chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
alcholog -アルコログ- https://www.alcholog.com/

お酒全般の情報ブログです。 意外と知らない基礎知識や、数値データなどを発信しています。 よろしくお願いします。

シュセ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2022/01/17

1件〜100件

  • シェリーのつくり方【極甘口、甘口】

    極甘口シェリーは、①ブドウ栽培/収穫、②天日干し、③除梗(じょこう)/破砕/搾汁、④発酵、⑤酒精強化、⑥熟成、の工程で造られる。 甘口シェリーは、辛口シェリーに極甘口シェリーや濃縮精留果汁(MCR)をブレンドして造られる。

  • シェリーのつくり方

    辛口シェリーは、①ブドウ栽培/収穫、②除梗(じょこう)/破砕/搾汁、③発酵、④酒精強化、⑤熟成の工程で造られる。 搾汁までは白ワインと同じだが、発酵時のフロールや、酒精強化、ソレラ・システムによる熟成が特徴的である。

  • シェリーの定義

    シェリーの主の条件は4つある。①ブドウの栽培地域、②ブドウ品種、③熟成地域、④熟成年数 原産地呼称法(DO)によって厳しく管理され、高い品質が守られている。

  • シェリーの原料

    文字数:約1000文字  シェリーの原料は3品種の白ブドウのみと決められている。パロミノ、モスカテル、ペドロ・ヒメネスである。  辛口用にはパロミノ、極甘口用にはモスカテルとペドロ・ヒメネスが使われる。シェリー用ブドウ栽培の約90%をパロミ

  • シェリーの種類

    主要な11種類を紹介するが、細かいものを入れると30種類以上になる。 それぞれの味わいを分布図にまとめ、各種類の説明をする。

  • ビールサーバー比較【キリン ホームタップvsドリームビア】

     家庭用ビールサーバーで人気の2製品を比較する。 『キリン ホームタップ』と『ドリームビア』である。 一言でいうと、定番を飲みたければキリン ホームタップ、 クラフトを飲みたければドリームビアである。

  • ビールの生産量【世界】

    世界のビール生産量推移と、地域別の推移、国別の推移をグラフにまとめた。 また、2020年の国別生産量ランキングを掲載する。

  • 一人当たりのビール消費量2020【世界】

    世界の一人当たりのビール消費量ランキングと、各国2000年からの20年間の推移をグラフにまとめた。 上位はやはり欧州勢だが減少傾向が目立つ。半面アフリカ勢の健闘が今後の時代を感じさせる。

  • ビールの輸出量

    ビールの輸出量推移、輸出入量国TOP10、をまとめた。 日本のビールはどこの国に多く輸出されているのか。 日本はどこの国のビールを多く輸入してるのか、見てみよう。

  • ビール類の消費量

    文字数:約1200文字  お酒全体の消費量が減っているといわれている。ビールも消費量が減っているといわれているが、ビール類で見るとどうなのか。  国税庁のデータとメーカーの公表値をもとに消費量の推移をまとめた。また、ビールと発泡酒の一人当た

  • ウイスキーのイベント一覧

     関東、関西、中部、北海道、九州、全国のウイスキーイベントをまとめた。 東京、大阪、京都、名古屋、福岡、秩父、静岡、倉敷、神戸、八王子、横浜など各地で開催される。 チェックはお早めに。

  • テキーラの輸出量

     最大の輸出先はアメリカである。 輸出量全体の85%以上を占めており、ダントツの一強である。 (ミクスト)テキーラ、100%アガベテキーラの両方で桁違いの独走をしている。 割合は1/3が(ミクスト)テキーラ、2/3が100%アガベテキーラである。 このデータを見るとテキーラの消費を支えているのはアメリカといっても過言ではない。

  • テキーラの生産量

    テキーラの生産量をグラフで説明。 また、アガベの収穫量もグラフで推移まとめた。 世界のアガベ収穫量では、意外にもメキシコよりもコロンビアのほうが多い。

  • テキーラベースのカクテル【マルガリータ】

     1949年に開催された全米カクテル・コンテストで、マルガリータは3位となる。 マルガリータはジャンの初恋相手の名前である。 マルガリータの故郷はメキシコであり、メキシコ原産のテキーラを使うということで、 初恋相手の名前を付けた。

  • テキーラのブランド【エラドゥーラ】

     1870年の創業から20世紀後半まで、125年以上にわたって家族経営によって、 造り続けられてきたエラドゥーラの歴史をまとめた。  蹄鉄(エラドゥーラ)は幸運のシンボルとされている。 アウレリオが畑で蹄鉄を見つけたことにより、農園名を変え、 ブランド名もエラドゥーラとし、ボトルデザインにも蹄鉄があしらわれている。

  • テキーラのブランド【サウザ】

    創業年:1873年 創業者:ドン・ホセ・セノビオ・サウザ 生産地:ハリスコ州バジェス地方テキーラ地区 日本取扱:サントリー(株)

  • テキーラのブランド【クエルボ】

    ・創業年:1758年 ・創業者:ホセ・アントニオ・クエルボ ・生産地:ハリスコ州バジェス地方テキーラ地区 ・日本取扱:アサヒビール(株)

  • テキーラのNOM番号

     NOMは、Norma Oficial Mexicanaの略称であり、メキシコ公式規格という意味である。 このNOM番号は、CRT(テキーラ規制委員会)が管理することを メキシコ政府から委任されている。

  • テキーラとメスカル

     テキーラもメスカルも原料は、竜舌蘭(アガベ)の球茎(ピニャ)を使う。 テキーラは、竜舌蘭の中でもアガベ・アスルのみと限られるが、 メスカルは、アガベの種類は問われない(200種類以上あるといわれる)。

  • テキーラの歴史

    1852年  バジェス地方のテキーラ地区に、「ビウダ・デ・ロメロ蒸留所」建設  2000年にロスアルトス地方のアランダス地区に移転し、「ペルノ・リカール蒸留所」となる 1867年  オレンダイン家の一人が、バジェス地方のテキーラ地区に、「テキレーニャ蒸留所」を建設 1870年  アウレリオ・フェリクス・ロペスが、バジェス地方のアマティタン地区に、  「カーサ・エラドゥーラ蒸留所」を建設

  • テキーラのつくり方

    文字数:約2700文字  テキーラが他の蒸留酒と違うのは、原料であるアガベの栽培・収穫が製造に含まれていることである。  テキーラの製造工程は、以下の順に進む。 栽培・収穫加熱・搾汁発酵蒸留熟成瓶詰め  それぞれの工程を見ていこう。 ●栽培

  • テキーラの原料

    文字数:約1400文字  テキーラの原料は、竜舌蘭(リュウゼツラン)の一種である、アガベ・アスルである。テキーラには、アガベ・アスルの葉を切り落とした球茎の部分が使われる。テキーラに使えるサイズに成長するには、5~8年ほどかかる。 Efra

  • テキーラの種類

     テキーラは、原料の使用比率によって2種類に分けられる。 さらに熟成期間によっても分けられる。  アガベ・アスルを100%使用したものを「100%アガベ・テキーラ」、 51%以上使用したものを「テキーラ」とされる。  テキーラは、熟成期間によってブランコ、レポサド、アニェホ、 エクストラ・アニェホの4つに分類される。

  • テキーラの定義

    文字数:約2100文字  テキーラには明確な定義がある。テキーラは、メキシコの強いお酒というイメージだけで、原料を知らない人も多い。定義を知れば、ぼんやりとしたイメージを払拭でき、興味が深まるだろう。 Xavier EspinosaによるP

  • お酒に関わることわざ

    文字数:約1900文字  お酒に関係することわざを集めた。昔の人たちの、お酒に関する言い習わしを見てみよう。 quillauによるPixabayからの画像 ●新しい酒は新しい革袋に盛れ  新しい考えは、新しい表現によるべきだという意味。  

  • 甘酒の効能【酒粕】

    文字数:約1500文字  麹甘酒には劣るが、酒粕甘酒にも多くの健康効果がある。お米を削ることや、糖が分解されること、日本酒に成分を持っていかれることなどあるが、それでも健康効果は残っている。 腸内環境改善疲労回復悪玉コレステロール値低下et

  • 甘酒のつくり方【酒粕】

    文字数:約1300文字  「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養価の高い甘酒は、市販品よりも自作したもののほうが効果高い。意外と簡単に作れるので試してみよう。 ●酒粕について sixkingによるPixabayからの画像  酒粕とは、日本酒を造る際

  • 甘酒の効能【麹】

    文字数:約1600文字  「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養価の高い甘酒には、驚くほどたくさんの健康効果がある。 エネルギー補給腸内環境改善疲労回復夏バテ防止悪玉コレステロール値低下etc ●エネルギー補給 Gerd AltmannによるPix

  • 甘酒のつくり方【麹】

    文字数:約1900文字  「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養価の高い甘酒は、市販品よりも自作したもののほうが効果高い。意外と簡単に作れるので試してみよう。 jinho kimによるPixabayからの画像 ●麹について  麹とは、麹菌という無害

  • 甘酒の種類

    文字数:約1500文字  「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養価の高い甘酒は、麹(こうじ)で作るものと、酒粕(さけかす)で作るものがある。それぞれの違いや特徴を比較してみよう。 S. Hermann & F. Richterによる

  • 蒸留酒の販売量ランキング

     蒸留酒(スピリッツ)で世界一売れているブランドは何なのか。 蒸留酒と言えれば、やはりウイスキーブランドなのか、最近人気のジンブランドか、、、 イギリスのDRINKS INTERNATIONALによる2022年の調査結果をまとめた。

  • 酒類の消費動向について

    文字数:約1700文字  総務省の家計調査データから、酒類の消費動向をまとめた。2019年と2021年のデータを比較することで、新型コロナの影響も見えてくる。そして、各酒類の年間消費が季節にどう変化するのかも見てみよう。 ●酒類購入金額の推

  • ジンの販売量

    文字数:約1800文字  イギリスのDrinks Internationalが公開しているデータをもとにジンの販売量をまとめた。ジンのランキングはどうなっているのか、最も販売量が多いブランドは何なのか見てみよう。 ●ジンの販売量【2021】

  • ジンの生産量と輸出入量

    文字数:約900文字  世界的にクラフトジンブームを言われるが、国内生産量や輸出入量はどうなっているのか。それぞれの数字を見て、確認してみよう。 ●ジンの国内生産量  日本洋酒酒造組合が公開しているデータをもとにまとめた。全てのジン製造者が

  • ジンベースのカクテル【ジントニック】

    文字数:約900文字  ジンと関わりの深いカクテルを紹介する。ジントニックは定番カクテルとして多くの人に知られている。ジントニックのレシピや、誕生背景を見ていこう。 sgroeneによるPixabayからの画像 ●レシピ 材料 ドライジン・

  • ジンベースのカクテル【ギムレット】

    文字数:約1200文字  ジンと関わりの深いカクテルを紹介する。ギムレットは定番カクテルとして多くの人に知られている。ギムレットのレシピや、誕生背景を見ていこう。 https://www.saq.com/en/gimlet-ec ●レシピ

  • ジンの定番商品【ギルビー】

    商品名:ギルビー ロンドン ドライジン 英 字:GILBEY'S LONDON DRY GIN 生産地:イングランド(日本輸入品は韓国産) 創業年:1857年(ジン参入は1872年) 創業者:ウォルターとアルフレッドのギルビー兄弟 現所有社:ディアジオ社 日本取扱:キリンビール(株)

  • ジンの定番商品【ボンベイ・サファイア】

    商品名:ボンベイ・サファイア ロンドン ドライジン 英 字:BOMBAY SAPHIRE LONDON DRY GIN 生産地:イングランド 創 業:1761年 創業者:トーマス・デイキン 現所有社:バカルディ社 日本取扱:バカルディ・ジャパン(株)

  • ジンの定番商品【タンカレー】

    商品名:タンカレー ロンドン ドライジン 英字:TANQUERAY LONDON DRY GIN 生産地:イングランド 創業:1830年 創業者:チャールズ・タンカレー 現所有社:ディアジオ社 日本取扱:ディアジオ・ジャパン(株)

  • ジンの定番商品【ビーフィーター】

    文字数:約1100文字  ジンは他のお酒に比べて、日本での定番商品がはっきりしている。これまで、あまり種類がなかったことが要因だろう。  現在はクラフトジンも増えたが、ジントニックやマティーニなどのクラシックカクテルには定番のジンが使われる

  • ジンの定番商品【ゴードン】

    商品名:ゴードン ロンドン ドライジン 英字:GORDON'S LONDON DRY GIN 創業:1769年 創業者:アレクサンダー・ゴードン 現所有社:ディアジオ社 日本取扱:ディアジオ・ジャパン(株)

  • ジンの歴史

    文字数:約1600文字  お酒にはそれぞれに様々な歴史があるが、ジンほど波乱万丈な歴史はないだろう。ジンは、『オランダが生み、イギリスが育て、アメリカが洗練した』と言われる。そして現在、クラフトジンブームによって、新たな歴史の真っただ中にあ

  • ジンの原料【ボタニカル】

    文字数:約1600文字  ジンの特徴を決定づけるのはボタニカルである。原料となるボタニカルに何を用いるかによって、ジンの9割が決まると言っても過言ではない。 ●ボタニカルとは  ジンの原料としてのボタニカルとは、香草や薬草の草根木皮、花や葉

  • ジンのつくり方

    文字数:約1400文字  ジンの製造でもっとも重要となるのが、ボタニカルからの成分抽出である。原料となるボタニカルによって、抽出方法を変えるなどの工夫が凝らされている。 antonio speranzaによるPixabayからの画像 ●基本

  • ジンの定義と種類

    文字数:約1700文字  ジンは蒸留酒(スピリッツ)のなかでも、独特の香りを持つ。この香りはジュニパーベリー(西洋杜松(セイヨウネズ)の実)に由来する。どのようなものがジンと呼ばれるのか、さらにどのような種類があるのか見てみよう。 Hans

  • アルコールの消費量について

    文字数:約900文字  国内のアルコール消費量は減少傾向にある。各データからアルコール消費との関係をみてみよう。 ●アルコールの消費量と酒類小売店舗の推移  上図は、国税庁のデータをもとにしたグラフである。  アルコール消費量のピークは19

  • 世界のアルコール消費量

    文字数:約1200文字  世界の国々ではどのくらいアルコールが消費されているのだろうか。消費が減少しているといわれる日本は、世界と比べてどうなのか。WHO(世界保健機関)が公開しているデータをまとめたので、見てみよう。 ●一人当たりの消費量

  • 酒類の輸出入データ

    文字数:約1500文字  財務省貿易統計のデータをもとに、酒類の輸出入についてまとめた。昨今、日本産の酒類輸出が伸びていると言われている。このような輸出の話はよく聞くが、輸入はどうなっているのか。輸出入合わせて見てみよう。 ●酒類の輸出入金

  • シードルの原料【リンゴの国内収穫量】

    文字数:約1000文字  シードルの原料はリンゴである。リンゴは世界中でさまざまな品種が作られている。農林水産省のデータをもとに、リンゴの収穫量を見てみよう。 ●国内のリンゴ収穫量と価格  上図は、国内のリンゴ収穫量と、1kg当たりの卸売価

  • シードルの原料【リンゴの生産量】

    文字数:約800文字  シードルの原料はリンゴである。リンゴは世界中でさまざまな品種が作られている。FAOSTAT(国連食糧農業機関データベース)のデータをもとに、リンゴの生産量を見てみよう。 ●世界のリンゴ生産量  上図は2020年のリン

  • シードルの消費量

    文字数:約900文字  シードルの消費量を、AICV(欧州サイダー&フルーツワイン教会)が毎年調査している。各データをまとめたので、見てみよう。 ●世界のシードル消費量  2010年から順調に消費量を伸ばして、2018年でピークに達した。2

  • シードルの原料【リンゴ】

    文字数:約1500文字  シードルの原料はリンゴである。リンゴは世界中で栽培されれており、その種類は15,000種類以上である。シードルの多くは、多品種のリンゴをブレンドして造られる。単一品種のリンゴから造られるシードルはごく少数である。

  • シードルの歴史

    文字数:約1500文字  残念ながら、シードルの歴史の詳細はわかっていない。ビールやワインなどは、壁画や古い文献に年数まで書き残されているものがあるが、シードルは記録が少ない。 Moshe HaroshによるPixabayからの画像 ●リン

  • シードル主要国【ドイツ】

    文字数:約1000文字  ドイツでは、シードルをアプフェルヴァイン(Apfelwein)と呼ぶ。アプフェルヴァインはドイツ語であり、英語のアップルワインのことである。  国際都市フランクフルトのある、ヘッセン州で主に生産、消費されている。ド

  • シードルの主要国【アメリカ】

    文字数:約1200文字  アメリカでは、シードルをハードサイダー(Hard Cider)と呼ぶ。サイダーとハードサイダーは区別されており、サイダーはノンアルコールの炭酸飲料のことを指す。  サイダーという呼び方はイギリスからの入植者が広めた

  • シードルの主要国【イギリス】

    文字数:約900文字  イギリスではシードル(Cidre)をサイダー(Cider)と呼ぶ。イギリスの気温や降水量などでは、良質なブドウを栽培することが難しいが、リンゴの栽培には適していた。そのため、昔からリンゴの加工品であるサイダー(シード

  • シードルの主要国【フランス】

    文字数:約1400文字  フランスのシードル(Cidre)が、日本でのリンゴ酒の呼び方として定着している。フランスはワイン大国だが、シードルの歴史も長い。ワイン大国であるからこそ、フランスはブドウ栽培を優遇し、守る政策を行い、リンゴ栽培やシ

  • シードルの主要国【スペイン】

    文字数:約1100文字  スペインではシドラ(Sidra)と呼ばれ、長い歴史を持つ。主に北部で造られ、酸味が強いのが特徴である。 ●味わい  スペインのシドラは、他の国のシードルに比べて酸味がはっきりしていて、微発泡、または非発泡のものが多

  • シードルのつくり方

    文字数:約1200文字  シードルのつくり方は、同じ果実酒のワイン(特に白)のつくり方と基本は同じである。ワイン造りの流れと比較したものが以下のようになる。 ●シードルのつくり方 judymccleeryによるPixabayからの画像  上

  • シードルとは

    文字数:約700文字  シードルとはリンゴのお酒である。日本でも広く認知されるようになってきたシードルが、どのようなお酒なのか見てみよう。 fichte7によるPixabayからの画像 ●シードルとサイダー  シードルにはCiderと書かれ

  • 粉末酒について

    文字数:約1600文字  粉末酒というものがあることをご存じだろうか。酒税法にも記載されているが、一般的にあまり知られていないのが現状である。粉末酒がどのようなものか見ていこう。 Karolina GrabowskaによるPixabayから

  • 猫用ワインと犬用ワイン

    文字数:約1900文字  愛犬家、愛猫家の方は、犬猫にアルコールはNGであることを知っているはず。(アルコールNGの理由はこちら)しかし猫用ワインや犬用ワインがあるのをご存じだろうか。ワインと言いつつもアルコールは一切含んでいない。  ちな

  • 犬猫へのアルコールNGの理由

    文字数:約1300文字  お酒が好きな人は愛犬や愛猫と一緒に飲みたいと思うのではないだろうか。しかし犬猫にアルコールは絶対にNGなのである。 StockSnapによるPixabayからの画像 ●アルコールNGの理由  犬や猫にアルコールを与

  • ワインの支出額

    文字数:約1000文字  2021年のワインの支出額を年齢別と収入別でまとめた。総務省の家計調査のデータをもとにしている。 ●年齢別支出額  単身世帯では、どの年齢でも勤労者世帯のほうが全体よりも支出額が多い。つまり、単身の勤労者は不労者よ

  • ワインの一人当たりの消費量【日本】

    文字数:約500文字  日本のワイン(果実酒)の一人当たりの消費量を都道府県別にまとめた。 ●都道府県別の消費量ランキング  国税庁が公表しているデータともとにした。  都道府県別の一人当たりの消費量は、1位がダントツで東京の8.0Lである

  • ワイン用ブドウの栽培面積【日本】

    文字数:約1000文字  日本のワイン用ブドウ品種のランキングと、都道府県別の栽培面積をまとめた。 ●ブドウ品種ランキング  農林水産省の特産果樹生産動態等調査データをもとにした。2019年のデータから、品種ごとの収穫量をまとめた。  国産

  • ワインの消費量と輸入量【日本】

    文字数:約1200文字  日本国内でのワイン消費量と輸入量をまとめた。 ●国内ワイン消費量  国税庁が公表している『酒のしおり』のデータを基にした。  国内のワイン消費量はここ数年横ばいだが、国産品は増加している。1994年に輸入量が国産量

  • ワイン用ブドウの栽培面積【世界】

    文字数:約1600文字  世界のワイン用ブドウ品種のランキングと、栽培国の内訳をまとめた。国際ブドウ・ワイン機構(OIV:International Organisation of Vine and Wine)が公表しているデータをもとにし

  • ワインの生産量と消費量

    文字数:約1400文字  世界のワイン生産量と消費量、国別のランキングをまとめた。国際ブドウ・ワイン機構(OIV:International Organisation of Vine and Wine)が公表しているデータをもとにした。生産

  • ワインの歴史【パリスの審判】

    文字数:約2000文字  フランスワインがカリフォルニアワインに負けた出来事があった。ワインの長い歴史を持つヨーロッパ諸国は、歴史の浅いニューワールドのワインはまだまだだと思っていたのだろう。『パリスの審判』をきっかけに、ワイン業界のニュー

  • ワインのコルク

    文字数:約2100文字  ワインのフタとして使われるコルクだが、最近ではスクリューキャップも増えてきた。熟成が10年くらいまでなら味や香りに差がないという結果が出ている。それ以上の熟成データはこれからだろう。どのような違いがあるのか見てみよ

  • ワインと害虫フィロキセラ

    文字数:約1400文字  ワインに業界に大打撃を与えた事件がある。害虫フィロキセラによって、ヨーロッパ各国のブドウが壊滅状態に陥ったのである。 MonikaPによるPixabayからの画像 ●フィロキセラとは  フィロキセラの和名「ブドウネ

  • ワインの歴史

    文字数:1900文字 ●ブドウ Ancelin BonnetによるPixabayからの画像  お酒の中でも、ワインの歴史は非常に深く、長く、広い。ワイン造りが始められたのがいつなのか、はっきりとしたことはわかっていない。このワイン造りという

  • ワインの格付け【ドイツ】

    文字数:約1100文字  欧米諸国では、ワインを定める法律があり、様々な基準をクリアすることで一定の品質を国が保証するものが格付けである。EUでは2009年から3分類で格付けされており、ドイツも3分類であるが、上位品質のものはさらに糖度によ

  • ワインの格付け【イタリア】

    文字数:約1000文字  欧米諸国では、ワインを定める法律があり、様々な基準をクリアすることで一定の品質を国が保証するものが格付けである。EUでは2009年から3分類で格付けされており、イタリアも3分類である。上級ワインの審査は生産者品質協

  • ワインの格付け【フランス】

    文字数:約1000文字  欧米諸国では、ワインを定める法律があり、様々な基準をクリアすることで一定の品質を国が保証するものが格付けである。EUでは2009年から3分類で格付けされており、フランスも3分類である。 ●AOP 原産地呼称保護  

  • ワインの原料【白ブドウ】

    文字数:約900文字  ワイン用のブドウには黒ブドウと白ブドウがある。白ワイン用にはおもに白ブドウが使わるが、黒ブドウが使われることもある。代表的な4品種を紹介する。 シャルドネソーヴィニヨン・ブランリースリングピノ・グリ(ピノ・グリージョ

  • ワインの原料【黒ブドウ】

    文字数:約1000文字  ワイン用のブドウには黒ブドウと白ブドウがある。赤ワイン用には黒ブドウが使わる。代表的な4品種を紹介する。 カベルネ・ソーヴィニヨンメルローピノ・ノワールシラー(シラーズ)  ブドウ品種の生産量だけを見ると、大量生産

  • 酒精強化ワインのつくり方

    文字数:約1200文字  酒精強化ワインとは、蒸留酒を添加してアルコール度数を高めたワインである。通常のワインが15度くらいまでなのに対して、酒精強化ワインは21度くらいまである。フォーティファイドワインとも呼ばれ、代表的なものは以下である

  • スパークリングワインのつくり方

    文字数:約1600文字  スパークリングワインの主なつくり方は3つある。 瓶内二次発酵方式密閉タンク方式炭酸ガス注入方式  それぞれの特徴は以下のとおりである。 瓶内二次発酵方式密閉タンク方式炭酸ガス注入方式製法密閉した瓶内で酵母による二次

  • ワインのつくり方

    文字数:約1400文字  赤、白、ロゼの色の違いは、果汁とそれ以外を分離するタイミングで決まる。 赤ワインは紫のブドウを使うから赤い白ワインは黄緑のブドウを使うから白いロゼは赤と白を混ぜるからピンク  このようなイメージは正しくない。ワイン

  • ワインの分類

    文字数:約1300文字  ワインは製造方法で4つに分類することができる。スティルワイン、スパークリングワイン、フォーティファイドワイン、フレーバードワインである。ただし、すべての基軸となるのはスティルワインである。 ●スティルワイン  ステ

  • お酒の分類

    文字数:約2200文字  お酒は大きく、『醸造酒』『蒸留酒』『混成酒』に分類される。 醸造酒蒸留酒混成酒概略原料をアルコール発酵させたもの醸造酒を蒸留したもの醸造酒や蒸留酒に副原料を加えたもの度数5~14%40%ピンキリ代表例ビール、日本酒

  • 飲酒運転について

    文字数:約1100文字  飲酒運転による事故件数は年々減少傾向にある。法改正による厳罰化が効果を表していると考えられる。 ●データ  警察庁のデータによると、飲酒運転による事故件数はこの10年で半分以下に、飲酒運転による死亡事故は20年前の

  • ウイスキー 世界売上ランキング

    文字数:約1600文字  世界中で最も売れている(=飲まれている)ウイスキーは何なのか?やはりスコッチなのか、国の人口を考えるとバーボンなのか、最近人気ジャパニーズは、、、  イギリスのDrinks Internationalによるデータか

  • スコッチウイスキー 売上ランキング

    文字数:約1100文字  スコッチは今や世界中で飲まれている。昔はスコットランドの地酒だったが、ここまで飲まれるようになったのにはわけがある。それはブレンデッドウイスキーのおかげだと考えられる。実際の売り上げを見てもブレンデッドが9割を占め

  • ウイスキー蒸留所【スコットランド ローランド】ブラッドノック

    蒸溜所名:ブラッドノック蒸溜所 英字:Bladnoch 意味:不明、ブラッドノック川から取っている 創業:1817年 仕込み水:ブラッドノック川 蒸留器:バルジ型 現所有者:ブラッドノック・ディスティラリー社 輸入元:東亜商事(株)

  • ウイスキー蒸留所【スコットランド ローランド】グレンキンチー

    文字数:約1000文字  スコットランドの蒸留地域は、大きく6つに分けられる。アイラ、アイランズ、キャンベルタウン、ローランド、ハイランド、スペイサイドである。地域の環境や歴史から特徴が見えてくる。 ●グレンキンチー ・基礎データ、場所 蒸

  • ウイスキー蒸留所【スコットランド ローランド】オーヘントッシャン

    文字数:約1300文字  スコットランドの蒸留地域は、大きく6つに分けられる。アイラ、アイランズ、キャンベルタウン、ローランド、ハイランド、スペイサイドである。地域の環境や歴史から特徴が見えてくる。 ●オーヘントッシャン ・基礎データ、場所

  • ウイスキー蒸留所【スコットランド キャンベルタウン】スプリングバンク

    文字数:約1900文字  スコットランドの蒸留地域は、大きく6つに分けられる。アイラ、アイランズ、キャンベルタウン、ローランド、ハイランド、スペイサイドである。地域の環境や歴史から特徴が見えてくる。 ●スプリングバンク ・基礎データ、場所

  • ウイスキー蒸留所【スコットランド アラン島】アラン

    文字数:約1100文字  スコットランドの蒸留地域は、大きく6つに分けられる。アイラ、アイランズ、キャンベルタウン、ローランド、ハイランド、スペイサイドである。地域の環境や歴史から特徴が見えてくる。 ●ロックランザ(アラン) ・基礎データ、

  • ウイスキー蒸留所【スコットランド ジュラ島】ジュラ

    文字数:約1200文字  スコットランドの蒸留地域は、大きく6つに分けられる。アイラ、アイランズ、キャンベルタウン、ローランド、ハイランド、スペイサイドである。地域の環境や歴史から特徴が見えてくる。 ●ジュラ ・基礎データ、場所 蒸溜所名:

  • ウイスキー蒸留所【スコットランド マル島】トバモリー

    蒸溜所名:トバモリー蒸溜所 英字:Tobermory 意味:ゲール語で「メアリーの井戸」という意 創業:1798年 仕込み水:ミシュニシュの湖 蒸留器:バジル型 現所有者:ディステル・グループ社      (南アフリカの企業で、ブナハーブン、ディーンストンも所有) 輸入元:コルドンヴェール(株)

  • ウイスキー蒸留所【スコットランド スカイ島】タリスカー

    蒸溜所名:タリスカー蒸溜所 英字:Talisker 意味:ノース語(ヴァイキングの言葉)で「傾いの大岩」という意 創業:1830年 仕込み水:ホーク・ヒルの斜面を流れる川 蒸留器:バジル型、ストレート型 現所有者:ディアジオ社 輸入元:MHD モエ ヘネシー ディアジオ(株)

  • ウイスキー蒸留所【スコットランド オークニー島】スキャパ

    蒸溜所名:スキャパ蒸溜所 英字:SCAPA 意味:ノース語(ヴァイキングの言葉)で「貝床」という意 創業:1885年 仕込み水:リングロ・バーンの小川から引かれた泉 蒸留器:ローモンド型、ストレート型 現所有者:ペルノリカール 輸入元:サントリースピリッツ(株)

  • ウイスキー蒸留所【スコットランド オークニー島】ハイランドパーク

    蒸溜所名:ハイランドパーク蒸溜所 英字:Highland Park 意味:ハイパーク、パークヒルと呼ばれる場所に建てられため 創業:1798年 仕込み水:カティーマギーの泉、クランティットの湧水 蒸留器:ストレート型 現所有者:ハイランド・ディスティラーズ社(親会社:エドリントン・グループ) 輸入元:三井物産(株)

  • ウイスキー蒸留所【スコットランド アイラ編】ポートエレン

    蒸溜所名:ポートエレン蒸溜所 英字:Port Ellen 意味:- 創業:1825年 仕込み水:ローリン湖 蒸留器:??? 現所有者:ディアジオ社 輸入元:MHD モエ ヘネシー ディアジオ

  • ウイスキー蒸留所【スコットランド アイラ編】ラフロイグ

    蒸溜所名:ラフロイグ蒸溜所 英字:Laphroaig 意味:ゲール語で「広い入り江の美しい窪地」の意 創業:1815年 仕込み水:キルブライドのダムの水 蒸留器:ストレート型、ランタン型 現所有者:ビームサントリー社 輸入元:サントリースピリッツ(株)

  • ウイスキー蒸留所【スコットランド アイラ編】ラガヴーリン

    文字数:約1000文字  「スコッチ」、「アイラ」と聞いて、思い浮かべるのは「ピート香」であろう。しかしアイラ島にある蒸留所によって、一概にピートが強いとは言えない。それぞれの蒸溜所に特徴がある。 ●ラガヴーリン ・基礎データ、場所 蒸溜所

  • ウイスキー蒸留所【スコットランド アイラ編】アードベッグ

     「スコッチ」、「アイラ」と聞いて、思い浮かべるのは「ピート香」であろう。しかしアイラ島にある蒸留所によって、一概にピートが強いとは言えない。それぞれの蒸溜所に特徴がある。 ●アードベッグ ・基礎データ、場所 蒸溜所名:アードベッグ蒸溜所英

ブログリーダー」を活用して、シュセさんをフォローしませんか?

ハンドル名
シュセさん
ブログタイトル
alcholog -アルコログ-
フォロー
alcholog -アルコログ-

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー