chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 深掘りミュークルみっくす!「恋の決着」

    15話で初登場して以来、結果的に物語のゲームチェンジャーとして機能した森村さん。20話での表舞台からの退場は唐突なものに思えたし、その後杉山ファンクラ部の活動にいそしむ姿に何かもやもやしたものを感じていた。それは森村さんが自分の意志というより、周り(特に親友のミカちゃん)に振り回されただけのように見えたからだろう。想いの決着それをよそに32話でゆめちゃんが48話で杉山ファンクラ部の押尾部長が杉山先輩に対する届かなかった想いに自分で決着(注)をつけた。想いは届かなくとも推しを続ける押尾部長の姿に森村さんが何かを感じ取ったとしても不思議ではない。「みっくす!」15話でその森村さんへの思わせぶりな描写が入った。それは何を意味するのか?その答えは後の19話で示されることとなる。まいらちゃんやことこ先輩を加える作劇...深掘りミュークルみっくす!「恋の決着」

  • 深掘りミュークルみっくす!「恋の始まり」

    総括でも指摘したように「ミュークルドリーミーみっくす!」第1クール最大の問題点は「二組の幼なじみの物語」という軸となる物語が失われても、新要素がその代替になれなかったことだ。アッキーやアクムーは主体とならず、ちあちゃんのお世話、みんなのユメシンクロ、新アイテムにチアふる☆タイムもメインにはなりえない。結局はゆに達が泥をかぶり、軸が失われたまま今までの繰り返しをやらざるを得なかった。「みっくす!」14話におけるアッキーの「きゅーーーーん」はその場限りのもので終わらてしまえばそこまでだった。だが17話でアッキーが自分の想いを自覚して「杉山亮仁の物語」が本格的に始まった。ボスの想いを知ったゆに達はアクムーの思惑から離れて動き始め、杉山遼仁、今井律が兄、友人として腑抜けと化したアッキーを心配する協力者としての立ち...深掘りミュークルみっくす!「恋の始まり」

  • シン・ウルトラマン

    タイトル通り、見てきました。2週目とはいえ、日曜の昼でやはり話題作なのでなかなかの混みよう。あまり周りを見回す事はしなかったけど家族連れの人は少なかったように見えた。新しい「日々是雑感」の仕様で今までのネタバレ対策は使えなさそうなので少し気を使っていこうと思っとります。まず言いたいのはこれは「シン・ゴジラ」の流れを汲んだ映画であって、子供向けに作られた「ヒーローとしての」ウルトラマンとは考え方が根本的に異なるという事。だからどうしても政治的な話や理屈っぽい会話劇が多くなる。「シン・ゴジラ」の時にも思った事だけど、特に政治家とかが紋切り型でキャラクターの薄さを感じてしまうのはすごく気になった部分。その上でエピソードのぶつ切りなもんだから「総集編映画」という意見があるのももっともな話だと思う。もう一か所気になった部...シン・ウルトラマン

  • 深掘りミュークルみっくす!「いっちー&なる」

    「ミュークルドリーミーみっくす!」を深掘りするにあたって、アニメ振り返り+実写バラエティ(いわゆる「いちなる回」)の事について触れなきゃいけない。こういう形態をとったのには様々な事情があったとは推察できるが、それについて全く外部の人間が勝手な憶測を垂れ流すのはおこがましい。そして既に存在してしまったものについてその是非を問うのは無意味でしかない。だからここでは「いちなる回」が番組としてどういう位置づけにあったのかを考え、それについて深掘りしていく。番組構成当初はAパートにアニメ振り返り、Bパートに実写バラエティという番組構成をとった。慣れてきたことで一番先に気になったのがこの番組構成だった。この構成だと各パートのつながりを欠き、二つの番組が並列しているように映る。その上で雑多なコーナーを抱えるBパートはどうして...深掘りミュークルみっくす!「いっちー&なる」

  • 一部記事削除&リンク修正

    タイトル通り、「アクセスワード解析+アフェリエイト」など一部記事を削除。気が付いた部分のリンク修正を行いました。今後もちょこちょこと気が付いたところを修正していきたいと思います。一部記事削除&リンク修正

  • 深掘りミュークルみっくす!「南川朝陽」

    これから「深掘りミュークルみっくす!」と題して、「ミュークルドリーミー」「ミュークルドリーミーみっくす!」を深掘りしていこうと思う。その最初を飾るのはやはり朝陽君の話しかない。参照記事:ミュークルドリーミーキャラクター紹介第5回「南川朝陽」南川朝陽の革新性19話でれいくんが朝陽君の元に落ちてきて、25話でチームに合流したことは多くの人たちから驚きをもって迎えられた。一方的に助けるだけの白馬の王子様でも足手まといでもましてや性別をただのネタにしただけの男の娘でもない普通の男の子がチームに加わり、同じ立場に立つなんてのは女の子向けアニメとしてはあまり覚えがない。ただユメシンクロできるのはゆめちゃんだけというミュークルドリーミーの特性上、その革新性を十分発揮できたとは言えなかった。「みっくす!」5話でみんなと同じよう...深掘りミュークルみっくす!「南川朝陽」

  • 新規移転再始動

    サイト移転完了しました。移転しましたが、今までの方針を変更するつもりはないので今後ともよろしくお願いいたします。新規移転再始動

  • ミュークルドリーミー みっくす!総括

    前回で実質的な最終話を終わらせて、余った一話でほぼ全編総集編をやるというある意味前代未聞な最終回。この「みっくす!」自体が急ごしらえ感があったので仕方ないというか、これもまたミュークルらしいというべきか。とはいえアニメといちなる回をきちんとリンクさせた事だけでもこの最終話をやった意味があったと思う。というわけで今回の総括はクールごとに分けてのものにしていこうと思う。試行錯誤の第1クールこの第1クールにおいてはいろいろな新要素を投入していても「ミュークルドリーミーみっくす!」という(アニメではなく)番組をどうしていきたいのか見えないまま進んでいた感が強かった。だからどうしてもこの第1クールのエピソードは低調感が否めず、2期特有の「終わったアニメを無理やり続けた」という感覚を持たざるを得なかった。元より「二組の幼な...ミュークルドリーミーみっくす!総括

  • 2022新年あいさつ

    明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。ここの方針としてはまず延び延びになっている「ミュークルドリーミー」の特集記事の進行から。3月末にアニメが終わろうが、諦めずに続けていきますよ。その後の事はいつも通りかな。2022新年あいさつ

  • ミュークルドリーミー エピソード紹介 第28話「まいらマイラブ♡」

    【まいらちゃん】このエピソードではまいらちゃん自身よりもそれを周りがそれをどうとらえたのかいうのが重要になってくる。これはカミングアウトした時もお母さんが亡くなっている事を告げた時も夢の世界でも共通している。【ぺこ】もう一つ注目したいのは「お母さんが亡くなっている」という話を聞いて以降、ぺこがお笑いおちゃらけほとんどを封印していることだ。ここまでもぺこが場のトーンを決めているシーンは少なくない。そのぺこがお笑いちゃらけを封印したことでこのエピソードのトーンは他のエピソードとは異質なものになる。そしてまいらちゃんの夢からゆに達を追い出す場面にもぺこはいない。そこまでの積み重ねをもって物語はクライマックスへと向かう。【ぺことまいらのユメシンクロ】ゆめちゃん達がまいらちゃんの夢から去り、まいらちゃんたちが帰宅するとそ...ミュークルドリーミーエピソード紹介第28話「まいらマイラブ♡」

  • ミュークルドリーミー エピソード紹介「概略(26~48話)」

    26話で後半への材料はほぼ出そろった。後はこの材料をいかに料理するかだ。では後半戦の大まかな流れを見ていこうと思う。【27~30話:INTERMISSION】とはいえいきなり本筋がはじまるわけじゃない。この4エピソードは大きく二つに分けられる。一つは誰をメインに置くという事の無いお祭り回。(27、29)もう一つはゆめちゃん(というか二組の幼なじみ)以外のキャラをメインに据えた回。(28、30)お祭り回ではお空の上のお城に行ったり、歌ったりととにかく大騒ぎだ。まいらちゃんやことこ先輩をメインに据えた回ではそれぞれキャラを深掘りしていく。この中から各所で「神回」と絶賛された28話を次に取り上げたいと思う。【31~47話:幼なじみの物語】31~33話のデートと誕生日をめぐる三部作から後半戦は本格的にスタートする。物語...ミュークルドリーミーエピソード紹介「概略(26~48話)」

  • ミュークルドリーミー エピソード紹介 第26話「幼なじみにはわかるの?」

    【前置き】ゆにが杉山先輩の事を”おやびん”と呼んだり、その”おやびん”の学力が塾でさえも一番でなかったり(注)、両親が初登場してその発言と開かずの間から杉山家にはここにいない家族がいる事が明らかになったりと杉山先輩について多くの事実が提示される。他にも「みっくす」の第1話(注2)で被害に遭うまいらちゃんの仕事仲間ナオミちゃんの初登場などとにかくいろいろな事がてんこ盛りだ。これらを全て【あらすじ】という形で取り込もうとすれば、とんでもない長さになることは容易に想像できる。もとより【あらすじ】のせいで記事が無駄に長くなってしまっているので、省略というか別に要らないだろうと判断した。ここでは本筋ともいうべき「二組の幼なじみの物語」を中心に追いかけていく。【百合先輩】オープニングにも登場している割にはほとんど目立ってこ...ミュークルドリーミーエピソード紹介第26話「幼なじみにはわかるの?」

  • ミュークルドリーミー エピソード紹介 第20話「ボンジュール!れいくん」

    【あらすじ】合宿から帰宅した直後、空から落ちてきた白いぬいぐるみを拾った朝陽君。その傍らには合宿中に渡せなかったゆめちゃんへの誕生日プレゼントが置かれています。一方のゆめちゃんも合宿中に森村さんの朝陽君への告白場面を目撃してしまった事で、もやもやを抱えたまま夏休みのラストスパートを迎えることとなります。そんな森村さんですが、告白にOKをもらったと思い込んでお弁当まで作ってきてます。しかし、OKしたつもりのない朝陽君にはその意味が分かりません。森村さんの親友のミカちゃんに選択を迫られた挙句に結局、朝陽君は「付き合うつもりはない」と告げます。これによってある一つの恋は終わりました。そんな感じでぐったり疲れ果てた朝陽君は夢を見ます。そこにはミラクルドリーミー王国の女王を名乗る女性がいました。そしてその傍らの拾った白い...ミュークルドリーミーエピソード紹介第20話「ボンジュール!れいくん」

  • ミュークルドリーミー エピソード紹介 第17話「恐怖のプチトマトマン」

    【あらすじ】夏、トマトの旬な季節。そんな夏休みの日、ゆめちゃんはプチトマトマンと名乗る存在が「おなかがすいているなら僕を食べればいい」と迫ってくる夢を見ます。それはトマトが嫌いなゆめちゃんにとっては悪夢に他なりません。学校から帰ってみると、さまざまなプチトマトを使った料理が並んでいます。それはみゅーちゃんが初めて口にして以来、大好きになったプチトマトをゆめちゃんにも何とか好きになって欲しいと頑張った成果でした。ですがゆめちゃんにとってそれはさらなる圧にすぎません。その後にさらにパワーアップしたプチトマトの夢を見てしまって、「こんな夢を見たのはみゅーちゃんのせいだ!」と憤るゆめちゃん。みゅーちゃんはせっかくの努力を否定され、二人はケンカを始めてしまいます。それを見かけたゆにはお手製のゆにっちアビスをゆめちゃんの夢...ミュークルドリーミーエピソード紹介第17話「恐怖のプチトマトマン」

  • ミュークルドリーミー エピソード紹介 第15話「ドキドキ花火大会」

    【あらすじ】夏休みを迎え、ゆめちゃんたちは花火大会の話題で持ちきりです。わかばちゃんは翔平君を誘ってOKをもらえたそうです。ゆめちゃんは海辺の花火を初めて見るというときわちゃんをはじめ、みんなで行く事にします。去年着ていた浴衣は小さくなっていましたが、まいらちゃんの知り合いのスタイリストさんに浴衣を提供してもらえることになりました。隣のクラスで女子テニス部の森村さんは朝陽君を花火大会に誘うのですが、朝陽君はその日用事があるからとその誘いを断ってしまいます。そして花火大会当日、思ったより早く用事が済んだ朝陽君は花火大会へ向かうゆめちゃんに出くわし、成り行きで一緒に花火大会に行く事になります。花火大会の出店を楽しむゆめちゃんたちでしたが、そこでゆめちゃんは二人で歩く杉山先輩と百合先輩を目撃します。そして森村さんは朝...ミュークルドリーミーエピソード紹介第15話「ドキドキ花火大会」

ブログリーダー」を活用して、UZI99さんをフォローしませんか?

ハンドル名
UZI99さん
ブログタイトル
日々是雑感
フォロー
日々是雑感

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用