chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
齋藤@転職と人事のプロ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2022/03/07

1件〜100件

  • ビズリーチの料金と無料で使う方法を人事プロが解説

    今回のテーマは「ビズリーチの料金と、費用を抑えて使う方法」である。結論から申し上げると「ビズリーチの料金は月額3,278円(年収750万円未満の場合)、または5,478円(年収750万円以上の場合)である。ただし、無料で使う方法もあるため本文中で解説していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、ビズリーチの料金だけでなく、その料金を支払ってても使うべき人の条件まで分かり、最もコスパよくビズリーチを使うことが出来るようになるだろう。

  • ビズリーチの2ch(5ch)の評判をプロが調査・解説

    今回のテーマは「ビズリーチの2ch(5ch)における評判」である。結論から申し上げると「忖度のないメディアである2ch(5ch)では、ビズリーチに関する良い評判も悪い評判もほぼ真実であった。紹介したうえで、プロとして補足する」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、辛口の2ちゃんねらー(5ちゃんねらー)がビズリーチをどう評価しているのかが分かり、転職活動に使うべきサービスなのかどうかの判断が容易になるだろう。

  • ビズリーチに登録できる人の条件とビズリーチの審査基準について人事プロが解説

    今回のテーマは「ビズリーチに登録できる人の条件とビズリーチの審査基準」である。結論から申し上げると「ビズリーチに登録できる人の条件は確かに非公開だが、実際の合否例や人材業界の常識から推測は出来る。本記事では、年代別に『ビズリーチに登録できる人の条件』を解説していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、ビズリーチに登録できる人の条件が分かり、安心してビズリーチに登録することが出来るようになるだろう。

  • ビズリーチを無料で使う4つの方法を人事プロが解説

    今回のテーマは「ビズリーチを無料で使う方法」である。結論から申し上げると「ビズリーチは求職者にとって有料の、珍しい転職サイトである。とはいえ無料で使う方法も4つほどあるため、本記事にてすべて解説していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、ビズリーチを無料で利用する方法が分かり、無駄な出費を抑えてコスパの良い転職活動が出来るようになるだろう。

  • JACリクルートメントで年収アップ出来る3つの理由

    今回のテーマは「JACリクルートメントを使うと年収アップ出来る理由」である。結論から申し上げると「JACリクルートメントは外資系企業やミドル~ハイクラスの求人に強く、さらに年収交渉にも長けているため、他のエージェントと比較して年収アップにつながりやすい」という内容になっている。この記事を読むことでJACリクルートメントを使うと年収アップにつながりやすい理由が分かり、実際にJACリクルートメントを利用して年収を上げることが出来るようになるだろう。

  • JACリクルートメントの評判を人事プロが解説

    今回のテーマは「JACリクルートメントの評判」である。結論から申し上げると「JACリクルートメントの評判は、①他との比較、②2ch(5ch)の評判、③Twitterの評判、④プロの評価、のどの観点から見ても非常に良いと言える。ただし弱点もあり、使うべきでない人もいるため、本文中で網羅的に解説していく」という内容になっている。この記事を読むことで、多面的な視点からJACリクルートメントの評判が分かり、自分自身がJACリクルートメントを利用すべきかどうか必ず結論が出せるだろう。

  • JACはおすすめか?人事プロがJACリクルートメントをおすすめする10の理由

    今回のテーマは「JACはプロの目から見てもおすすめかどうか」である。結論から申し上げると「JACリクルートメントはプロの目から見てもおすすめである。JACは多くの強みを持つ転職エージェントであるため、おすすめ出来る理由も多数ある。全て本文中で解説していく」という内容になっている。この記事を読むことで、人事・転職のプロがJACリクルートメントを推薦する理由が分かり、自分自身がJACリクルートメントを利用すべきかどうか結論が出せるようになるだろう。

  • 【比較】JACリクルートメントを人事プロが徹底比較した結果

    今回のテーマは「他の転職サイト・転職エージェントと比較した際のJACリクルートメントの特徴や、おすすめできるのかどうか」である。結論から申し上げると「JACリクルートメントは他の転職サイトやエージェントと比較し、プロの目で見てもおすすめ出来る数少ないエージェントである。本記事では実際の比較表や、他と比較した際の特徴等を含めて詳しく解説していく」という内容になっている。この記事を読むことで他の転職サイト・転職エージェントとJACリクルートメントを比較した際の特徴が分かり、自身がJACリクルートメントを使うべきかどうかがはっきりするだろう。

  • JACリクルートメントの強み4つを人事プロが解説

    今回のテーマは「JACリクルートメントの強み」である。結論から申し上げると「JACリクルートメントの強みは、①外資系企業に強いこと、②両面型エージェントであること、③非公開求人の量、④転職エージェントの質、の4つである。 それぞれ本文中にて解説していく」という内容になっている。この記事を読むことで、JACリクルートメントの強みが分かり、JACを利用すべきかどうかを判断出来るようになるとともに、JACのエージェントを徹底活用出来るようになるだろう。

  • 転職エージェントって実際どうなの?機能とメリット、デメリットをプロが解説

    今回のテーマは「転職エージェントは実際どうなのか、その機能やメリット、デメリットについて」である。結論から申し上げると「転職エージェントは転職活動に絶対必須というわけではないが、非公開求人を含めて様々な求人を提案してくれるありがたい存在である。特に、優秀な転職エージェントであれば選考対策や給料交渉でも力を発揮してくれるため、良いエージェントを見つけることは転職成功のための最重要ポイントである」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、転職エージェントが実際どのような存在なのかが分かり、最高のパートナーと共に転職活動を勝ち抜けるようになるだろう。

  • 勢いで退職するリスクと勢いで退職してしまった後の対処法を人事プロが解説

    今回のテーマは「勢いで退職するリスクと勢いで退職してしまった後の対処法」である。結論から申し上げると「勢いで退職してしまうことは、可能な限り避けた方が良い。ただし、既に勢いで辞めてしまった場合であっても対処法はあるので、本文中にて網羅的に解説していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、勢いで退職してしまった場合のリスクと対処法が分かり、勢いで退職することを未然に防止する、または勢いで退職してしまった後に挽回することが出来るようになるだろう。

  • 転職サイトへの登録がバレることはないと人事が断言する理由3つ

    今回のテーマは「転職サイトへの登録がバレるかどうか」である。結論から申し上げると「転職サイトへの登録がバレることはほぼない。万が一あったとしても、現在の一般的な転職に対する考え方からすると、全く問題はない。バレることがない理由と、万が一バレても問題ない理由の2つを本文中で説明していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、転職サイトへの登録がバレることはないことが分かり、安心して転職活動を開始または継続出来るだろう。

  • 職場で自分にだけ冷たい人の理由と対策を人事プロが解説

    今回のテーマは「職場で自分にだけ冷たい人の理由と対策」である。結論から申し上げると「職場で自分にだけ冷たい人がいた場合、基本的に自分側で改善する必要はない。とはいえ、このままの状態は嫌だという人も多いと思うので、改善以外も含めた対策について解説していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、職場で自分にだけ冷たい人がいる場合の網羅的な対策が分かり、職場において今よりも気分よく過ごせるようになるだろう。

  • 転職で不採用からの逆転はあるのか?人事プロが回答

    今回のテーマは「転職で不採用からの逆転はあるのか」である。結論から申し上げると「転職で不採用からの逆転はほぼないが、ゼロではない。ただしまともな企業では起きないし、起きる確率も非常に低いので、逆転を狙うよりは素直に別の企業を受ける方が良い」という内容になっている。この記事を読むことで、転職で不採用からの逆転を狙う事の難しさが分かり、気持ちを切り替えて別の第一志望を探しに行くことが出来るようになるだろう。

  • 転職で面接に落ちる人の特徴を人事面接官が解説

    今回のテーマは「転職で面接に落ちる人の特徴」である。結論から申し上げると「この質問を受けて思い返してみたが、面接で落ちる人の特徴は確かに5つほどあるため、本文中で網羅的に解説していく」という内容になっている。この記事を読むことで、面接に落ちる人の特徴が分かり、その特徴に当てはまると面接官から思われることを避けることが出来るだろう。

  • 転職面接における他社の選考状況の理想的回答を人事面接官が解説

    今回のテーマは「転職面接における他社の選考状況の理想的回答」である。結論から申し上げると「転職面接において他社の選考状況を聞かれた際には『○○社(同レベルの同業他社)を受けており内定をいただいている』と答えるのが理想的な回答である。その理由や回答のポイント、うまく回答した際のメリットまで含め、本文中で網羅的に解説していく」という内容になっている。この記事を読むことで、転職面接において他社の選考状況を聞かれた際の回答の仕方が分かり、この質問をされた際に自分に有利な展開に持っていくことが出来るようになるだろう。

  • 転職サイトに登録だけでもしておくことの、とてつもないメリット4つ

    今回のテーマは「転職サイトに登録だけすることのメリット」である。結論から申し上げると「転職サイトに登録だけしておくことは全く問題ないし、市場価値が分かること以外にも複数のメリットがあるので、おすすめである。本記事ではそのメリットを網羅的に紹介していく」という内容になっている。この記事を読むことで、転職サイトに登録だけでもしておくことのメリットが分かり、転職活動をしない場合でも受け取れるメリットを享受し、転職活動をする場合には効率的かつ効果的に進められるようになるだろう。

  • 新卒からずっと同じ会社だとヤバいのか?メリットとデメリットを人事プロが解説

    今回のテーマは「新卒からずっと同じ会社にいることのメリットとデメリット」である。結論から申し上げると「新卒からずっと同じ会社にいることは、ヤバいとまではいかないがリスクが高くなってきている。メリットもあるがデメリットの方が多いため、双方を網羅的に紹介していく」という内容になっている。この記事を読むことで、新卒からずっと同じ会社にいることのメリットとデメリットが分かり、今後のキャリアプランを立てやすくなるだろう。

  • 仕事が暇で辞めたい!仕事が暇で苦痛な理由とその対処法を人事プロが解説

    今回のテーマは「仕事が暇で辞めたい(苦痛な)理由とその対処法」である。結論から申し上げると「仕事が暇で苦痛を感じる場合に辞めるべきかどうかは、年齢による。本記事では、辞めること以外の対処法を含めて網羅的に解説する」という内容になっている。この記事を読むことで、仕事が暇で辞めたい場合に実際に退職して良いかどうかの判断が出来るようになるとともに、暇なことへの適切な対処が出来るようになるだろう。

  • 転職が決断できない!その理由と決断のポイントを人事プロが解説

    今回のテーマは「転職が決断できない理由と決断のポイント(決め手)」である。結論から申し上げると「転職が決断できない理由は4つほどあるため、転職を決断する際に考えるべきポイントを踏まえて決めるべきである。ただし、どうしても決まらない場合には転職しないという決断をする勇気も必要となる」という内容になっている。この記事を読むことで転職が決断できない場合の対処法が分かり、後悔しない転職をする、または転職しない決断を下す勇気を持つことが出来るだろう。

  • 転職エージェントの担当者変更を穏便に済ますコツを人事プロが解説

    今回のテーマは「転職エージェントの担当者変更を穏便に済ますコツ」である。結論から申し上げると「転職エージェントの担当者変更を穏便に済ますコツは、転職エージェントの公式ウェブサイトのお問い合わせページから伝えることである。ただし、それ以外にも知っておくべきことがいくつかあるので、網羅的に解説していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、転職エージェントの担当者変更を穏便に済ますコツがわかり、新たな転職エージェントをパートナーとして転職活動をよりスムーズに進められるようになるだろう。

  • 有料の転職エージェントの具体例とメリット・デメリットを人事プロが解説

    今回のテーマは「有料の転職エージェントの具体例とメリット・デメリット」である。結論から申し上げると「有料の転職エージェントは存在しないが、有料の転職サイトとしてはビズリーチが存在する。有料であるがゆえのメリット・デメリットがあるため、本文中にて解説していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、有料の転職エージェントの具体例とそのメリット・デメリットだけでなく「有料の転職エージェントを使うべき人」まで分かり、自身が使うべきかどうかを判断できるようになるだろう。

  • 転職エージェントが無駄だと感じる理由と対処法を人事プロが解説

    今回のテーマは「転職エージェントが無駄だと感じる理由と対処法」である。結論から申し上げると「転職エージェント自体が無駄だということは少なく、ほとんどが担当したエージェント個人の無能さによるものである。ただし転職エージェント自体のデメリットもあるため、それらを紹介した上で対処法をお伝えしていく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、転職エージェント自体が無駄なのではないかという誤解を解き、転職エージェントを最大限効果的に利用して転職活動を進めることが出来るようになるだろう。

  • 転職エージェントが使えないと感じる理由と対処法を人事プロが解説

    今回のテーマは「転職エージェントが使えないと感じる理由と対処法」である。結論から申し上げると「転職エージェントが使えないと感じる理由は、求人紹介の少なさや連絡の遅さなど複数存在する。これらへの対処法も企業への直接応募や担当の交代など多岐にわたるため、本文中で網羅的に紹介していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、転職エージェントが使えないと感じる理由と対処法が分かり、最高のエージェントをパートナーとして転職活動を再スタート出来るようになるだろう。

  • 面接結果が遅い場合は80%落ちている!その理由を人事面接官が本音で解説

    今回のテーマは「面接結果が遅い場合の理由と対策」である。結論から申し上げると「人事経験に基づく本音を言えば、面接の結果連絡が遅い場合には80%程度が落ちている。本記事ではその理由はもちろん、残り20%の理由やどのくらいから遅いと言えるか等についても解説していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、面接の結果連絡が遅い理由や遅いと言える基準が分かり、必要に応じて結果を待ったり迅速に気持ちを切り替えたりすることが出来るようになるだろう。

  • 仕事の割り振りがおかしい7つの理由と6つの対処法を人事プロが解説

    今回のテーマは「仕事の割り振りがおかしい理由とその対処法」である。結論から申し上げると「仕事の割り振りがおかしいと感じる場合、無能な上司や特殊なメンバーの存在、自身の視野等の様々な要素に起因する。それに伴い対処法も様々なので、網羅的に解説していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、仕事の割り振りがおかしい理由とその対処法が分かり、不公平な仕事の割り振りを現在より改善することが出来るようになるだろう。

  • 前の職場に戻りたい理由とその方法を人事プロが解説

    今回のテーマは「前の職場に戻りたい理由とその方法」である。結論から申し上げると「転職にせよ異動にせよ、前の職場に戻りたい理由とその方法はそれぞれ5つずつ存在するため、 本文中にて解説していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、前の職場に戻る方法が分かり、前の職場に戻ることが出来る可能性を最大限に高めることが出来るだろう。

  • ボーナス(賞与)が少ない6つの原因、6つの対処法を人事プロが解説

    今回のテーマは「ボーナスが少ない原因と対処法」である。結論から申し上げると「ボーナスが決まる基本的なメカニズムを理解すれば、ボーナスが少ない原因が分かる。この記事を読むことで、ボーナスが少ない原因を理解して適切な対処法を取ることができ、ボーナスを増額するための行動に着手することが出来るようになるだろう。その原因によって対処法が6つほどあるので、本文中で解説していく」という内容の記事になっている。

  • スペシャリストかゼネラリストか。ゼネラリストを選ぶべき唯一の場合を人事プロが解説

    今回のテーマは「スペシャリストとゼネラリスト(ジェネラリスト)ではどちらが良いか」である。結論から申し上げると「現在または今後のビジネスパーソンを取り巻く環境下では、基本的にはスペシャリストがおすすめである。ただしゼネラリストを選ぶべきケースもあるので解説していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、スペシャリストとゼネラリストの違いや、今後そのどちらを目指していくべきかが分かり、キャリアの方向性を描くことができるようになるだろう。

  • 早く転職したい!早く転職するたった一つの方法を人事プロが解説

    今回のテーマは「一刻も早く転職したい方向けの、早く転職する方法」である。結論から申し上げると「早く転職したいのであれば、そのスタートラインとも言える複数の転職サイト・エージェントへの登録を今すぐ済ませることである。それを前提としていくつか工夫できるポイントもあるため、網羅的にお伝えしていく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、早く転職するための必須条件が分かり、実際に転職活動を迅速に完了させることが出来るだろう。

  • 仕事量と給料が見合わない原因と対策を人事プロが解説

    今回のテーマは「仕事量と給料が見合わない原因とその対策」である。結論から申し上げると「仕事量と給料が見合わない原因は、仕事量が給料に繋がる構造のどこかに不具合が生じているためである。本記事にてその不具合の種類と対策について解説していく」という内容になっている。この記事を読むことで仕事量と給料が見合っていない原因を知ることができ、それを適切なバランスに改善することができるようになるだろう。

  • IT企業に入るには?転職でIT企業に入る4つの方法を人事プロが解説

    今回のテーマは「転職でIT企業に入るにはどうしたらよいか」である。結論から申し上げると「IT業界未経験・IT系職種未経験からでも、転職でIT企業に入ることはできる。その方法は大きく分けて4つあるので、本文中で解説していく」という内容になっている。この記事を読むことでIT企業に入るにはどうしたらいいかが分かり、 実際に(希望に応じて)IT企業に転職することができるようになるだろう。

  • 転職活動がうまくいかない7つの理由と7つの対処法を人事プロが解説

    今回のテーマは「転職活動がうまくいかない場合の理由(原因)と対処法」である。結論から申し上げると「転職活動がうまくいかない理由としては高望みや年齢、対策不足等が存在する。また、対処法に関しても条件の見直しや選考対策、転職エージェントへの相談等が存在する。これらについて、全て本文中で解説していく」という内容になっている。この記事を読むことで転職活動がうまくいっていない原因とその対処法がわかり、転職活動の結果を改善させるための方向性が見えてくるだろう。

  • 不本意な異動が起きる理由とその対処方法を人事プロが解説

    今回のテーマは「不本意な異動が起きる理由とその対処方法」である。結論から申し上げると「不本意な異動が起きる理由もその対処方法も多様である。特に対処方法は事前の予防策と事後の対処法に分かれるため、双方解説していく」という内容になっている。この記事を読むことで不本意な異動が起こる理由とその予防法を知ることができ、不本意な異動を最大限避けることができるようになるだろう。また、事後の対処法を知ることで、不本意な異動が既に起こってしまっている場合も適切に対処することができるようになるだろう。

  • キャリアアップするには?キャリアアップに必要な全プロセスを人事プロが解説

    今回のテーマは「キャリアアップするにはどうしたらよいか」である。結論から申し上げると「キャリアアップするためには、①キャリアプランを作る、②キャリアアップのテクニックを知る、③実際に動き始める、の3つのプロセスが必要である。その具体的な方法について、本文中で網羅的に解説していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、キャリアアップするには具体的にどうしたらよいのかが分かり、目指したい目的(キャリアゴール)に向かって第一歩を踏み出せるようになるだろう。

  • 転職経験者の割合は56.6%。ただし今後は80%を超えていく見込みである理由

    今回のテーマは「転職経験者の割合と今後の予測、またその理由」である。結論から申し上げると「転職経験者の割合は現在56.6%だが、今後は80%を超えていく見込みである。数値の根拠と、転職者が増加している理由について解説していく」という内容になっている。本記事は、転職成功率の上昇には直接結びつかないコラム記事である。ただし、転職経験者の割合が増えている背景を知ることにより、今後多くのビジネスパーソンは転職せずには生き残れないということが現実感をもって理解できるというメリットはある。

  • 仕事に興味が持てない理由と、おすすめの対処法を人事プロが解説

    今回のテーマは「仕事に興味が持てない理由と、おすすめの対処法」である。結論から申し上げると「仕事に興味が持てない理由およびその対処方法は多岐に渡るので、本文中で解説していく」という内容になっている。この記事を読むことで自分が仕事に興味が持てない理由を再確認することができ、その理由に対して適切に対処できるようになるだろう。

  • 転職先の決め方に悩むケースとおすすめの決め方を人事プロが解説

    今回のテーマは「転職先の決め方に悩むケースとおすすめの決め方」である。結論から申し上げると「転職先を決める際、考慮すべきポイントや決め方はいくつかある。おすすめは『悩むのであれば年収で決める』ことだが、単純に年収だけで決めろということではないので解説していく」という内容になっている。この記事を読むことで転職先をどう決めれば良いかがわかり、後悔しない転職をすることができるようになるだろう。

  • 転職しない人は無能か?転職しない人の5つのタイプを人事プロが解説

    今回のテーマは「転職しない人は無能なのか」である。結論から申し上げると「無能な人は転職しないことが多いのは確かだが、転職しないが無能ではない、という人も多い。本記事では転職しない人のタイプを網羅的に紹介していく」という内容になっている。今回の記事はノウハウを伝えるものではなく、コラム記事であり、転職の成功率を直接向上させることはできないかと思う。一方で、社内にいる「転職しない人」に対する理解が深まることは約束できる。

  • 非公開求人が気になる!非公開の理由や非公開求人が豊富な転職エージェントをプロが解説

    今回のテーマは「非公開求人」である。結論から申し上げると「求人の半数は非公開求人であるため、非公開求人は決して珍しいものではない。ただし、特にミドルクラス以上の方にはメリットが大きいものであるため、その定義や利用方法、特徴、向いている人、等を網羅的に解説する」という内容になっている。この記事を読むことで非公開求人に関する全てが分かり、非公開求人の中から望む求人を探し当てることが出来るようになるだろう。

  • テレワーク出来る仕事を会社・業種・職種別に人事プロが徹底解説

    今回のテーマは「テレワークできる仕事と、その仕事に就く方法」である。結論から申し上げると「 フリーランス・副業は基本的にテレワークでできることが多いが、会社員だとそうはいかない。会社員の場合は会社が認めないとテレワークできないことから、テレワークできる会社・テレワークしやすい業種・テレワークしやすい職種の全てを紹介した上で、それらに就く方法を解説する」という内容になっている。この記事を読むことで、テレワークできる仕事を会社軸・業種軸・職種軸の多方面から知ることができ、希望に応じてテレワークできる仕事に就くことができるだろう。

  • 転職活動がしんどい4つの理由と6つの対策を人事プロが解説

    今回のテーマは「転職活動がしんどい理由とその対策」である。結論から申し上げると「不採用が続く、時間がない等、転職活動がしんどい理由はいくつかある。その理由に加えて、対処法に至るまで網羅的に解説していく」という内容になっている。この記事を読むことで、転職活動がしんどい理由が再確認でき、その理由に応じた適切な対処法をとることで、成功するまで転職活動を継続できるようになるだろう。

  • 出社したくない!その4つの理由と5つの対処法をフルリモートワーク経験者の人事プロが解説

    今回のテーマは「出社したくない場合、リモートワーク(テレワーク・在宅勤務)を継続するための対処方法」である。結論から申し上げると「メリットが大きいリモートワークをやめて出社したくないと思うのは当然である。ただし対処法はあるため、出社したくない4つの理由とあわせて5つの対処法を解説していく」という内容になっている。この記事を読むことで、出社したくない場合にリモートワークを続けるための全ての方策が分かり、リモートでの在宅勤務を続けられる可能性が高まるだろう。

  • 土曜出勤がしんどい場合の対処法8つを人事プロが解説

    今回のテーマは「土曜出勤がしんどい場合の対処方法」である。結論から申し上げると「土曜出勤がしんどい原因は、自分で防げるもの、根本的なもの、気分によるもの等、様々である。本記事では、この要因全てに対する対処法を網羅的に紹介していく」という内容になっている。この記事を読むことで、土曜出勤がしんどいことへのあらゆる解決策が分かり、土曜出勤の苦痛を減らすことが出来るだろう。

  • 転職に英語力は必要?必要TOEICスコア、メリット、業種・職種別の必要性を人事プロが解説

    今回のテーマは「転職における英語力の必要性とそれによるメリット」である。結論から申し上げると「英語力があれば転職をしてもしなくても年収にして100万円~200万円程度のポジティブ・インパクトはあり、特に外資系のマネージャー以上になるのであればTOEIC800程度は必須となってくる」という記事になっている。この記事を読むことで、転職における英語力の必要レベルが正確にわかり、英語学習へのモチベーション上昇、英語のための無駄な努力の回避、外資系転職の成功率アップをはかることが出来るだろう。

  • 転職のブランク期間はヤバい?その真偽と対処法5つを人事プロが教える

    今回のテーマは「転職で履歴書のブランク期間を作ってしまうとヤバいのか、その真偽と対処法」である。結論から申し上げると「転職のブランク期間は(期間にもよるが)大きなマイナスとなり得る。ただし、ブランク期間が空いた理由(言い訳)はいくつかあるので、人事に有効な言い訳を人事自身が教えていく」という記事になっている。この記事を読むことで、履歴書のブランク期間に対して人事がどう思っているかの本音を知ることができ、ブランク期間が空いてしまった時の適切な対処法を知ることができるだろう。

  • 転職理由がネガティブだと落ちる?ネガティブもポジティブも関係ない理由を人事プロが解説

    今回のテーマは「面接における転職理由がネガティブであることの是非と対処法」である。結論から申し上げると「転職理由がポジティブかネガティブかは本質的な問題ではなく、ネガティブな理由だが合格の場合も、ポジティブな理由だが不合格の場合もある。本記事では、合否に影響する転職理由の本質と対処法を解説する」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、転職理由において満たすべき本質的条件を知り、ネガティブな転職理由でも十分に合格することが出来るようになるだろう。

  • 性格が悪い上司の特徴と対処法を人事プロが解説

    今回のテーマは「性格が悪い上司の特徴と対処法」である。結論から申し上げると「性格が悪い上司の特徴は様々だが、対処の方向性は『うまく立ち回る』『離脱する』『正面から戦う』の3つしかないため、これらの対処法を中心に解説していく」という記事になっている。この記事を読むことで、性格が悪い上司への対処法の全てが分かり、その中から適切な対処法を選択することで、今まで以上に快適な会社員生活を送ることが出来るようになるだろう。

  • 月曜日がしんどい場合の12の対処法を人事プロが解説

    今回のテーマは「月曜日がしんどい場合の対策」である。結論から申し上げると「月曜日がしんどい場合には、仕事がしんどいことに原因があることも多く、根本的な解決法をとるのがおすすめである。本記事では根本的な解決法を含めて12個の解決策を紹介していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、月曜日がしんどいことへの根本的または直接的な解決策が分かり、月曜日の出社の苦痛を減らすことが出来るだろう。

  • 人事異動の決め方や選ばれる人の6つのタイプについて人事プロが解説

    今回のテーマは「人事異動の決め方(決まり方・裏側)」である。結論から申し上げると「人事異動は会社ごとに大きく決め方が異なる一方、選ばれやすい人・異動しない人はある程度共通している。本記事では、人事異動の決め方と異動しやすい人・しにくい人の両方を解説していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、人事異動の裏側(決め方等)について熟知することができ、必要に応じて自身に対する人事異動を促進または回避しやすくなるだろう。

  • 成長したいという転職理由にはリスクあり。理由3つと改善方法を人事プロが解説

    今回のテーマは「成長したい(現職では成長できない)という転職理由について」である。結論から申し上げると「成長したいという向上心は素晴らしいのだが、実際の面接の場では高リスクな転職理由である。深掘りされることが多いので、成長の目的や、具体的な成長の方向性等を定めておく必要がある」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、「成長したい」という転職理由に潜むリスクと、それをどのようにブラッシュアップしたらよいかが分かり、面接の通過率が上がるだろう。

  • 退職届(退職願・辞表)はいつ出す?ギリギリに出すべき理由を人事プロが解説

    今回のテーマは「退職届(退職願・辞表)はいつ出すか」である。結論から申し上げると「法的には2週間前までだが、現職の就業規則に従うのがよい。ただし、退職届は撤回できないので、完全に転職が確定してから、すなわちオファーレターをもらってから出すのが肝要である」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、退職届の一般的な提出時期はもちろん、退職届に潜む危険性をも知ることで、安全な退職(転職)が出来るようになるだろう。

  • 転職で「最終面接は落ちない」は嘘!理由と唯一の対策可能ポイントを人事プロが解説

    今回のテーマは「最終面接(役員面接)は落ちないという俗説の真偽と、最終面接の対策方法」である。結論から申し上げると「最終面接であっても普通に落ちる。さらに、対策できるポイントが少ないという厄介さもある。本記事では、その数少ない対策ポイントを解説する」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、「最終面接は落ちない」という俗説に惑わされることなく万全のマインドセットで最終面接に臨むことができ、合格率を高めることが出来るだろう。

  • 転職エージェント経由か直接応募か。最適な応募方法を人事プロが解説

    今回のテーマは「転職における応募方法として、転職エージェント経由と直接応募のどちらがよいか」である。結論から申し上げると「基本は転職エージェント経由。ただし、直接応募が有利になる場合もあるため、それぞれがどういう場合に適しているのかについて解説していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、企業の公式採用サイトから応募するか転職エージェント経由で応募するかを決めることができ、転職活動の第一歩を踏み出せるようになるだろう。

  • 転職で第一志望に落ちた場合の切り替え方・対処方法をプロが解説

    今回のテーマは「転職で第一志望に落ちた場合の切り替え方・対処方法」である。結論から申し上げると「転職はタイミングと相性なので、執着せずに割り切ることが大事。割り切る方法やリカバリー方法は複数あるため、記事中で解説していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、転職の第一志望に落ちた状態からマインドセットを前向きに変え、様々な対処法を講じて理想の転職を果たせるようになるだろう。

  • 面接の手応えがわからない!本当の合格サインや手応えありでも落ちる理由をプロが解説

    今回のテーマは「面接の手応えと合否の関係」である。結論から申し上げると「面接の手応えから合否を判断するのは至難の業であり、手応えありでも落ちる、手応えなしでも受かった、等は日常茶飯事である。本記事ではそうなる理由と、唯一本当の合格サインについて解説する」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、面接の手応えに対する正しい考え方および本当の合格サインを知ることができ、面接官の反応によって一喜一憂することがなくなり、選考対策に集中できるようになるだろう。

  • 氷河期世代の転職は厳しい?就職氷河期世代の転職の基本戦略を人事プロが解説

    今回のテーマは「氷河期世代の転職」である。結論から申し上げると「前提として、就職氷河期世代の転職は厳しい。ただし、どういったキャリアを歩んできたかによって回答は異なってくるため、本記事では場合分けして基本戦略を解説する」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、就職氷河期世代の方々に対する人事からのリアルな捉え方が分かり、今後どのようにキャリアを歩めばいいかがより明確化されるだろう。

  • 人事の仕事が辛い理由と対処法を人事プロが解説

    今回のテーマは「人事の仕事が辛い理由とその対処法」である。結論から申し上げると「人事の仕事が辛いのは当たり前である(若手であれば尚更)。その理由は多岐にわたり、対処する方針も複数あるので、それぞれ解説していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、人事の仕事が辛い理由と対処法のみならず、人事に向いている人・向いていない人まで分かり、人事のままで行くべきか職種を変えるべきか判断できるようになるだろう。

  • 面接1回で内定はブラック企業?面接1回で内定になる意図と対策を人事プロが解説

    今回のテーマは「面接1回で内定オファーを出す企業側の意図と、その対処法」である。結論から申し上げると「面接1回での内定オファーは基本的には危険である。ただし入社を検討しても良い場合もあるので、その例外も含めて解説していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、面接1回で内定オファーを出す企業側の意図(理由)や、入社してもよい例外的なケースが分かり、危険な会社を避けることが出来るようになるだろう。

  • 転職活動をしたいが在職中で時間がない場合の理由と対処法を人事プロが解説

    今回のテーマは「転職活動をしたいが在職中で時間がない場合の理由と、その対処法」である。結論から申し上げると「そもそも転職活動はめんどくさくて時間がかかるものであり、特に在職中の転職活動は時間的に厳しい。その理由とおすすめの対処法を網羅的に紹介する」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、時間がない在職中であっても転職活動を開始し進捗させる方法が分かり、キャリアアップを加速させることができるだろう。

  • 軸ずらし転職とは?軸ずらし転職の意味と具体的な方法を人事プロが解説

    今回のテーマは「軸ずらし転職」である。結論から申し上げると「軸ずらし転職とは、業種もしくは職種のどちらか(の軸)を年収の高い業種もしくは年収の高い職種にずらすキャリアアップのテクニックのこと。やり方には注意点があるので、解説していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、軸ずらし転職の意味と実行方法が分かり、自身のキャリア構築に役立てることが出来るだろう。

  • 転職エージェントから連絡がこない(遅い)理由と対処法を人事プロが解説

    今回のテーマは「転職エージェントから連絡がこない(遅い)理由と対処法」である。結論から申し上げると「転職エージェントから連絡がこない(遅い)理由の多くがエージェントではなく企業の都合によるものであり、いくつかのパターンがあるので、対処法と合わせて解説する」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、転職エージェントから連絡がこない(遅い)理由と対処法が分かり、不安や焦りから解放されるだろう。

  • 両面型の転職エージェントとは?片手型(分業型)との違いやおすすめをプロが解説

    回のテーマは「両面型の転職エージェント」である。結論から申し上げると「両面型のエージェントとは、1人のエージェントが企業とも候補者(転職活動中の方)ともコミュニケーションをとるエージェントのこと。両面型のエージェントは利用価値が高いので、メリットからおすすめの両面型エージェントまで解説する」という内容になっている。この記事を読むことで、両面型のエージェントとは何かからそのメリット、具体的なおすすめまでが分かり、より深いレベルで転職エージェントを活用できるようになるだろう。

  • JACリクルートメントの転職エージェントの特徴を人事プロが解説

    今回のテーマは「転職エージェントであるJACリクルートメントの特徴」である。結論から申し上げると「JACリクルートメントは日本最大の売上高を誇る転職エージェント。非公開求人・ハイクラス・外資系・グローバル日系大企業等の強みがあり、両面型なので企業の声を直接聞けるのが大きい。本記事ではエージェントとしての特徴を網羅的に解説する」という内容になっている。この記事を読むことで、JACリクルートメントの転職エージェントとしての特徴が分かり、自分自身がJACリクルートメントを利用すべきかどうか結論が出せるようになるだろう。

  • 転職時期のおすすめは?ベストなタイミングを月・年代・景気・ライフステージの軸で解説

    今回のテーマは「転職時期としておすすめの時期やタイミング」である。結論から申し上げると「転職は時期やタイミングによって難易度が全く異なるため、時期やタイミングについて知っておくのは重要。時期やタイミングには月・年代・景気・ライフステージの軸があるため、それぞれ解説していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、いつ転職活動をすれば最も有利な条件で転職できるのかかが分かり、キャリアアップに寄与するとともに、失敗を防げるようになるだろう。

  • JACリクルートメントとリクナビNEXTは比較するのではなく複数利用すべき理由をプロが解説

    今回のテーマは「JACリクルートメントとリクナビNEXTを比較するとどちらがおすすめか」である。結論から申し上げると「JACリクルートメントとリクナビNEXTは同じ転職サービスでも形態が異なり、強みとする領域も全く異なる。補完関係にある転職サイトおよび転職エージェントであり、双方完全に無料で使えることも考えると、どちらも使うべき」ということを解説した内容の記事になっている。この記事を読むことで、JACリクルートメントとリクナビNEXTの特徴と違いが分かり、最適なサイト・エージェントを使って転職活動ができるようになるだろう。

  • 面接がすぐ終わった本音の理由を人事面接官が解説

    今回のテーマは「面接がすぐ終わった本音の理由」である。結論から申し上げると「面接がすぐ終わったことからは合格とも不合格とも確定できない。ただし、面接がすぐ終わるパターンはいくつかあり、どのパターンに該当するかによって合否をある程度は推測できる」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、面接がすぐ終わった場合の人事側(面接官側)の本音の理由が分かり、面接の合否を推測することが出来るようになるだろう。

  • JACインターナショナルの評判について人事プロが解説

    今回のテーマは「JACインターナショナルの評判」である。結論から申し上げると「JACインターナショナルは、現在は親会社JACリクルートメントによる立ち上げ期にある。あまり評判の情報自体がないフェーズなので、親会社であるJACリクルートメントと同じような評判のレベルだと思ってよい」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、JACインターナショナルとは何か、JACインターナショナルとJACリクルートメントとの違い、JACインターナショナルに登録すべき人はどんな人か等が分かり、自分がJACインターナショナルに登録すべきなのかどうかについて判断できるようになるだろう。

  • 面接すっぽかしのリスクとすっぽかした場合の挽回方法を人事プロが解説

    今回のテーマは「面接すっぽかしのリスクとすっぽかした場合の挽回方法」である。結論から申し上げると「面接すっぽかしは非常にハイリスク。いわゆるブラックリストに載せられてしまい、企業にも転職エージェントにも見放される。しかし挽回方法はあり、連絡時期別に解説する」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、面接すっぽかしのリスクとすっぽかした場合の挽回方法が分かり、すっぽかしをしてしまったことによるダメージを最大限減らすことが出来るようになるだろう。

  • 会社を辞める本音の理由と面接での転職理由は別!本音18個を人事プロが解説

    今回のテーマは「ビジネスパーソンが会社を辞める本音の理由」である。結論から申し上げると「(別の記事でも書いたが)面接等で言ってもいい転職理由は限られ、本音は言うべきでない。一方、本音の転職理由は多岐に渡るため、それぞれ解説していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、周囲のビジネスパーソンがどんな理由で会社を辞めるのかの「本音」が分かり、自分自身の内省や、周囲ですでに転職した人の転職理由の推測に役立つだろう。

  • JACリクルートメントとビズリーチは比較するのではなく複数利用すべき理由をプロが解説

    今回のテーマは「JACリクルートメントとビズリーチの比較するとどちらがおすすめか」である。結論から申し上げると「JACリクルートメントとビズリーチでは強みとする領域が全く異なる。補完関係にある転職サイトおよび転職エージェントであり、双方無料であることも考えると、双方使うべき」ということを解説した内容の記事になっている。この記事を読むことで、JACリクルートメントとビズリーチの特徴と違いが分かり、最適なサイト・エージェントを使って転職活動ができるようになるだろう。

  • コンサルを辞めたいならすぐ辞めるべき6つの理由|元戦略コンサルの人事プロが解説

    今回のテーマは「コンサル辞めたい人はすぐ辞めるべきであること及びその理由」である。結論から申し上げると「コンサルほど、辞めたいならすぐにでも辞めるべき職種もない。その理由を自身の経験や周囲のポストコンサル転職から解説する」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、コンサルを辞めることに関して自分の中での方向性を固めることができ、次の一歩を踏み出すことが出来るようになるだろう。

  • JACリクルートメントの年収は?JACの求人の年収帯、エージェントの年収の両方をプロが回答

    今回のテーマは「JACリクルートメントの年収」である。JACリクルートメントの年収に関する問いは、「JACが扱う求人の年収レンジ」と「JAC社員の年収」の2つに分かれるため、本記事ではどちらも解説する。特に前者は誤解されており、実はJACはハイクラスやミドルクラスでなくても利用できるし、利用すべきエージェントである。

  • 人事からの転職の難易度や方法について人事から他職種に2回転職したプロが解説

    今回のテーマは「人事からの転職(人事から他職種への転職)の難易度や方法について」である。結論から申し上げると「人事からの転職の難易度は高いが、筆者自身が人事から他職種に2回転職しており、方法はいくつかある。それらについて網羅的に解説する」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、人事から他職種に転職する効果的な方法が分かり、より自分らしいキャリアに踏み出すことが出来るようになるだろう。

  • JACリクルートメントは外資系に強い?外資系求人しかない?英語は必要?プロが解説

    今回のテーマは「転職エージェントJACリクルートメントの特徴、特に外資系や英語について」である。結論から申し上げると「JACリクルートメントは外資に強いが、それだけではなく日系大企業にも強い。さらなる特徴として、外資系に強いのにもかかわらず日本人エージェントばかりなので英語が出来ずとも使える」ということを解説した内容の記事になっている。この記事を読むことで、JACリクルートメントの本当の特徴が分かり、外資系転職であっても日系転職であっても、JACリクルートメントを最大限活用することが出来るようになるだろう。

  • 20代にこそビズリーチがおすすめ出来る3つの理由を人事プロが解説

    今回のテーマは「転職サイト『ビズリーチ』の20代による利用の是非やその方法」である。結論を一言で申し上げると「むしろ20代こそビズリーチを使うべき。その理由を解説する」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、ビズリーチを活用して転職先の選択肢を最大化することが出来、20代というキャリアの初期でスタートダッシュを切ることが出来るようになるだろう。

  • いい会社だけど辞めたい場合の考え方と対処法を人事プロが解説

    今回のテーマは「いい会社だけど辞めたい、と感じた時の考え方と対処法」である。結論から申し上げると「いい会社だけど辞めたいと感じる場合、一般的な価値観ではいい会社だが自分の価値観では嫌な部分があり、自分の中では答えが決まっている場合も多い。一方で、辞めた後に後悔する場合もあるので、そうならないために事前に考えておくべきこと、やっておくべき行動を教える」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、「いい会社」を辞めてしまって後悔しないための考え方・行動を網羅的に知ることができ、今回の転職を成功させる、もしくは(すべきでない場合には)転職を思いとどまることが出来るだろう。

  • 30代での未経験職種の転職で絶対におさえておきたいことを人事プロが解説

    今回のテーマは「30代での未経験職種への転職」である。結論から申し上げると「30代での未経験職種への転職は可能。ただしハードルは高いため、成功させるためのポイントを知っているかどうかが重要。本記事でそれらを網羅的に記載していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、未経験職種への転職に必要な心構え・知識を全て知ることができ、一般的にはハードルが高い30代での未経験職種への転職であっても成功の確率を飛躍的に高めることができるだろう。

  • 公務員を辞めて民間企業に転職したい方の教科書

    今回のテーマは「公務員を辞めたい人の教科書」である。結論から申し上げると「公務員から民間への転職はスピード勝負であり、なおかつ転職先にも吟味が必要。注意すべき点が多いため、全て網羅して記載していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、脱・公務員を果たし、民間企業で活躍するビジネスパーソンにうまくキャリアチェンジすることが出来るようになるだろう。

  • 損保ジャパンを辞めたい方の教科書|退職理由や後悔、市場価値や転職方向性まで

    今回は日本における大手損保のひとつ、損害保険ジャパン株式会社、いわゆる損保ジャパンについて扱う。「損保ジャパンを辞めたい方の教科書」と題して、元・東急電鉄社員の退職理由や辞めた後の後悔、市場価値、進路に至るまでを記載していく。この記事を読むことで、損保ジャパンを本当に辞めても良いのかの決断が容易になり、退職後のキャリアが明確化することを約束する。

  • 東急コミュニティーを辞めたい方の教科書|退職理由や後悔、市場価値や転職方向性まで

    今回は日本における大手不動産管理会社のひとつ、東急コミュニティー株式会社について扱う。「東急コミュニティーを辞めたい方の教科書」と題して、元・東急コミュニティー社員の退職理由や辞めた後の後悔、市場価値、進路に至るまでを記載していく。この記事を読むことで、東急コミュニティーを本当に辞めても良いのかの決断が容易になり、退職後のキャリアが明確化することを約束する。

  • 転職活動がバレるパターンはこれ!バレた時の対処法までプロが解説

    今回のテーマは「在職中の転職活動が会社にバレる原因やバレない方法」である。結論から申し上げると「転職活動がバレる原因は限られており、適切な対策をすればバレない転職活動は十分に可能。バレる原因、バレない方法、万一バレた時の言い訳まで全て解説する」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、会社の上司・同僚等にバレずに転職活動を行うことが出来るようになり、転職活動が上手くいかなかったときのリスク低減および円満退職につなげることが出来るだろう。

  • 東急電鉄を辞めたい方の教科書|退職理由や後悔、市場価値や転職方向性まで

    今回は日本における大手私鉄のひとつ、東急電鉄株式会社について扱う。「東急電鉄を辞めたい方の教科書」と題して、元・東急電鉄社員の退職理由や辞めた後の後悔、市場価値、進路に至るまでを記載していく。この記事を読むことで、東急電鉄を本当に辞めても良いのかの決断が容易になり、退職後のキャリアが明確化することを約束する。

  • JACリクルートメントの2ch(5ch)の口コミをプロが調査・解説

    今回のテーマは「JACリクルートメントの2ch(5ch)における評判・口コミ」である。結論から申し上げると「さすがは忖度のないメディアである2ch(5ch)、JACリクルートメントに関する良い評判も悪い評判もほぼ真実。紹介したうえで、プロとしてコメントする」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、辛口の2ちゃんねらー(5ちゃんねらー)がJACリクルートメントをどう評価しているのかが分かり、転職活動に使うべきエージェントなのかどうかの判断が容易になるだろう。

  • テクノプロを辞めたい方の教科書|退職理由や後悔、市場価値や転職方向性まで

    今回は日本における技術者派遣(特定労働者派遣サービス)企業の大手のひとつ、株式会社テクノプロについて扱う。「テクノプロを辞めたい方の教科書」と題して、元・テクノプロ社員の退職理由や辞めた後の後悔、市場価値、進路に至るまでを記載していく。この記事を読むことで、テクノプロを本当に辞めても良いのかの決断が容易になり、退職後のキャリアが明確化することを約束する。

  • 仕事でミスばかりの方必見!全ての理由と対策を人事プロが解説

    今回のテーマは「仕事でミスばかりの方向けの、理由と対策」である。結論から申し上げると「仕事でミスばかりとなってしまう理由は多岐に渡り、よってその対策も多数存在する。本記事では、人事のプロとしてあり得るものを列挙し、完全に解決していく」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、仕事でミスばかりを繰り返してしまっている理由を再確認した上で、その理由に適した解決策を採ることができるようになるだろう。

  • 20代で3回目の転職に挑む際の戦略とテクニック

    今回のテーマは「20代での3回目の転職」である。結論から申し上げると「20代で3回目の転職は好ましくはなく、ギリギリ大丈夫というレベル。ただし、戦略とテクニックにより挽回は可能なので、それらについて教える」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、20代で3回目の転職に挑む際の戦略とテクニックが分かり、自分の描く通りのキャリア・レーンに乗るための一助となるだろう。

  • コネクシオを辞めたい方の教科書|退職理由や後悔、市場価値や転職方向性まで

    本記事では、携帯電話の一次代理店の大手、コネクシオ株式会社について扱う。「コネクシオを辞めたい方の教科書」と題して、元・コネクシオ社員の退職理由や辞めた後の後悔、市場価値までを記載していく。この記事を読むことで、コネクシオを本当に辞めても良いのかどうかの決断が容易になり、退職後のキャリアが明確化することを約束する。

  • 面接の転職理由、面接官に言ってもいいのはこの3つだけ【裏技あり】

    今回のテーマは「面接の転職理由」である。結論から申し上げると「面接で言っても良い転職理由はキャリアプラン系、ライフプラン系、本当にヤバい系の3つだけ。ただし、これに当てはまらなくても裏技はある」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、転職の面接でほぼ聞かれる「転職理由」の対策が完璧になり、面接突破率(合格率)の向上に役立つだろう。

  • 凸版印刷を辞めたい方の教科書|退職理由や後悔、市場価値や転職方向性まで

    本記事では、日本の総合印刷会社であり、大日本印刷と並ぶ印刷業界2強のひとつ、凸版印刷株式会社について扱う。「凸版印刷を辞めたい方の教科書」と題して、元・凸版印刷社員の退職理由や辞めた後の後悔、市場価値までを記載していく。この記事を読むことで、凸版印刷を本当に辞めても良いのかどうかの決断が容易になり、退職後のキャリアが明確化することを約束する。

  • 転職3ヶ月の壁の攻略法を人事プロが解説

    今回のテーマは「転職3ヶ月の壁」である。結論から申し上げると「転職3ヶ月の壁は実在する。その際に辞めるべきかどうかの判断基準と、辞めない場合・辞める場合の対処法を全て教える」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、転職3ヶ月の壁が存在する理由とその対処法が分かり、ジョブホッパーになることなく「良いキャリアを積み重ねる」ことができるようになるだろう。

  • クボタを辞めたい方の教科書|退職理由や後悔、市場価値や転職方向性まで

    本記事では、農業機械の分野でアメリカのDeere and Company、オランダのCNH Industrialに次ぐ世界シェア3位のグローバルメーカー、株式会社クボタについて扱う。「クボタを辞めたい方の教科書」と題して、元・クボタ社員の退職理由や辞めた後の後悔、市場価値までを記載していく。この記事を読むことで、クボタを本当に辞めても良いのかどうかの決断が容易になり、退職後のキャリアが明確化することを約束する。

  • 【裏技あり】大手企業に転職する方法を人事プロが徹底解説

    今回のテーマは「大手企業に転職する方法」である。結論から申し上げると「社格の考え方を理解し、適切な対策をすれば、どういったキャリアからも大手企業への中途転職は可能。裏技を含めて教える」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、大手企業に転職するための方法が網羅的に分かり、大手企業への実際の転職に向けて一歩目を踏み出せるようになるだろう。

  • 富士フイルムビジネスイノベーション(富士ゼロックス)を辞めたい方の教科書

    本記事では2021年3月までの富士ゼロックス株式会社、2021年4月以降の富士フイルムビジネスイノベーションについて扱う。「富士フイルムビジネスイノベーション(富士ゼロックス)を辞めたい方の教科書」と題して、元・富士ゼロックス社員の退職理由や辞めた後の後悔、市場価値までを記載していく。この記事を読むことで、富士フイルムビジネスイノベーション(旧・富士ゼロックス)を本当に辞めても良いのかどうかの決断が容易になり、退職後のキャリアが明確化することを約束する。

  • 一条工務店を辞めたい方の教科書|退職理由や後悔、市場価値や転職方向性まで

    本記事では、戸建販売戸数で業界第1位(2020年度)のハウスメーカーである、一条工務店について扱う。「一条工務店を辞めたい方の教科書」と題して、元・一条工務店社員の退職理由や辞めた後の後悔、市場価値、辞めた後の進路までを記載していく。この記事を読むことで、一条工務店を本当に辞めても良いのかの決断が容易になり、退職後のキャリアが明確化することを約束する。

  • 転職しないリスクこそ恐ろしい。6つのリスクを人事プロが解説

    今回のテーマは「転職しないことのリスク」である。結論から申し上げると「確かに転職にはリスクがあるのだが、転職しない場合のリスクの方がはるかに大きい。そのリスクと対処法を解説する」という内容の記事になっている。この記事を読むことで、転職しないリスクが分かり、適切な場合には転職にチャレンジできるようになるだろう。

  • JFEスチールを辞めたい方の教科書|退職理由や後悔、市場価値や転職方向性まで

    今回は「JFEスチールを辞めたい方の教科書」と題して、元・JFEスチール社員の退職理由や辞めた後の後悔、市場価値、辞めた後の進路までを記載していく。この記事を読むことで、JFEスチールを本当に辞めても良いのかの決断が容易になり、退職後のキャリアが明確化することを約束する。

  • 嫌な上司を潰す方法(上司と戦う方法)を人事プロが解説

    今回のテーマは「嫌な上司を潰す方法(上司と戦う方法)」である。上司との戦いはビジネスパーソンとして避けられない重要テーマだが、検索結果を見る限りプロがきちんと解説している記事は全くなく、精神論の域を出ないものが多かった。本記事は、日本語で書かれた「嫌な上司を潰す方法(上司と戦う方法)」に関する記事の中で最も網羅的かつ実践的な内容になっていると約束する。この記事を読むことで、嫌な上司の実践的な叩き潰し方(戦い方)が分かり、上司から自身のキャリアと心の平安を守ることが出来るだろう。

  • 厳しい上司に耐えるための、マインドセットの整え方

    今回のテーマは「厳しい上司に耐えるための、マインドセットの整え方」である。対処法というよりも、どのように「耐えたらよいのか」という精神論に重きを置いて解説していく。この記事を読むことで、厳しい上司に耐える方法が分かり、耐えなければいけない期限まで、今後ビジネスパーソンとして快適に過ごしていくための第一歩が踏み出せるだろう。

  • 高圧的な上司のトリセツ|特徴、心理、対処法まで人事プロが解説

    今回のテーマは「高圧的な上司への対処法」である。結論から申し上げると「高圧的上司にまつわる諸問題(パワハラや組織崩壊、退職者続出等)を多数見てきた人事のプロとして、正攻法を含めた4つの具体的かつ実践的な方法を解説」する内容の記事になっている。この記事を読むことで、高圧的な上司に対する正しい対処法が分かり、今後ビジネスパーソンとして快適に過ごしていくための第一歩が踏み出せるだろう。

ブログリーダー」を活用して、齋藤@転職と人事のプロさんをフォローしませんか?

ハンドル名
齋藤@転職と人事のプロさん
ブログタイトル
人事参謀│転職にも働き方にも、ワル賢さが必要だ。
フォロー
人事参謀│転職にも働き方にも、ワル賢さが必要だ。

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用