chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
ひな
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2022/04/18

1件〜100件

  • お久し振りです。

    お話じゃなくてすみません。あんまり久し振りになってしまったのでとりあえずご挨拶をと思いまして……。ブログ村に参加してるのに放置してると消されちゃうんですよね?…

  • バイト先の店長が僕に夢中になって 6

    男なんて抱いた事なかった。店長が色々してくれた。めちゃめちゃ気持ちよくて。僕が果ててしまって、それでも僕は店長の前で何度も勃起した。店長は凄くて。とにかくエッ…

  • バイト先の店長が僕に夢中になって 5

    ホテルで僕は緊張してた。こんなところに来てする事はひとつなのに店長はやっぱり僕を楽しませる話をしてくれて何もしてこない。なんだか僕だけが期待してるみたいで店長…

  • バイト先の店長が僕に夢中になって 4

    「なぁ……運命って信じるか?」僕はバイト先のコンビニで、レジに立ちながら一緒にバイトに入ってる奴にボソリと聞いた。「は?なんだって?運命?」「そう。」「なんだ…

  • バイト先の店長が僕に夢中になって 3

    昼の忙しい時間が過ぎた頃、店長が店に来た。「お疲れ、チャンミン。」「………。」僕は陳列棚の商品を前に並び替えていて、勿論店長に声をかけられたのに気がついたけど…

  • バイト先の店長が僕に夢中になって 2

    「じゃあいつからこれる?」「え?」即採用だった。「面接は建前。一応どんな子か見る為だけだからさ。よっぽどじゃない限り来てもらうよ。」店長はそう言ってにっこり笑…

  • バイト先の店長が僕に夢中になって

    たまたま目に付いたアルバイト募集の貼り紙に僕は足を止めた。そこはコンビニエンスストアーの前。僕は飲み物が欲しくてそこを訪れた。いつも利用するコンビニではなかっ…

  • シチュお題について

    シチュお題の記事いコメント下さった皆様ありがとうございます。制限時間内に達成は無理だったんですが、同居ネタに3票コメントがつきまして✨✨✨✨こんなど素人の私の…

  • 面白いミンホ(追記)

    私、大好きだった作家さんがいて。その人はもう辞めてしまわれたんですが、その人のミンホしか読んでませんでした。面白いミンホを読みたいんですが。おすすめのお話(ブ…

  • BLに憧れて おまけ4(最終話)

    チャンミンが勃起しなくなった。男のそれって結構デリケートで悩んだりすると勃たなくなるとは聞いていたけど、本当に勃起不全があるなんて。俺もショックを受けた。チャ…

  • シチュお題

    って私はTwitterしてないので9RTは無理なんですが(笑)9コメントもらえたら書いてみようかな。(笑)11時27分までです。5分以内は無理だろうなぁ(笑)…

  • BLに憧れて おまけ3

    ある日大問題は起こった。僕のファンだと言う所謂ゲイが僕を狙って来た。勿論ただの純粋なファンでいてくれる女性も男性も沢山にいたんだけど、BLを描くような僕だから…

  • BLに憧れて おまけ2

    「なんでユノのせいで僕が男だってばれるの?」僕は不思議に思った。「いや……最近、チャンミンのファンが多くて気にはしてたんだけど。」ユノが僕の担当だって事は僕の…

  • BLに憧れて おまけ1

    僕はBL作家。同人誌を作りながら単行本も出させてもらって、最近有名と言われるようになった。BLに憧れてこの世界に入ったけど、男性がBLを描くなんてと言われるの…

  • あとがきの様なものとこの後の予告の様なもの。

    こんばんは。BLに憧れてが終わりました。如何でしたでしょうか?次は何を書こうかなぁ~って思ってたんですが、ちょっと考えてる時間がなかったので、取り合えずBLに…

  • BLに憧れて 8(最終話)

    やってしまった。最後まで………やってしまった。ベッドでぐったりするユノの横で僕は持って来た水を申し訳ない思いで進める。こんなつもりじゃなかった。ユノがあんまり…

  • BLに憧れて 7

    すみません時間食っちゃいましたhttps://lovemnh.blog.fc2.com/blog-entry-1.htmlBLに憧れて 7お仕置き決定ね。そう…

  • やっぱり……

    やっぱり表示できませんになっちゃいました。どうしよう~。これってアメ限定にしても一緒なんでしょうか……。って言うかアメンバーさんがいないから意味ないしどこかに…

  • BLに憧れて 7

    お仕置き決定ね。そう言ってにっこりと笑ったチャンミンがあんまりに雄の顔で、ゾクゾクとしてしまった俺は、どこかでワクワクもしている。できるなら。ちゃんと好きな人…

  • え?!

    え……。BLに憧れて7が表示できないって……。困ったな。どれがダメだった?誰か報告した?誰~え……どうしようどうしたらいいかなぁ。アメ限定にすれば行けるのかな…

  • この記事は表示できません

    この記事は現在公開停止中です。詳細はヘルプページをご確認ください。

  • BLに憧れて 6

    俺は焦った。チャンミンが別の出版社に行っちゃう。って。「チャンミン?とりあえずさ、ポーズ取ろうか?」「え?」「いや、……その………。」「………ユノ。あの…………

  • シアワセ二ナロウ 15(最終話)

    「ん………ふ…………ぁ。ちょ………っ。」「あに……?」俺が抵抗してもチャンミンは俺の舌を吸いながら全然やめてくれない。チャンミンに舌を吸われて俺はちょっとヤバ…

  • BLに憧れて 5

    「本当助かります。」僕はローテーブルでトーンを貼ってくれてるユノにそう言いながらも机に向かって一生懸命ペンを進めた。ユノが来てくれるようになって、色々協力して…

  • BLに憧れて 4

    自分で自分のを握ってる姿をチャンミンに見られてるこの状況に俺は戸惑ってた。チャンミンはさらさらとペンを進める。俺は戸惑いながらも言われるままポーズを取る。「ご…

  • お知らせしておきたい事

    ひなです。すみません。なんかシアワセニナロウを放っぽり出して、違うお話を始めてしまい、今日1日で3話もあげてしまいました。なんかシアワセニナロウはチャンミン結…

  • BLに憧れて 3

    チャミス二先生が男だったのには本当ビックリした。しかも、かっこ良くて、スタイルも良くて、イメージと全然違った。でもガッカリしたと言うよりは、嬉しかった。自分は…

  • BLに憧れて 2

    「どうぞ。」とりあえず僕はチョンさんをリビングに通して座ってもらいお茶を出す。チョンさんは頭を下げてカップを受け取った。よくよく見るとチョンさんは綺麗な顔をし…

  • BLに憧れて 1

    僕が同人誌を作り始めたのは高校生の頃。僕自身恋愛対象が男だったけれど、そんな事をカミングアウトする事ができる訳もなく、ただ自分の夢を描いて楽しんでいたのがBL…

  • これはアカーンっていう事

    にゃぁーGWですね皆さんはお仕事ですか?おやすみですか?私はカレンダー通りのおやすみです。なのでちょぴりお話をいっぱい更新できたらなぁと思っています。が、どう…

  • アップルパイ 3

    チャンミンと久し振りに会った。車を降りると丁度チャンミンも別の車から降りてきて、俺が手を伸ばすとチャンミンも手を伸ばし俺の方に来ると俺達はカメラやファンの前で…

  • シアワセニナロウ 14

    ユノにキスされた。男にキスされた。ビックリした。でも僕はユノの唇が柔く、ぷにっと僕の唇に触れて離れていったのを見詰めながらドキドキとしたし、うっとりとしてしま…

  • シアワセニナロウ 13

    店にチャンミンが入ってきた時、俺は本当にビックリした。「はじめてなんですが……。」そう言って店の入り口で案内されている。俺はチャンミンだって気がついてすぐにチ…

  • シアワセニナロウ 12

    僕はベッドから落ちそうになり目が覚めた。久し振りに朝勃ちをしている自分に驚いたんだ。昨夜ユノの事を考え過ぎて。ユノの夢を見たからだ。朝勃ちしたんだからそういう…

  • シアワセニナロウ 11

    あの時、泣いて僕に会えなくなるのが嫌だと言ったユノを、僕は驚いて見たけど。僕は以前の様なユノに対する嫌悪感を感じなかった。以前なら男に好かれたら嫌に決まってた…

  • シアワセニナロウ 10

    チャンミンが代行を辞める?俺は車の後部座席でそれを聞いてぶわぁっと溢れ出す涙を止められなかった。会えないなんて嫌だ……そんな想いが口から零れ落ちる。ビックリし…

  • シアワセニナロウ 9

    僕はユノが眠ったのを確認してユノのマンションを出た。酔ったユノが意外に楽しそうで助かった。実際泣き出したしするんじゃないかと思っていたから、そしたら厄介だなと…

  • シアワセニナロウ 8

    チャンミンって不思議。俺の事を気持ち悪いって思ってるんだろうに振られた俺に付き合ってくれたりする。それって勿論ただの優しさで何も意味はないのはわかってる。チャ…

  • シアワセニナロウ 7

    よくよく考えたらユノからのLINEなんか無視して、飲む約束だってすっぽかしたって良かったんだ。だってユノはただの代行を利用してるお客で、僕がユノと気まずくなっ…

  • シアワセニナロウ 6

    僕はユノのマンションで駐車場に車を停めた。今何て言った?酒に付き合え?僕が?ゲイのあんたと?飲むのか?何が楽しくて?僕の頭の中は疑問だらけだった。「そんな嫌な…

  • シアワセニナロウ 5

    俺はゲイだ。ゲイバーで勤め出したのは男性を好きだと気がついてすぐからだから大学生の時だった。自分がゲイだと知ってどうしていいかわからずフラフラと街を彷徨い、バ…

  • シアワセニナロウ 4

    僕はユノが泣きながら代行車のところに来たから驚いた。驚いてなんて声をかけていかわからなくなったくらいだった。「あ………、」「バンビさん……ごめん俺、今日涙腺が…

  • 私のキャラ!?成分タイプ診断

       なんだこれ(笑)そうなのかな。 にほんブログ村

  • シアワセニナロウ 3

    「ありがとうございました。」ユノは又丁寧に僕に頭を下げた。結局ユノに凭れる様に寝てしまった男。ユノのマンションに着くとユノは男を起こさない様にそっと離れる。そ…

  • 改めまして。

    こんにちは改めましてひなと申します。はじめまして。ブログを書き始めて一ヶ月がたちました。一ヶ月でお話は4つしか投稿してないですなんてのろまで亀な私。(このフレ…

  • シアワセニナロウ 2

    車中で仮眠を取っていた僕は無線で聞こえてくる声にリクライニングを起こして、耳を傾ける。「店は⚪⚪町のバニーだ。30分後の待ち合わせだから急いで向かってくれ。」…

  • シアワセニナロウ 1

    僕は普通のサラリーマン。奥さんがいて子供がいて。ペットもいる。幸せな家庭を築いていた。それは極々普通の。幸せだっただろう。でも不満なんてなかったし、寧ろそれが…

  • アップルパイ 2

    「ユノ。大丈夫。」「………うん。」 震えるユノの手を。僕はぎゅっと握った。  あの頃のユノの気高さはもうない。  ユノは光を無くした太陽の様だった。  歳をと…

  • アップルパイ 1

    甘酸っぱいアップルパイみたいな恋をした。        それはまだ僕が事務所に入ったばかりで、友達もいなかった時の話。あなたは僕に手を差し出してこう言った。「…

  • 初めまして

    はじめまして、ひなと申します。 私は東方神起が大好きです。そしてミンホを信じて止みません(笑) 2人の甘酸っぱいアップルパイみたいな恋の妄想をお話にしてみたい…

ブログリーダー」を活用して、ひなさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ひなさん
ブログタイトル
アップルパイ
フォロー
アップルパイ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用