65歳まで(本人が希望すれば70歳まで)安定確実な雇用と賃金を保証されている。セクハラ、パワハラが起きても保護されるのは上級国民である。会社で立場が上の人に絶対服従なのは当たり前だろ?セクハラとかパワハラとかいう言葉は使うな、ありがとうございますと感謝しろ。不服ならお前が辞めろ。男は若手時代には上司の靴をなめても、年をとれば自分の靴を部下になめさせやりたい放題できる。女は上に上がれないから、一生、セクハ...許される上級国民

  • 勝ち組だけを社会が支援

    持続化給付金問題がニュースを賑わしている。前年給与の半分以下になった人は「コロナが原因」ということになって政府が税金で補填を行うのだそうだ。不正に受け取った者が処罰されるのは当然として、正規の手続きを踏んだ受給者であっても、それは前年にそれなりの収入があった人限定である。税金を使って勝ち組を支援する。そもそももともと負け組だった人には最初から支援などない。勝ち組だけを社会が支援

  • 正社員は不安定

    政府が就職氷河期向けに30万人の正社員雇用を打ち出している。実際のところ3万人しか就職できていないらしい。日本では正社員就職さえすれば生涯安泰である。どこの中小零細であろうが、会社には解雇不可義務があり、65歳(本人が希望すれば70歳まで)まで安心して働くことができる。正社員にならない奴が悪いのだから、とにかく会社にねじ込めと。ハローワークなどにはいつも同じメンバーがいる。採用されてもすぐに解雇されるからだ。勿論、会社は解雇であろうが失業理由を必ず「自己都合」と書く。ハロワ職員も「そんなの普通ですから」と取り合わない。ハロワ求人が悪質なのだから、生活保護とセットにしたらいいと思う。しかし国は正社員が解雇されるはずはないのだから、本人が頑張るべき、絶対に甘やかすなと言い張る。政治家や公務員にまともな社会人経...正社員は不安定

  • 学歴は無意味

    親が低学歴低収入だと子供も低学歴低収入になる。だから子供に手厚い教育支援が必要なのだとニュースが流れる。学歴を上げても就職先はない。私の父は公立高校の教師を定年まで勤めた。親は、子供である自分たちにも必ず大学へ行くように言った。そのほうが良い人生を送れる、いや、何より親のプライドのために。団塊ジュニア、受験地獄の真っただ中。高校の担任も見放して、絶対に無理だと言われた某有名大学の卒業生になった。しかし、就職氷河期である。女の総合職など軒並み募集停止、一般職は短大卒、高卒しか採用していなかった時代である。女は18で採用して25くらいまで勤めてほしい。大卒の女は年を取っている上、やることは高卒女と同じお茶くみ採用なのに高い給与を求めるなどありえないと言われた。高校生活を男女交際に捧げた高卒のほうが就職が良かっ...学歴は無意味

  • 女は就職できなかった

    就職課で大学4回生になったら女は100社は回れと言われた就職氷河期世代。それでも就職が決まらず卒業していく女たちが大勢いた。会社も職業も何一つ選択できなかった時代。数年後、彼女たちは結婚し、主婦になった。自己正当化のためなのだろうか。彼女たちは就職ができなかったのではなく、しなかったのだと言い張る。どうせ数年したら、県外の彼と結婚するのだもの、就職する意味はなかったと。そして、今、この言葉が逆手に取られている。社会は女に正社員の待遇を与え、家事、育児、介護でどんなに休んでもよいと手厚い福利厚生を並べ立てて65歳までの安定雇用を用意している。社会がここまでして女たちに手を差し伸べているのに、女が楽をしたいから拒否して働かないのだと。実際には誰も手を差し伸べることなどなかったのに。でも真実は語られない。女は就職できなかった

  • 女性が輝く社会!?

    アベノミクスの頃、輝く女性を前面を出していた。女は家にいても誰も評価してくれないよ?外へ出て働いたら、みんなに褒められ、仲間ができ、お金も貰えてキラキラ輝きだす!就職氷河期になると女は真っ先に社会から追われ「女は家庭に入るから就職難なんてありえないね!」と言われたのはつい先日のことであったというのに今度は団塊大量就職で新卒の就職が良いため最低賃金で底辺仕事をしてくれる人がいなくなったので「女なら金を払わずにタダ同然で働いてくれる」という経営者と政治家の意見が合致したらしい。いつも男の都合で振り回される日本の女には人権などないのである。女性が輝く社会!?

ブログリーダー」を活用して、kokoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
kokoさん
ブログタイトル
就職氷河期女の悲哀
フォロー
就職氷河期女の悲哀

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用