searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

cogeleauさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
明治埋蔵本読渉記
ブログURL
https://ensourdine.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
明治期の埋もれた様々な作品を主に国会図書館デジタル・コレクションで読み漁っています。
ブログ村参加
2022/01/13
本日のランキング(IN)
フォロー

cogeleauさんの新着記事

1件〜100件

  • 『大悪僧』 橋本埋木庵

    1896年(明29)大川屋書店刊。維新を挟んだ安政から明治までの物語。明治維新といっても何もかもが一変したわけでなく、人々の暮らしは江戸時代の生活習慣をそのまま継続していた。価値観もそれほど変わっていなかったように思える。母と妻を惨殺された武士が仇敵を追跡して修行僧の身になる話だが、追われる側の男も僧侶となって寺に身を隠す。物語の中ほど以降はその悪僧の悪知恵と狡猾さで諸悪を欲しいままにする徹底ぶりが描かれ、まさに悪漢小説の感がする。それを慎重に追い詰めるのが維新後の警察の探偵になる。叙述文は漢文調だが、読み慣れるとその格調の高さに酔わされる。☆☆☆☆ 国会図書館デジタル・コレクション所載。単色…

  • 『明治の探偵小説』 伊藤秀雄

    結局、この一冊が明治時代の小説群への没入の道しるべとなった。漱石、鷗外、藤村をはじめ、露伴、独歩、蘆花、鏡花などの堅苦しい明治の文豪たちを長い間、敬して遠ざけてきたが、唯一、黒岩涙香の探偵小説だけはなんとか読めそうで親しめそうな書物に思えていた。著者の伊藤氏もその穴から入り込んで、明治時代の探偵小説群という地底の大宝庫を発見したのだと思う。維新後の出版技術の発展のお陰もあって、当時何万点もの書籍が盛んに発行され、広い意味での文学、小説、読み物の作者たちも少なくとも数百人は活躍していた。今やその大半の書物は目に触れることがない。多くの作家はその生没年さえ記録されずに、書目と名前だけが残されていた…

  • 『新女夫塚』 安岡夢郷

    (しんめおとづか)1925年(大14)樋口隆文館刊。作者の安岡夢郷(むきょう)は講談師出身を思わせる語り口で文体がなめらかで読みやすい。時は元禄時代、大阪、難波新地の芸者お艶が質屋の御曹司を見染めたことが発端で、身勝手にも和歌山の在に駆け落ちする。彼らを探し出すことで一儲けを企む男女に加えて、様々な人物が入り乱れる伝奇的長編小説(上下巻)。良し悪し事をあれこれ考えながら行動する人間像をかなり上手に書き分けている。善人役のほうがむしろ無為・無策に見えてくるのも不思議だ。「悲哀情話」の副題の通り、すべてが勧善懲悪とはならないのも史実に基づいた物語だからか、読後の印象深さが後を引く。☆☆☆☆☆ 国会…

  • 『何』 武田仰天子

    1901年(明34)青山嵩山堂刊。武田仰天子(たけだ・ぎょうてんし)は新聞記者兼作家だった。珍しい一文字のタイトル。これだけでも読んでみようかなという気になる。まだ江戸時代の雰囲気の残る明治初期の話。浅草の古刹の敷地内の貸家をめぐって、消えた死体、娘の神隠しなど次々に起きる不思議な出来事に振り回される管理人や出入り業者。語り口の筆致はなめらかで、つい先へと読み進ませる構成も見事。ミステリー仕立てでなかなか面白かった。☆☆☆ 国会図書館デジタル・コレクション所載。口絵は小峰大羽。 dl.ndl.go.jp

  • 『怨之片袖』 柳川春葉(柳川子)

    (うらみのかたそで)1893年(明26)春陽堂が出していた袖珍探偵文庫シリーズの第12集。探偵小説が盛んに読まれていた時期に、力量のある硯友社の作家たちに文学的香りのする探偵小説を匿名で書いてもらうことを持ちかけたのが成功し、大いに売上を伸ばした。この作品は大正期の人気作家となった柳川春葉が駆け出しの頃に手がけたもので、元々は英国の小説を和風に翻案したものとされる。主人公の刑事(当時は探偵と言った)が一人称「余」の漢文調で記述するのは珍しい。しかも会話部分は口語なのでそれほど読みにくくはない。仕事で明日また顔を合わせる間柄でも「サヨナラ」と言い交わして別れるのも面白い。足を稼いで地道に調べ上げ…

  • 『女賊三人』 鹿島桜巷

    1915年(大4)樋口隆文館刊。前後2巻。立て続けに鹿島桜巷を読むことになった。泥鼈(スッポン)のお仙、児雷也阿国、萬引お豊の三人の女賊のオムニバス風物語。一見美人の若妻でスリに見えないお仙は、大阪で相手の鞄に入っていた泥鼈に左小指を食いちぎられる失敗をして、徳島の山奥まで逃亡する。回復したお仙は東京へ向かう列車内で別の女がスリを働くのに居合わせる。年増の児雷也阿国だった。お仙は浅草の阿国の許に身を寄せることになる。三人目のお豊は京都の清水寺近くの茶店で働くが、見かけは良くても根が蓮っ葉な女で酒も強く、店から追い払われて神戸の宿屋に雇われる。そこは海外へ賤業婦を送り出す拠点だった。彼女も半ば強…

  • 『乳守のお仙』 如鬼坊(中村兵衛)

    1912年(大1)樋口隆文館刊。先日読んだ「鱗與之助」の続編になる。乳守(ちもり)とは地名で、大阪府堺市の昔遊郭があった一画を指す。その街道沿いの馬喰の娘お仙がタイトル名となっている。與之助の波乱万丈の物語が続く。彼は時化の海から廻船明神丸に助けられて大阪に行く。その後、美男を食い物にする妖姫の館からの脱出劇や、逃亡を助けたお仙の恋情からの逃避など、読み手を飽きさせない事件が続く。消えた與之助を追って旅に出たお仙は、偶然その妻お縫をそれと知らずに助け、一緒に旅するが、事実が明るみに出ると、お仙は嫉妬の炎でお縫への殺意さえ抱く。しかし健気にも正気に返り、最後はお縫のために自己犠牲で命を落とす。最…

  • 『夜の蜘蛛』 江見水蔭

    1926年(大15)樋口隆文館刊。三分冊のものを10日ほどで読んだ。江見水蔭は明治大正期の流行作家で、文学史上は無名だが当時は人気があったようで数多くの作品が出版されていた。速い場面展開と軽いタッチで、文体も現在の書き言葉とほぼ同じになっていて読みやすい。大震災直前の東京の風俗、銀座のカフェーや浅草の賑わい、池上本門寺の曙亭、井の頭の怪洋館などが描かれる。深夜、車で轢き逃げされて死んだ父親の無念を晴らすために犯人を探す美人姉妹の物語。スリルとサスペンス満載で往年の娯楽映画を見る感覚に通じる。☆☆☆ 国会図書館デジタル・コレクション所載。口絵は川瀬巴水による珍しい人物画。 dl.ndl.go.j…

  • 『恋の敗者』 鹿島桜巷

    1914年(大3)樋口隆文館刊。前後2巻。作者の鹿島桜巷(おうこう)についてはなぜか文学関係の事典などで触れられず、その業績についても明らかにされていない。茨城県の鹿島神宮の宮司の次男として生まれ、地元紙を経て、報知新聞の記者の傍ら小説を書き、詩歌にも造詣が深い健筆家として知られていたらしい。物語では、幼馴染の男女が同棲しながら男は医師を目指すが、何度も試験に失敗し、看護師として働く女は男の許を去る。男は自暴自棄となり、当時日本が統治していた台湾の討蕃巡査(原住民を抑圧する武装組織)に身を投じる。戦前の台湾の状況など現在ではほとんど語られることはないが、多くの原住民部族が暮らす亜熱帯の植民地の…

  • 『鱗 與之助』 如鬼坊(中村兵衛)

    (うろこ・よのすけ)1912年(大1)樋口隆文館刊。作者の如鬼坊(中村兵衛)は当時の神戸又新日報の記者だったというが、生没年他もほとんど不詳。下総・印旛村の庄屋の息子與之介が印旛沼の主とされた大鯉の助命を願ったため、神通力(透視力)を授かり、それを駆使しながら筑波山、水戸、江戸、大磯、駿府と各地を漫遊して経験を積む。ファンタジー風味の加わった荒唐無稽なピカレスク譚とも言える。大岡越前、天一坊も登場し、江戸中期の風俗や生活習慣、考え方、特に理屈の言い回し方など今となってはむしろ新鮮な再発見となったのは興味深かった。☆☆☆ 国会図書館デジタル・コレクションで所載。歌川国松の木版美人画が口絵に添付。…

  • 『土曜日の夜』 モーリス・ルブラン 清風草堂主人 訳

    1913年(大2)刊。磯部甲陽堂ミステリー叢書3。「ルパン対ホームズ」の2つ目の中篇「ユダヤのランプ」を訳したもの。ただし登場人物は日本人名に直している。ルパンは「有村龍雄」、ホームズは「堀田三郎」、ワトソンは「和田」、ガニマールは「蟹丸」など。書名が「土曜日の夜」というのはあまりにも平凡で読者に興味を引かなさそうだが、肝心の「ユダヤのランプ」を日本の「春日燈籠」に置き換えて訳しているのでやむを得ずだったかも。ルパン物特有の密室からの盗難、尾行劇、行動の先読みなど原作通りだが、訳文は明瞭で、明治末期の雰囲気の中に味わえた。他に短篇「皇后の首飾」を併載。訳者は当時の「探偵雑誌」の編集者安成貞雄と…

  • 『遠山櫻』(美人の罪) 一筆庵可候

    1889年(明22)自由閣刊。当初「やまと新聞」に連載。作者の一筆庵可候(「一筆書こう」から来ているらしい)は黒岩涙香と萬朝報の創刊に協力した。文章の記述は漢文調から抜けきれないが、口語調と混じり合っているので何とか読み続けられた。当時は評判が良かったようで、何度か他社からも再刊された。「探偵実話」との副題で、実話に基づいたらしいが、警察関係者はあまり出てこない。推理小説というよりも犯罪小説になる。前半は老医者を殺して金を奪って逃げた夫婦とその恨みを晴らすべく画策する姪の話。後半は悪漢夫婦の娘の逆襲劇。善悪入り乱れての話の展開にはかなり不自然な個所もあるが、起伏に富んだ展開で面白かった。明治中…

  • 怪の怪 渡辺黙禅

    1910年(明45)樋口隆文館刊。前後2巻。渡辺黙禅を続けて読むことになった。華族の黒石子爵の屋敷での強盗殺人事件が発端となる。駆けつけた2人の警察官も殉職するという凶悪事件ながら警察の捜査は難航する。跡取息子の游蕩に加え、家宝の工芸品が秘かに売却される奇怪な事件も続き、名家は存続の危機にさらされる。家令や使用人たちの思惑も入り乱れ、特に善悪の二面性を持つ女中のお雪の言葉巧みな唆しには生命力さえ感じた。当時は刑事でなく、探索係とか探偵とか呼んだが、事件の解決には力を発揮することなく終わるので、何となく風呂敷を広げ過ぎた感じもする。☆☆☆ 国会図書館デジタル・コレクション所載。長谷川小信(このぶ…

  • 女獅子   渡辺黙禅

    1812年(明45)樋口隆文館刊。正編、続編、続々編の全三巻。明治後期の新聞記者が謎のハイカラ女性から話を聞くという体裁の枠物語で始まる。話は一気に、外国船に蹂躙される幕末の対馬の漁村に飛ぶ。作者渡辺黙禅(もくぜん)は当時人気作家の一人とされ、作品数も多い。歴史的な事件を織り込む巧みな語り口で、まるで大河ドラマを見るに近い快感を覚える。ここでも悪役の男女のしたたかさ、悪知恵、行動力が目立つ。可憐なヒロインは艱難辛苦の連続でほとんど泣いてばかりいる。人がいいのであっけなく騙され続ける。三巻目は一件落着してからの後日談になるが、台湾、ロシア、中国と舞台が広がり、海路しか交通手段はなかったが、当時の…

  • 髑髏団(幽霊屋敷) 小原柳巷

    1916年(大5)三芳屋刊。小原栁巷(りゅうこう)は経済雑誌の記者だったが、欧米の冒険小説に着想を得て、自分なりの小説を都新聞に連載したところ、大いに人気を獲得したという。向島の小松島にある旧大名屋敷は大実業家に買取られた後に荒廃し、幽霊屋敷と呼ばれていたが、ある義賊の結社が秘かに拠点とする。その実業家の遺児たちは管財人に騙され、都内で困窮した生活を送っている。ある奇妙な新聞広告から物語は動き出す。謎解きあり、誘拐劇あり、活劇ありの盛り沢山の内容で、痛快な冒険小説の味わいがする。個々の事象をあまり深く考えると理屈がつかなくなるので、純粋に筋の展開を楽しんで行くのがいい。☆☆ 国会図書館デジタル…

  • 闇のうつつ 須藤南翠

    1913年(大2)樋口隆文館刊。上下2巻。作者の須藤南翠は幸田露伴や森鷗外に少し先んじた屈指の文筆家だったのだが、文学史上ではかすかな痕跡しか残っていないのが不思議だ。物語は明治後期の日露戦争直前の東京で、旧士族の家に後妻の連れ子として入ったヒロイン操の結婚話をめぐる恋愛模様が描かれている。純文学作品か中間小説かに仕分けるのは無意味な気がする。文体は漢文調ではあるが、丁寧でしっかりしている。特に情景描写は第一級で、その筆力には唸らされる。ちょっとした仕草から見える思わせぶりや感情の機微を巧みに描いているが、煮え切らない感情が堂々巡りをしているのは実にじれったい。日露戦争での提灯行列や戦傷者の帰…

ブログリーダー」を活用して、cogeleauさんをフォローしませんか?

ハンドル名
cogeleauさん
ブログタイトル
明治埋蔵本読渉記
フォロー
明治埋蔵本読渉記
カテゴリー一覧
商用