searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
毒母の呪いと戦う記録。 https://dokuoyamochi.hatenablog.com/

アダルトチルドレン、搾取子。 我が子を通じて時折顔を出す幼い頃の自分と向き合いながら、子育て奮闘中。 心の毒を吐き出して、毒母の呪いから解放されたいと願っています。 ほぼ独り言ですが、よければ覗いてみてください。

おはぎ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2022/01/15

1件〜100件

  • 母親になれなかった人

    私の母は、母親になれなかった人なんだなぁと思います。 母親になってからも美意識を持ち、綺麗にしている女性はとても素敵ですよね。 母はそういう意味ではなく、いつまでも自分優先で女でいた人だったと思いました。 「浮気性で不倫をしていた」とか「常に彼氏がいる」とかではないけれど、娘たちに対して女として張り合っていたと思う出来事がいくつかあったなと思います。 その中からエピソードを1つ。 私が20歳くらいの時、当時の彼氏・私・母の三人で居酒屋からのカラオケに行った日のこと。 ほろ酔いになった母は足元がふらつき、とっさに支えた私の彼氏に抱きつきました。 それは別に良いのですが、抱きついた時に私を見てニヤ…

  • 母の自殺未遂騒動は何度あっただろう

    1番最初の自殺未遂騒動は離婚した直後、私が高校生の時でした。 ある日朝になってもずーっと寝ていて起きない母。 その日は精神科へ通院すると言っていたのに起きてこないから不思議だったのを覚えています。 薬がなくなるのは辛いだろうと母に声をかけつつ(返事はない)、私が代理で受診すべく初めて母が通っていた病院へ行ってみました。 先生に「お母さんはどうしたの?」と言われて状況を説明して薬をもらっておこうと思ってきましたと言うと先生が慌てて「それは大変な状況よ!!」と。 その場で救急車と私1人では対応できないからと保健師さんを呼んでくれて救急搬送されました。 大きな病院へ搬送されて胃洗浄をし、目を覚ました…

  • 人は人、私は私。

    先日観たドラマで主人公が「この人は親から大切に育てられてきたんだろうなぁ。だからそうじゃない生き方をしてきた人がいるなんて思ってもいない。想像もできない。」とつぶやくシーンがありました。 …これ、毒親育ちの人ならすごく共感できるんじゃないかなと思いました。 私も今までそう思ったことが何度かあります。 平然と自分の価値観だけで不平不満を口にする友人、親と仲が悪いというと説教混じりで語ってくる人。 何も事情を知らないなら、お節介な押し付けはやめて黙っててほしいです。 親から大切に育てられてきた普通の家庭の人は、毒親育ちの考えを到底理解できないのは仕方ないのです。むしろ当然。 生きてきた環境が違うか…

  • 今までは母の日が嫌いでした

    「お母さんに日頃の感謝を伝えましょう!」 感謝してない私はどうしたらいいの?と思っていました。 とはいえ、両親が離婚する前はカーネーションを買ってプレゼントしたこともあったと思います。 でも、「花なんて(貰っても嬉しくない)」と鼻で笑われた気がする。 そういう人だったんです。 離婚後は私が社会人になったこともあり、母からは物やお金を要求されるのが母の日の定番でした。 (母の誕生日が5月なので、母の日と合わせてプレゼントという形で。) お母さん、今どうしていますか?お願いだからどうかこのまま、私の生活に関わってこないでくださいね。 自分のことばかりと思われそうですが、もう今となっては母に対してこ…

  • お久しぶりです。

    ご無沙汰してます。

  • お前は金の亡者だ、でもそのお金をあてにしているのは母だ

    高校卒業後、私はキャバクラで働き出した。

  • 里帰り出産、ちょっと羨ましい気持ちもあった

    先日、友達が里帰り出産すると話していた。

  • 私の幼少期

    人の顔色を伺う子供だった。

  • 突撃エピソード:2

    3年前の夕飯時。ピンポーンとインターフォンが鳴った。

  • 母のことを考えない日々が1番平和

    呪いをかけ続けているのは意外と自分かも知れないと思った話。

  • 自分の親が「毒親」だと気付いたら、迷わず逃げよう

    「もしかしてうちの親、毒親?」「異常かも」と気付いたら、迷わず逃げることをオススメします。

  • 突撃エピソード:1

    あれは数年前の夜中だった。

  • 最近は穏やかに過ごせています

    距離を置くようになってから、心が穏やかに過ごせていると感じている。

  • 病気のせいなのか、性格なのか

    「母は病気のせいで変わってしまったんだ」最初はそう思っていた。

  • 母に似てるなと思うこと

    ふと「母に似ている」と感じて嫌な気持ちになることがある。

  • 母がくれるものは一時保管が基本

    機嫌が良い時の母は人に物をあげたがる。

  • 親なんだから分かり合えるよ!は綺麗事

    10代の頃よく言われたこと。

  • ブログを書くと泣きたくなる

    ブログを書くようになって、母のことを多少なりとも思い出す機会が増えてしまった。

  • 私が小さい時の母

    小さい頃の記憶を辿ってみると優しい母は多少存在する。

  • 自分の不安だけを解消したい母

    昔から「どうしよう、どうしよう」という割にはこちらのアドバイス(正論)には耳を傾けず「でも、でも…だって」とただの肯定を求めてくる人だった。

  • 母は孫の誕生日すら覚えていない

    母に期待するだけ無駄だけど。

  • 愛されたいと思ったことはなくもない

    洗脳中にやたらと「母」を求めた時期があった。

  • 「そうだよ、あんたはアダルトチルドレンだよ」

    私がアダルトチルドレンだと認識したのは22歳の時。

  • 搾取子が愛玩子へ思うこと

    私が搾取子と知ったのはネットの記事を読んだ時。 ああ、これ私だ。搾取されてきたんだ。 と、心にすんと落ち納得した。 そして搾取子ともう1人愛玩子という存在を知り、これは大福だと思った。 でも愛玩子にピッタリ大福が当てはまるかと言われると、それはちょっと違う気がするけど。 可愛がられまくって愛情いっぱい!という様子ではなく、母の大福への接し方は自分が嫌われたくないだけの可愛がりだと思っていた。 親なら嫌われても向き合って正直に接するはずなのに、母は言いにくいことはこちらにばかり言っていた。 あちこちにいい顔するから何が本音かもわからないけど。 大福は洗脳にかかっていないから母の思うままにならない…

  • 私はやれることをやり切った、だからもういい

    私は後悔することが多い。 「あの時こうしておけばよかった」「何であんな言い方したんだろう?」 そうするとウジウジ気にしてモヤモヤが残る。 洗脳初期である18歳のとある日1つ決めたことがある。 “母のことは母の為ではなく、私が後悔しないように私の為にやり切ろう” 人はいつか亡くなるけど、その時に後悔しないようにやり切ろうと思った。 入院の用意も、各所への連絡も、主治医から病気に関する説明も私には理解し難いこともたくさんあったが、淡々とこなした。 このあたりでどっちが親で子なのかわからない関係が出来上がる。 それから約10年経ったある日、いつものように愚痴を聞かされている電話中に私の中でプツッと糸…

  • 洗脳されているうちは、それが洗脳だと疑いすらしない

    母の言うことを聞いていた時は何も疑うことがなかった。 理不尽だなとか、おかしいなとはもちろん思う。 でも、もう反論するのも疑うことすら何もかもただ面倒臭い。 要求にすぐに応じて早く終わらせたいの一心で言うことを聞いていた。 本当に洗脳されていたと今なら思う。 “逃げていいんだよ。未来の私は逃げるから” 17歳の私に伝えられるなら、ただそう伝えたい。 「親を捨てるのか!一人で大きくなったような顔して!」 よく母は言っていたが、まともじゃない親なんて捨てていいよ。 おはぎ

  • 母のおかげで苦手なこと

    母はうつ病、アルコール依存症から始まりパニック障害、統合失調症など様々な病名を抱えているらしい。 (らしいと言うのは、ここ数年主治医と話していないから) ※心の病で本当に悩み、辛い気持ちになっている方や真剣に病気に向き合っている方が大勢いると思います。 私は決して病気を否定したいわけでなくて、あくまで私の母に対する話です。 母はアルコール依存症で通院してきた日の夜も、何食わぬ顔で晩酌していた。 断酒会に出た日もお構いなし。 私は家で晩酌すること、サプリ・薬を飲むことが苦手。 母を思い出すから。 「お母さんを連想するから拒否反応が出るのね」と、一度カウンセリングを受けた時に言われた。 カウンセリ…

  • 呪いは電波でも伝わる

    母からのメール、着信、それだけで動悸がしてくる。 今日は何を言われるのだろう 今日の機嫌はどうなんだろう 着信拒否をしてもうすぐ1年。 着信音が鳴らなくても表示される不在履歴だけでも、ドキドキしてくる。 どうにか連絡を取ろうとあの手この手を使ってくるのが本当に嫌。 もう諦めて欲しい。 以前押しかけてきた時は反省したフリをして「前みたいに戻りたい」と母は口にしていた。 …洗脳が解けた今、誰が奴隷に戻るか。 案の定、数日後には「あんたは冷たい!この前の態度も何だ!」とキレていた。 私の我慢の上で成り立っていた関係なんだよ。 着信拒否をしてからどれだけ心が楽になったか、想像もしてないんだろう。 娘に…

  • 「お前も子どもを産んだら、母の気持ちがわかる」

    「お前も子どもを産んだら、母の苦労がわかる」 父との離婚時に私の3個下の大福(妹)を父の元へ残したことをずっと後悔していて、子を残してきた可哀想な母親…に酔っていたときに何度も言われた。 (数年後、母の元へ来た大福と上手くいかなかった話はまた後日。) 実際に出産後も「これから母の苦労がわかるでしょうね」とドヤ顔で言われた。 あれから時がすぎ、私の子は5歳になった。 まだ5年しか母歴はないが、母の苦労、一つもわからない。 可愛い我が子に理不尽な態度を取ろうと思えないし、 愛する我が子に夫や義母(私からすれば父と祖母)の愚痴を言おうと思えない。 夫婦喧嘩を見せようとも思わないし、 何より、子どもよ…

  • はじめまして。

    こんにちは。 毒母との記録というか心の毒を吐き出す場としてブログを始めました。 30代主婦、1児の母をしている「おはぎ」です。 名前の由来は、おはぎが好きだから。 17歳の頃から約10年ちょっとになる毒母との今までを書き出して、消化していきたいと思います。 独り言になりますがよろしくお願いします。 おはぎ

  • プライバシーポリシー

    プライバシーポリシー - 毒母の呪いから解放されるまで

  • お問い合わせ

    読み込んでいます…

ブログリーダー」を活用して、おはぎさんをフォローしませんか?

ハンドル名
おはぎさん
ブログタイトル
毒母の呪いと戦う記録。
フォロー
毒母の呪いと戦う記録。

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用