chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
アラウンド定年のこころ https://ameblo.jp/pontneuf-seki/

吾輩は猫じゃない 齢60をちょいと過ぎたアラウンド定年のオヤジである 夏目漱石が好きである そして猫も好きである 

ポンヌフ関
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2022/05/05

1件〜100件

arrow_drop_down
  • さらばビジネストーク

    仕事でタイミングよく 「おっしゃるとおりです」 とぶち込んで また、自説を押すきっかけとする人  「釈迦に説法ですが」 と言いつつ お前ら知らんだろうから教え…

  • 大恋愛を知らず

    悲恋フェチ? 悲恋なんて今どき言いませんが 吾輩、「悲恋」ものの映画が嫌いじゃない というか好き(^^;)なのは何故だろう?と思うわけです 「ひまわり」「シェ…

  • 働いてる人は顔が違う!?

     やっぱり働いてる人は顔が違うよ! なんて声が聞こえてきました 喫茶店で後ろの席に ほどほど高齢者さん向かい合っての会話から  いやいや、まだまだ金のために必…

  • 極寒の日に思うこと

    まだ序の口とも思いますが 今日から本格的に寒くなってきて小雨も降って あー、こんな日は会社に行きたくないなー リモートで済まない案件があり出社しました 吾輩、…

  • まだ水曜日かー

     今朝、土曜(お休み)と思って起きたら まだ水曜日でした 年に2回くらいあります  皆さんはそんなことありませんか? その反対に 平日と思って起きたら休みだっ…

  • 自己肯定感という謎

     先日は承認欲求について結論もない思いを書きましたが 今回は 自己肯定感 これも不思議な言葉 昔はなかった  いろいろ言葉を作り出しては 繊細になり過ぎて 自…

  • パスワードをお忘れですか?

     パスワード地獄  「ひらけごま」 「山」といえば「川」 4けた暗証番号 なんて時代はよかったですなぁ IDパスワードには泣かされます 会社のいろんな承認とか…

  • 定年 それは永遠の夏休み

     永遠の夏休み     吾輩の好きな西岸良平(さいがんりょうへい)さんの漫画「三丁目の夕日」にいたく共感したコマがありました ちょっと季節外れですが それは夏…

  • 男らしさはどこ行った?

    ふ そうじゃないかえ 皆の衆  皆の衆 皆の衆嬉しかったら 腹から笑え悲しかったら 泣けばよい無理はよそうぜ 体に悪い洒落たつもりの 泣き笑いどうせこの世は …

  • こんな日は酒が飲めたら

     何度も言うておりますが 吾輩は下戸である そんな吾輩にとって 謎なのは一人飲み一人で珈琲飲んでるのとは全く違う解放感なんでしょうな 一人で機嫌が良くなる感じ…

  • 綺麗な髪ですね

    今日綺麗な髪の人を見かけました  あのー 綺麗な髪ですね と、一言告げたくなるような   10代でもなければ相当なメンテナンス  そこまでの執着は何か恐ろしさ…

  • 承認欲求という謎

     承認欲求 最近よく聞く言葉ですな 誰が言い出したのでしょう? 吾輩が若い頃は無かったような   「最近の若者は承認欲求が強すぎるとか」 「あの人は承認欲求の…

  • 「人生丼」のおかわりは?

     人生のおかわり  あー旨かったー! おかわり下さい! すみませーん、おかわりやってないんですよ お金出すから お金の問題じゃないんですよ え、   ムーちゃ…

  • ヒトアレルギー?

     娘が猫アレルギーで困っています もう長くて 諦めていることなんですが 飼い始めた頃はわからずに 5年くらい経ってからどうもおかしいと検査すると 猫皮膚のアレ…

  • 地アタマって何?

     あいつは「地アタマ」がいいとか、会話の中に出てくると違和感を感じます 一つ目の違和感は 言ってるあなた、そんなに地アタマに自信ありですか? ということ 二つ…

  • 元気?と問われて

    元気かい?はい、元気です!   若い頃はお偉いさんに声かけらるとそんな感じで話し始めて  元気?もう、ダメ、最悪よ! 同期や友達ならこんな感じで話し始めて  …

  • みんな いろんなこと言うなぁ

     世の中では、いろんな人がいろんなこと言います 自分もまた、いろんなこと言うのですが  全ての人は自分の立脚点において発言しているわけで それを忘れちゃいけな…

  • 定年後、お金無くても大丈夫

     「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」 はマリーアントワネットの名言?ですが 定年になって年金暮らしになっても旨いもの食いたい という貴兄に 吾輩の…

  • ティッシュは貰うことにしています

     今日、街でティッシュ配りの人を見ました 吾輩はカフェのガラス越しに見るとはなく見てました なかなかもらってくれませんねー 配っていたのは若い女性、マスクして…

  • 乱高下にご注意ください

     こうして毎日ブログを書いておりますと 日によってばらつき 矛盾したこと 自分でも、 ん、昨日書いたことと真逆?  なんて思ったりします その日はそう思ったと…

  • 挫折について

    ○  ̄ _ ガク一度志したことが、叶わないこととなり諦める それが挫折? 「挫折」という言葉は必要以上に挫折感がありますなぁ 英語では何といつのでしょう? …

  • 覇気はあるか?

     親しい友人に最近、覇気が無いよと言われたことがあります 覇気? そういう君はあると思ってる? また、最近てことはいつもはあるってこと? などと聞き返す気力も…

  • ある日の蜘蛛の糸

     ある日の蜘蛛の糸    ゴキブリは躊躇なく殺戮しますが  蜘蛛に関しては、、、  芥川龍之介のお陰で生きのびた蜘蛛は多いのでは?  先日も蜘蛛をつかんで外に…

  • 目の保養?

      君のように女を鑑賞する能力の発達したものが、芸術を粗末にする訳がないんだ。ねえ原、女が好きな以上、芸術も好きにきまってるね。いくら隠したって駄目だよ」(明…

  • ふとんかベッドか、それが問題だ

      上京したての浪人生のころの四畳半では半分押入れに足突っ込んでの布団 謎のペントハウスの時は拾ってきたベッドに布団を敷いて 就職しての風呂無しマンションでは…

  • 定年後のノーストレスを思う

     リタイアされた先輩は皆さんおっしゃいます 定年後のノーストレス  辞めてみて初めてわかること 会社組織にいること自体がストレスで その上すんなりいく仕事など…

  • 浮世離れ

    ニュースから遠ざかるなんとなくプチ厭世?新聞をやめて、リアルタイムのニュース、朝のワイドショー夜のニュースも見ずに録画した番組、興味の範囲でザッピングネットフ…

  • 気がすんだ?

     飽きる諦める気がすむ  マイブームとはみうらじゅんさんが作り出した言葉 あの人は凄いです ゆるキャラという言葉ももの凄い経済効果を産んでますよね  さて、 …

  • 鎌倉_今小路ブックストア

     2年前くらいになりますが 吾輩よりもちょっと若い友人が鎌倉で古書店を始めました 永年の夢でもあったととのこと、もう一つ仕事を持ちながら  コロナ禍で、紙の本…

  • 今さらながらに、愛とは?

     明暗より 1916  『誰でも構わないのよ。ただ自分でこうと思い込んだ人を愛するのよ。そうして是非その人に自分を愛させるのよ』(明暗)夫婦仲のぎくしゃくして…

  • もうひと花?

     占うは もうひと花か もういいか もうひと花、 もういいや、 もうひと花、 もういいや、 残り少ない会社人生ですが、まだまだ若いもんには負けないぞ!もうひと…

  • 愛着とは?

    気に入っていたものを無くすのは残念なことです マフラーというかストールというかもう7年くらい使っていたもの 冬のマジマフラーにかわるまでの間、首に巻くやつ 3…

  • 落ち葉 随想

    す 濡れ落ち葉症候群 定年後の夫がやることなく、濡れた落ち葉のようにひっついて離れない 主人在宅ストレス症候群などとも言われる悲劇にならないようにという警鐘は…

  • 生きた証?3年連用日記

    3年連用日記を付けておりますまた3年が過ぎて、来年からの3年の日記を購入の時が来ました 9冊終わりましたから、9×3=27年間続けたわけですはじめの一冊は飛び…

  • パルスオキシメーターの怪

    コロナにかかった夏の話ですが あの時心配で Amazonでパルスオキシメーターを買いました 必要ならば保健所から送ると言われましたが、返却もしなければというの…

  • 風邪かコロナか?

     熱はない  実は吾輩、夏にコロナになっておりました10日の自宅療養で軽症で回復したのですが その間も、何食わぬ顔で(顔は晒しておりませぬが)ブログ続けました…

  • お洒落してみる?

     それから 1909 『代助は其ふつくらした頬を、両手で両三度撫でながら、鏡の前にわが顔を映してゐた。丸で女が御白粉を付ける時の手付と一般であつた。実際彼は必…

  • やさぐれたくなる日もあります

     上手くいかないなぁ 仕事も人生も  なんてやさぐれたくなる日もあります   国の経済、世界平和すらうまくいかないのに、自分だけが頑張れば上手くいくなんてこと…

  • 高を括っちゃいけません

     プロフィールとプロファイルってフランス語と英語の違いだそうですが 日本ではちょっと違って使われてますよね プロファイリングとなると犯罪捜査CSIみたいな^ …

  • ビジネスの1年の不思議

     日本のビジネスの一年は不思議です 4月始まりと1月始まりが同時進行 今で言うと ビジネスなら下期が始まり上期の不調を挽回するスタートなんですが 1月からの一…

  • アプリで継続

     継続 継続は力なり 昔から言い継がれている名言の古典みたいな物ですね 吾輩はブログで自分に課していて習慣化できたことなんかを 書いたことがあるのですが その…

  • お正月 こい!

     さて.そろそろハロウィン、そして11月ともなれば本格クリスマスモードになって加速度的に年末に向かうジェットコースターに お正月っていいですよねー なんかいろ…

  • この世に生きるよろこび そして悲しみのことを

     グリーングリーン ♪ある日 パパとふたりで語り合ったさこの世に生きるよろこびそして 悲しみのことをグリーン グリーン青空には ことりがうたいグリーングリーン…

  • 「旺盛」復古の大号令

    食欲の秋 食欲旺盛っていいなぁ なんて、大盛り頼んでいるお隣さんを見て思います   吾輩の全盛期はとっくに過ぎました 血糖値や脂肪肝の注意あり 炭水化物ひかえ…

  • 吾輩は犬である

     漱石の犬  『要するにヘクトーは弱虫であった。そうして操行からいうと、ほとんど野良犬と択ぶところのないほどに堕落していた。それでも彼らに共通な人懐っこい愛情…

  • 大丈夫ですよ 大丈夫

    大丈夫、とは不思議な言葉です。 あるエッセイで、著者が安いゴルフ場で中国人の不慣れなキャディーさんがついて、全く頼りにならないながら、ちょっとポカするたびに「…

  • ろくろ回してみる?

     子供たちも独立して 夫婦二人になってだいぶ経ちます お互いに時々体調悪くなって一緒に病院に行ったり 付き添ったり 一緒にNetflixみたりはしています 吾…

  • ユーミン50周年凄すぎる

      まだリア充なんて言葉がなかった頃 ユーミンもサザンも スキーもサーフィンもやらなかった吾輩にとっては敵陣営のソングと 思ってました、が 卒業写真の優しい目…

  • おしゃべり比率について

     前にもちょっと書いたのですが 今日も出会ってしまいました 喋りまくりVS聴きまくり のお二人 隣の席で、気になってしょうがなくて ボクシングの試合で テクニ…

  • もっと早く替えれば良かった

     ずーっと5枚刃の髭剃りを使っておりますが、何日くらいが替え時なのか悩みます 我ながらどうでも良いテーマ(・_・; とりあえず今日替えてみたのですが あまりの…

  • ホリエモンが言ってた

     ホリエモンが言ってました 世の中の9割以上の人は行動力が まるで無いんですよ ホリエモンに言われると確かになーと まあ、ホリエモンも孫正義も行動中毒みたいな…

  • つまづいたっていいじゃないか

    はじめて読んで下さるアラウンド定年の方、吾輩が追求するテーマの回、よろしければ『いつかはみんな 去るリーマン』 去ってゆくきみに 岡田芳郎 いつかきみは舞台か…

  • クリック&ガッカリ

     はじめて読んで下さるアラウンド定年の方、吾輩が追求するテーマの回、よろしければ『いつかはみんな 去るリーマン』 去ってゆくきみに 岡田芳郎 いつかきみは舞台…

  • 残念ながら当たってた自己分析

    はじめて読んで下さるアラウンド定年の方、吾輩が追求するテーマの回、よろしければ『いつかはみんな 去るリーマン』 去ってゆくきみに 岡田芳郎 いつかきみは舞台か…

  • 吉幾三萌え

    はじめて読んで下さるアラウンド定年のお方、吾輩が追求するテーマの回、よろしければ『いつかはみんな 去るリーマン』 去ってゆくきみに 岡田芳郎 いつかきみは舞台…

  • もうヒートテック?

    はじめて読んで下さるアラウンド定年のお方、吾輩が追求するテーマの回、よろしければ 『いつかはみんな 去るリーマン』 去ってゆくきみに 岡田芳郎 いつかきみは舞…

  • 街を走るひと

    はじめて読んで下さる方の中でアラウンド定年の方に読んでいただきたいもの、しばらく冒頭に置かせて下さい 『いつかはみんな 去るリーマン』 去ってゆくきみに 岡田…

  • 鼻毛って

     漱石先生を崇拝する吾輩ですから 時に鼻毛を抜いております   夏目漱石は執筆に行き詰まると 原稿用紙の脇に抜いた鼻毛を一列に植え付けていた その原稿が残って…

  • 人の一生は重荷を負って川の流れのように

     人の一生は、重荷を負って・・・  日本人の正答率100%? 鳴かぬなら ①殺してしまえ ②鳴かせてみよう ③鳴くまで待とう ホトトギス  ③は誰でしょう? …

  • 大股で胸を張って

     カツカツカツ 新しい靴を買って思いの外靴音が大きくて、あれ?とか思うことがあります 歩く場所にもよりますが 靴音、、、 それも悪くないと思える時もあります …

  • 老いの寒さは唇に乗するな

     脚本家の山田太一さんが今の吾輩と同じくらいの歳の頃の回想 『そのころの私は神経質に老いを感じていた。圧倒的に老いる前のことで、細かく誰でも感じるような衰えの…

  • 人は単純 自分は混沌?

     人は単純 自分は混沌?  なんて思っちゃいますね 他人(肉親も含めて)は 言動、行動、外面しかわからないので馬鹿みたいに単純に見えて 自分はいちいち自分の脳…

  • 人はペンのみにて生くるにあらず

     こうしてデジタル文字を打ち込んでおりますが アナログなペンと紙も好きです ペンに至ってはどれほど買ったかわかりません その時どきに好きなペンも変わりました …

  • 月曜始まりカレンダーって

     日曜始まり VS 月曜始まり 今年は月曜始まりのカレンダーを使用しています 大分慣れてきましたが、思いの外使いにくくて 今までずーっと日曜始まりで生きてきて…

  • プラン75って

     明日起きないことにする?   ちょっと前ですがプラン75というフラット35みたいなタイトルの映画を観ました 75歳になったら死ぬという選択ありますよ、お薦め…

  • 逃げ切り世代なんですかね

     逃げ切るか 昭和仕込みの そのままで  世の中の変化から「逃げ切る」、自分を変えることなく逃げ切る。 我が道をゆくと言えばかっこいいが、 ついていけずに居直…

  • 大人の思秋期って

     思秋期  いよいよ秋っぽくなってきましたね  思秋期 と言えば岩崎宏美さんの歌 阿久悠作詞 三木たかし作曲 思春期の後の19歳の秋にもの思う感じでしたが  …

  • お葬式って

     お前らしい いい葬式だった? このとき芥川龍之介は葬儀の受付をやっていて、ふと顔をあげた。「霜降の外套に中折帽をかぶりし人、わが前へ名刺を差し出したり。その…

  • いたたまれない?

      確か「竜馬がゆく」だったと思います 「人間の環境への適応力ほど不思議なものはない」 というような一節が気になってメモした記憶が  吾輩も適応します つまり…

  • 時々どこか痛くなります

     時々どこか痛くなります   足の裏、膝、腰、首、背中、胸、胃、手、指 違和感、鼻、喉、目、口内、 こう書くと満身創痍みたいですね この5年くらい入れ替わりた…

  • まだ、その時ではない?

    妖怪 万尾獅子*これは吾輩が描いたただの獅子(ライオン)です  5年前くらいに大ブームだった妖怪ウォッチ その頃すでに大人であった娘と息子が面白がって吾輩もア…

  • 伊東四朗って凄いなー

     「ずん」「ニン」「どーかひとつ」  突然ですが 伊東四朗さんて凄くないですか 別に亡くなったわけじゃないですが この頃たまにradikoで 伊東四朗・吉田照…

  • 猫に懐かれる

    彼が夢の中でゴロゴロ喉を鳴らしたりするのを感じる。それは平和な音で、わたしが彼から受けるように、彼も私の体の温みや接近から、同じように心の慰めを得ているのだと…

  • 定年それはNO拘束?

     今日は拘束の多い日でした二つの会議とセミナー それぞれ2時間弱  会社員として管理職的なポジションも長くなってからですかね ある時、会議が厭で厭で何が厭なの…

  • 昭和残絆伝?

     絆 岡田芳郎  仕事が楽しいのは何人かと 夢中になって仕事ができるときだ。はげしい議論や対立する意見の中から突破口がみえてくる。みつけた!ハラハラする実施作…

  • 虞美人草と彼岸花

     今朝、彼岸花が咲いておりました。吾輩、虞美人草とは彼岸花のことと、いい歳まで思い込んでおりました。 虞美人草はひなげし、そしてフランス語だとコクリコ坂のコク…

  • 家へ帰ろう

    久しぶりに家族で外食した後自宅に戻りはー家が一番だねなどと たまの旅行に行ったときも帰ってくれば東京が一番だね 家が一番だねと言ってきました  吾輩は美術系を…

  • ナレーションの妙

     声の絶対音感? 突然ですが、ナレーションて大事ですよな 吾輩、番組やCMでナレーション聴いていて、あ、これは宮沢りえだ、とか、あ、吉永小百合の声とか、密かに…

  • 人生の答え合わせ

     人生の答え合わせ  あの時の選択 あの時の2択、3択、 あー、違ってたのかな こことここはたぶん合ってた これは難しい問題だったなぁ 途中までの計算式は合っ…

  • もはやこれまで!なーんてね

    *「もはやこれまで 介錯お願いつかまつる」なんてほどではありませんでしたが、60を前にして長く勤めた会社の定年を迎えようとした頃は、仕事への未練もまだあり、あ…

  • 同期息切れ

     同期生 岡田芳郎 同じ年に同じ会社に入りそれぞれちがう場所で働いてときにあつまる。競争相手で同時に仲間若いうちはだれかの転勤であつまり結婚であつまるだれかの…

  • ぐるっと回って2周目だ

     人生の円環 岡田芳郎  ぐるっとまわってはじめにもどるいいことがあってももとのもくあみわるいことがあっても そのうちなんとかつじつまがあう人生はどのように走…

  • カンブリア宮殿って

     カンブリア宮殿 SINCE2006 *吾輩のイメージの村上龍さんですが800回記念の回を見ると、冒頭開始当時から振り返る映像で、ああ若かったんだなと、そして…

  • いまいる場所

     いまいる場所 岡田芳郎  先に進もうと焦るばかりでなくいまいる場所の居心地を味わうこともしてごらんいい仕事ができない華やかな成果があがらないそれでいいじゃな…

  • マイ・フェイバリット・タオル

     なんか好きなんですよ 岡田さんの詩を少しお休みして、与太話 吾輩の数少ないこだわりの一つをご紹介 フェイスタオルなんですがね ホテルのタオルみたいなループ織…

  • 昼飯、行く?

     友人 岡田芳郎 サラリーマンのすごくいいところは情報がありあまるほどあふれ毎日会社の同僚たちに会えることだ。会社をやめたひとがつくづく言うのは それだ日頃わ…

  • ひとりを恐れるな

     ひとりを恐れるな 岡田芳郎  結局はひとりだどんな親しい友人も友人以上であることはできないいっしょに苦しみを分かつことはできても限界はある自分の人生は自分の…

  • 落ちてゆくのも幸せだよと

     降りゆく幸 岡田芳郎   人生は上昇するだけじゃない降ってゆくプロセスでもある。だんだん崩壊してゆく日日がすなわち生きてゆくことだ。だが昇ってゆくことが優し…

  • サラリーマンの酔い

     サラリーマンの酔い 岡田芳郎   サラリーマンは酔わずにはいられないなにかに。しごとに酔いたいあそびに酔いたい一日をなにかに酔いたいなぜならそれが生きるって…

  • いつかはみんな 去るリーマン

     去ってゆくきみに 岡田芳郎 いつかきみは舞台からおりる拍手をあびながらそれとも罵声をあびながらそして忘れられてゆくどんなささやかなサラリーマン生活にもこれま…

  • ”time flies like an arrow ”

     ”time flies like an arrow ”   何か随分先のスケジュールを入れて、ズーッと先のことと思っていても 気がつくとその日は迫ってきて …

  • 髭剃りって面倒ですな

     脱毛という選択支?   吾輩「アメトーク」を録画して興味あるのは見てます 先日 「脱毛しました芸人」  吾輩、特に髭ですが 電気ガミソリは嫌いで、若い頃から…

  • こころのバックヤード

     こころのバックヤード  百貨店やカフェ、レストランの、従業員出入り口、スペース ドアが開いてて見える時ありますが え、こんなに雑然?とかこんなに汚い!とか興…

  • この曲何?

     この曲何?  私事ですが、朝早めにコメダ珈琲店でモーニング食べてから出社することにしております 今朝は、ふとBGMが気になりました 割とオールデーズのカバー…

  • 騙し騙し

     なんにもやりたくない日ってありますよなぁ やりたくないとか言ってられんのは ちょっと余裕がある証拠なんですが  気持ち的には、やんなきやいけないこと気になっ…

  • 世の中の人は何とも言わば言え

     『世の中の人は何とも言わば言え、我が成すことは我のみぞ知る』(竜馬がゆく 司馬遼太郎) 漱石よりも司馬遼太郎こそが国民的作家なのではないだろうか。と思ったの…

  • 今日は8.30 YAZAWAの日

     今日は8.30 YAZAWAの日 1978「成りあがり」より 「矢沢君、困ったことがあったら相談に来なさい。就職なんかでも、せわするし。君は気に入った」 そ…

  • あちこちオードリーって

      『あちこちオードリー』という番組が好きです お笑い系を中心にバラエティータレントの悪戦苦闘の裏話、生き残り戦略悩み告白 オードリーの若林さんが巧みに、トー…

  • ペリリュー

     友人か薦められていたけれど しばらく手にしていなかった漫画 「ペリリュー」を読みました素晴らしい、早く読めばよかった、と思いました  このところ柄にもなく戦…

  • あの時のマッカーサーと同い年

    ふ *余談ですが、マッカーサーのパイプ、なんだかトウモロコシみたいと思ったらほんとにコーンパイプというトウモロコシで作ったパイプなんですね、検索して愕きました…

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、ポンヌフ関さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ポンヌフ関さん
ブログタイトル
アラウンド定年のこころ
フォロー
アラウンド定年のこころ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用